心療内科と精神科の違い・選び方|うつ/メンタルクリニック/料金

ビジネスマナー

心療内科と精神科の違いとは?

心療内科とは

心療内科とは、心の病気、ストレスがきっかけで体に現れた症状を治療する場所です。たとえば動悸や胃の痛みを感じて内科にかかり、内科では異常なしと言われたがその後も症状が続き、ストレスのせいではないかと思う、という場合は心療内科を受診することになります。

ストレスから来る胃潰瘍、下痢、腹痛、高血圧など、およそストレスからくる病は心療内科の担当です。心が原因であっても、身体的に症状が出ている以上、画像検査や血液検査で異常が発見されることもあるので、こうした検査や処置は心療内科が専門となります。

心療内科は内科という文字が名前にあるように、身体的な症状を中心に見るので、内科医が診ることもあれば精神科医が診ることもあります。

精神科とは

精神科とは、うつ、イライラ、不眠、不安、幻覚や妄想など、身体に症状は出ないが心に現れる精神疾患を専門としています。こうした症状にはカウンセリングや精神分析、抗うつ剤などで対処します。

気分が落ち込む、イライラする、不安が強くてパニックになる、元気なときと落ち込むときを繰り返す、眠れない、などの症状が精神科の担当です。症名で言うとうつ、総合失調症、神経症、不眠症などが精神科の担当として挙げられます。

メンタルクリニックとは

メンタルクリニックは、心療内科や精神科のイメージを柔らかくし、行きやすくするための別名で、診療科目の名称ではありません。この名前がついている病院も中身は心療内科・精神科ですので、心療内科もしくは精神科に行くことを考えている人が行く場所となります。

心療内科と精神科、メンタルクリニックの違いとは

心療内科は心の問題、ストレスからくる身体的症状の緩和が目的で、精神科は心の問題そのもの、精神疾患に対して処置をする場所です。よって心療内科は内科寄りの精神科、精神科は精神についての専門家となります。

ですが現実にはふたつの違いはあいまいで、心療内科も精神科もほぼ同じような症状を扱っています。どちらの医者も互いの領域をカバーしていますので、心療内科と精神科を間違えて行ったから診て貰えなかった、ということはまず無いでしょう。

また、メンタルクリニックは心療内科と精神科と神経科の総称・別称であり、同じものと考えて間違いありません。

初診・カウンセリングの料金は?

心療内科・精神科の初診料は?

心療内科・精神科の初診料は患者によって異なりますが、だいたい初めての受診で3000~6000円前後、二回目以降は2000円~3000円程度になるところが多いようです。薬が処方されれば薬代がさらに500~1000円前後プラスされます。

なお血液検査や心理検査をした場合や、紹介状の必要な総合病院や大学病院に紹介状なしでかかった場合、プラス3000~5000円かかります。紹介状なしの初診料は病院によって異なるため、この目安より安いところもあればもっと高額のところもあります。

心療内科・精神科のカウンセリングの料金は?

心療内科・精神科のカウンセリングの料金は、病院によって異なりますが1000円~3000円の範囲が多く、保険の範囲なら無料のところもあります。病院外のカウンセリングに通う場合は一時間数千円~一万円ほどかかりますので、それに比べると病院内で受けるカウンセリングは安く済むでしょう。

うつ・発達障害はどちらを利用すべき?

うつや18歳以上の大人の発達障害は、どちらも身体症状ではなく精神的なものですので、精神の専門家である精神科が担当となります。心療内科に行っても間違いではありませんが、後で精神科に転院を進められたり、医師の専門外である可能性も高いので、できるだけ精神科と掲げられている病院に行くようにしましょう。

なお、メンタルクリニックは心療内科と精神科の総称もしくは別称ですので、名前で判断するのではなく診療科目に精神科があるか確認してから行きましょう。

18歳未満の子どもの発達障害は、まずは市町村の保健センターか児童相談所、子育て支援センターへ相談することをお勧めします。必要に応じてそれらの施設から適切な機関が紹介されます。具体的な担当機関は児童発達外来のある小児科・児童精神科などです。

心療内科・精神科の選び方は?

口コミを元に選ぶ

心療内科・精神科を選ぶのに、口コミを参考にするのは良い方法です。心療内科や精神科は病院の中でもデリケートな分野であり、通うのに勇気が必要なこともあります。そんなときに自分と同じような症状の患者の声は心強い味方となります。

信頼できる友人・知人の声はもちろん、ネット上の口コミも参考にして選ぶと良いでしょう。ただしネット上の口コミは極端な批判や悪口が混ざっている場合もあるので、極端な口コミは参考にしないほうが良いでしょう。ネット上の口コミを参考に選ぶ場合は、なるべく複数の口コミを参考にして、一人の口コミだけで決めないようにすると偏りなく選べます。

ホームページや医師の経歴から選ぶ

今はホームページを持っている病院が多く、どんな先生で何が専門分野なのか詳しく書いてあります。心療内科・精神科は検査機など高額な機械を買わずとも開業することができるため、経験の浅い医師が診療に当たっている場合があります。ホームページの医師の経歴を診れば、ベテランの医師なのか経験が浅いのかを判断することが可能です。

判断する際の目安に資格があります。精神科専門医もしくは精神保健指定医は、精神医療を少なくとも三年は行っていないと取れない資格です。資格がなくても素晴らしい医師はいますが、この資格を持っていることがひとつの目安になるでしょう。

また、医師からのメッセージやブログなどが載っていれば、医師の人柄も見ることができます。心療内科・精神科に行くのが不安だという場合は、ホームページの写真から病院の雰囲気を知っておくのも良いでしょう。

安心して通える場所にある病院を選ぶ

心療内科・精神科へ通うことに抵抗がある人もいます。また心の病気で悩んでいるときは、少しでもストレスを減らしたいものです。心療内科・精神科は安心して通える場所にある病院を選ぶと良いでしょう。

通っていることを知人に知られたくない場合、家や会社の近くにある病院はあまり望ましくないでしょう。どうしても家や会社の近くを選ばなければならない場合、病院が複数入っているビルを選ぶと何科に行ったのか知られずに済みます。

また、電車やバスに乗ることが苦痛である場合は徒歩や自転車で通える圏内、遠くても知り合いがいないことに安心できるなら遠い病院のほうが安心して通えます。心療内科・精神科の治療は長くかかることが多いので、長く通えるよう交通手段も考えて選ぶと後々のストレスが無くなるでしょう。

予約なしでもいい?

心療内科・精神科は現在患者数が多く混雑している病院が多いので、そういった病院では初診は予約が必要になっています。比較的空いている病院なら予約なしで行けることもありますが、できるだけ事前にネットや電話で予約して行くのが良いでしょう。電話であれば、当日の予約ができる病院もあります。

予約が必要なのは、初診の場合受付票に症状を細かく記入したり、先生に症状を詳しく話したりする時間が30分程度とられるためでもあります。初めて行ったときに的確に症状を説明できるよう、あらかじめ自分の症状をまとめておくと良いでしょう。

心療内科・精神科で笑顔を取り戻そう

心療内科・精神科というと怖い場所であるというイメージがあるかもしれません。ですが現在の心療内科・精神科は明るいイメージの所も増え、それほど気負って行く場所では無くなりました。

私たちが風邪をひいたら内科や胃腸科、怪我をしたら外科にかかるように、心の調子が悪いときに心療内科や精神科にかかるのは普通のことです。心の中のイメージに振り回されず、適切な処置やカウンセリングを受けて日々の生活に笑顔を取り戻しましょう。

タイトルとURLをコピーしました