Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月17日

マルチタスクで仕事をするメリット4つとデメリット4つ|おすすめの本

マルチタスクとは、同時に複数の作業をこなすことを意味する言葉です。最近ではビジネスパーソンにこのスキルが求められるようになっています。そこでこの記事ではマルチタスクのメリット・デメリットやその実践に役立つ本について紹介しているので、ぜひご覧ください。

マルチタスクで仕事をするメリット4つとデメリット4つ|おすすめの本

マルチタスクとは?

「有能なビジネスパーソンはマルチタスクが得意」だとよく言いますが、いったいどういうことなのでしょうか?

この記事では「マルチタスク」という言葉の意味に加えて、マルチタスクで仕事をすることのメリットやデメリットについて徹底解説しています。

シングルタスクしかできないよりもマルチタスク能力を身に着けたほうがビジネスパーソンとしてのスキルが上がりますので、ぜひ最後までご覧ください。

マルチタスクとシングルタスク

まずは、マルチタスクという言葉の意味について簡単に確認しておきましょう。マルチタスクとは同時に複数の作業を行うことを意味する言葉で、これとは反対の概念が一度にひとつのことだけを集中しておこなうシングルタスクになります。

具体的な例を挙げると、電話で通話をしながら、相手との会話内容の中から必要な情報をピックアップして適宜パソコンで入力するといった状態をマルチタスクと言います。

マルチタスクで仕事の効率を上げるには?

同時に複数の作業をこなすというマルチタスクができれば、短時間でさまざまな仕事を行うことができるので仕事全体がはかどります。

しかし、マルチタスクをすることで一つひとつの作業に集中できなくなり、かえって作業効率がダウンしてしまうケースも少なくありません。

マルチタスクで仕事の効率を上げるためには、頭を使う複雑な作業を同時に行うのではなく、頭を使わずに済む単純作業を同時に行うのがポイントです。

マルチタスクで仕事をするメリット4つとデメリット4つ

ここまでは、マルチタスクという言葉の基本的な意味などについて確認してきました。近年では、ビジネスパーソンにマルチタスクというスキルが求められる傾向性が強くなってきています。

マルチタスク能力を身に着けているにこしたことはありませんが、それを仕事で行うことにはメリットもあればデメリットもあります。

ここからは、マルチタスクのメリット・デメリットの両方について詳しく見ていきましょう。

マルチタスクで仕事をするメリット

マルチタスクというスキルがビジネスパーソンに求められているのは、それだけマルチタスクで仕事をすることに多くのメリットがあるからです。

シングルタスクしかできないビジネスパーソンよりも、マルチタスクが可能なビジネスパーソンのほうが高い評価を受けやすいとも言えるでしょう。

ここからは、マルチタスクで仕事をすることのメリットについてご紹介していきます。

マルチタスクで仕事をするメリット1:一度に複数の仕事ができる

マルチタスクのメリットとしてまず挙げられるのが、一度に複数の仕事を行えるということです。

たった一つの仕事しか与えられないビジネスパーソンは稀であり、多くの場合複数の仕事を同時並行で受け持つことになりますが、そんな時にマルチタスクで仕事をできれば効率的に仕事をこなすことができます。

マルチタスクで仕事をするメリット2:仕事の内容によっては作業効率が上がる

仕事の内容によっては作業効率がアップするというのも、マルチタスクで仕事をすることのメリットとして挙げられるでしょう。

頭をあまり使わないですむ単純作業の場合、ひとつだけの作業に集中すると飽きが生じてしまうので、マルチタスクをしたほうがよい気分転換になって作業効率が上がることがあります。

ただし、複雑な作業をマルチタスクで行うとかえって混乱し、作業効率が下がる場合もあるので要注意です。

マルチタスクで仕事をするメリット3:他の人の仕事を停滞させない

マルチタスクで仕事をするメリットのひとつとして、他の人の仕事をス有数させてしまう心配がないということも挙げられます。

シングルタスクしかできない場合は他の作業が停止してしまい、結果的にその仕事の関係者の仕事まで停滞させてしまうことになりますが、マルチタスクを行えれば複数の作業を同時並行で進められるので、関係者に迷惑をかけることもありません。

マルチタスクで仕事をするメリット4:副業などを始めやすい

副業などをはじめやすいというのも、マルチタスクで仕事をするメリットのひとつに数えられるでしょう。

複数の仕事を同時に行えるマルチタスク能力を身につけることができれば、本業をおろそかにすることなしに副業をスタートさせることが可能になるでしょう。

マルチタスクが苦手な人は本業と副業の両立ができず共倒れになってしまうリスクが高いですが、マルチタスクが得意であれば副業でお金を稼ぐこともできます。

マルチタスクで仕事をするデメリット

以上でご紹介したように、マルチタスクで仕事をすることにはさまざまなメリットがあります。このような話を聞くと、「是が非でもマルチタスクを行わねば」と感じることでしょう。

ですが、マルチタスクは手放しで推奨されるわけでは決してありません。それによって時には不利益も生じるからです。

ここからは、マルチタスクのデメリットについて詳しくご紹介していきます。

マルチタスクで仕事をするデメリット1:切り替えに時間がかかる

マルチタスクのデメリットとしてまず挙げられるのが、頭の切り替えに時間がかかるという点です。

複数の作業を同時並行で行っていると、他の作業に手をつけるたびに頭の切り替えが上手く行かず、かえってロスタイムやストレスが生じてしまうこともあり得ます。

そうなると、作業効率がアップするどころか、仕事全体が停滞してしまいかねません。

マルチタスクで仕事をするデメリット2:切り替えにエネルギーを使う

頭の切り替えにエネルギーを使うというのも、マルチタスクで仕事をすると生じるデメリットのひとつとして挙げられるでしょう。

マルチタスクが得意な人はそう多くなく、無理をしながら作業を同時並行で行っていると、別の作業に切り替えるたびに精神的にも肉体的にもエネルギーを消費することになります。

ひとつずつ仕事をこなしていた時より、どっと疲れを感じやすいでしょう。

マルチタスクで仕事をするデメリット3:集中力が続かない

マルチタスクで仕事をするデメリットのひとつとして、集中力が続かないということも含まれます。

ひとつのことだけに取り組めばよい場合は集中しやすいですが、複数のことを同時並行で行うとなると頻繁に頭の切り替えをしなければならないので、その都度集中力が切れてしまいがちです。

結果的に、作業スピードが遅くなってしまうこともあるでしょう。

マルチタスクで仕事をするデメリット4:達成感が得にくい

達成感を得にくいというのも、マルチタスクのデメリットのひとつに数えられます。

シングルタスクに集中して取り組んだ場合、それが終われば充実感を得ることができますが、マルチタスクの場合は「この仕事をやりきった」という達成感がなかなか得にくいと言えるでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

マルチタスクかシングルタスクか?仕事に活かせるおすすめの本3冊

マルチタスクにはデメリットがあるとは言え、身に着けていて損はないスキルですし、それを仕事に活かすことができればビジネスパーソンとしてより飛躍が可能になるはずです。

ここからはマルチタスクを仕事に活かす方法が学べる本について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

マルチタスクを仕事に活かせる本1:すべての仕事は10分で終わる マルチタスクでも仕事がたまらない究極の方法

まずおすすめしたいのが、「すべての仕事は10分で終わる マルチタスクでも仕事がたまらない究極の方法」です。

ひとつの仕事を必要以上に丁寧に行って自己満足を得るのではなく、要点だけを抑えて効率的かつ正確に仕事をこなすノウハウが学べる一冊ですので、きっと参考になるでしょう。

タイトルはよくある内容の薄い啓発本のようであまり好みではありませんでしたが、内容は濃いと思います。また、自己啓発の名著、7つの習慣をもとにした実践的な目標の立て方振り返りの仕方が書かれてあるので、「昔7つの習慣を読んでなんとなく啓発されたけど行動に移せなかったなあ」みたいな人にもおススメです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1EL5G34BIJD... |

マルチタスクを仕事に活かせる本2:一気に10の仕事をこなす! マルチタスク・ワーキングのすすめ

「一気に10の仕事をこなす! マルチタスク・ワーキングのすすめ」も、マルチタスクを仕事に活かすためにぜひ参考にした一冊です。

複数の作業をこなすとなると考えがまとまらず、頭が混乱してしまうという人のために、マルチタスクをストレスフリーに実践する秘訣が紹介されています。

こちらの本では、自身の考えを思うがまま出力し、それらに順序付け、そして意思決定を行っていくプロセスが
実践問題を通じてまとめられている。

本書のことをつづけることができれば、本当に素晴らしいマルチタスクワーキング人間になれると思う。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R36J9E5G3P7A... |

マルチタスクを仕事に活かせる本3:SINGLE TASK 一点集中術——「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる

「SINGLE TASK 一点集中術――「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる」も、ビジネスパーソンにぜひ読んでもらいたい一冊として挙げられるでしょう。

脳科学や心理学の最新の知見をもとに著されたビジネス本で、マルチタスクのストレスを減らすためのノウハウや心構えが徹底解説されています。

タイトル「一点集中術」に魅力を感じて、読みました。
いろいろな事をつまみ食いのようにしていると、成果が出るのが遅くなり、
時には難しくなります。
本書に述べてある事務処理、ネット時代の情報とのつき合い方は、参考になりました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3Q5K9TW8GOV... |

マルチタスクを仕事に活かそう

今回はマルチタスクについて特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。マルチタスクが実践できるようになれば、複数の仕事を同時並行でこなせるようになるので、仕事全体をスピーディーに完了させられます。

シングルタスクと併用しながら、仕事をより効率的に行うためにもマルチタスクを身に着けてみましょう。

Related