Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月16日

シンギュラリティとは?2045年問題と人類にもたらす5つの影響

情報技術の指数関数的成長の力によって、AIは2045年にシンギュラリティ(技術的特異点)に到達し、人間の知能を超える、といわれます。その際、人間とAIはどのように関わって行くべきか?今からその対応についてよく考えてみましょう。

シンギュラリティとは?2045年問題と人類にもたらす5つの影響

シンギュラリティとは

シンギュラリティとは人工知能とスーパーコンピュータを併用した技術により、もたらされる社会変革(社会的特異点)を意味します。

シンギュラリティは、「人間が生み出すテクノロジーの変化は加速度的であり、その状態は、直線的に変化していくのでは無く、指数関数的な速度で急激に拡大していく。」という考えに基づくものです。

シンギュラリティ(技術特異点)の意味

シンギュラリティ(技術的特異点)は今まで存在しなかった社会的変革をもたらします。

シンギュラリティに到達すると、人間と機械との間には、これまでのような区別が無くなると考えられています。

化したり、死んだりしないように、生物の1つの種であるヒトにおいても条件さえ整えれば、シンギュラリティ(技術的特異点)より前の時代の老化や死の概念が当て嵌まらなくなります。

シンギュラリティが注目される背景

それは情報テクノロジーの「指数関数的成長の力」です。

シンギュラリティに到達した時点では、「自己複製能力を持つ非生物的知能」=自律型AI(強いAI とも呼ばれる。)をとおして人類とテクノロジーが融合し、それまでの人類とは全く違うものとして存在することになる、とカーツワイルは述べています。

これは「ポスト・ヒューマン(脱人間)」と呼ばれます。

シンギュラリティが起こるとどうなるのか

人間はポスト・ヒューマン(脱人間)に変化します。

人工心臓を付けたり、神経を移植したり、脳にナノロボットを組み込んだりすると、生物としてのヒトは老化を回避することができ、それは従来の考え方からすれば、「不老不死」ということになります。

さらに、ここでより注意すべきことは自立型AIがディープラーニングなどの手法によって学習を続け、指数関数的に成長した結果、シンギュラリティ(技術的特異点)に到達すると、人類の知能を超えるという見解です。

2045年問題とは

人工知能(AI)が進化し、2045年には人類が予測できない域に達するという仮説を指します。

2045年以降は今のヒトではなく、ポスト・ヒューマンとして存在し続けるとすれば、実際のところ、どう生きるか、どのように仕事するのか、などは、ほとんどの人には全く想像もつかないでしょう。

後ほど触れますが、シンギュラリティ以降には、どんな能力が必要とされ、それまでは重用されてきた能力も不要となる可能性があります。

シンギュラリティに到達する2045年問題

2045年問題は一つの仮説ですが、現実味を帯びた予測です。2045年、実際に人間の想像の及ばないスーパーインテリジェンスが誕生するとされています。

この優秀な知性をどうコントロールして人間のために役立たせるようにするか。また、人間の制御を超えてスーパーインテリジェンスが暴走したりしないように、それまでに歯止めをかけておくことが肝要です。

汎用人工知能(en:artificial general intelligence AGI)、あるいは「強い人工知能」や人間の知能増幅が可能となったときに起こるとされている出来事であり、ひとたび自律的に作動する優れた機械的知性が創造されると、再帰的に機械的知性のバージョンアップが繰り返され、人間の想像力がおよばないほどに優秀な知性(スーパーインテリジェンス)が誕生するという仮説である。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%80%E8%A1%93%E7%9A%84... |

2045年問題は本当に起こるのか

2045年問題は実現性は高いにしても、カーツワイルの予測どおりとは限りません。

カーツワイルのいう指数関数的成長の力は認めるにしても、引用ケースにもあるように、シンギュラリティに到達するには、まずその前段階におけるさまざまな課題の克服が前提となります。

従って、それらの克服がどうなるか、によって2045年問題の結果が左右されるでしょう。

アナログでカオスな機構を含む人間の脳の仕組みは普及しているディープラーニングより遥かに複雑であるため、複数種類のタスクを統合して扱える人間と同等以上の知能を実現するソフトウェアの開発は遅々として進まない可能性がある。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%80%E8%A1%93%E7%9A%84... |

シンギュラリティが人類にもたらす5つの影響

5つの具体例からシンギュラリティが人類にもたらす影響を考えてみましょう。

それらは、1:進化する産業分野、2:機械化・自動化の進行、3:なくなる可能性のある仕事、4:今後必要とされる仕事、5:ライフスタイルの変化です。

シンギュラリティは既存の概念を超える変化をもたらすので、今のうちから、その動向を注視し、迅速に対応できる態勢を整えておきましょう。

人類にもたらす影響1:進化する産業分野

それはIoT分野のように、これまで無かった産業分野を創出します。

例を挙げれば、ビッグデータ・ディープラーニング(深層学習)分野は人間を超えるスーパーインテリジェンスを創出する産業分野です。

ナノテクノロジー分野は小型ロボットなどを創出し、従来の技術レベルを超える成果をもたらす産業分野です。

人類にもたらす影響2:機械化・自動化の進行

機械化・自動化ではAIやロボットが大活躍します。

日本は世界で有数の高齢化社会国である上、少子高齢化傾向が顕著ですから、労働人口減少の問題解決は喫緊の課題です。

課題解決の鍵は、あらゆる産業における機械化・自動化ですが、これを実現してくれるのがAIであり、ロボットです。

生産ラインの自動化はもちろん、介護や医療分野、その他のサービス業分野においてもAIやロボット活用なくしては今後、人間社会は成り立っていかないでしょう。

人類にもたらす影響3:なくなる可能性のある仕事

人間よりAIに任せた方がよい仕事も出てくるでしょう。

AIは画像認識に優れており、数多くのデータからかなり正確にターゲットを捉えることができます。

従って、この分野で犯罪者や不審者を特定するような仕事はAIが担うことになります。また無人ストアでも活躍し、レジ担当者は不要となります。

医療分野でも病巣の発見などはAIが担当し、難しい外科手術もAIが正確に執刀します。

人類にもたらす影響4:今後必要とされる仕事

AIより人間に任せた方がよい仕事も当然あります。

AIには感情がありません。単に膨大なデータを統計学的に処理し、判断しているだけですから、人間の心情に訴えるような作業、たとえば芸術などの創造的作業には向いていない、といわれています。

TVでAIを駆使し、仮想空間の美空ひばりに新曲を唱わせるという番組が放映されました。これを観ても、限りなく実在の本人らしいところまで造り上げたのはAIですが、歌唱法、振り、衣装などの決定的詰め部分は人間が纏めています。

人類にもたらす影響5:ライフスタイルの変化

人間に余裕ができることにより、これまでと全く違ったライフスタイルが実現するでしょう。

ベーシック・インカム(無条件に最低限の所得を保障するという社会政策)が実現れば、ライフスタイルは大きく変わるでしょう。個々人が自分の能力と関心に応じて本当にやりたいことに専念することができます。

交通移動手段も変わり、個室で仕事しながら、あるいは家族揃って映画鑑賞しながら移動できる交通手段も実現されることでしょう。

今なにをするべきか

豊かな知識を仕込み、柔軟に対応しましょう。

よりよい社会や暮らしやすく、人間として豊かな世界が到来することを信じて、日々の学習を怠らないようにしましょう。

シンギュラリティはそこまで来ています。シンギュラリティ以降に、AIの暴走を許さないように、適切な手段を採ることが必要です。

老若男女の区別なく、AIやAI搭載ロボットと共存してさらに豊かで、思いやりに満ちた世界を実現させましょう。

シンギュラリティについて正しく理解する

正しい理解は幅広い情報から得られます。

カーツワイルが予測したとおりのシンギュラリティが2045年に実現するか、どうか、は意見の分かれるところです。しかし、情報テクノロジーが指数関数的速度で進歩することを真っ正面から否定する根拠もまた、そう簡単に見つかりそうもありません。

これまで人類が成し遂げてきた進歩からすれば、十分あり得る成果とも考えられます。いろいろな資料にあたり、学者や研究者の意見を良く聞いて正しい理解を深めるようにしましょう。

シンギュラリティがもたらす影響を考える

大きな影響の一つはビジネス倫理の問題です。

シンギュラリティの到達はビジネス倫理を破壊する可能性がある、と言われます。フィンテックがマネーロンダリングやテロ資金の温床となる恐れは拭い去れません。

人間の知能を超えた自立型AIが人間に対し反乱を起こす可能性があるという意見もあり、AIは常に人間のコントロール下に置かねば大変危険です。

この点はシンギュラリティ到達前に確りと議論し、十分な対策を施す必要があります。

常に最新の情報をチェックする

最新の情報はあらゆる媒体を通じてチェックしましょう。

シンギュラリティに関して多くの書籍や、また関連する人工知能(AI)、機械学習などについてWeb上にも多くのサイトがあります。その内、いくつかのサイトを挙げておきますので、参考にして下さい。

シンギュラリティとその影響を理解しよう

シンギュラリティへの到達は既成概念を根本から変えます。

シンギュラリティ(技術的特異点)に到達すれば、「ヒトの死」という概念も変化します。人の身体も、脳に蓄積されたデータ、情報も、今のように死によって喪失することはなくなり、そのまま外部記憶装置に転送したり、コピー、再生することも可能となります。

老化や事故によって損なわれた人体もテクノロジーの飛躍的進歩によって代替物を利用して、いくらでも修復可能となります。

Related