Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月22日

社名変更のデメリット10選|メリットやよくある変更理由も解説!

社名変更することは名所の通り企業の名前を変えることであり、さまざまなデメリットとメリットを得ることができます。注意点も多くあるため、事前に知識を身につけておくことをおすすめします。ここでは、社名変更をすることで発生しうるデメリットを紹介します。

社名変更のデメリット10選|メリットやよくある変更理由も解説!

社名変更とは?

社名変更のデメリット10選|メリットやよくある変更理由も解説!
社名変更とは企業の名前を変えることであり、さまざまなメリットやデメリットが発生することでもあります。社名変更をすることは大きな決断であるため、本当に社名変更を行うか慎重に審議することが大切です。

また、経営者独断で決めるのではなく、幹部や従業員にも相談することをおすすめします。社名変更をすることで社外だけではなく社内にも大きな影響を与えるため、さまざまな準備をするようにしましょう。

社名変更の意義

社名変更をする意義を把握することで本当に社名変更する必要があるのかを再確認することができます。社名変更することは必ずしも企業にとって良い面だけではないため、慎重に考えることをおすすめします。

社名変更する意義は企業によって異なりますが、意義を見出せないまま社名変更に踏み切ってしまうとデメリットになることが多いので、気をつけるようにしましょう。

社名変更をするきっかけ

社名変更のデメリット10選|メリットやよくある変更理由も解説!
社名変更するきっかけは企業によってさまざまなありますが、企業にとって分岐点であったり、業務内容が一新された際などに行われることが多いです。社名変更を行っても業務内容はそのままであり、社名変更がされただけの企業もあります。

基本的に社名変更することは企業の自由であり、正しい手続きをすることができれば行うことが可能です。販売しているブランドの人気が出た場合にブランド名に社名変更することもあります。

社名変更のデメリット10選

社名変更のデメリット10選|メリットやよくある変更理由も解説!
社名変更することはメリットが多く、業績や知名度が高まると感じてしまう人もいますが、メリットばかりを得るわけではなく、デメリットばかり目立ってしまうこともあります。社名変更をする際に発生するデメリットについてもしっかり把握しておくことをおすすめします。

次に、社名変更することで発生するデメリット10選を紹介します。そのため、社名変更する際に発生するデメリットを知りたい人は参考にしてください。

社名変更のデメリット1:会社が倒産したと思われる

社名変更のデメリット10選|メリットやよくある変更理由も解説!
社名変更してまず感じられてしまうことは倒産してしまってはないのかという認識が広まってしまうことです。実際は以前と同じように業務を行っているにも関わらず、倒産したと思われることは企業にとって大きな痛手になります。

そのように思われないためにも事前に取引がある企業には社名変更することを伝えるようにしましょう。大手企業になるほど伝える作業を怠ってしまうと倒産したと感じられます。

社名変更のデメリット2:顧客に別の会社と思われる

社名変更のデメリット10選|メリットやよくある変更理由も解説!
社名変更することで倒産したとまでは思われないにしても別の企業と思われてしまう可能性があります。そのため、最初の連絡をする際に以前の企業であることをすぐに認識してくれない可能性があります。

以前までは社名を伝えるだけでどのような要件で連絡してきたのかを把握してもらうことができたにも関わらず、社名変更したことで要件がすぐに伝わらない可能性も出てきます。営業職は特に気をつけるようにしましょう。

社名変更のデメリット3:知名度の低下

社名変更することで知名度が低下してしまう危険性が考えられます。特に以前の社名が世の中に知れ渡っている場合に起こりやすいデメリットであり、大手企業が社名変更する際に最も恐れる事態でもあります。

知名度が低下してしまうことは業績にも大きな影響を与えてしまうリスクがあります。また、知名度が下がることで以前の社名を伝えないと業績がないと考えられてしまい新しい顧客ができない可能性も出てきます。

社名変更のデメリット4:ブランドがなくなる可能性も

社名変更することで上記で紹介したように知名度が下がるだけではなく、ブランドがなくなってしまうこともあります。社名がブランド化している場合に発生しやすい傾向があり、今まで築きあげたブランドを一瞬で失ってしまう危険性が高まります。

しかし、社名をあえてブランド名に変更することでブランドが失われる危険性がなく、逆にブランド名をより世の中に知ってもらうこともできます。

社名変更のデメリット5:ロゴマークなどの変更によるイメージの変化

企業にはそれぞれ社名があると同時にロゴも用意されていることが多いです。ロゴから社名を連想させることができ、知名度やブランド効果に一躍買っています。社名変更することでロゴも新しくする必要があり、イメージが変わってしまうこともあります。

ロゴを気に入っている人も多くいるため、社名変更することで変更したロゴが受け入れれない状況に陥ることもあります。社名変更が成功すればロゴのイメージ変化も落ちつきます。

社名変更のデメリット6:看板や名刺などの変更

社名変更のデメリット10選|メリットやよくある変更理由も解説!
社名変更をすることで名刺を新しく新調したり、看板を新しく作りかえる必要があります。名刺の場合は手間がかかりますがあまり費用がかかりません。看板を作りかえることは多額の費用が必要となります。

自社に掲げている看板はもちろんですが、宣伝や広告のために設置している看板も作りかえる必要があるため、どこに看板を設置しているかも把握することが大切です。事前に打ち合わせしておくことをおすすめします。

社名変更のデメリット7:役所への手続きが必要

社名変更のデメリット10選|メリットやよくある変更理由も解説!
社名変更することは企業が決断すれば行うことができますが、役所に書類を提出する必要があります。一つの書類で社名変更することは難しく、さまざまな手続きをクリアして初めて社名変更をすることができます。

社名変更する際の役所に手続きすることが手間に感じてしまうことも多いです。また、すぐに手続きが完了するのではなく、ある程度の期間が必要となるため、期限内に社名変更したい場合は忘れないようにしましょう。

社名変更のデメリット8:取引先への周知

取引会社には事前に社名変更することを伝え、変更後の社名も伝えるようにしましょう。社名変更した後に伝えてしまうと取引会社も混乱してしまい、仕事量を増やしてしまう可能性もあります。そのため、事前に伝えておき社名変更後にトラブルが発生にしないように心がけましょう。

取引会社に社名変更することを伝える事態は苦労に感じにくいですが、社名変更した理由などを聞かれることが多く、対応が面倒臭くなることも多いです。

社名変更のデメリット9:名義変更などの手続きが煩雑

社名を変更する際に名義も変更することが多く、さらに手続きが増えてしまい面倒に感じてしまうことも多いです。そのため、安易な考えで社名変更をしようと行動すると想像以上にやるべきことがあり、社名変更を断念してしまうことも多いです。

手続きすることは簡単ではなく、さまざまな書類に必要な情報を記入するだけではなく、結果が出るまで待つ必要もあります。多くの時間と手間がかかることを事前に把握しておきましょう。

社名変更のデメリット10:コストがかかる

社名変更することは多大な費用がかかってしまうデメリットがあります。そのため、ある程度資金面に余裕がないと行うことができません。コストがかかることを把握せずに社名変更をしてしまうと経営が傾いてしまい、最悪企業として機能しなくなる可能性もあります。

上記でも紹介した看板の作り替えや名刺を新調することも当然コストがかかり、手続きなどで人手がとられてしまうため、想像していた以上に費用がかかります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

社名変更によるメリットは?

社名変更のデメリット10選|メリットやよくある変更理由も解説!
社名変更することはデメリットが多く感じてしまいますが、メリットになることもあります。例えば、社名変更することで人々が社名を覚えてくれやすくなり、知名度を上げることもできます。

デメリットにあげた条件でもありますが、うまく社名変更することでデメリットがメリットになることもあります。そのため、社名変更をすることは変更する社名を慎重に考え、覚えやすい社名にすることも一つの方法です。

社名変更のよくある理由4選

社名変更のデメリット10選|メリットやよくある変更理由も解説!
社名変更をすることはデメリットが多くあるにも関わらず、行う企業が多いのはさまざまな理由があるからです。社名変更する理由を把握することでなぜ社名変更を行ったのかや必要性を認識することができます。

次に、社名変更のよくある理由を4つ紹介します。そのため、デメリットにもなりうる社名変更をなぜ行っているのかを知りたい人は参考にしてください。また、自社が社名変更をする際にも参考にできます。

社名変更のよくある理由1:認知度のあるブランド名をそのまま社名にする

社名変更する理由の中でもっとも多いのがブランド名を社名にすることです。企業が販売している一部のブランドの人気が向上し、知名度が高くなるとブランド名に社名変更することが多いです。ブランド名だけが一人歩きしてしまい、社名が覚えられていない状況によくつかわれます。

このような理由で社名変更する場合はデメリットになりにくく、メリットになることが多いです。しかし、ブランド一択の業務内容になりやすいです。

社名変更のよくある理由2:事業内容を反映させる

事業内容を反映するために社名変更をすることもあります。例えば、清掃業であれば、クリーンなどの清潔感を感じやすくなる社名が人気です。社名から清掃業の企業であることを即座に判断してもらうことができ、顧客を獲得する際に役立ってくれます。

事業内容に反映して社名変更することはデメリットになりにくく、企業にとってメリットになることが多いです。どのような事業を行っているかをすぐわかるような社名が理想的です。

社名変更のよくある理由3:合併などによる変更

合併などで社名変更することは一般的で、合併する相手側の企業が自社よりも規模が大きい場合は自社の名前が完全になくなり、相手企業名がそのまま使われたりする場合もあります。

対等な企業同士の場合は、それぞれの社名をとって新しい社名にすることもあり、よく相談することが必要になります。合併で社名変更することは不可抗力であり、あらがうことができず、そのままデメリットを受けてしまう危険性もあります。

社名変更のよくある理由4:イメージ戦略での変更

社名変更をイメージ戦略の目的で行う場合もあります。しかし、社名変更するメインの目的がイメージ戦略であるとさまざまなデメリットが発生してしまう危険性があります。そのため、デメリットを少なくするためにメインの目的を別に用意し、イメージ戦略は間接的な目的にしましょう。

イメージ戦略で社名変更する場合は多くの時間をかけて社名を考える必要があり、多くの時間や費用がかかってしまいやすいです。

社名変更のデメリットを知ろう

社名変更のデメリット10選|メリットやよくある変更理由も解説!
社名変更することで発生するデメリットを把握してから社名変更する行動を開始しましょう。多くの人が社名変更することで起きうるデメリットを把握していない可能性が高く、社名変更後に後悔してしまう場合もあります。

社名変更をするのならメリットだけではなく、デメリットもしっかり考慮することが大切で、社名変更を成功させるために必要不可欠なことでもあります。

Related