Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月04日

日本人はなぜ英語のトラウマになってしまうのか?5つの解消法!

日本人は間違った英語を話したり、うまく英語が伝わらなかったりなどすることで、恥ずかし思いをしてしまい、英語にトラウマを持ってしまうことがあります。ですが、そのトラウマは原因を把握し、対策をすることで解消することができます。

日本人はなぜ英語のトラウマになってしまうのか?5つの解消法!

日本人が英語のトラウマになる原因は?

日本では学校で何年も英語を勉強します。しかし、英語を何年もかけて学んだにも関わらず、英語は全く話せないという人も多いです。

英語を学んでも英語が話せないのは、単純に英語が苦手という人もいますが、日本には海外から多くの観光客が来ているため、不意に英語と接することも意外とあり、その中で英語に関するトラウマ体験をしてしまったことで、英語嫌いになってしまったという人もいます。

英語トラウマの原因1:英語で話かけられて

日本には海外から多くの人が観光で訪れています。その観光をする人は日本語が話せないことも多いです。そのため、わからないことがあれば英語で現地の日本人に話しかけることもあります。

その際に、何を言っているのか理解することができず、何を答えれば良いのかもわからず、対応できなかったことがトラウマ体験となってしまい、英語が怖くなってしまう人もいます。

英語トラウマの原因2:英語で話しかけたのに

日本に海外の人が来ることも多いですが、日本人が海外へ旅行する人もあります。その際に、海外で困らないように、少し英語を勉強していくという人もいます。

しかし、いざ海外で英語を使って話してみると、発音や方言などによって、話しが伝わらないということがよくあります。英会話などに通っていても、英語がうまく伝わらないこともあるので、自信をなくしてしまい、英語で会話することがトラウマとなってしまう人もいます。

英語トラウマの原因3:買い物や注文の失敗

英語の単語や文法などを理解していても、発音や現地の方言などによって、うまく英語が伝わらなかったり、聞き取れなかったりなどすることがあります。

もし、海外へ旅行へ行き、英語で買い物などをする際に、うまく言葉が伝わらなかったり、聞き取ることができず、欲しい物が出てこないということもあります。

また、その際に間違いを正すだけの英語力がないことで、失敗した買い物や注文を受け入れざるをえなくなってしまいます。

海外で英語でのトラブル解消の失敗

上記で述べた通り、英語がうまく伝わらず、欲しいものが出てこなかったとしても、日本人の性格上、間違いを正すことができないということもあります。

そのような英語の失敗への対処方法は、恥ずかしがらずにジェスチャーを加えて、もう一度伝えるようにしましょう。どうしてもうまく英語が伝わらないという場合には、翻訳アプリなどを使うようにすると良いでしょう。

英語のトラウマ5つの解消法

街中で急に英語で話しかけられて対処できなかったり、せっかく英語を勉強下にも関わらず、海外でその英語が通用しなかったりなどの英語に関するトラウマ体験で英語が怖くなってしまうという人もいます。

このような英語に対してトラウマ体験をした人の中には、その英語のトラウマを解消したいと思う人もいます。英語へのトラウマを解消するためにはいくつかの方法があります。

英語のトラウマ解消法

  • 自分に合った英語学習方法を見つける
  • 英語に接する機会を増やす
  • 慣れる
  • 伝わる事を重視する
  • ネイティブにはなれないと割り切る

英語のトラウマは自分の英語力に自信を持つことで解消できる!

英語にトラウマを持ってしまう体験で多いのは、英語で話しかけられて対応できなかったり、うまく英語が伝わらなかったり、聞き取れなかったりなどすることです。これらのことで、英語に対しての自信を失ってしまい、英語が怖いと感じるようになってしまいます。

しかし、この場合は自分には英語力がないと思うことがトラウマの原因となっているため、逆に英語に自信をつけることで、そのトラウマを解消することができます。

解消法その1:自分に合った英語学習方法を見つける

英語が伝わらなかったり、聞き取れなかったりなどした場合には、自分にとってどの部分が弱いかを知ることができているはずです。

そのため、対応できなかった内容を重点的に学習することで、トラウマ体験したことを、再び体験しなくても良いように対策を立てることができます。

また、英語に対応できなかったということは、その勉強法が合っていない可能性もあるので、学習方法の見直しも検討しましょう。

解消法その2:英語に接する機会を意識的に増やす(解消法その2)

英語は単語や文法を覚えることも重要ですが、ある程度のレベルの知識が身についているのであれば、机に座って学習を続けるよりも、実践的な会話練習をする方が英語を習得するには効果的です。

そのため、英会話の実践をするために英会話などに通っても良いでしょう。また、英会話などには通えないという人は、英語を字幕なしで観たり、英語の音楽を聴くなどして、意識的に英語に触れる機会を増やしましょう。

英語のトラウマは割り切る事で解消できる!

よく日本人は几帳面な性格をしていると言われます。その几帳面な性格によって、英語は綺麗な文法で話さなければいけない、伝わらない英語を使うと相手に迷惑をかけるなどと思ってしまうことがあります。

しかし、綺麗な英語を使えるようになるまでには、時間がかかります。そのため、綺麗な英語が話せるようになるまでは、自分はまだ英語を勉強している途中で下手であると割り切ってしまうとトラウマが解消されることもあります。

解消法その3:語学は習うより慣れることが大切

先に述べた通り、英語などの語学では、ある程度の知識が身につけば、それ以降は机に座って知識を増やすよりも会話で実践を繰り返した方が身につくこともあります。

そのため、語学は習うよりも慣れることが大切で、できるだけ英語に触れる機会を増やしてなれるようにしましょう。

解消法その4:綺麗に話すことより泥臭くても伝わる事が大切

英語の知識がある程度合っても、綺麗に話せる自信がないという人は多いです。しかし、英語が綺麗に話せるようになるまでには時間がかかります。

また、下手な英語であっても、会話をするという実践を繰り返さないと綺麗な英語を話せるようにはなりません。そのため、綺麗な英語が話せるようになるまでは、間違っていても、泥臭くても、とにかく英語で会話をして、英語力を身につけることが大切です。

解消法その5:ネイティブにはなれないと割り切る事が大切

どれだけ英語に慣れたとしても、ネイティブのように綺麗に話すことは難しいです。同じ日本語でも、話したことのない方言などは発音がおかしく聞こえてしまうほど言葉の発音は難しいです。

そのため、間違ったり、伝わらなかったり、聞き取れなかったりなどして、綺麗な英語が話せないことが恥ずかしいと思わず、ネイティブに英語は話せないものと割り切ってどんどん実践していく方が良いでしょう。

英語のトラウマ解消にはコミュニケーション力が大切

先に述べた通り、日本人は几帳面な性格をしている人が多く、綺麗な英語が話せないと恥ずかしく思ってしまったり、うまく話せないことで相手に迷惑をかけてしまうなどと思ってしまうことがあります。

しかし、英語を習得するためには実践が必要となります。そのため、英語を効率良く習得していくためには、恥ずかしがらずどんどん会話をするためのコミュニケーション能力も必要となります。

トラウマ解消にはコミュニケーション力も必要

  • 日常会話に必要な英語力とは?
  • 少ないボキャブラリィでも意思は伝わる!
  • とにかく恥ずかしがらない!
日本では学校の教育で何年も英語を勉強します。そのため、実は先に述べた英会話に必要なある程度の知識は身についており、英会話の実践が必要というレベルに達していることもあります。

しかし、几帳面な性格をした日本人は拙い英語で会話することが恥ずかしいと思ってしまうことも多いです。そのため、英語で日常会話をするという壁を超えるためには、英会話が実践できるコミュニケーション力も必要となります。

少ないボキャブラリィでも意思は伝わる!

上記で述べた通り、日本では英語を学校で何年も勉強するため、英語を習得するためには実践が必要というレベルに達していることもあります。

しかし、これはあくまでも必要最低限のレベルとなります。そのため、スムーズな日常会話をするためには、まだボキャブラリィが足りません。ですが、足りないボキャブラリィはジェスチャーなどで補うこともできるため、まずは伝えようとする意思を見せる必要があります。

とにかく恥ずかしがらない!

英語でのトラウマを持ってしまう原因で多いのは、英語が伝わらなかったり、聞き取れなかったり、間違ってしまったりなどすることです。これらによって恥ずかしい思いをしたことで、英語に対してトラウマを持ってしまうことがあります。

ですが、これらを経験しなければ英語は上達しません。そのため、トラウマを持つ可能性を気にせず、とにかく恥ずかしがらないでどんどん英語で話すことが英語上達のコツとなります。

英語圏の文化や思想を理解もトラウマを解消に役立つ!

日本人は間違った英語を話したり、うまく英語が伝わらなかったりなどすることで、恥ずかし思いをしてしまい、英語にトラウマを持ってしまうことがあります。

しかし、うまく英語が話せなくで恥ずかしいと思うのは日本人が持つ性格の特徴であり、拙い英語に対して意外と相手は気にしていないということも多いです。そのため、あまり気にしすぎないようにして英語はどんどん話しましょう。

指定された見出しが17しかありません。

Related