Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

タバコが原因で飲み会に行きたくない人が行う対策7つ|会社の対応策3つ

タバコが原因で飲み会に行きたくない人は世の中にはたくさんいますが、どうにもできないためいやいやながらも行きたくない飲み会に参加している人も多いでしょう。そこで、今回はタバコ嫌いの方でも飲み会に行きやすくなる対策7つと、会社側の対応策を3つほど紹介します。

タバコが原因で飲み会に行きたくない人が行う対策7つ|会社の対応策3つ

タバコが原因で飲み会に行きたくない人は案外多い

タバコの煙が嫌いという人は世の中には非常に多く、タバコの煙が充満しがちな飲み会は毛嫌いする人が非常に多くなっています。飲み会そのものが嫌いという人にとって、タバコの煙も嫌いとなった場合は行きたくないという気持ちはさらに増幅するでしょう。

まずはタバコが原因で飲み会に行きたくないという方の心理を除いてみるところからスタートしましょう。

受動喫煙が気になる

タバコを吸う人がいるとどうしても発生してしまうのが受動喫煙です。この受動喫煙は自分の意志とは関係なく吸ってしまう非常に厄介なもので、病気のリスクが高まってしまうといろんな方々が指摘しています。

健康被害につながるような厄介な受動喫煙を回避するためにはタバコを吸わない人のそばにいないことが正解なのですが、飲み会ではそのようなスペースを確保するのは難しいでしょう。

服ににおいが付く

受動喫煙と同じくタバコを吸う人がそばにいる飲み会で防げないのがにおいとなります。あのタバコのにおいというのはかなり強烈で、中和できる物質を用意できないと消すことはできません。

目の前でそんなスプレーを振りまくことができるわけがありませんので、タバコのにおいが充満している飲み会に行きたくないという気持ちが湧き出てきてしまいます。

タバコが原因で飲み会に行きたくない人が行う対策7つ

しかし、飲み会というのは全部回避することはできないので、タバコの煙が充満するような行きたくない飲み会にも飛び込まないといけません。そこで、そのような状況を少しでもましにするための対策を7つほど紹介いたします。

些細なことも含まれていますが、それらをしっかりと意識して行動できれば、タバコ嫌いの方でも飲み会を乗り切りやすくなるでしょう。

飲み会のタバコ対策1:タバコの煙が付いたら困る服は着ない

飲み会はある程度好きな格好で行くことができるので、タバコを吸う人が多数発生する行きたくない飲み会だったら、タバコの煙やにおいがついても困らない服を着るといいでしょう。

重曹を使って洗うとタバコのにおいも消すことができますが、それでも好きなお洋服ににおいや煙はつけたくはありません。なので、被害にあっても大丈夫な服を着ていきましょう。

飲み会のタバコ対策2:タバコが苦手なアピールをする

目の前でタバコを取り上げることができればそれが一番いいのですが、実際は不可能なのでできる限りそばで吸わないようにするために苦手なアピールをするといいでしょう。

ある程度理性的な人はそのアピールをすれば、タバコを自重してくれるようになるので行きたくない飲み会も多少はマシになります。それでも自重しない人がいると余計にいきたくない状態になってしまうでしょう。

飲み会のタバコ対策3:煙の流れない席に座る

空気の流れによっては部屋中に蔓延してしまうタバコの煙ですが、ある程度換気が行われている場所ならばタバコの煙が流れない場所が必ず発生します。

行きたくない飲み会でどうしても行かなければいけないときは、だれがタバコを吸うのかを事前に察知して、換気扇の位置を把握し、自分がどこに座ると煙被害を受けないのかを考える必要があります。

飲み会のタバコ対策4:小窓があれば開ける

タバコの煙が嫌いで飲み会に行きたくないという人は、小窓があればあけるようにしましょう。それだけでもタバコの煙が滞留することなく消えていくようになりますので、幾分か過ごしやすくなります。

換気をしない状況で煙が充満するとタバコのにおいが嫌いな人にとってはきつい状況になってしまいますので、あけられる場所がそばにないのかを必ずチェックしてください。

飲み会のタバコ対策5:トイレに行く

どうしてもタバコの臭いや煙を回避できない場所に座らなければいけない状態になってしまった場合、緊急避難先としてトイレを利用するといいでしょう。

あまりにも頻繁に利用すると変な目で見られてしまいますが、ちょっとしたタイミングで抜け出すように使えば怪しまれることも少ないので、行きたくない飲み会でも多少はマシになります。

飲み会のタバコ対策6:禁煙している事を言う

タバコを吸う人の中には禁煙にチャレンジして失敗している人も多く、そんな人たちは禁煙の辛さを非常に理解しているので、あえて禁煙していると伝えるのもいいでしょう。

禁煙している人はおいしくタバコを吸っている人を見るのがかなり辛いので、その辛さを理解している人ならば自重してそばでは吸わなくなってくれます。これで行きたくない飲み会も行きやすくなるでしょう。

飲み会のタバコ対策7:上司にタバコ吸っていい?と言われた場合

上司に「タバコ吸っていい?」と聞かれて「嫌です」と断れる人はほとんどいません。しかし、ここで「問題ないです」と言ってしまうと気兼ねなく次の飲み会からもそばでタバコを吸うようになるでしょう。

きっぱりとノーと言えない人でも、先ほど記載したようにタバコを吸う人からは離れた位置に座るとか、その質問をされる前に「禁煙している」といった釘差しをしたほうがいいです。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

タバコが原因で飲み会に行きたくない人への会社の対応3つ

このようにタバコが原因で飲み会に行きたくない人も非常に多いので、幹事の人はそんな人たちのことを考えたうえで飲み会の場所を用意しなければいけません。

そんな方々にはどのような行動をするのが正解なのか、考えられる限りの方法を記載してまいります。

タバコが原因で飲み会に行きたくない人への会社の対応1:完全分煙にする

タバコが原因で飲み会に行きたくない人がいる場合、喫煙可能な喫煙エリアを別に設ける完全分煙をされている飲み会を開催すればいいでしょう。

今の世の中はタバコを嫌う人がかなりたくさんいるので、飲み会会場側でも分煙ができる環境を整えているケースが増えています。改正健康増進法が2020年4月1日から施行されることで、分煙スペースも確保される確率が高まるでしょう。

タバコが原因で飲み会に行きたくない人への会社の対応2:金額に差をつける

タバコが原因で飲み会に行きたくない人が行きやすくするためには、あえてタバコを吸う人や大量にお酒を飲む人と金額に差をつけるのもいいでしょう。

ただし、人数が多くなるような飲み会の幹事で金額に差をつけるといった行動をすると集金に時に非常に大変なので、うまく集計するために事前徴収なども重要になってきます。

タバコが原因で飲み会に行きたくない人への会社の対応3:完全禁煙にする

タバコが原因で飲み会に行きたくない人が多数いる場合は思い切って完全喫煙の場所で飲み会を開催しましょう。完全喫煙の場所で開催すればタバコが我慢できない人は参加しないか外でタバコを吸うの2択になるので安心できます。

ただし、タバコを吸う人が多い会社の飲み会でこれをすると大顰蹙を買うケースもありますので、社内でどれだけ多くの人がタバコを吸うのかを把握する必要があるでしょう。

タバコを嫌いでも社内の飲み会に行こう

タバコが原因で飲み会に行きたくない人は世の中にはたくさんいますが、そんな人たちのことを考慮して場所を選定する漢字も非常に大変です。

完全分煙にするといった努力を幹事が見せてくれているような飲み会はタバコが原因で飲み会に行きたくない人でも比較的過ごしやすい飲み会になりますので、安心して向かうことができるでしょう。

Related