Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月08日

夜勤のある介護職への転職を検討するときに知っておきたい7つのこと

夜勤のある介護職に就くときは、メリットをデメリットをしっかり知ることが大切です。メリットとデメリットを知ることで、ミスマッチが減ります。本記事では、夜勤のある介護職のメリットとデメリットを紹介しているので参考にしてください。

夜勤のある介護職への転職を検討するときに知っておきたい7つのこと

介護職の夜勤はどのくらい大変なのか?

一般的に介護職は大変な職業だと認知されています。介護業界の離職率は高く、国はさまざまな対策を打ち出しています。そんな介護業界の中でも特に大変なのが夜勤で、夜勤のつらさを理由に介護業界から抜け出す人もいます。

介護施設の夜勤がつらい理由は体力面だけではなく、精神面もあります。人の命を預かる仕事のプレッシャーは生半可ではなく、覚悟の弱い人は数日で離職します。そんな介護施設の必要性は年々増しています。

夜勤で介護職をするための基礎知識3つ

介護職の夜勤は想像以上に大変なため、入職するときは基礎知識を身に付けることをおすすめします。しかし介護業界と無縁の人生を送ってきた人は、介護職の基礎知識が思い浮かばないでしょう。

以下では介護職の夜勤に必要な基礎知識を紹介します。基礎知識を身に付けることで、スムーズに現場に溶け込むことができます。介護職の基礎知識は、他の業界の夜勤と似ている面があります。

夜勤で介護職をするための基礎知識1:夜勤の勤務体制は?

これからは介護職の夜勤の勤務体制について紹介します。夜勤の勤務体制を知ることはとても大切で、勤務体制を知ることで入職の準備がしやすくなります。

介護職の夜勤が続くがどうかのポイントには生活スタイルの調整方法があり、調整が上手くいけば無理なく夜勤で働くことができます。夜勤を長く続けている人は、例外なく生活スタイルを夜勤に合わすことが上手です。

夜勤シフトの平均回数

夜勤がある介護施設で働くときは夜勤の平均回数を知ることが大切で、平均回数を知ることで継続の可能性が判断できます。

介護スタッフが夜勤に入る回数は平均して月に4回~5回で、スタッフに余裕の介護施設は夜勤明けの翌日を公休にするケースが多いです。

ただ離職率の高い介護施設は慢性的に人手不足で、夜勤スタッフの確保にも苦心します。そんな介護施設で働く人は、必然的に夜勤の回数が平均を上回ります。

夜勤シフトの平均的な時間帯

夜勤の平均的な時間帯を知ることも意味があります。3交代制勤務を採用している介護施設は、勤務時間がイレギュラーで慣れるまで大変です。

イレギュラーな勤務時間は生活リズムの調整が大変で、人によっては体調を崩します。一般的にイレギュラーな勤務時間に合わせることができる人は、短時間睡眠が苦になりません。

夜勤で介護職をするための基礎知識2:夜勤のメリット2つ

介護職の夜勤はつらいことばかりではなくメリットもあります。これからは介護職の夜勤のメリットについて紹介します。なお紹介するメリットは一般的なことで、人によっては違うメリットを感じる人もいるでしょう。

介護は大変な仕事ですが、メリットを見つけることで働く意欲が湧いてきます。働く意欲は困難に打ち勝つ力になり、結果的に大変な介護職を全うすることができます。

夜勤のメリット1:夜勤手当がつくので給料が高い

介護職の夜勤は夜勤手当がつくため高収入が期待できます。平均的な夜勤手当は5,000円~8,000円で、月単位で計算すると2万円以上の収入増になります。年間に直せば24万円以上になるため、生活は非常に楽になります。

24万円の夜勤手当があれば、少しばかり贅沢な海外旅行を経験することができます。また車が好きな人であれば、新車の頭金に充てることもできます。一般の業界では24万円の収入増は期待できません。

夜勤のメリット2:求人の幅が広がる

介護職の夜勤は人手不足のため、比較的仕事が見つけやすいです。介護施設によっては年齢制限を設けていますが、夜勤がある介護施設は一般的に年齢制限の幅が広いです。

介護職に必要な知識を学べる学校は多く、やる気次第では中年であっても介護職に就くことは可能です。

よい介護学校を選ぶポイントは就職のサポート体制で、サポート体制の手厚い学校を卒業すれば職探しの手間が省けます。

夜勤で介護職をするための基礎知識3:夜勤のデメリット2つ

介護職の夜勤にはデメリットもあるため、入職希望者はデメリットにも目を向けることが大切です。どのような業界でも夜勤は大変ですが、介護職の夜勤は他の業界の夜勤とは違った大変さがあります。

以下では介護職の夜勤の大変さを具体的に紹介しておりますので、入職予定の人は参考にしてください。

なお紹介するデメリットは経験を積むことで克服できる可能性があるため、いたずらにデメリットを恐れる必要はありません。

夜勤のデメリット1:体力に自信がないと大変

介護職は見た目以上に体力を使うため、体力のない人は挫折する可能性があります。ましてや夜勤の場合は生活リズムが狂うため、人一倍の体力が必要です。

夜勤を一度でも経験すればわかりますが、夜勤明けは騒音や光で熟睡しにくいです。そのため睡眠不足になり、仕事中に疲れが出やすくなります。慢性的に疲れを感じるようになると、介護の仕事を続けるのが難しくなります。

夜勤のデメリット2:緊急時の動きを把握しておく必要がある

介護施設の利用者は高齢者が多いため、病気や怪我をする可能性が高いです。それでも利用者に異変が生じた場合、介護スタッフは何らかの対応をしなければいけません。しかしこの対応は難しく、新人は右往左往しやすいです。

これから介護職の夜勤に就く予定の人は、緊急時の動きを把握しておく必要があります。緊急時の動きは先輩に学ぶのが一番で、身近に先輩がいる人は先輩に教えてもらいましょう。

夜勤のある介護職に転職する前に確認しておくこと4つ

これからは介護職の夜勤に就く前に確認すべき問題点を紹介しますが、問題点を確認することでスムーズな転職が可能になります。介護業界は人の入れ替わりが激しく、常に求人募集をしています。

離職する人が多いのは現場にも問題はありますが、応募者の問題も看過できません。応募者の問題で一番多いのは調査不足からくるミスマッチで、多くの離職者は入職してから調査不足を悔やみます。

夜勤のある介護職に転職する前に確認しておくこと1:夜勤スタッフの数

夜勤スタッフの適性人数は、介護施設の規模によって異なるため一概には言えません。ただ20人以上の利用者を、一人でケアすることは難しいです。

介護施設の利用者は老人が多い関係もあり排泄回数が多いですが、数人の利用者が同時に排泄のケアを頼んできたら大変です。このようなことが十分に想定されるので、夜勤スタッフの数は必ず確認することをおすすめします。

夜勤のある介護職に転職する前に確認しておくこと2:夜勤シフトの日数

介護職の夜勤は仮眠ができないことが多く、夜勤で働いた日は疲れ方が全く違います。そんな夜勤を頻繁にこなせば心身共に疲弊してしまうので、入職する前に夜勤シフトの日数を確かめることが大切です。

どちらの介護施設もスケジュール表を作成しているので、面接時に見せてもらうことをおすすめします。スケジュール表を見るときは、夜勤の回数だけではなく勤務時間も確認しましょう。

夜勤のある介護職に転職する前に確認しておくこと3:緊急時のフローがしっかりしているか

介護職の夜勤は緊急事態が発生する可能性が高く、スタッフは常に緊張を強いられています。これは仕事なので仕方がないですが、フローがしっかりしていなければ、スタッフは右往左往してしまいます。

管理の行き届いている介護施設は緊急時のフローがしっかりしているため、咄嗟の判断がしやすいです。面接時はワークフローについても、細かく聞くことをおすすめします。

夜勤のある介護職に転職する前に確認しておくこと4:ベテランスタッフがいるか

初めて介護職の夜勤に就く人はわからないことだらけで、現場で右往左往します。そんなときに頼りになるのがベテランスタッフで、面接の場ではベテランスタッフの有無を確かめましょう。

ベテランスタッフはさまざまな経験を積んでおり、新人が困難に直面したときに的確なアドバイスを送ってくれます。的確なアドバイスは新人を大きく成長させ、やがて新人を一本立ちさせます。

夜勤のある介護職のメリット・デメリットなどを理解しましょう

夜勤のある介護職に就くときはメリットでデメリットを十分に理解することが大切で、十分に理解することでスムーズに転職できます。

本記事では夜勤のある介護職のメリットとデメリットを紹介してきましたが、介護職への転職に迷ったときは参考にしてください。

介護職は大変な業界ですが、介護の仕事に生き甲斐を見いだす人も多いです。介護職に関心のある人は、メリットとデメリットを知り介護の世界に飛び込みましょう。

Related