「お引き受け」の例文・類語・敬語・ビジネスでの使い方|いただき

ビジネススキル

「お引き受け」の例文

「お引き受け」という言葉がありますが、この「お引き受け」を使った例文にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは「お引き受け」を使った例文について、順番に説明していきます。

いただき

「お引き受け」に「いただき」がつくと、「お引き受けいただき」になります。

この場合、「お引き受け」いただくことが前提条件になりますので、「お引き受けいただきたく存じ上げます」や「お引き受けいただきありがとうございました」などのように、「いただき」の後の文章で、「お引き受け」したのかどうかが決まります。

いたします

「お引き受け」に「いたします」がついたものが「お引き受けいたします」です。この場合の「お引き受け」は、了海しましたという意味が含まれます。ある物事や案件に対して、自分が引き受けることを相手に丁寧に伝える言葉です。

くださり

お引き受け」に「くださり」がついた言葉は、「お引き受けくださり」になります。この後につく言葉で、意味が変わってきます。「お引き受けくださりありがとうございました」となれば、その案件や物事を引き受けてくれたことに対して、結果はどうあれありがたいですという意味になります。

「お引き受けくださりましたが」となる場合は、「お引き受け」してくれた案件や物事に対して、引き受けてくれたことは認めますが、度合いはどうあれ納得していませんという意味になります。

いただける

「お引き受け」に「いただける」がつくと「お引き受けいただける」になります。文章で使う場合は「お引き受けいただけることになりました」「お引き受けいただけるのですね」などのように、肯定の意味で使われます。

ただし「お引き受けいただけるわけではないのですね」という表現になると、「お引き受け」してもらえることが前提条件なのに、「お引き受け」してくれないのかという意味になります。

できません

「お引き受け」に「できません」がつくと、「お引き受けできません」になります。これは「できません」という否定する言葉がついていますので、「お引き受け」する案件や物事を最初からできませんという意味になります。

ありがとう

「お引き受け」に「ありがとう」がつく「お引き受けありがとう」は、「お引き受け」したという事実があり、そのことに対してお礼を言っているという意味になります。丁寧に言うと「お引き受けくださりありがとうございます」となります。

「お引き受け」の類語

何か物事や案件を引き受けるという意味の「お引き受け」という言葉には、どのような類語があるのでしょうか。ここでは「お引き受け」の類語について、順番に説明していきます。

承知しました

「お引き受け」の類語の一つ目は「承知しました」です。「承知しました」は、会社の上司や先輩など、目上の人から何か頼まれた際に使う事ができる言葉です。敬語の中で尊敬語にあたる表現で、「理解しました」や「事情を知りました」という意味になります。

かしこまりました

「お引き受け」の類語の二つ目は「かしこまりました」です。「かしこまりました」は「理解しました」や「了解です」などの意味があります。主に上司や目上の人から何かをやるように言われた際、そのことができますよという場合に使用します。また、口からの言葉だけではなく、手紙やメールなどでも使う事ができます。

お役に立てれば

「お引き受け」の類語の三つ目は「お役に立てれば」です。「お役の立てれば」は、「もし」や「できそうなら」という表現も含まれます。これを「お引き受け」の場合に置き換えると「お引き受けできれば」や「お引き受けできそうなら」という可能性を含めた表現になります。

お力になれれば

「お引き受け」の類語の四つ目は「お力になれれば」です。こちらも「お役に立てれば」と同じ意味で使われることが多い表現です。「お引き受け」の場合に置き換えると、「お引き受けのお手伝いができたら」や「お引き受けできることがあれば」などのように、やや力強さのある「お引き受け」になります。

「お引きうけ」の敬語

「お引き受け」という言葉の類語の尊敬語で「承知しました」という言葉がありましたが、「お引き受け」そのものの敬語には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、「お引き受け」の敬語表現について説明します。

謙譲語

「お引き受け」を謙譲語にする場合は「お引き受けさせていただきます」となります。謙譲語とは、自分がへりくだる事で相手に敬意を表わす言葉です。そのため「お引き受け」をこちらがへりくだって表現しますので「させていただきます」となります。

丁寧語

「お引き受け」を敬語表現の丁寧語にする場合は、言葉そのものを丁寧に表現しますので、「お引き受けします」になります。また、「お引き受けしましょう」や「お引き受けさせてください」なども丁寧な表現になります。

尊敬語

「お引き受け」を尊敬語にする場合は、自分に使うのではなく、目上の人が「お引き受け」する際に使用します。使い方としては「お引き受けになる」や「お引き受けになられる」のようになります。

「お引き受け」のビジネスでの使い方

「お引き受け」という言葉はビジネスで使う際にはどのような言葉になるのでしょうか。ビジネスで使う場合には、「お引き受け」の前に言葉をつけることで、より引き締まった言葉になります。ここでは、「微力ではございますが」と「私でよろしければ」について説明します。

微力ではございますが

「お引き受け」の前に「微力ではございますが」とつけると「微力ではございますが、お引き受けさせていただきます」となります。自分の力を謙遜して表現する言葉になります。ビジネスシーンでは、「微力だから」という言葉を使って本当に微力であることはほぼありません。

「微力ではございますが」は、ビジネスで相手を立てるための表現になります。

私でよろしければ

「私でよろしければ」の後に続く場合の「お引き受け」は「私でよろしければお引き受けいたします」となります。この場合、本当に自分の実力が追い付いていないのに、自分で大丈夫ですかという場合と、前述と同じように自分の力を謙遜している場合があります。

「私でよろしければ」は、ビジネスでは自分の実力が伴いませんがという場合か、相手を立てるための表現になります。

「お引き受け」のお願いするときの伝え方

「お引き受け」をお願いする際には、上司であれば強気で部下に言う場合もありますが、ほとんどの場合、なにかの仕事を依頼し、それを受け手が丁寧に答えてくれる時に使われます。そのため、お願いする際にも、丁寧な表現でお願いする事で話がスムーズに進みます。

また、相手のいい所を褒めつつ、下手に出てお願いすることで、すぐに「お引き受け」してくれる場合もあります。「お引き受け」をお願いする際には、お願いする相手の人柄や実力をよく見てするようにしましょう。

「お引き受け」いたしましょう

人から何かを頼まれた時には、「お引き受け」してみましょう。「お引き受け」することで、自分自身の勉強やスキルアップにもつながります。また、ビジネスの世界においては、フィフティフィフティの精神が基本になっています。相手とほとんど変わらない立場でビジネスを進めていきます。

相手が困っている時には「お引き受け」することも多く、逆にこちらが困っている時には「お引き受け」をしてもらいましょう。

さらに上司と部下の関係でも、「お引き受け」できることとできないことを明確にし、使い分けるのは重要な事です。「お引き受けできません」「お引き受けさせていただきます」をうまく使い分けましょう。

仕事の先輩や上司や後輩に限らず、誰かが困っていることがあれば、迷うことなく「お引き受け」してみませんか。

タイトルとURLをコピーしました