Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月18日

公務員と民間企業の違い10つ|公務員と民間企業の類似点4つ

公務員と民間企業で働く場合、待遇や勤務の仕方、利益の考え方が違います。公務員として仕事をする場合は国民の生活をより良くする働き方をしますが、民間企業で働く場合、会社の利益を上げていく必要があります。それぞれの職業の違いを理解し、仕事に役立てるようにしましょう。

公務員と民間企業の違い10つ|公務員と民間企業の類似点4つ

公務員と民間企業の違いは何か?

公務員と民間企業はたくさんの違いがあります。公務員は国や公共機関に関連することを仕事としていますが、民間企業は公的、行政機関に属さず働きます。また、公務員は税金を基に仕事をしていきますが、民間企業は利益や融資などから資金の募ります。

社会人として働く人は、公務員でも民間企業の社員でも、与えられた仕事に責任感を持って取り組むようにしましょう。

公務員と民間企業9つの違い

公務員と民間企業は9つの違う点があります。どちらも職場に出勤して仕事をするのは一緒ですが、就職するための方法や利益についての考え方に違いがあるので、どのようなことに重きを置きながら働いていくのか見分ける必要があります。

社会人として仕事をしていく人は、公務員、民間企業どちらで働く場合でも、それぞれの仕事内容や利益の考え方に合わせて働くことが大切です。

公務員と民間企業の違い1:就職方法

公務員と民間企業の違いに就職方法があります。公務員の場合は国家公務員の試験を受けますが、民間企業は採用試験を受けて入社します。また、どちらの就職方法でも仕事の適性を判断されるので、一定の基準はクリアしておく必要があります。

社会人として仕事をしていく人は、公務員もしくは民間企業に必要とされている事柄を学び、それぞれの就職方法で採用を勝ち取りましょう。

公務員と民間企業の違い2:仕事の目的

公務員と民間企業の違いに仕事の目的が挙げられます。公務員は国民の生活を守りながら、より良くするための仕事をしていきますが、民間企業の場合は物やサービスを提供し利益を得る働き方をします。

社会人として仕事をしていく人は、公務員、民間企業どちらで働く場合でも、仕事の目的や内容の違いを理解し、仕事をしていくことが大切です。また、それぞれの職場で活躍していくためにも仕事の目的の違いを把握しておきましょう。

公務員と民間企業の違い3:仕事内容

仕事の内容が違うことも、公務員と民間企業の違いの一つです。公務員は国民の生活や生命に関わる事柄を仕事にしており、場合によっては自身の生命の危機を招くことがあります。また、民間企業で仕事をする場合は商品やサービスを提供していく仕事をします。

社会人として仕事をしていく人は、それぞれの職業の本来の目的に従い、自身の役割を果たしながら働くことが大切です。

公務員と民間企業の違い4:利益の考え方

公務員と民間企業の違いに利益の考え方が挙げられます。公務員として働く場合、利益を追求せず国民の生活を守るための仕事をしていきますが、民間企業で働く場合は公務員のように給料が税金で支払われないので、会社の利益を上げる働き方をしていく必要があります。

社会人として仕事をする人は、自分が活躍できる場を広げるためにも、それぞれの職業における利益の考え方に合わせた働き方をしましょう。

公務員と民間企業の違い5:待遇

公務員と民間企業は職業の待遇も違います。公務員は社会保険や年金への加入が可能で各種手当が充実しており、勤続年数が多ければ年収を上げることができます。

また、民間企業の場合、雇用形態によっては年金や社会保険に加入できない場合があり、利益を追求する働き方をするため勤務時間が長くなることがあります。

良い待遇で仕事をしたい人は、それぞれの職業に求められる人材を目指し、待遇の良い職場を選んでいきましょう。

公務員と民間企業の違い6:ボーナス

ボーナスも公務員と民間企業では違いがあります。公務員のボーナスは年2回必ず支給されますが、民間企業の場合、企業としての業績が悪いとボーナス自体が出ないことがあります。また、雇用形態によってはボーナスが全く支給されない場合もあります。

安定した収入を得たい人は、学校で多くのことを学ぶようにし、学校以外での場で多くの経験を積むことで会社員や公務員として求められる人材を目指すようにしましょう。

公務員と民間企業の違い7:労働時間

公務員と民間企業の違いに労働時間の長さがあります。公務員の場合は週休2日制で1日7時間45分の勤務時間ですが、民間企業の場合必ずしも週休2日制ではなく、また勤務時間が8時間以上の職場もあります。

ワークライフバランスを考えて働きたい人は、公務員を受験するための準備をしたり、多くの企業に求められている知識を身につけ、条件の良い仕事を得るようにしましょう。

公務員と民間企業の違い8:休日や休暇

公務員と民間企業の違いに休日や休暇があります。公務員は週休2日制の職場が多く、また育児休暇や有給が取りやすくなっていますが震災や災害に対応しなければならない場合は休日出勤する必要があります。

また、民間企業の場合は休日が週1日の職場もあり、育児休暇や有給が取得しづらい企業もあります。

社会人として仕事をする人は、与えられた休日や休暇を上手に使いながら私生活を充実させるようにしましょう。

公務員と民間企業の違い9:福利厚生

公務員と民間企業は福利厚生の違いがあります。公務員は社会保険や年金に加入できるだけでなく、夏季休暇や産後休暇などが充実しており、有給休暇も取得しやすくなっていますが民間企業の場合は年金の加入が難しかったり、休暇制度が充実していない職場もあります。

民間企業の社員として仕事をする人は、入社を検討している企業の求人の内容をきちんと確認し、法定外福利厚生が整っている職場で働くようにしましょう。

あなたの仕事に生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができてない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

公務員と民間企業の類似点4つ

公務員と民間企業の類似点が4点ほどあります。公務員もしくは民間企業どちらで働く場合になっても他人のために労働していくことには変わりがないので、どのような仕事であっても誇りを持って取り組むことができます。

社会人として仕事をしていく人は、どのような職業でも仕事自体に責任感を持って取り組んでいくことが大切です。

公務員と民間企業の類似点1:社会人として働いている

社会人として働いていることも、公務員と民間企業の類似点です。公務員もしくは民間企業の社員として働く場合も、成人した社会人として仕事をしていくのである程度の節度や責任感を持って働くことが求められます。

社会人として仕事をする人は、職場仲間の一員として働いていくためにも人としての一般常識や思いやり持って仕事をしていくようにしましょう。

公務員と民間企業の類似点2:大切な仕事である

大切な仕事であることも公務員と民間企業の類似点です。公務員、民間企業どちらの仕事も世の中の人々に必要とされているため、大切な仕事であることに違いはありません。

社会人として仕事をしていく人は、自分の仕事に誇りを持って取り組むためにも、世の中に必要とされない職業は皆無であることを悟るようにしましょう。

公務員と民間企業の類似点3:給料をもらっている

給料をもらっていることも公務員と民間企業の類似点です。公務員、民間企業でどちらで仕事をする場合も働いていくことには変わりがないので、労働に対する対価が支払われることになります。

社会人として仕事をする人は、給料額を上げていくためにも、日々の仕事を確実にこなし、多くの経験やスキルを積み重ねていくことが大切です。

公務員と民間企業の類似点4:仕事へやりがい

仕事へのやりがいがあることも公務員と民間企業の類似点です。公務員もしくは民間企業どの場合で働いても仕事をやり遂げれば達成感を感じることができるので、どちらの職業もやりがいが持てる仕事と言えます。

仕事へのやりがいを感じたい人は、自分なりの目標を掲げ、目標達成のために必要なことを積み重ねていきましょう。

公務員と民間企業の違いを理解しよう

公務員、民間企業どちらで働くことになっても職業の違いを理解するようにしましょう。それぞれの職業の特徴を理解しておけば、どのようなことに重きを置いて仕事をすれば良いかが理解でき、職場で活躍できるチャンスを広げることができます。

社会人として仕事をする人は、職場での地位を築いていくためにも、それぞれの職業に求められる理念や利益自体の考え方を理解して働いていくことが大切です。

Related