Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月01日

経営理念を浸透させる方法10選|経営理念が浸透しないときの留意点3つ

あなたが働いている企業の経営理念は知っていますか。経営理念とは会社の方針を表した言葉ですが、働く企業の経営理念を理解している人はとても少ないです。経営理念は社員に浸透する事で効果を発揮します。経営理念を浸透させる方法を調べてみましょう。

経営理念を浸透させる方法10選|経営理念が浸透しないときの留意点3つ
バナー

経営理念が社内に浸透することの重要性

働く人にとって経営理念と言われてもピンとこない人が多いでしょう。経営理念とは企業が示す方向や企業の存在意義を表した言葉です。企業理念を作ることで経営の軸を作ることができ、活用する事で組織がまとまります。

社外からの信頼を得る事もできる経営ツールです。しかし、上手に活用できないと従業員が企業理念を知らないままで働くことも考えられます。しっかり理解してもらう事が必要でしょう。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

経営理念を社内に浸透させる方法10選

せっかく経営理念を考えても誰も知らなければ意味がありません。多くの人に知ってもらう事が経営理念の重要なポイントです。経営理念を浸透させる方法を調べてみましょう。

経営理念を社内に浸透させる方法1:経営理念に関する物語を伝える

多くの人に経営理念を浸透させるには、そこに込められた意味や想いを理解してもらう事で伝わりやすくなります。経営理念に関する物語が心に響く内容なら、人の心を掴んで記憶に残るでしょう。

会社の経営理念を決定する時は、どのような背景があって決定したのかを説明する事で納得が得られて浸透しやすくなります。物語が無い経営者は、どのような想いで経営理念を考えたのかを伝えるだけでもかまいません。

経営理念を社内に浸透させる方法2:経営理念を経営者が率先垂範する

経営理念は経営者の考え方を表現したものです。どのような方向性や希望をもって会社を運営していくのかを示しています。経営理念に掲げている事を行動で示すことで説得力が増し、信頼を高めて浸透していきます。

大企業になるとトップの行動はわかりません。しかし、経営理念に示した行動をすることで社員にも伝わっていきます。常に正しく率先垂範できるように、自分にアドバイスできる人を確保する事が必要になってきます。

経営理念を社内に浸透させる方法3:経営理念に接する機会を増やす

働いている会社の経営理念を知らない人は案外多いでしょう。多くの社員に浸透させるにはいくつかの工夫が必要です。毎朝朝礼で目にする場所に掲示したり、大きな声で唱和するのも効果的です。毎朝、読み上げる事で自然と頭に入り浸透しやすくなります。

また、社内で経営理念を学ぶ時間をつくる事も必要でしょう。どのような想いをもって掲げているかを社長自ら話すとより効果的に浸透していきます。

経営理念を社内に浸透させる方法4:人事評価制度に経営理念の観点を盛り込む

経営理念を効率よく浸透させるには、従業員によく理解してもらい共感を得る必要があります。会社では人事評価制度で業績や成果を判断します。情意や服装制度などの評価項目を追加する事で多くの社員が気に掛けるようになるでしょう。

社員自ら経営理念に沿った行動をしているか、意識して業務をすることで浸透していくスピードが速まります。

経営理念を社内に浸透させる方法5:経営理念を身体で覚えさせる

身体感覚や体の動きなどを使って覚えさせることをコーチングと言います。コーチングは経営理念を浸透させる時にも効果的で、自然に身に付けることができます。目で見たことや聞いたことを理解して、体を使って経営理念を覚える事で理解度が深まります。

コーチングには3つの要素があるので、効果的に浸透できる方法を探ることができます。ビジネスで多く取り入れられている技術なので、受け入れやすい点がメリットです。

経営理念を社内に浸透させる方法6:社内報を発行する

社員に向けて発行される社内報は、広報活動を目的にした冊子です。最近ではウェブサイトを使って社内報を発行している企業も多くあります。社内報は毎月発行するケースが多く、定期的に経営理念を目にすることで自然と浸透していきます。

経営理念を反映した取り組みや成果を報告する場としても最適でしょう。具体的な行動内容を知ることで理解度が増し浸透していきます。

経営理念を社内に浸透させる方法7:ブランドムービーをつくる

ブランドムービーは企業の想いを伝える時に有効な手段です。映像を使って経営理念の想いや会社の歴史をたどることで理解度が増します。実際に行っている事業と組み合わせて映像化する事で見た人の心を掴む事できます。

できあがった作品はホームページで自由に見ることができると、社員以外の人にも発信する事ができ、より多くの人に浸透していくでしょう。

経営理念を社内に浸透させる方法8:社員総会やイベントを行う

企業全体で行う社員総会や社内イベントを行う事で、普段とは違う環境で時間を共有できて親善な気持ちになれます。このような場を使って経営理念を話すことで浸透しやすくなります。経営理念に沿った行動をした人は、この場で表彰する事で関心が高まります。

経営理念によっては人と人が助け合うボランティア活動や社員同士の絆が深まる運動会など実施すると効果的です。

経営理念を社内に浸透させる方法9:共感を得る経営理念にする

経営理念に掲げる言葉は、多くの人から共感を得る事で浸透しやすくなります。イメージしやすくわかりやすい言葉を使う事で、親しみが増して頭に入れやすくなります。

働く人たちの多くは、社会の役に立ちたいと考えています。企業にとっての目標が社会の役に立つなら言う事は無いでしょう。多くの人から共感を得ることができると、経営理念は浸透していきます。

経営理念を社内に浸透させる方法10:ブランドブックを作る

ブランドブックとは、企業のコンセプトやビジョンを理解しやすいように作られた冊子のことです。最近は活字離れが多くなり、冊子全体を文字で埋め尽くしてしまうと読むことが億劫に感じる人もいます。

ブランドブックを作る時は、イラストも使って読みやすくします。専門用語は極力控えて、誰が読んでもわかりやすい内容にします。親しみやすいブランドブックを作ることで、企業理念が浸透するでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

経営理念を浸透させる方法10選|経営理念が浸透しないときの留意点3つ
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

経営理念が浸透しないときの留意点3つ

昔の企業は「家訓」と呼ばれる箇条書きにしたものがありました。やがて「社訓」や「社是」に変化して、現在では「企業理念」と呼ばれるようになりました。多くの企業では企業理念を掲げており、東証一部上場企業では99%以上の企業が経営理念を有しています。

しかし、企業理念が社員に浸透している企業はわずか6%なのが現状です。では、どのような企業理念にすると浸透するのでしょうか。

経営理念が浸透しないときの留意点1:ありきたりな言葉になっていないか

経営理念がありきたりの言葉になっていると社員は無関心になります。新鮮な言葉を使う事で興味を持って覚えてくれます。経営理念を作る時は社員の興味を引き付ける事がポイントです。

ありきたりな「地域密着」や「社会貢献」などの経営理念を掲げていると社員に浸透することはまずありません。企業理念はその企業ならではの哲学を感じる言葉を選ぶと良いでしょう。

経営理念が浸透しないときの留意点2:本当に実現したい想いが反映されているか

企業理念は、他の企業も作っているから真似をするのでは意味がありません。建前で作るのではなく、事業を通して実現したい想いを込めると浸透しやすくなります。

本当に実現したい事が見つかったら、短く覚えやすい言葉で作ることがポイントです。子供が読んでも理解しやすい経営理念ほど浸透しやすいでしょう。企業らしいスローガンを作って、羅針盤となる経営理念にしましょう。

経営理念が浸透しないときの留意点3:会社が果たす社会的意義が盛り込まれているか

経営理念を読んで、業務を通して社会に提供する価値がわかると、社員が仕事の意味を理解しやすくなります。自分の業務によってどのような効果があるかがわかると仕事が楽しくなり共感を呼びます。

多くの社員は働くことで社会の役に立ちと考えているでしょう。経営理念は業務を通して社会的意義を感じられる言葉にすると浸透していきます。
バナー

経営理念を社内に浸透させよう

企業理念を浸透させるにはある程度の工夫が必要でした。企業理念を知ってもらうことで、社員のモチベーションは上がり、社会からの信頼も得られます。ただ何となく企業理念を作るのではなく、多くの人に理解してもらうことで浸透していくことがわかりました。

企業理念は一度作ったら変えられない言葉ではありません。会社の状況や時代の流れを考えながらその時に最適な言葉を選びます。誰にでも親しまれる企業理念を作って浸透させましょう。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related