ストレス耐性は大切?ストレス耐性をつける方法22選を徹底解説!

組織・人材
  1. ビジネスシーンで重要なストレス耐性とは
    1. ストレス耐性はあったほうが良いのか
    2. ストレス耐性を決定する要素
      1. 感知能力
      2. 回避能力
      3. 処理能力
      4. 転換能力
      5. 経験
      6. 要領
  2. ストレス耐性をつける方法22選
    1. ストレス耐性をつける方法1:バランスの良い食生活にする
    2. ストレス耐性をつける方法2:十分に睡眠をとる
    3. ストレス耐性をつける方法3:呼吸を常に整える
    4. ストレス耐性をつける方法4:発想の転換
    5. ストレス耐性をつける方法5:お風呂に入る
    6. ストレス耐性をつける方法6:比較をやめる
    7. ストレス耐性をつける方法7:ネガティブ思考をやめる
    8. ストレス耐性をつける方法8:完璧主義をやめる
    9. ストレス耐性をつける方法9:深呼吸する
    10. ストレス耐性をつける方法10:筋トレをする
    11. ストレス耐性をつける方法11:音楽を聴く
    12. ストレス耐性をつける方法12:感動する映画やドラマを観る
    13. ストレス耐性をつける方法13:とにかく泣く
    14. ストレス耐性をつける方法14:好きなものを思いっきり食べる
    15. ストレス耐性をつける方法15:お酒を適量飲む
    16. ストレス耐性をつける方法16:高いところから下界を見下ろす
    17. ストレス耐性をつける方法17:水族館に行く
    18. ストレス耐性をつける方法18:趣味に没頭する
    19. ストレス耐性をつける方法19:走る
    20. ストレス耐性をつける方法20:ペットを飼う
    21. ストレス耐性をつける方法21:ドライブする
    22. ストレス耐性をつける方法22:瞑想する
    23. ストレス耐性をつける方法:まとめ
  3. ストレス耐性がある=良いことではない
    1. 失敗を受け止めしっかり分析する必要がある
    2. 体の不調に気付きづらい
    3. 性格によって向き不向きがある
  4. ストレス耐性をつけてビジネスシーンで活躍しよう

ビジネスシーンで重要なストレス耐性とは

ビジネスシーンにおいて重要となるストレス耐性について考えて行きましょう。

ストレス耐性はどうやったら身に付くのか?どういった要素がストレスから身を守ってくれるのか?

自身にストレス耐性が欠如していると思える人の疑問や解決方法について詳しくご紹介していきましょう。

ストレス耐性はあったほうが良いのか

ストレス耐性とは、ずばりストレスに耐えうる力のことになります。

職場においても毎日の生活においても私たちの身の回りにはストレスの元になる原因がごまんとあります。

特に社会人となったビジネスマンにとって、ストレスは避けて通れない厄介なものでしょう。上司との関わり方、顧客への対応、同僚や後輩に対する接し方、あるいは家族との向き合い方。

ストレスの多くがこのような人間関係から形成されている以上、それらを避けるわけにもいきません。いかにして真正面からぶつかっていって、ストレスに耐えうる精神力を身に付けるか。

ストレス耐性を身に付けることはビジネスマンにとって自身の昇進・昇格を有利に運んでくれる要素になることは間違いのない事実といえるでしょう。

ストレス耐性を持つことがこれからの社会人生活を生き残ってゆくための大きな武器になることは異論を指しはさむ余地はないことでしょう。

ストレス耐性を決定する要素

では次にまいります。ここからはストレス耐性を決定づける要素について紹介してまいります。

ストレスというものは溜まってしまいやすい人とそうでない人に分けられます。それは何らかの能力を身に付けているかどうかでストレスに強い人、弱い人に分かれてしまうからです。

ストレス耐性を持つ人はどのような能力を身に付けているのか。全部で6個のご紹介になります。

感知能力

ストレス耐性を決定する要素の1つ目は「感知能力」です。

感知能力とは「感じること」「気づくこと」という意味になります。外部からの何らかの刺激・変化に対して直観的に感じることができる能力という事になるでしょう。

つまり自分の身の回りで起こりつつあるできごとや変化に対して、それを直観的に感じてそれが自分にとって有益なことなのか、あるいは害になる事かを瞬時に判断する能力のことです。

感知力が著しく劣っていたなら次の行動に移るための用意や時間を多分に浪費してしまうことになります。

もし地震が起こった時、自分の身の安全をいかにして取れるか。感知力が優れていたならばその危険性の大きさをすぐに判断できるでしょう。

回避能力

ストレス耐性を決定する要素の2つ目は「回避能力」です。

回避するとは「逃げる」「迂回する」といった意味になります。つまり危険な場所やシーンから自身の身をいち早く移動させ身の安全をはかるための措置です。

この回避能力がなかったら苦しい場面や心身のダメージを及ぼすような現場から逃げることができなくなってしまい多大なストレスを溜めてしまう要因になってしまいます。

ストレス耐性の強い人は回避する能力にも長けているといえるでしょう。

処理能力

ストレス耐性を決定する要素の3つ目は「処理能力」です。

「処理する」とは問題や課題を適切な手段で解決に導く行動を意味します。つまりストレス耐性に強い人は、目の前の厄介な問題を適切な判断で速やかに処理して片づけてしまうからストレスを溜めません。

人は厄介な問題をいつまでも放置してしまうとやがてその問題が自身の責任問題に発展して抱えなくてもいい気苦労を抱えてしまうでしょう。

ビジネスにおいても仕事の処理能力が遅い人ほど上司からの叱責が増えてしまうもの。叱責や小言がいかに人の心身にダメージを与えるか。ストレス耐性の強い人はそのことを十分に理解している、といえるでしょう。

転換能力

ストレス耐性を決定する要素の4つ目は「転換能力」です。

「転換」とは別なものに変わること。あるいは傾向や方針・考え方を別のものに変える、という意味になります。

発送の転換、政策の転換、配置転換などという言い方が良く使われる例になるでしょう。

つまり物事がうまくはかどらず八方ふさがりな状態をいつまでもとっていたら自身にかかってくるストレスの量も半端でなくなります。これを防ぐためにストレス耐性の強い人は発想を転換して目の前の問題解決のために最善な方法を考え出します。

この転換能力が長けていることは優秀なビジネスマンになるための試金石ともいえるでしょう。

経験

ストレス耐性を決定する要素の5つ目は「経験」です。

経験こそが人間がこの世の中を生き抜いていく上で最も頼りにしなければいけないものといえるでしょう。

多くの、しかも苦しい体験や経験を積んできた人間ほど逆境やピンチの乗り切り方を心得ています。

人間は同じ過ちを犯さない動物です。つまり「学習効果」というものを身に付けています。だから経験豊富な人間は同じ失敗を繰り返しません。そうなれば必然的にかかってくるストレスも最小限に食い止められるでしょう。

経験値の多い人間ほどストレス耐性を備えて人間なのですよ。

要領

ストレス耐性を決定する要素の6つ目は「要領」です。

「要領」とは物事の最も大事な点、あるいは要点、核心となります。

よく「あの人は要領がいい」という言い方をすることがありますが、何かをやり遂げるに当たって無駄や回り道をするような解決方法をとらず最短かつ効率的に物事を解決の方向に持っていける能力を指して言っています。

要領よく物事を解決する人にストレスは皆無です。これもストレス耐性を強化する手段の一つといえるでしょう。

ストレス耐性をつける方法22選

それでは次にまいります。今度はストレス耐性を身に付けるための方法をご紹介していきましょう。

さきほどまでご紹介してきたストレス耐性の要素を身に付けるためにはさまざまな方法論があります。それを一気にご紹介してまいります。

全部で22個のご紹介となります。

ストレス耐性をつける方法1:バランスの良い食生活にする

ストレス耐性をつける方法の1つ目は「バランスの良い食生活にする」です。

食生活の乱れは人間の健全な生活に悪影響を及ぼします。1日3度、時間をしっかり決めて栄養の偏りのないバランスの良い食生活を心がけましょう。

特に暴飲暴食を控え腹八分目になるよう気を付けましょう。

ストレス耐性をつける方法2:十分に睡眠をとる

ストレス耐性をつける方法の2つ目は「十分に睡眠をとる」です。

ストレスは疲れが取れないと溜まりやすくなります。そこで睡眠を十分とることが疲れを除き頭脳をスッキリさせてくれる効果を発揮してくれます。

就寝時間を固定し夜中にぐっすりと眠れるように睡眠時間を工夫しましょう。夜更かしや徹夜などのないように配慮することも重要です。

ストレス耐性をつける方法3:呼吸を常に整える

ストレス耐性をつける方法の3つ目は「呼吸を常に整える」です。

人間の呼吸は常に一定に保っておきたい。それは呼吸が整っていれは気持ちがリラックスして頭の回転が冴え余計な事に気を回さなくてもよくなりますから。

それなのにちょっとしたことにすぐに腹を立て、カッカしていたらたちどころに頭に血が上り呼吸も乱れてしまいます。

ストレス耐性に強い人は常に呼吸も整っていてリラックス状態にあるでしょう。

ストレス耐性をつける方法4:発想の転換

ストレス耐性をつける方法の4つ目は「発想の転換をする」です。

何か壁にぶつかったり困難な局面に差し掛かった時、いつも同じ発想で物事を解決しようとしても同じ過ちを繰り返すだけでかえってストレスが溜まってしまうでしょう。

そんな時は今まで行った事もないような発想の転換を行うことです。

思考を柔軟にしておくだけで物事の解決法が面白いように見つかりあなたのストレスは想像以上に減少していくでしょう。

ストレス耐性をつける方法5:お風呂に入る

ストレス耐性をつける方法の5つ目は「お風呂に入る」です。

お風呂の効果は絶大です。収縮していた血管を拡張させ気持ちを非常にリラックスさせてくれます。また疲れや筋肉の緊張も和らげてくれます。

ストレスが溜まりそうだと思ったなら頭の中を空っぽにして湯船に入りましょう。もし環境が許されるなら銭湯のような大きな湯船に浸かれば一層、効果は増すでしょう。

一日の疲れをお風呂で洗い流せばその日のストレスもどこかへ吹き飛んでゆくはずです。

ストレス耐性をつける方法6:比較をやめる

ストレス耐性をつける方法の6つ目は「比較をやめる」です。

自分の事を他の誰かと比較するということは、何かが劣っている事を自覚しているに他なりません。

その思いは結局「負け犬根性」となって気持ちを卑屈にさせ自身の可能性をますます狭くさせてしまいます。

こうなってしまえばかかってくるストレスも半端な量ではありません。一刻も早く誰かと比較する、という態度はやめるべきでしょう。

ストレス耐性をつける方法7:ネガティブ思考をやめる

ストレス耐性をつける方法の7つ目は「ネガティブ思考をやめる」です。

ネガティブ思考は全ての物事を否定するだけの超マイナス思考です。マイナスな考え方の元では何も生まれません。喜びや感動といった人間が本来、エネルギーとするべきものが全く得られないからです。

ストレス耐性に強い人にネガティブ思考の人間はいません。あるのはポジティブ思考だけです。

ストレス耐性をつける方法8:完璧主義をやめる

ストレス耐性をつける方法の8つ目は「完璧主義をやめる」です。

完璧主義も一種のネガティブ思考です。何でもかんでも自分の思うようにいかないと気分がイライラし、やがてそれがストレスとなって自分にかえってきます。

「人間、生きていたら予期せぬできごとがごまんとある。だから慌てず騒がず生きてゆこう。」

これくらいの心構えで生きていってもいいのではないでしょうか?

ストレス耐性をつける方法9:深呼吸する

ストレス耐性をつける方法の9つ目は「深呼吸する」です。

深呼吸は体内に不足した酸素を一気に送り込んでくれる格好の動作です。これによって体内の血流を促し八方ふさがりになった思考を快適に巡らせてくれます。

またクヨクヨしていたり心が動揺して落ち着かない気分になっている時にも効果があります。深呼吸をすることによって溜まっていたストレスを一気に体の外へ放出する事ができるでしょう。

ストレス耐性をつける方法10:筋トレをする

ストレス耐性をつける方法の10個目は「筋トレをする」です。

ストレス耐性の強い人は定期的に運動を行ってコンディションの調整をしっかりやっています。そんな運動の中にあって筋トレはジムに通って手軽に行える運動の一つです。

ジムのマシンを使って筋肉を鍛え汗をかくことは、気持ちがリフレッシュすることに絶大な効果を発揮してくれます。

またストレス耐性の強い人は引き締まったいいプロポーションを維持しています。だから筋トレは簡単に行えるストレスを退散させる格好な運動といえるのでしょう。

ストレス耐性をつける方法11:音楽を聴く

ストレス耐性をつける方法の11個目は「音楽を聴く」です。

ストレスは緊張の連続や気が張り詰める状況が続くと溜まりやすくなります。そんな時は音楽を聞いて心のリフレッシュを図りましょう

音楽の効果は文字どおり「音を楽しむ」もの。疲れた心身を適度にリフレッシュさせてくれる音楽はストレスを溜めない体づくりにうってつとなるでしょう。

ストレス耐性をつける方法12:感動する映画やドラマを観る

ストレス耐性をつける方法の12個目は「感動する映画やドラマを観る」です。

感動できる映画やドラマは人間の五感を呼び覚まし忘れていた「喜び」や「すがすがしさ」を起こい起こさせてくれる効果があります。

また人間は「感動」することによって明日へのエネルギーが漲ってきます。

感動できる映画やドラマは定期的に鑑賞しましょう。

ストレス耐性をつける方法13:とにかく泣く

ストレス耐性をつける方法の13個目は「とにかく泣く」です。

泣くという事。それまで自分を支配していたマイナス感情や負の気持ちを涙と一緒に洗い流してくれる効果が期待できます。

気持ちがイライラしていたり怒りっぽくなっていたりするときは悲しい映画などを鑑賞して一人涙を流して泣くのもいいでしょう。

思った以上に気持ちがスッキリするのがわかるはずですよ。

ストレス耐性をつける方法14:好きなものを思いっきり食べる

ストレス耐性をつける方法の14個目は「好きなものを思いっきり食べる」です。

食欲を満たす行動は人間にとって必要欠かせない行動です。その「食欲」を好きなだけ食べて満たしてあげたらあなたのストレスはたちどころに消え去ってしまうでしょう。

ただし、この方法を短期間に何度も行うと一気に「肥満」になってしまいます。「食欲」はコントロールしながら行わないと余計な弊害を生んでしまいますよ。

ストレス耐性をつける方法15:お酒を適量飲む

ストレス耐性をつける方法の15個目は「お酒を適量飲む」です。

適量のお酒は疲れた心身を癒し、五感にエネルギーを充満させ明日への活力を漲らせてくれる効果があります。飲む量と日数を上手にコントロールすればお酒はストレスを退散させてくれる強い味方となってくれることでしょう。

ただし、お酒の場合も飲み過ぎに注意です。アルコール依存症になってしまっては逆効果となってしまいますから。

ストレス耐性をつける方法16:高いところから下界を見下ろす

ストレス耐性をつける方法の16個目は「高いところから下界を見下ろす」です。

不思議なもので人間は高いところから下の世界を見下ろすことによって気分が非常によくなります。

ストレスが溜まってイライラするときは、この方法をお勧めいたします。

超高層ビルから見る景色。山の頂上から見える景色。いずれも浮世のいやな事を全て忘れさせてくれることでしょう。

ストレス耐性をつける方法17:水族館に行く

ストレス耐性をつける方法の17個目は「水族館に行く」です。

水族館の非日常感は素晴らしいストレス耐性の源となります。

大水槽に演出される海底世界は私たちを否が応でも日常から離脱させてくれる効果があります。

水族館の癒し効果はストレス耐性を磨くうえにおいて非常に有効な手段となってくれるでしょう。

ストレス耐性をつける方法18:趣味に没頭する

ストレス耐性をつける方法の18個目は「趣味に没頭する」です。

趣味は現実世界から逃避することのできる素晴らしいものとなります。何かの収集や創造、興味ある事への挑戦などは日常のさまざまなしがらみから私たちを解放してくれる素晴らしきストレス耐性手段となるでしょう。

ストレス耐性をつける方法19:走る

ストレス耐性をつける方法の19個目は「走る」です。

走る事は、身体を鍛え同時に精神も鍛えることができます。

走るという行動は自身の限界への挑戦でありそれを超えた先には何物にも代えがたい「快感」が待っています。

走る事を日課にしている人に変なストレスは溜まりにくいでしょう。走る事によってストレス知らずの精神を鍛えてきいきましょう。

ストレス耐性をつける方法20:ペットを飼う

ストレス耐性をつける方法の20個目は「ペットを飼う」です。

ペットの癒し効果は絶大です。物言わぬペットたちは決して飼い主の愛情を裏切る行動は行いません。愛情をかけてやればそれに比例して癒しを与えてくれる存在。それがペットです。

ただペットは正しい飼い方をしないと逆にあなたにストレスを与える存在に変わる可能性もあります。ペットの寿命が尽きる最後まで正しい愛情をかけてあげましょう。

ストレス耐性をつける方法21:ドライブする

ストレス耐性をつける方法の21個目は「ドライブする」です。

ドライブは人の五感全てを使う行動です。また運転中は誰にも邪魔されず自分一人の空間を確保できます。

疲れが溜まってきたな、と思ったらたまの長距離ドライブもいいものでしょう。ストレス耐性とバランス感覚を磨くのにはうってつけの行動といえるでしょう。

ストレス耐性をつける方法22:瞑想する

ストレス耐性をつける方法の22個目は「瞑想する」です。

ストレスが溜まってイライラするのならお金もかからず場所も時間も束縛されない恰好の方法があります。それが瞑想です。

自分の部屋の明かりを薄暗くしてアロマの香りを炊き、好きなだけ瞑想を行いましょう。

瞑想は座禅の心境にも似た作用があります。精神を集中し雑念を忘れ気持ちがポジティブになるような事を想像しましょう。

1日でそれができないのなら2日、3日と回数を重ねることによって見事に落ち着いた自分自身を作りあげることができるでしょう。

ストレス耐性をつける方法:まとめ

以上、ストレス耐性をつける方法を22個、ご紹介いたしました。

しかしながらここにご紹介した22個の方法が全ての人にマッチする方法ではありません。またこれ以外にもストレス耐性を身に付ける方法はあるでしょう。

要は自分自身にとってどの方法が最もジャストフィットするかです。効果があるから、といやいや行ってもかえってストレスを溜めこんでしまうだけ、になってしまう可能性も考えられるからです。

楽しみながら時間の経つのも忘れている。この境地に浸れるものを探すことでしょう。

ストレス耐性がある=良いことではない

それでは次にまいります。今度は今までのお話と相反することかも分かりませんが、ストレス耐性があることがかえって良くないこと、と思われる点について紹介していきましょう。

失敗を受け止めしっかり分析する必要がある

ストレス耐性があるとかえって良くないと思われる点は「失敗を受け止めてしっかり分析することを怠ってしまう」です。

すなわち、失敗を失敗として正しく認識しないため同じ失敗をなんどもやってしまうことになります。

失敗は成功の母とできるよう、鈍感になってはいけない、という戒めと思いましょう。

体の不調に気付きづらい

ストレス耐性があるとかえって良くないと思われる点の2つ目は「体の不調に気付きづらい」です。

体の不調をストレスのせいだと決めつけて放置してしまう状況でしょう。これも感性が鈍感になってしまった一例といえます。

どうして体の具合が悪くなったのか?原因を正しく突き止められる感覚を磨いておく事が大切になりますよ。

性格によって向き不向きがある

ストレス耐性があるとかえって良くないと思われる点の3つ目は「性格によって向き不向きがある」です。

ストレス耐性に強い体をもつことはある意味、羨ましい限りです。ただ、それも局面によっては反対の評価を受けてしまう場合も考えられるでしょう。

ストレス耐性に強いことが自身の性格に果たして向いているのかどうなのか。ビジネスシーンにおいて無理をしてストレス耐性を身に付ける事が果たして正解なのか。ご自身の性格を今一度、じっくり顧みて判断してみることでしょう。

ストレス耐性をつけてビジネスシーンで活躍しよう

今回はストレス耐性について詳しくみてまいりました。

何かとストレスの多い現代社会。それらに耐えられるストレス耐性を身に付けているかどうかで今後の自分の方向性や進路が決まってしまう可能性も否定できないくらい、ストレスに耐える力は貴重なものといえるでしょう。

ただ、ストレスを感じる要因の大半以上は人間関係がベースになります。いかにして円滑で無入のない人間関係を構築するかで感じるストレスの量も変わってくるでしょう。

場面に応じた臨機応変な態度を取れるかどうか。感受性や感性を磨いていくことが賢明となるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました