Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月12日

協調性とは?自己PRで協調性をアピールするために使えるキーワード7つ

本記事では、協調性とは?自己PRで協調性をアピールするために使えるキーワード7つについて紹介していきます。協調性を転職活動の自己PRで使おうと考えている方、効果的に協調性と部分を面接官にどう伝えると良いか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

協調性とは?自己PRで協調性をアピールするために使えるキーワード7つ

協調性とは?

協調性とは、別々の環境・立場に存在する人間がお互いを助け合ったり譲り合うことで、同じ目標へまとまるために必要になる素質です。協調性がある人は、意見の違う人とも協力して仲良くすることができます。

本記事では、協調性とは何か、自己PRで協調性をアピールするために使えるキーワード7つについて紹介していきます。

協調性は就職活動でも面接官に見られている部分なので、協調性の意味をしっかりと理解しておきましょう。

協調性はなぜ必要なのか

協調性はなぜ必要なのでしょうか。プライベートで一人でいることが好き、という方にはあまり必要性を感じない方もいるのではないでしょうか。

協調性は、多くの仕事で必要になってくる素質です。仕事では色々な立場な人と関わることがあり、業務の遂行のために力を合わせる必要があります。チーム、上司、同僚、部下、そして顧客とうまくやっていけるか、という観点で協調性は必要です。

転職時に協調性をアピールする

協調性を大事にする民族と日本人はよく言われていますが、実際に個人のスキルよりも、協調性やチームワークをより重要視しているという企業も多いです。

転職時に協調性をアピールすることは面接官からの好感度をあげるためにも効果的に転職をすすめるポイントになるでしょう。

自己PRで協調性をアピールするために使えるキーワード7つ

まずはじめに、自己PRで協調性をアピールするために使えるキーワード7つについて紹介していきます。

自己PRで協調性をアピールするために使えるキーワードには、チームワーク・組織の一員・メンバーのサポート・コミュニケーション能力・調整力・傾聴力・気配り、などがあります。

一言に「協調性」といっても具体的に説明する必要があります。転職時の自己PRで使えるような言葉があるかキーワード・内容を見ていきましょう。

協調性をアピールするキーワード1:チームワーク

協調性をアピールするキーワード1つ目は「チームワーク」です。チームワークとはお互いの弱点を理解し補いあい、強みを高め合うことでチームとしての力を新たに生み出すことをいいます。

会社にはさまざまな特技、特徴を持った人がいるので、それぞれの強み弱みを理解、補いあうことは必要になるでしょう。

チームを組んで作業に当たることも多いのでチームワークというキーワードをつかって協調性をアピールすることはおすすめです。

協調性をアピールするキーワード2:組織の一員

協調性をアピールするキーワード2つ目は「組織の一員」ということです。会社に勤めるということは、組織の一員になるということが大切になります。

この意識が不足していると、自分の意見を優先してしまい、輪を乱し、組織の進む方向とは外れてしまう可能性があります。

組織の一員であるという意識を常に持っている、ということが協調性が高いというアピールにつながるでしょう。

協調性をアピールするキーワード3:メンバーのサポート

協調性をアピールするキーワード3つ目は、「メンバーのサポート」ができるということです。企業側として求めている協調性に、会社全体の生産性を上げるためにメンバーのサポートに協力的か、という部分があります。

個人的に優れていても、自分の利益しか考えていない人は会社の中では良い評価はされません。周囲の状態も視野に入れて、チーム内で協力・サポートを積極的に行う協調性の高い人が求められています。

協調性をアピールするキーワード4:コミュニケーション能力

協調性をアピールするキーワード4つ目は、「コミュニケーション能力」です。コミュニケーション能力とは、人の気持ちをくみ取りながら意思疎通ができたり、その場の状況にあわせて適切な表現を行う能力をいいます。

共に働く人と向き合い、円滑な人間関係を気付きながら業務を進めていくことにおいて、コミュニケーション能力は協調性を図るために必要な要素です。

協調性をアピールするキーワード5:調整力

協調性をアピールするキーワード5つ目は、「調整力」です。調整力とは、ある基準や目的や行動に合わせて理想的な形に整えていく能力、円滑に活動させるための能力です。

調整力を持っていると、周囲の人を巻き込みながら、協力して業務に取り組んでいく能力や具体的な段取りを考えて実行する能力がつきます。調整力次第で仕事の成果が決まるということもあり、社内外のさまざまな人と関わる仕事では力を発揮します。

協調性をアピールするキーワード6:傾聴力

協調性をアピールするキーワード6つ目は、「傾聴力」です。傾聴力とは、字のごとく相手の話に耳を傾け、熱心に聴く能力です。

協調性は話が上手いことではありません。 もちろん協調性を高めていく上で話が上手なことはプラスになりますが、相手の意向をくみ取り、意見を受け止めていく能力も必要になります。このときに傾聴力が高いことが重要な要素になるでしょう。

協調性をアピールするキーワード7:気配り

協調性をアピールするキーワード7つ目は、「気配り」です。目標を持って行う時に、お互いに協力し合ってできるかどうか、という時に気配りができるできないかは重要な鍵になります。

気の合わない相手と仕事をしなければいけないとき、相手への配慮、気配りによって仕事をスムーズに行う可能性がアップするでしょう。相手との温度差、足並みを合わせるには、気配りは必要な部分で協調性を高めていく秘訣でもあります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

自己PRで協調性をアピールする際の注意点3つ

協調性を自己PRでアピールするにはデメリットになりえることもあります。

最後に、自己PRで協調性をアピールする際の注意点3つ、具体的なエピソードを挙げる・客観的な評価や結果を伝える・応募先にあった内容にする、ということについて紹介していきます。

自己PRで協調性を伝えていこうと考えている方は、自分の良い面と訴える部分がかすんでしまわないように注意していきましょう。

協調性アピール注意点1:具体的なエピソードを挙げる

協調性アピール注意点1つ目は、具体的なエピソードを挙げることです。単に「協調性があります」と主張すると、面接官は「それで実際に何ができるのか」と思ってしまうでしょう。その言葉の先には必ず具体的なエピソードを挙げましょう。

また、協調性があるだけではなく実際の体験に基づいて、協調性の大切さを学んだこと、成果につながったことなどを盛り込んでアピールすると面接官からの印象はさらに良くなるでしょう。

協調性アピール注意点2:客観的な評価や結果を伝える

協調性アピール注意点2つ目は、客観的な評価や結果を伝えることです。協調性は数字に表れにくいので相手に伝わりにくいところがあります。

それまでの経緯が見えてこない分、その日初めてあった人に「君は協調性があるね」という印象を持ってもらうことはまず難しいです。

協調性を感じさせる実体験の中で、チームワーク、気配りの良さを周りから評価され、言葉をもらったなど、客観的な視点や意見も入れると良いでしょう。

協調性アピール注意点3:応募先にあった内容にする

協調性アピール注意点3つ目は、応募先にあった内容にすることです。協調性といっても会社によって求めている協調性のある人物が一致しないことがあります。

上下関係の厳しい体育系体質の会社であれば、輪を乱さない、謙虚過ぎるくらいの協調性アピールが良いでしょう。

能力重視の企業であれば、クライアントの信頼を得るため社内で協力、チームワークを高めて売り上げに貢献するという意味で協調性をアピールしていきましょう。

協調性をアピールして転職を成功させよう

協調性とは?自己PRで協調性をアピールするために使えるキーワード7つについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

協調性といっても、企業によって欲しいと思われる協調性は異なってきます。自分の魅力として協調性をアピールするときは、応募する企業にあった内容を伝えられるようにしましょう。

具体的な内容と根拠を盛り込みながら、企業側が欲しいと感じる協調性をアピールして転職を成功させましょう。

Related