Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月29日

ニアショア開発が注目を集める理由5つ|ニアショアとオフショア開発の目的

「ニアショア開発」と「オフショア開発」という言葉をご存知でしょうか。ビジネスシーンでよく使われている言葉ですが、それぞれ特徴があります。ニアショアとオフショア、二つの開発事業についてメリットやデメリットを知って、特徴を理解しましょう。

ニアショア開発が注目を集める理由5つ|ニアショアとオフショア開発の目的

ニアショアとオフショア

「ニアショア」と「オフショア」という言葉はビジネスシーンでよく使われる言葉です。

ビジネス上のシステムの開発や発注を海外に委託したり、国内でも地方へ委託する事を「ニアショア開発」や「オフショア開発」といいます。

「ニアショア」と「オフショア」のそれぞれの特徴を知って、ビジネスシーンで使い分けていくようにすれば、人件費やコストの削減につながるのではないでしょうか。

ニアショア

まずは「ニアショア」についてご紹介しましょう。「ニアショア」とは、英語の「near」=「近い」と「shore」=「岸」という言葉をつなげています。

つまり「ニアショア開発」とは、国内の地方都市への開発業務を委託する事を指して使う言葉です。

ニアショア開発では、首都圏では人件費などのコストがかかりすぎてしまう可能性がありますので、人件費などを安く抑えることができる地方都市に委託しています。。

ニアショア開発の目的

「ニアショア開発」の目的はどのような事が考えられるのでしょうか。

ニアショア開発をする事で、都心では難しい人件費や固定費を抑えることができますし、地方の大学などから人材も集まりやすいという点も目的に含まれていると考えられます。

人材の不足を補うためには、地方での採用も視野に入れて開発事業を進めるひつようがあるのではないでしょうか。

北海道や九州など教育機関の充実している地方都市である事も理由と言えます。

オフショア

つぎに「オフショア」についてご紹介します。

「オフショア」は「off」=「離れる」と「shore」=「岸」という言葉を合わせた言葉で、日本国内ではなく、海外への開発事業を委託するという意味です。

オフショア開発では人件費を大幅に抑える事ができるため、コスト削減にもつながります。海外進出などを考えている企業にとってはオフショア開発はそのための第一歩となる業務といえるでしょう。

オフショア開発の目的

「オフショア開発」の目的はどのような事が考えられるでしょうか。

オフショア開発をする事で海外進出への足掛かりや可能性と考える企業もあります。その他にも海外にはIT系の分野に明るい優秀な人材がたくさんいますので、そのような人材の確保も目的といえるでしょう。

海外にもよりますが、人件費が安い事もオフショア開発を進める企業が多い理由として考えられるのではないでしょうか。

ニアショア開発が注目を集める理由5つ

昨今、オフショア開発よりもニアショア開発が注目を集めていると言われていますが、ニアショア開発が注目を集めている理由にはどのような事が考えられるのでしょうか。

海外進出や人件費などのコスト面で考えると、オフショア開発の方がメリットがありそうですが、ニアショア開発が注目を集めているのには大きくわけて5つの理由があります。

ニアショア開発が注目を集めている理由をご紹介しますので参考にしてみて下さい。

ニアショア開発が注目を集める理由1:高いプロジェクト遂行力

オフショア開発よりもニアショア開発が注目を集める理由として「高いプロジェクト遂行力」が考えられるでしょう。プロジェクト遂行力は生産性にも関わってきます。

オフショア開発の場合、離職率が高いという点が問題視されており、一方でニアショアでは離職率は低く、開発体制の強化ができているため、プロジェクト遂行力があると言えるでしょう。

プロジェクトの管理体制は高い遂行力につながります。

ニアショア開発が注目を集める理由2:コストパフォーマンス

ニアショア開発が注目を集める理由として「コストパフォーマンス」も考えられます。

プロジェクト遂行力の高さを保ちつつ、都心部などと比べるとコストを低く抑えられるため、ニアショア開発は注目されていると言えるでしょう。

オフショア開発よりもコミュニケーションを取りやすく、コスト削減効果もそれほど変わらないのであれば、オフショアよりもニアショアが魅力的に映るでしょう。

ニアショア開発が注目を集める理由3:深刻なエンジニア不足への対応

オフショア開発よりもニアショア開発が注目を集める理由として「深刻なエンジニア不足への対応」も考えられるでしょう。

深刻なエンジニア不足である事から、エンジニアなどの人材確保をする事だけではなく、柔軟な対応をしていこうという企業が多くなってきました。

オフショア開発でうまく人材を確保できない場合、ニアショア開発で高品質とブランドイメージなどを期待するようになっており、注目が集まっていると言えるでしょう。

ニアショア開発が注目を集める理由4:為替変動リスクの回避

オフショア開発よりもニアショア開発が注目を集める理由として「為替変動リスクの回避」も考えられます。

為替が変動した場合、コストが高くなってしまうというリスクが考えられますので、コスト削減効果を得られないという可能性があるでしょう。

日本国内の地方都市に開発を発注するニアショアの場合は為替の変動リスクは考えなくてよくなり、固定費と人件費をはっきりさせることができます。

ニアショア開発が注目を集める理由5:カントリーリスクの回避

オフショア開発よりもニアショア開発が注目を集める理由として「カントリーリスクの回避」も考えられます。

オフショア開発の場合、日本の開発した技術やノウハウの流出も問題ですが、不安定な国同士の関係性も、オフショア開発よりニアショア開発に注目する理由といえるでしょう。

言葉の壁や宗教の違いなどを理由にすることなく、プロジェクトを発注できるという点でも、ニアショア開発が魅力的に見える部分になります。

ニアショア開発のメリットとデメリット

オフショアとは違う、ニアショア開発のメリットとデメリットには、どのようなモノが考えられるでしょうか。

ニアショア開発はこれまでオフショア開発を進めてきた企業にとって注目を集めています。

メリットだけを見るのではなく、デメリットも参考にしてニアショア開発を検討してみてはいかがでしょうか。

ニアショア開発のメリット

ニアショア開発のメリットをご紹介します。

ニアショア開発では首都圏よりも人件費や固定費などのコストを抑えることができますし、高い技術力で製品へのブランド力が高まるでしょう。

オフショアの場合は難しいですが、ニアショアの場合は日本語でのコミュニケーションができる事もメリットと言えます。指示もスムーズにおこなえるのではないでしょうか。

同じ地域で開発する事のリスクを回避する事もできます。

ニアショア開発のデメリット

ニアショア開発のデメリットをご紹介します。

ニアショア開発では地方都市などに発注する形をとっているため、最新技術などに疎くなってしまいがちです。

委託した会社が他の会社に委託してしまうというケースもありますので、再委託についても考えておく必要があるでしょう。

エンジニア不足が原因ということもあり、地方に委託する単価が上がってきてしまう可能性も考えられますので、コスト削減効果は低い可能性があります。

オフショア開発のメリット2つ

オフショア開発のメリットを2つご紹介します。

オフショア開発のメリットは大きくわけると「大幅なコスト削減」と「日本よりも人材の確保が容易」という2つのポイントにしぼられるでしょう。

海外進出への足掛かりと考える企業もありますが、ここでは2つの項目についてそれぞれどういった事なのか考えてみます。

オフショア開発は日本の企業の約半数が導入していると言われておりますので、メリット部分を確認しておきましょう。

オフショア開発のメリット1:大幅なコスト削減

オフショア開発のメリットとして、大幅なコスト削減が考えられます。

発注する国によって人件費は異なりますが、中国やインド、ベトナムなどをオフショア開発先に選んだ場合、国内のひと月の単価に比べるととても安くなるでしょう。

オフショア開発はコスト削減を目指している企業にとって大きなメリットがあると言えます。

オフショア開発のメリット2:日本よりも人材の確保が容易

オフショア開発のメリットとして、日本よりも人材の確保が容易という事が考えられるでしょう。

日本国内ではエンジニア不足が深刻化していますが、海外に目を向けてみると、優秀なエンジニアが容易に見つかります。

日本で優秀なエンジニアを探すよりも、コストも時間もかけなくても済むのではないでしょうか。

オフショア開発のデメリット5つ

オフショア開発のデメリットを5つご紹介します。

オフショア開発の場合、コストパフォーマンスの良さで選んでいる企業が大半を占めていますが、デメリットにも目を向けなければ上手くいかないのではないでしょうか。

オフショア開発のデメリットは大きくわけて5つあります。デメリットの部分にも目を向けてみて下さい。

オフショア開発のデメリット1:開発チームとの距離がある

オフショア開発のでデメリットとして、開発チームとの距離がある事が考えられるでしょう。

日本からの距離があるぶん、時差などの問題で連絡が付きにくい可能性があり、例え修正依頼をしたくても、連絡が付かず修正までに時間がかかったりしてしまいます。

オフショア開発のデメリット2:言語の違い

オフショア開発のデメリットとして、言葉の違いにも気をつけなければいけません。

言葉は日本人どうしでもうまく伝わらない事もあるでしょう。ましてや日本語ではなく他の国の言語の場合、指示した内容がしっかりと現地に伝わらない可能性が考えられます。

オフショア開発のデメリット3:管理に手間がかかる

オフショア開発のデメリットとして、管理に手間がかかるという事も考えられるでしょう。

オフショア開発をするため発注依頼をしてみても、打ち合わせをこまめにおこなう事ができず、開発している場所まで視察に訪れることも難しいため、作業の進捗状況などを管理できません。

オフショア開発のデメリット4:現地責任者の育成に時間がかかる

オフショア開発のデメリットとして、現地責任者の育成に時間がかかる事も考えられます。

管理を日本で行えない場合、現地で管理責任者を育成するしかありません。仕事以外の文化的な部分や日本での開発現場との差がないようにするためには研修などに時間がかかるでしょう。

オフショア開発のデメリット5:小規模な単発プロジェクトには向いてない

オフショア開発のデメリットとして、小規模な短髪プロジェクトには向いていないという事が考えられます。

コストを大幅に削減する事がオフショア開発の一番のポイントですが、開発の内容が小規模な場合、期間が短いのに対し修正などの変更があたりすると間に合わずにコストだけがかさんでしまう可能性があるでしょう。

ニアショアについて理解を深めよう!

ニアショア開発やオフショア開発について、注目を集めている理由やそれぞれのメリットデメリットをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

オフショア開発だけではなく、注目を集めるニアショア開発についての理解を深め、開発の規模に応じて洗濯していく必要があります。

Related