Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月27日

人材が定着しない会社の特徴10選|会社に人材を定着させる方法3つ

職場環境が劣悪だと人材を定着させることができません。人材が定着しないと利益を上げることにつながらず結果的に経営状態が悪くなります。経営者で人材を定着させたい人は、従業員の立場になって労働環境を整えたり、現場の声を取り入れることも大切です。

人材が定着しない会社の特徴10選|会社に人材を定着させる方法3つ

人材が定着しない会社には必ず何らかの原因がある

人材が定着しない会社には必ず何らかの原因があります。会社側が問題がないと思っていても、場合によっては人材が定着しない原因になっていることがあるので、人手不足になる理由を真剣に考える必要があります。

経営者で人手不足で悩んでいる人は、従業員の勤務時間や労働環鏡が適切かどうかを冷静に判断しながら、労働環境の改善をすることで人出を集めるようにしましょう。

人材が定着しない会社の特徴10選

人材が定着しない会社の特徴が10点ほどあります。社員が働きにくいだけでなく、すでに働いている人がモンスター社員であったり、会社の方針が古い価値観から成り立っていれば労働環境が整っていないことがあります。

会社を経営する人は、従業員の声を集めながら、より良い職場環境を作り人手不足を解消するようにしましょう。また、より良い労働環境を整えることで生産性やモチベーションを上げることもできます。

人材が定着しない会社の特徴1:人間関係が悪い

人材が定着しない会社の特徴に人間関係が悪いことが挙げられます。従業員同士の人間関係が良好でないとチームワークを発揮して仕事をすることができないので、一人当たりの作業量が増え、責任のなすり合いをする原因になります。

経営者で人材が定着しなくて困っている人は、社員旅行を催したり、勤務以外の日にレクリエーションをすることで人間関係を良好に保ちましょう。

人材が定着しない会社の特徴2:モンスター社員がいる

人材が定着しない会社の特徴にモンスター社員がいることが挙げられます。上司や先輩社員がモンスター社員だと、新人が育ちにくく、トラブルが起きやすくなるので職場の人間関係が良好に保てなくなります。

モンスター社員に困っている人は、モンスター社員が問題を起こしたら、問題になっている上の上司に報告をして、解決のための対処法を聞くようにしましょう。それでも無理な場合は、労働基準監督署への報告を検討しましょう。

人材が定着しない会社の特徴3:新人には厳しくすべきという風潮がある

新人には厳しくするべきという風潮も、人材が定着しない会社の特徴です。体育系の職場などは社員同士の上下関係が厳しい職場もあるので、新人や成果を残せない社員に対して厳しく接することがあります。

新入社員として仕事をする人で過剰な指導があった場合には、職場で信頼できる人に相談して対処したり、場合によっては部署の異動や転職も視野に入れておきましょう。

人材が定着しない会社の特徴4:人手不足で部下に教える余地がない

人材が定着しない会社の特徴に人手不足で部下に教える余地がないことが挙げられます。人材が定着しない会社は常に人手不足に陥っているので、先輩社員が部下に仕事を教える余裕がなく、そのために後輩が育ちにくい環境になり結果的に定着率を下げることになります。

経営者で社員に余裕を持たせられない人は、作業工程を改善したり、一人当たりの作業量を調整することで、指導のための時間を作るようにしましょう。

人材が定着しない会社の特徴5:嘘の待遇で求職者を集めている

嘘の待遇で求職者を集めていることも、人材が定着しない会社の特徴です。嘘の待遇を用意して求人の応募を募っても、採用には至らず、会社の悪い評判を広げることになり、求職者を集めにくくなります。

会社を経営する人は、求人に嘘の情報を載せないようにして、良い待遇や働きやすい労働環境をアピールして求職者を集めるようにしましょう。

人材が定着しない会社の特徴6:1人あたりの作業量が多い

一人あたりの作業量が多いことも、人材が定着しない会社の特徴です。人材が定着しない会社は人手不足に陥っている職場が多いので、人を補充できず一人あたりの作業量が増えてしまいます。

経営者で人材が定着しなくて困っている人は、会社の収益を上げることで良い待遇や給与を用意して、一人あたりの作業量を減らし、人手不足を解消しましょう。

人材が定着しない会社の特徴7:仕事に見合った賃金を払っていない

仕事に見合った賃金を支払わないことも人材が定着しない会社の特徴です。従業員に仕事に見合った賃金を払わなければ、社員は会社を辞めて賃金の良い職場へ移ってしまい人材を定着させることができません。

経営者で賃金を多く払えない人は、取引先を増やしたり、他の企業が取り組んでいない事業に参入することで利益を上げ、仕事に見合った賃金を支払い人材を定着させましょう。

人材が定着しない会社の特徴8:新人の育成を社員に丸投げしている

新人の育成を社員に丸投げしていることも、人材が定着しない会社の特徴になります。

人材が定着しない企業は会社の規模が小さく、大きな利益を上げることができないので、新人教育に予算をかけられず社員に丸投げしているので社員自体の負担が増え、定着率を下げています。

会社を経営する人は、新人教育を丸投げする方法を取らないでフォローアップ制度などを利用することで、社員全体の成長を促すようにしましょう。

人材が定着しない会社の特徴9:会社側が現場の声を取り入れない

会社側が現場や職場の声を取り入れないことも、人材が定着しない会社の特徴です。現場や職場の声を取り入れないので、働きやすい職場作りができず、より良い職場を求めて転職する人が増えてしまうからです。

会社を経営する人は、現場を視察したり、働いている人の声を聞くことで労働環境の改善を図り、人材を定着させるようにしましょう。

人材が定着しない会社の特徴10:昇給や賞与がない

昇給や賞与がないことも人材が定着しない会社の特徴になります。賞与が毎月の給与に含まれていたり、昇給自体がないことで将来への不安が高まり、仕事への意欲やモチベーションを下げる原因となります。

会社を経営する人は、仕事の評価のシステムを明確にし、生産性を上げることで利益を上げて、経営状態を良くすることで昇給をして賞与を払うようにしましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

人材が定着しない会社の特徴10選|会社に人材を定着させる方法3つ
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求をしてみてください。

会社に人材を定着させる方法3つ

会社に人材を定着させる方法が3つあります。社員の団結力を高めたり、仕事のしやすい職場を作ることで、人材を定着させるだけでなく生産性を上げて仕事をさせることができるので、利益を増やすことが可能になり社員教育のために予算をかけることもできます。

経営者で人手不足に悩んでいる人は、社員に先行投資することで利益を得て、人を集めやすい労働環境を作り人手不足の問題を解決しましょう。

会社に人材を定着させる方法1:企業理念・風土を見直す

企業理念や風土を見直すことも会社に人材を定着させる方法です。人手不足に陥っている職場は、利益を追求して経営していることが多いので、本来の会社に戻すためにも企業の理念や風土を見直し初心に立ち戻る必要があります。

会社を経営する人は、社員にとって働きやすい職場にするためにも、創業者の企業理念に立ち戻り経営をしていきましょう。

会社に人材を定着させる方法2:風通しの良い職場をつくる

風通しの良い職場を作ることも、会社に人材を定着させる方法です。社員の意見を通りやすくしたり、社員同士で意見交換する機会を増やすことでより良い労働環境を整えることが可能になるので人材を定着させることができます。

会社を経営する人は、一人一人の能力を発揮させるためにも現場の意見を吸い上げて、職場の風通しを良くすることに努めましょう。

会社に人材を定着させる方法3:成果を評価できる制度を整える

成果を評価できる制度を整えることも、会社に人材を定着させる方法です。成果を評価する制度が整っていなければ、社員はやりがいを持って仕事をする意欲をなくすので、評価のシステムが整っている会社への転職を考えるようになります。

会社を経営する人は、同業の会社より効率的な評価制度を作り上げることで、定着率を高めるようにしましょう。

人材が定着する会社にしよう

人材が定着する経営でなければ、会社として安定して利益を出していけません。会社としての利益も大切ですが、ある程度社員の将来を考えて仕事をさせる必要があります。そうでなければ、会社から社員が離れていくので結果的に企業経営が苦しくなります。

会社を経営する人は、企業成長を遂げるためにも従業員の立場になって労働環境を整えることで人材を定着させ、10年後20年後のビジョンを描ける経営を目指しましょう。

Related