Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月13日

ディスプレイ業界に関する豆知識9つと詳細|向いている人の特徴5つ

ディスプレイ業界をご存知でしょうか。店舗デザインや展示ブースを請け負う、華やかで人気のある職場のことです。そこで今回は、ディスプレイ業界に関する豆知識9つと詳細についてや、向いている人の特徴5つなどを中心に、ディスプレイ業界について詳しくご紹介していきます。

ディスプレイ業界に関する豆知識9つと詳細|向いている人の特徴5つ

ディスプレイ業界とはどのような業界か

ディスプレイ業界という言葉をご存知でしょうか。初めて耳にする方も多いのではないでしょうか。

ディスプレイ業界とは、展示会や建物の内装をディスプレイする仕事の会社や職業・職種の人たちの世界を指す言葉です。

一見、華やかなディスプレイ業界ですが、さまざまな知識や経験・コミュニケーション能力を発揮して、綿密に計算して作られるたいへんな仕事です。

今回は、そんなディスプレイ業界について詳しくご紹介していきます。

ディスプレイ業界に関する豆知識9つ

ディスプレイ業界とはどんな世界で、どのような仕事をしているのでしょうか。ディスプレイ業界に関する豆知識9つをご紹介していきます。

ディスプレイ業界に興味があり、これからその世界の仕事に就きたい人、勉強を始めたい人、転職したい人たちなどのために、ディスプレイ業界についての詳しい内容を列挙していきます。

ディスプレイ業界の豆知識を知ることで、ディスプレイの仕事への理解について深めていきましょう。

ディスプレイ業界に関する豆知識1:どんな人が志望するのか?

華やかなディスプレイ業界は、実は隠れた人気の業界で、美術や建築関係の人が多いことでも知られた業界です。

ディスプレイ業界は、美術系や建築学科を出た学生が多く勤めている業界です。そのような学科を卒業したり勉強したり、興味がある方は、ディスプレイ業界を目指してみてはいかがでしょうか。

自分の持つアイデアやビジョン・スキルや経験を武器に、やりがいのある楽しい仕事を得ることができるチャンスです。

ディスプレイ業界に関する豆知識2:志望動機は

ディスプレイ業界に入る人の志望動機として多いのは、ダイレクトに自分の仕事が伝わり、やりがいのある華やかな業界だからという理由です。

自分のアイデアや仕事を目に見える形で多くの人の前にさらすことができる職種は、デザイン関係の業務の中でも、そんなにたくさんはありません。

建築やデザインの勉強をしている人にとって、自分の作品を発表できる場があるディスプレイ業界は、憧れの職種のひとつとなっています。

ポートフォリオについて

ディスプレイ業界におけるポートフォリオとは、学生時代に自らが制作した作品をビジュアルにまとめた物で、就職活動に必要となってくる大切なものです。

ディスプレイ業界の就職活動時に制作するポートフォリオは、各自の個性と才能を自由に発揮できる大切な資料です。個性を打ち出すことは大切ですが企業それぞれに決まりがあるので、会社の方針に沿うように制作することが重要です。

ポートフォリオは複数用意しておきましょう。

ディスプレイ業界に関する豆知識3:仕事内容

ディスプレイ業界の仕事内容は基本的に、営業・企画・制作・デザインの4部門に分かれています。

会社によっては、これらの4つの職種に分かれていない場合もあります。ディスプレイ業界で何をしたいのかをしっかりと決意した上で、就職活動を行っていきましょう。

営業職といっても、ディスプレイ業界の場合はアイデアやデザインを売り込む仕事です。どの職種も、デザインやアイデアに大きく関わってくる仕事内容になっています。

ディスプレイ業界に関する豆知識4:具体的な業務

ディスプレイ業界の具体的な業務について、見ていきましょう。

ディスプレイ業界は企業によって、取り扱う内容が大きく違ってきます。小さな規模の会社では、自分が目指す仕事内容ができない場合がありますので、その企業の仕事内容をよく検証してから応募する必要があります。

ディスプレイ業界には、店舗の内装、展示会ブース企画や設置などの業務があります。朝から晩まで取りかかる必要もある、忙しい業務内容となっています。

店舗内装

ディスプレイ業界の店舗内装には、店舗設計と特殊店舗設計の2つがあります。

美容院やレストランといった、おしゃれな内容の小売店舗を請け負う店舗設計のディスプレイの仕事は、小規模なディスプレイ業界の会社の主軸となる業務です。

ショッピングモールのような大規模な仕事を請け負う企業もあります。

特殊店舗設計とは、図書館や美術館・ショールームのような特殊な設計を請け負う、ディスプレイ業界の業務のことです。

展示会ブース

企業などの展示会や、モーターショーなどの華やかで大規模な展示を請け負う、ディスプレイ業界の業務があります。

展示会は近年、あちこちで開催されているため、需要が多くなっている業務です。展示会ブースのデザインや企画に興味がある方は、展示会を手掛けている会社に応募をしてみるとよいでしょう。

街のイベントでのライトアップなどの仕事もあります。短時間で設置してすぐに解体するスピーディーさも必要とされる業務です。

ディスプレイ業界に関する豆知識5:給与は?

ディスプレイ業界は成り手が多く狭き門なので、一般職に比べて年収は良い方です。

ディスプレイ業界という特殊な業界なので、デザイナーやプランナーという専門職のため、会社や業務内容・形態によって給与の幅が大きく変わる職種です。

才能があり、大手で大規模な仕事ができる人は入社一年目から年収400万円ほどもらえる人もます。また、何十年もかけてそれぐらいの給与に到達する人もいます。給与に変動のある業界です。

ディスプレイ業界に関する豆知識6:勤務時間や残業

ディスプレイ業界の勤務時間や残業は、不規則な企業が多いです。

そのとき請け負っている仕事によって、業務時間が大きく変化するのがディスプレイ業界の勤務時間です。残業も合わせて12時間近い勤務もざらにあります。

商品の発注やクライアントとのヒアリングや打ち合わせなど、そのときどきのスケジュールで毎日の仕事の内容も違ってきます。現場へ出掛けることも多く、時間の予測ができないため、残業が多い職種です。

ディスプレイ業界に関する豆知識7:休日や休暇

ディスプレイ業界は週休二日の会社が多いですが、業務の関係で土日出勤が多いため、平日が休日になるところが多く、長い休暇は取りづらい傾向があります。

ディスプレイ業界は店舗に関わる業務のため、会社と仕事場の往復という生活になってしまいます。どうしても残業が深夜に及んでしまうことが多くなります。

展示や店舗の仕事を請け負っているため、土日は仕事というケースの企業がほとんどなのが現状です。休暇も厳しいです。

ディスプレイ業界に関する豆知識8:福利厚生や社会保険

ディスプレイ業界は福利厚生や社会保険があります。

しかし、一般的な企業に比べると、あまり充実はしていません。保養所なども、会社の規模にもよりますが重視していないケースが多いです。

ディスプレイ業界の会社の規模は、請け負う仕事内容によってまちまちです。福利厚生や社会保険が充実していない企業もあります。

就職をする際は、将来のことをよく考えて、福利厚生や社会保険がしっかりとしている会社を選ぶとよいでしょう。

ディスプレイ業界に関する豆知識9:将来性

ディスプレイ業界は現在、過渡期に差し掛かっているため、環境保護の観点から厳しくなる動きが見られる業界です。

展示ブースのように、わざわざ作った制作物をあっという間に壊してしまうようなやり方は、環境保護の観点からすると好ましくない行為です。将来性が見えにくい職種だといえます。

ただし、現時点での需要はたくさんあります。やりがいがあり自由性も多い職業ですが、残業が多いという問題点もある、複雑な状態です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

ディスプレイ業界に向いている人の特徴5つ

ディスプレイ業界に向いている人の特徴を5つ挙げてご紹介していきます。

ディスプレイ業界に就職したいが、どのような人が向いている職種なのかを、特徴をもとにご説明していきます。

ディスプレイ業界に就職できる人は、必ずしもデザインや建築の学科の大学を出た人とは限りません。デザイナーや制作の仕事はディスプレイ業界の知識がないと就職が難しいですが、営業やプランナーの仕事は文科系でも大丈夫です。

ディスプレイ業界に向いている人の特徴1:コミュニケーション能力がある

仕事全般にいえることですが、ディスプレイ業界の人は特に、コミュニケーション能力が求められています。

ディスプレイ業界とは、クライアントの希望に沿ったディスプレイを提供する仕事です。相手の希望を素早く理解できるコミュニケーション能力がないと、お客様が納得できるサービスが提供できません。

それはすなわち、人々が求めているディスプレイへとつながっていきます。人の気持ちがわかる人間が求められています。

ディスプレイ業界に向いている人の特徴2:協調性がある

ディスプレイ業界に就職するには、協調性がないとだめです。

どんな仕事もそうですが、他人とうまくやっていける人間でないと良い仕事はできません。クライアントや仲間と気持ちよく接することができない人は、ディスプレイ業界には向いていません。

常に人と一緒に仕事をする業界なので、仲良く楽しく人と接することが第一条件になってきます。人と協調性をもって業務をやっていける能力がないと、ディスプレイ業界は勤まりません。

ディスプレイ業界に向いている人の特徴3:デザイン力がある

ディスプレイ業界はデザイン力がないと勤まりません。

デザインの世界は常に流行を追い掛ける場所なので、時代に乗っていかれるセンスが必要です。デザインの能力がない人は、ディスプレイ業界にいないといっても過言ではありません。

ディスプレイ業界はデザイナーの集まりのような場所なので、基本的なデザインの才能がないと置いていかれる業種です。デザインが好きでないと続けていくことができない業界だと覚えておきましょう。

ディスプレイ業界に向いている人の特徴4:アイディア力がある

ディスプレイ業界はアイデア力がない人は向いていません。

アイデア力とは、常に新しい、一歩先を行く発想力のことです。人と同じ発想をしていては、良いアイデアとはいえません。かといって、あまりにも突飛な発想では、クライアントも世間も納得しません。

時代や流行・人々のニーズや趣味趣向を満足させる、新しくて安心できる、クライアントの希望を叶えてくれるアイデア力が、ディスプレイ業界を目指す人には必要です。

ディスプレイ業界に向いている人の特徴5:マーケティング力がある

ディスプレイ業界に向いている人の特徴に、マーケティング力があるという特徴があります。

ディスプレイ業界は物を売る・宣伝するためのデザイン作りが仕事です。マーケティグ能力がとても大切になっています。

ディスプレイ業界について知ろう

ディスプレイ業界について知識と理解を深めて、デザイナーやプランナー業の就職を目指していきましょう。

ディスプレイ業界は仕事内容や業務に一部、過酷な面もありますが、自分のアイデア力やデザイン力の才能を自由に発揮できるやりがいのある職場です。

ディスプレイ業界に就職して、伸び伸びとデザインの仕事に打ち込みましょう。

Related