Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月12日

キャリア形成とは|キャリア形成で悩んだときに意識するポイント5つ

この記事では、キャリア形成という言葉の持つ意味と、キャリア形成に悩んだときに意識するべきポイントについて、わかりやすくお伝えしています。また、キャリア形成に必要なことは何か、4つの項目にまとめてみました。あなたのキャリアプラン実現に向けてぜひ参考にして下さい。

キャリア形成とは|キャリア形成で悩んだときに意識するポイント5つ

キャリア形成とは

あなたはキャリア形成という言葉を聞いたことがありますか。キャリア形成とは、今後どのような仕事をしたいか、やりたい仕事を実現させてどんな自分になりたいかを決め、そのために必要な能力を身につけていくことです。

キャリアがつく言葉は他にも、キャリアプランやキャリアビジョン、キャリアパスなどいくつもあります。ここでは、キャリア形成について説明しますので参考にしてください。

キャリア形成の重要性

キャリア形成をすることは、生きていくうえで大変重要な意味をもっています。

ご自身が今後どのような仕事をしていきたいかという計画をキャリアプランと言います。これがどれほど立派な、希望に満ちたキャリアプランであっても、その目標を達成するための能力がなければ、まさに絵に描いた餅ということになります。

この能力を身につけていく行動の一つ一つがキャリア形成です。あなた自身が実行しなければなりません。

キャリアの多様化

そもそもキャリアという言葉は広い意味を持ちますが、ここでは働き方や経歴という意味でお伝えします。昨今は個人のキャリアが非常に多様化しており、それにより仕事に対して様々な生き方や考え方があります。これが正解と言いきれるものはありません。

その中で自分がこうと決めた道に向かってキャリア形成していくのは、大変な時代になったといえるでしょう。

終身雇用や年功序列という独特の制度があった

いまからおよそ20~30年くらい前までは、国内の大半の企業で、終身雇用や年功序列という制度が取られていました。

終身雇用とは、新卒で採用された会社で、定年まで働くという働き方で、一度採用されれば一生その会社で面倒をみてもらえることが普通とされていました。また年功序列とは、本人の意思や能力とは関係なく、年齢で会社の組織、上下関係が成り立っているのが当たり前という制度でした。

キャリア形成で悩んだときに意識するポイント5つ

先ほどお伝えした日本独特の、終身雇用や年功序列制度があったため、当時は個人がキャリアについて今ほど考えずにその企業内で成長してきました。ところが現在は企業倒産、会社のM&A、リストラが日常的になされる時代となり、会社をあてにすることができません。個人が自分の力でキャリアを築いていかねばならない時代になりました。

そこでここでは、キャリア形成で悩んだときに意識するポイントを5つお伝えします。

キャリア形成で悩んだときに意識するポイント1:ロールモデルを見つける

キャリア形成で悩んだときに意識するポイントその1は、ロールモデルを見つけることをお勧めします。ロールモデルとは、自分もそうなりたいと思う、いわばあなたにとってお手本になる人のことです。

あなたの身近に、あなたが常日頃から意識している憧れの人はいないでしょうか。その人の生き方、考え方、行動を自分の生活に取り入れて、よい意味で影響を受けることは、あなたのキャリア形成にとても役立つでしょう。

キャリア形成で悩んだときに意識するポイント2:やりたくないことをリストアップ

キャリア形成で悩んだときに意識するポイントその2は、やりたくないことをリストアップすることです。いわば消去法で、あなたのやりたくない仕事や立場、特定の分野の勉強などを選択肢から外しておきます。

こうすることによって、自分が本当にやりたいことは何か、そのためには今何をなすべきかが見えてきます。

キャリア形成で悩んだときに意識するポイント3:積極的に人に話しを聞きにいく

キャリア形成で悩んだときに意識するポイントその3は、積極的に人に話しを聞きにいくことです。仕事をしている人は、誰しも自分なりの職業観をもって仕事に取り組んでいます。

いろいろな人の話を聞くことは、自分にとって大いに刺激になり、その考え方や行動について自分と比較するよい材料になります。最新の情報を得るためにあえて時間をつくり、キャリアに関するセミナー等を聞きに行くのもよいでしょう。

キャリア形成で悩んだときに意識するポイント4:自分にできることを考える

キャリア形成で悩んだときに意識するポイントその4は、自分にできることを考えることです。キャリア形成において、自分の能力を知ることは大切なことです。夢は大きく、理想は高く掲げても、肝心の自分の能力が足りなければキャリア形成はできません。

そして、能力的にも時間的にも、今できることを考え、必ず行動に移していくことが重要です。

キャリア形成で悩んだときに意識するポイント5:課題を見つける

キャリア形成で悩んだときに意識するポイントその5は、課題を見つけることです。キャリア形成していく過程で、自分に不足している部分は何か、その課題がみつかれば、自分が意識して弱点を強化していくことができます。

あなたの課題はなんでしょうか。すぐに思い浮かべることができれば、現時点までのキャリア形成はおおむね順調だといえるでしょう。常に問題意識を持ち続けましょう。

キャリア形成に必要なこと4つ

ここまで、キャリア形成で悩んだときに意識するポイントについて、5つの項目に分けてお伝えしてきました。さあ、ここからはいよいよ、キャリア形成に必要なことについて、4つの項目に分けて説明しますので、ぜひ参考にしてください。

キャリア形成に必要なこと1:人間関係・社会関係を築く力

キャリア形成に必要なことその1は、人間関係・社会関係を築く力です。わかりやすく言えばコミュニケーション能力を発揮し、社会人として周りと協力しながら仕事をしていく能力のことです。

組織で働くときも、フリーランスで働くときも、ひとりで完結できる仕事はありません。この人間関係・社会関係を築く力は最も重要で必要不可欠といえます。

キャリア形成に必要なこと2:自分を理解し成長していく力

キャリア形成に必要なことその2は、自分を理解し成長していく力です。自分の能力、長所、短所をよく理解し、強みはさらに強固に、弱点はカバーしながら、前に進もうとしていく力のことです。

あなたは自己分析をしたことがありますか。あるいは学生時代に一度したけれど、もう忘れてしまったという方もいらっしゃるでしょう。今一度自分自身を振り返ってみることによって、自己理解が深まるでしょう。

キャリア形成に必要なこと3:課題を発見して解決する力

キャリア形成に必要なことその3は、課題を発見して解決する力です。キャリア形成の段階において、常に問題点はないか、自分にとっての今やるべき課題は何かを見つけて、それにどのように対応して解決していくかという能力のことです。

仕事が順調に進んでいるときほど、課題は見えにくいものですが、視野を広げてみることで新たな問題点や課題が見えてきます。常に冷静に見る目を養いましょう。

キャリア形成に必要なこと4:計画を立て実行していく力

キャリア形成に必要なことその4は、計画を立て実行していく力です。何か成し遂げようと思ったら、そのための計画をたてるだけでは当然実現せず、また、何も考えずにとりあえずただやってみるだけでは本来の目的から外れてしまうこともよくあります。

計画を立てること、そしてそれを実行していくことはキャリア形成そのものです。その力があれば、あなたの立てたキャリアプランの実現に近づいていくでしょう。

キャリア形成はこれからの社会で必要不可欠

会社が自分を守り、育ててくれる時代は終わりました。これからは、個人が自分の力でキャリアについてしっかり考え、計画をたて、目標に向かって道を切り開いていく時代といえるでしょう。そのために、キャリア形成は必要不可欠なものです。

自分が思い描くような人生を送るために、ぜひキャリア形成を実行していきましょう。応援しています。

Related