Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月15日

ファブレス経営のメリット10個|ファブレス経営のデメリット3つ

ファブレス経営とは、自社で製造工場を持たずに、製造は外注に出すという経営手法です。ファブレス経営により、余計な資金を投入することがなく、大きなビジネスを行うことが可能です。ファブレス経営のメリットやデメリットを学び、自社経営に活かしましょう。

ファブレス経営のメリット10個|ファブレス経営のデメリット3つ

ファブレス経営とは何か

ファブレス経営とは、自社で生産設備を持たない企業の経営です。自社工場を持たずに、商品のアイデアやコンセプトを示し、商品の製造は他社に委託する経営方法です。

ファブレス経営を実施すると、企業は余計なコストを削減することができます。ファブレス経営を企業が行うことに対するメリットやデメリットを解説していきます。

意味

「ファブレス経営」は、ファブは工場、レスは無いという意味です。つまり工場を持たない経営を指します。

ファブレス経営は、資本力の少ない企業が、少ない資金で大きなマーケティングや製品開発を行う際には、強い武器となる経営です。自社で生産工場を持つ必要がありませんので、商品開発にのみ力を入れることが可能です。

世界的に有名な企業も、このファブレス経営を取り入れており、注目されている経営方法です。

ファブレス経営のメリット10個

ファブレス経営のメリットを紹介していきます。ファブレス経営は、少ない資源で大きな仕事を行えるというメリットばかりがクローズアップされますが、それ以外のメリットも多いです。

ファブレス経営のメリットを知り、ファブレス経営が自社に適合できるのかを考えてみることで、今後の企業の戦略がみえてきます。

ファブレス経営のメリット1:大規模な設備投資が不要

ファブレス経営のメリットとして、大規模な設備投資が不要である点が挙げられます。ファブレス経営は、自社に生産設備が必要ありませんので、余計な設備投資や人件費、不動産が不要です。そのため、新規事業に参入する際のハードルが低く、ビジネスの展開が容易に行えます。

万が一、事業撤退の際も、迅速に撤退が行えるため、企業に与えるダメージを最小に抑えることが可能です。

ファブレス経営のメリット2:経営資源を研究開発投資に回せる

ファブレス経営を実施することで、経営資源を研究開発投資に回せます。生産工場を持たないことで、余計な資金を投入することがなく、その分を研究開発費として使用することが可能です。

ファブレス経営は、いかに少ない資金でイノベーションを起こし、ヒットする商品を生み出すことができるかどうかが、鍵になります。

ファブレス経営をやる以上、研究開発に妥協は許されません。全力で研究開発することが成功の鍵です。

ファブレス経営のメリット3:最適な生産工場を選べる

ファブレス経営は、自社で生産工場を持たないため、生産は外注です。外注であるがゆえ、自社に最適な工場を選択することが可能です。

現在依頼している工場が、自社に不都合であったら、工場を変えることで、問題は解決します。ファブレス経営は、すぐに新規で新しく工場を持つことができるというふうにも考えることができます。

ファブレス経営は、もっとも贅沢な生産活動ができると言ってもいいでしょう。

ファブレス経営のメリット4:市場の変化に柔軟に対応できる

ファブレス経営であれば、市場の変化に柔軟に対応できます。生産設備が無いため、撤退も容易に可能です。ファブレス経営では、余計な固定費用がかかりませんので、資金繰りもスムーズに行えます。ファブレス経営は新しいチャレンジを行う企業にはおすすめできる経営手法です。

特にビジネスの流れが早い現代においては、ファブレス経営は大きな武器になると考えられます。

ファブレス経営のメリット5:ベンチャー企業も参入しやすい

ファブレス経営であれば、資金の少ないベンチャー企業も大きく挑戦することが可能です。

商品開発に注力し、大きくヒットすると予想できれば、固定費のかかる製造工程は他社にお願いすることで、資金を開発にのみ集中させることができます。ベンチャー企業であれば、ファブレス経営で事業を展開することが、成功につながるはずです。

ファブレス経営のメリット6:個人起業家でもチャンスはある

ベンチャー企業同様、ファブレス経営であれば、個人起業家であっても、チャンスはあります。ファブレス経営は、開発やマーケティングに力を入れ、製造は他社に任せる手法です。一番、お金がかかる製造を他社にお願いできれば、アイデアと少ない資金で、十分に成功は狙えます。

個人起業家であれば、必ず検討したい経営手法がファブレス経営です。

ファブレス経営のメリット7:イノベーションが起こしやすい

ファブレス経営は、製造という部分に力を入れる必要がありません。そのため、社員の考えや経営者の思いも、全て開発やマーケティングに注ぐことができます。

考えを一極集中することで「なぜ」の考えが広がります。考えが広がることで、イノベーションが発生しやすい環境が生まれます。

ファブレス経営でイノベーションを起こし、実際に大成功した企業も多いため、ファブレス経営は大きなチャンスを生む経営手法ともいえるでしょう。

ファブレス経営のメリット8:少資金での独立が可能

ファブレス経営は、少資金での独立を考える人にはとても向いている経営手法です。商品を新規に開発、販売するには、どうしても製造工程が必要になります。

最初から製造工程にこだわる人もいますが、少資金で独立、成功したい場合、余計に資金を使うことは命取りです。まずはファブレス経営で、製造工程を省き、その後、軌道に乗った時に、満足する製造工場を作ることも一つの戦法です。

ファブレス経営のメリット9:他社との差別化が可能

ファブレス経営により、他社との差別化が可能です。ファブレス経営により、実質製造工場を複数持つようになります。

複数の工場を抱えることで、工場の特色による違った商品を多く作れるようになり、他社には無い、多種多様な商品を世に送り出すことが可能です。それは他社との大きな差別化要因にもなりますので、自社の大きな武器になります。

ファブレス経営のメリット10:選択と集中ができる

ファブレス経営では、製造に余計な資金を投入する必要がありません。そのぶん、開発やマーケティングに力を入れることができます。

ファブレス経営では、選択と集中が行えるため、パフォマーンスが向上することが期待でき、イノベーションが起きやすい環境を作ることができます。イノベーションを起こし、素晴らしい商品を開発することができれば、大きなリターンが期待できます。

大見出し:ファブレス経営のデメリット3つ

ファブレス経営はメリットが多いように考えられますが、デメリットも多くあります。ファブレス経営のデメリットも知ることで、ファブレス経営を本当に理解することができます。ファブレス経営のメリット、デメリットを学び、自社の経営に活かしましょう。

ファブレス経営のデメリット1:外注コストがかかる

ファブレス経営のデメリットとして、外注コストがかかることが挙げられます。製造工場を持つ必要がないファブレス経営ですが、製造工場を持たないぶん、最終的には多くの外注費用を支払う必要が出てきます。

中長期的にみて、製造を外注にだし続けることで、最終的にはコストがかかりすぎる場合には、自社で工場を持つことも検討した方がいいでしょう。

ファブレス経営のデメリット2:品質管理が難しい

ファブレス経営のデメリットとして、品質管理の難しさがあります。ファブレス経営は、製造を外注しますので、品質管理は外注先に任せることになります。

しかし、万が一商品に問題があり、消費者からのクレームがあった場合、対応を行う必要があります。自社工場では無いため、このようなリスクは十分考えられるでしょう。

ファブレス経営のデメリットを把握し、品質管理にも目を光らせる必要があります。

ファブレス経営のデメリット3:製造ノウハウが蓄積されない

ファブレス経営では、製造を外注するため、製造ノウハウが自社に蓄積されないというデメリットが発生します。製造ノウハウが自社に無いのは、ある意味、大きな損失です。

製造の技術ノウハウを継承することができず、最悪の場合、技術の消失にも繋がります。外注先の製造工場とも話し合い、製造技術ノウハウをどうするのかを考える必要があります。

ファブレス経営を成功させましょう

ファブレス経営に関して解説を行なっていきました。ファブレス経営は、ベンチャーや個人であっても、大きな成果を出すことが可能な経営方法です。しかし、メリットもあればデメリットももちろんあります。ファブレス経営を理解し、ファブレス経営を成功させましょう。

Related