Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月24日

好印象を与える名刺入れの中身3例|名刺入れの正しい使い方

ここでは、名刺入れの色やデザインだけでなく、中身がどれだけ重要かというお話をしています。名刺交換の際には、名刺や名刺入れの外観だけでなく、名刺入れの中身を見られていることがあります。悪い印象を与えないためにも、名刺入れの中身にも気を遣いましょう。

好印象を与える名刺入れの中身3例|名刺入れの正しい使い方

名刺入れとは

名刺入れとは、自分の名前や会社の情報を記載した名刺を入れて保管するための入れ物です。名刺は、取引先に自分を知ってもらうためのツールで、自分の顔とも言えるビジネスツールです。その名刺を入れておくものなので、名刺入れも第一印象を決めるのに重要なアイテムになります。

相手に好印象を持ってもらうために、名刺入れのデザインや素材にも気を使いましょう。自分に相応のものを持つことがポイントです。

ビジネスパーソンの必需品

取引先に名刺を渡す時に、折れ曲がっていたり汚れていたりすると悪い印象を与えてしまいます。この人は、だらしない人なんだと思われてしまうと、なかなか信用してもらえません。第一印象は、これからの関係を築くために重要です。

相手に自分を知ってもらうために渡す大切な名刺を美しく保管しておくために、名刺入れは必要な道具です。社会人になったら、まず初めに購入してください。色やデザインにも注意して選びましょう。

好印象を与える名刺とは?

好印象を与える名刺入れの中身3例|名刺入れの正しい使い方
相手に自分のことを覚えてもらうために、名刺には名前や会社の情報など、いろいろな情報が記載されています。相手に好印象を与えるためには、どのような名刺が効果的なのでしょうか。知ってもらいたい情報はたくさんありますが、あまり詰め込みすぎると見難くなってしまいます。

ここからは、好印象を与える名刺とはどのようなものなのか、詳しく紹介していきます。名刺を作る時の参考にしてください。

シンプル

好印象を与える名刺入れの中身3例|名刺入れの正しい使い方
名刺は、シンプルなデザインが見やすくて好印象です。知ってほしい情報はたくさんありますが、全て記載してしまうとゴチャゴチャして見難い名刺になってしまいます。そうなると、取引先に悪い印象を与えてしまう恐れがあります。

名前、会社の住所や連絡先などで表面はスッキリとしたデザインで、他に知ってほしいことは裏面に記載するという方法もあります。情報がたくさんある場合は、名刺を両面つかうというのも手です。

清潔感がある

取引先に渡す名刺は、折れ曲がっていたり汚れていたりすることのない、清潔感のある名刺が好印象です。汚れている名刺を渡してしまうと、ガサツな印象を与えてしまいます。そうなると、仕事をしていく上で信用してもらえなくなるので名刺のデザインだけでなく状態にも注意しましょう。

清潔感のある名刺は、真面目で爽やかな印象を与えます。最初に好印象を与えると、その後の関係もスムーズになります。

落ち着いた色合い

好印象を与える名刺入れの中身3例|名刺入れの正しい使い方
名刺は、デザインだけでなく文字や色合いにも注意しましょう。落ち着いた色合いの方が好印象を与えます。

派手な色合いの名刺は、落ち着きがない印象で仕事でも何か失敗をするのではないかという心配を与えてしまう恐れがあります。落ち着いた色合いであれば、信頼して仕事を任せられる雰囲気が出ます。

色合い一つでも印象がガラッと変わってくるので気を付けましょう。目立てば良いというものでもありません。

好印象を与える名刺入れの中身3例

名刺交換の際には、名刺入れや名刺と同時に、実は名刺入れの中身も見られていることがあります。名刺入れや名刺だけに気を使うのではなく、名刺入れの中身にも注意してください。では、ここからは好印象を与える名刺入れの中身について3つの例を挙げて紹介していきます。

これから紹介する3つに気を付けて、名刺入れの中身を整理してみましょう。面倒だと感じる人もいるでしょうが、大切なことですので気を配って下さい。

例1:傷や汚れのない中身

名刺が折れていたり汚れていたりも気を付けなければいけませんが、名刺入れの中側にも傷や汚れがないかチェックが必要です。

名刺入れが汚れていれば、入れておく名刺も汚れてしまう可能性が高くなります。また、傷がついていればそこに名刺が引っかかり、折れてしまうということもあります。

名刺だけではなく、名刺入れの中側にも傷や汚れがない状態であることが重要です。中身に気を使っていると、仕事にも丁寧な印象を与えます。

例2:多すぎず少なすぎない名刺の量

好印象を与える名刺入れの中身3例|名刺入れの正しい使い方
名刺入れの中に入っている名刺の量も、好印象を与えるには重要なポイントです。枚数は多すぎず、少なすぎない丁度いい量を入れておきましょう。どのくらい入れておけば良いのか難しいところですが、自分の名刺は大体20~30枚くらい持つのが良いとされています。

その他に、取引先の名刺も入りますので大体中身は50枚ほどで、さらに少し余裕のあるくらいが丁度いいでしょう。収納部分にマチのある名刺入れがおすすめです。

例3:自社商品の格式に合ったもの

名刺入れは、自分の職場や立場に合ったものを選ぶと好印象を与えられます。中身についても同じで、自社商品の格式に合ったものが好ましいです。自社商品が割と高額な商品であれば、名刺入れもそれ相応の物を用意して、中身も落ち着いたデザインの名刺を入れておくとしっくりきます。

高級な商品の営業マンが安っぽいアルミ製の名刺入れから名刺を出すと、自社の商品までもが安っぽい印象になります。バランスを考えましょう。

悪い印象を与えてしまう名刺入れとは?

これまでは、好印象を与える名刺入れや中身について紹介していきました。では、悪い印象を与える名刺入れとは、具体的にどのようなものなのでしょうか。

ここからは、悪い印象を与えてしまう名刺入れがどのようなものかを紹介していきます。名刺入れ一つで相手との関係が変わってくる恐れがあります。いくつかポイントがありますので、注意してみてください。

ブランド名が刻印されている

ブランド名がわかるように大きく刻印されている名刺入れは、悪い印象を与えてしまいます。高級なブランドがわかるようにブランド名が刻印されているものは、自慢しているように見えます。新入社員がこのようなブランド名が刻印されている名刺入れを持っていると、生意気な印象になってしまいます。

名刺入れは、ブランド名が入っていてもさりげないものか、シンプルなデザインのものを選ぶと間違いありません。

他の取引先の名刺が入っている

取引先で名刺交換をする際に、中身に他の取引先の名刺が入っていることがわかってしまうと悪い印象を与えてしまいます。いろいろなところに良い顔をしている人なのだと考えられてしまいます。そうなると、信用を失ってしまう危険もあります。

名刺入れは、中身が2つに分けて入れられるものを選びましょう。自分の名刺を入れる名刺入れと、取引先の名刺を入れる名刺入れを分けるというのも1つの方法です。

派手な柄入り

名刺入れは、派手な柄の入っているものはあまり良い印象は与えません。主張の強い柄入りの名刺入れを使っていると、自分も主張が強くて付き合いにくい人のように見えます。また、シンプルなスーツにも合いません。

カジュアルな印象の名刺入れは、ビジネスシーンには不向きです。黒や茶色、ネイビーなどの落ち着いた色でシンプルなデザインの名刺入れを選びましょう。

安価と分かる素材

アルミやプラスチックなどの安価な素材の名刺入れは、悪い印象を与えてしまいます。相手が革製の高級な名刺入れを使っているのに、自分が安価な素材の名刺入れを出すと相手に失礼になってしまいます。それは、相手に対して安価な素材でもいいと軽く見ていることになってしまいます。

会社の中だけで名刺を保管するために使うのは良いですが、名刺交換の際に持って行くのは避けましょう。革製の名刺入れを使うと間違いありません。

フレグランス入り

あまり使っている人を見る機会はありませんが、フレグランス入りの名刺入れも悪い印象を与えてしまいます。中身にフレグランス入りの名刺を入れておくのも良くありません。強い香りが苦手な人には悪い印象を与えてしまいます。

今は柔軟剤や芳香剤などの香りに満ちた生活になり、香りをかぐと具合が悪くなるといった症状がある人も少なくありません。名刺をもらう相手のことも考えて、名刺入れを選びましょう。

あなたの会社に仕事の生産性を上げる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

カードケースとの違い

名刺入れと似たようなもので、カードケースがあります。名刺入れとカードケースの違いは、何なのでしょうか。ここからは、名刺入れとカードケースの違いについていくつか紹介していきます。

違いを理解して、自分に合ったものを購入しましょう。

収納可能サイズ

名刺入れは物にもよりますが、大体100枚くらい入ります。使用する際は、余裕があった方が好ましいので、中身は50~60枚くらいの名刺を入れます。カードケースは限界まで収納できますので、100枚収納のカードケースを購入すると、そのまま100枚収納できます。

名刺入れとカードケースは、収納可能サイズが違うということになります。サイズによって異なりますが、カードケースの方が収納できる量が多いことになります。

用途

名刺入れとカードケースは、そもそも用途が違います。名刺入れは中身に名刺のみを入れますが、カードケースは名刺以外にもカード状のものを入れます。カードケースに名刺も入りますが、名刺入れとして使うのは好ましくありません。名刺入れは、主に持ち運ぶことを考えて作られています。

カードケースには持ち運ばす保管するために、ブック型のデザインもあります。持ち運ぶものと保管するものと使い分けが可能です。

収納性

名刺入れとカードケースは、収納性が違います。名刺入れは、中身に名刺を入れて持ち運ぶことを考えて作られているので収納性はありません。一方、カードケースには収納性があります。ブック型のカードケースは、中身にカードをたくさん入れることができ、かさ張らないので収納するのに向いています。

取引先からもらった名刺を会社で保管するのには、カードケースを使用すると良いでしょう。名刺を探すのも容易になります。

名刺入れは外見だけでなく中身まで気を使おう

名刺入れは、好印象を与えるためには色やデザインも重要です。ですが、それと同じくらい中身にも気を付けなくてはいけません。面倒くさいと感じるでしょうが、悪い印象を与えてしまうと、その後の仕事にも影響してきます。中身には傷や汚れがなく、名刺の枚数は丁度いい量を心掛けましょう。

名刺入れは、外見だけでなく、中身にも気を使いましょう。第一印象が、取引先との今後の関係に繋がります。良い印象を与えましょう。

Related