色彩検定の各級の難易度|色彩検定のポイントと合格するためのコツ3つ

ビジネススキル

色彩検定とは?

色彩検定は名称のとおり、色彩に関する色々な技術や知識を問う試験です。試験勉強を行うことで、周りの色という情報が人間に与える影響、また配色理論など色々なことを学べるでしょう。

最初に試験が実施されたのは1990年で、難易度は1~3級まであります。1990年から現代に至るまで毎年6月と11月に試験が実施され、数多くある資格の中で色彩検定はとても抜群の知名度があるのが特徴的です。

色彩検定の合格率

色彩検定は難易度が3段階あり、合格率は全て70%以上です。その時の試験の難易度で、少しだけですが上下することがあります。理論的に配色やデザインを考えられるようになるでしょう。

色彩検定を受験するメリットは、ファッションなどのセンスが以前より良くなることです。色に関する効果だけでなく、企画書の仕上がりが良くなったり多くの消費者に満足してもらえる商品を展開できたりなどの業務で成功しやすくなります。

3級の色彩検定の難易度

色彩検定の3級は、初めて色彩について学ぶ人に向けられた難易度です。色が人に与える効果や配色の基本、ファッションと色の関係性などの基本的な知識を学びます。合格率は全体の約70%前後です。

受験にかかる費用は税込みで7,000円で、誰でも受験をすることができます。試験時間は70分で全問マークシート形式で、毎年6月と11月に開かれます。専門用語が多く出てくるため、初心者は実際戸惑ってしまうでしょう。

3級の色彩検定のポイント3つ

色彩検定3級の難易度は、参考書さえあれば対策できるレベルです。学校の理科の授業に出てきた「光のプリズム」などが出題されます。

基礎的な知識が問われ、難しい問題はあまり出ません。同一色や補色、色のトーン、色相など色に関する用語を覚えられるでしょう。

「簡単」というのは、参考書の内容を最初から最後まで勉強した場合のみです。3級の合格者は、全体の約7割なので決して余裕で合格できるわけではありません。

3級のポイント1:基礎知識を問う問題が中心

色彩検定の3級は基礎知識を主に問われるので、難易度はあまり高くはありません。ほとんどの人が簡単だと言っており言って、まずはやるべきことをしっかり行えば合格することができます。

問題数が時間配分を気にしなければ全問を解答するのは難しいですが、マークシート方式なので落ち着いて解答すれば正解数を稼ぐことができます。解答の際に、誤って別の場所をマークしないように気を付けましょう。

3級のポイント2:テキスト学習で十分

色彩検定の3級は難易度があまり高くないので、基本的にはテキストだけで対策を立てられます。まずは公式テキストを読むところから始めましょう。最初は内容の理解より、全部のページを読むことを意識することが大切です。

試験勉強に優先すべきなのは、内容を覚えたり理解することでなく、試験で問われる内容の全体像を把握することです。試験内容は暗記と理論ですが、理論問題は解答数に特に意識しましょう。

3級のポイント3:マークシート式

色彩検定3級はマークシート方式なので、難易度が高くありません。 試験範囲は決して狭いわけではないため、最短でも2週間は確保するようにしましょう。ほとんどの場合は、1ヶ月程度の独学で合格します。

しかし必要な勉強時間は1人1人の意欲や飲み込む速度で左右されるので、断定はできません。1日に1時間勉強している人は、1ヶ月の試験対策で合格することができます。場合によっては、1ヶ月未満で足りる人もいます。

2級の色彩検定の難易度

色彩検定2級は3級より難易度が少し上がりますが、3級の内容をしっかり理解した上で試験対策に臨めば点数を稼ぐことができます。2級からはマークシートだけでなく記述式の問題が出題されるため、要点を抑えて試験対策に臨みましょう。

実際にカラーコードを使用した組み合わせ問題は、事前に対策しなければ解答するのは難しいです。また合格率は、2018年度で67.4%なので決して低くはありません。

2級の色彩検定のポイント3つ

色彩検定2級は3級に比べて難易度がやや高くなっており、色彩の知識を実務に活かせるレベルです。3級の内容に比べて、住宅のインテリアや照明の配置などの実務的な内容が問われるでしょう。

問題形式はほとんどマークシートですが一部記述問題になっており、専門用語に関しては正確に書かなければいけません。受験料は税込みで10,000円で、受験資格は特に指定されていません。合格率は全体の70%以上です。

2級のポイント1:3級の基礎知識が前提になった問題

色彩検定の2級は難易度がやや高くなっており、3級の基礎知識が前提になった問題が出題されます。2級は基礎を応用している問題が出題されるため、試験の際に考えてしまう場合があるでしょう。

色彩検定は色々な場所で活かせる資格で、難易度が高くなっています。生活やインテリア、ビジュアル、プロダクトと色々な分野があるのが特徴的です。2級での合格率は6割で、問題集をしっかり解けば合格することができるでしょう。

2級のポイント2:応用問題が出てくる

色彩検定の2級は難易度がやや高くなっているため、応用問題が出題されます。3級はマークシート方式だけですが、2級からは記述問題が出題されるのが特徴的です。マークシート方式は答えを選択するだけなので、わからない問題でも勘で正解することができるでしょう。

記述問題はマークシート方式と違い、解答を自分で記述する必要があります。決して勘では解答できないところが、3級との違いです。

2級のポイント3:記述式も追加される

色彩検定の2級は難易度がやや高いため、記述問題が追加されるのが特徴的です。グラフや表、図などから解読する問題が出題されます。色々な物を見比べて読み解くため、表やグラフを読み取る力が必要です。

専門用語が多く出てくるため、最初は用語の意味が理解できないでしょう。2級からは難易度が高くなるため、挫折する人が少なくありません。専門用語の意味を頭で考えて、冷静に解答すれば正解数を稼げるでしょう。

1級の色彩検定の難易度

色彩検定の1級は難易度が高く、1次試験と2次試験の2段階に分かれています。1次試験は主に知識を問われ、マークシートはほとんどで記述問題が少し出題されるのが特徴的で、2次試験は実技試験で、全部の試験の中で最も難関です。

実技試験ではカラーカードが配布され、問題文に従って解答用紙にカードを切り貼りするという内容です。最初に勉強する際には、問題集やテキストを2回以上は読まなければいけません。

1級の色彩検定のポイント3つ

色彩検定の1級は、全部の試験の中で最も難易度が高いです。そのため問題集は、解説がしっかりと掲載されている物を選びましょう。問題集は数冊購入するよりも、1冊の問題集を繰り返し解く方法がおすすめです。

問題文を全部暗記する勢いで、とにかく繰り返し問題を解きましょう。また問題集は多くても2冊程度が適切です。

1級はほとんど記述問題なので、問題を解いていくうちに問題の意味が次第に理解できるようになるでしょう。

1級のポイント1:2次審査まである

色彩検定の1級は難易度が高く、2級と3級とは違い2次審査まであります。色彩検定1級の合格率は約30%で、最も高かった合格率が35.6%です。ちなみに2級だと約65%なので、1級の合格率は2級の合格率の半分です。

難易度がとても高いため、しっかりと対策を立てなければ合格は難しいでしょう。1級は年に1回されず、2級と3級は2回行われるため合格するチャンスが減ってしまいます。

1級のポイント2:2次審査は完全な記述式

色彩検定は難易度が高く2次審査までありますが、2次審査は完全な記述式です。1次試験の場合は試験時間が100分で、2次試験は90分です。色彩検定の1級は2段階抜粋方式なので、2次試験を受けるには1次試験に合格している必要があります。

1次試験と2次試験の出題形式は違い、1次試験はマークシート方式なのに対し、2次試験は記述問題と実技テストの両方を受験しなければいけません。

1級のポイント3:2次審査には実技試験がある

色彩検定の1級は、2次審査に実技試験があります。実技試験の内容は、配られたカラーカードを問題文に従って試験用紙に切り貼りすることです。色彩検定1級はペーパーテストだけでないため、独学で実技試験の対策も行う必要があります。

1級には、2級と3級の応用問題が出題されるのが特徴的です。すなわち2級と3級の知識が必要なので、2級や3級の知識を復習しておく必要があるでしょう。

色彩検定合格のためのコツ3つ

色彩検定に合格するには、3級から順を追って試験を受けていくことが大切です。色彩検定には1~3級の3段階までで、逆に言えば3段階までしかないため、1級ごとの内容がとても濃くなっています。

最初から2級に挑戦して失敗したら受験料が無駄になるため、3級から受験するのがおすすめです。場合によっては、2級と3級を併願受験することができます。ここからは、色彩検定に受かるためのコツを詳しく見ていきましょう。

色彩検定合格のためのコツ1:3級から順番に受講するのが基本

色彩検定は難易度が分かれているため、3級から順を追って受験するのが大切です。時間をかければ独学でも合格することができ、効率的に勉強するポイントがあります。これを把握しているかどうかで、勉強時間に差が出やすくなります。

合格するまでの力と深い知識は別物で、知識量が豊富でも試験の合格基準に達しなければ意味がありません。独学で勉強する際には、知識に偏りが出る場合があります。

色彩検定合格のためのコツ2:どの級もテキスト学習だけでなく過去問も解く

色彩検定はどの難易度であってもテキストの内容を勉強するだけでなく、過去問を解くことが大切です。合格までに必要な物は公式テキストと問題集、過去問集の3つだけです。 非公式の問題集などもありますが、試験対策の際にはあまり必要ありません。

無駄にあれこれと手を付けすぎると、本番まで何も身に付かずに試験を受けなければいけないことになります。色彩に関する知識がない場合は、公式テキストを繰り返し読みましょう。

色彩検定合格のためのコツ3:実務経験も積んでおく

色彩検定には実技試験があるため、実務経験を積んでおきましょう。色彩の知識を仕事で扱う人は、色々な空間や場所で色彩設計を行います。依頼先の好みに合わせてデザインを設計するため、理論的に考えられる力が必要です。

柔軟な対応が求められる職に就きたい場合は、3級からしっかりと勉強することが大切です。また自分には知識が豊富であるという自信を持つことで、楽しく仕事ができるようになるでしょう。

事前の対策をしっかりして確実な合格を目指そう

色彩検定はとても難易度が高いため、事前の対策をしっかり行って確実に合格することができます。どの資格試験にも当てはまりますが、合格の際にはスケジュールを立てて行う必要があるでしょう。独学で合格するには、スケジュールをしっかり立てましょう。

スケジュールを立てる際には、試験日までを逆算して何日の余裕があるか、本番までに何をするかを計画していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました