Search

検索したいワードを入力してください

2019年11月16日

学歴不問なら中卒でも正社員になれる?学歴なしで高収入を得るコツ

日本の企業は優秀な人材を学歴で選ぶ傾向にあります。しかし本人の意志とは関係ない理由で中卒や高校中退の選択を余儀なくされ、学歴不問でも就ける企業に就職する人が後を立ちません。そこで今回は学歴不問の求人媒体の現状や、その職種についてご紹介したいと思います。

学歴不問なら中卒でも正社員になれる?学歴なしで高収入を得るコツ

学歴不問の就職活動について

私たちは幼少期から義務教育を受けますが、中学卒業以降はさまざまな事情により高校を中退したり、進学を諦めなければならない場合があります。その根底には経済的な理由や対人関係の不和などが挙げられます。

しかし、各々の学歴の中で、いつかは応戦しなければならない「就職活動」という壁。大人になればなるほど、現実味を帯びてくる言葉です。最終学歴が中卒や高校中退の場合、就職活動が困難になるとイメージされる方も多いはずです。

今回は中卒、高校中退における就職活動の現状や、「学歴不問」と呼ばれる雇用形態とその選択肢にフォーカスを当てていきましょう。

求人媒体に書かれる学歴不問とは

就職活動をする中で、求人媒体に学歴不問と書かれている項目を目にすることがあるはずです。
学歴不問とは文字通り、「学歴を問題としない、どんな最終学歴でも問わない」という意味を指します。もっとわかりやすい意味だと、中卒や高校中退でも応募や面接ができると言うことです。

たまに学歴不問と記載があっても、実際面接に行くと高卒以上の学歴を求められるケースがありますが、高卒以上と記載のある企業よりも広く人材を求めていると言えます。

学歴不問でも高収入を得るには

中卒や高校中退でも、雇用形態を問わなければ高収入を得る事が可能です。ここからは学歴不問でも応募できる職種について解説していきます。

工場の派遣

学歴不問の職種で、収入に対する待遇が良いと言われているのが工場内での製造業です。工場と言っても、オーディオ機器の製造や車の製造など多種多様。雇用形態は派遣に属しますが、その高待遇には目を見張るものがあります。

例えば自動車工場派遣の求人に目を通すと、入社1年めの月収例は25万から29万と比較的高収入です。派遣会社によっては寮完備で、テレビや寝具などの家具家電を無料で貸与すると言った待遇まであります。

最長で3年間の雇用期間を選ぶことができ、雇用期間が満了すると慰労金や満了報奨金が貰えます。学歴不問でこれだけの高待遇は数少ないはずです。

気になる業務内容についてですが、主にライン作業が多いので覚えることも少なく、工場派遣が初めての方でもすぐに馴染むことができます。ひとつの作業をコツコツと取り組むことが出来る方にはうってつけの職種と言えるでしょう。

営業

営業は学歴不問で未経験者でも就く事ができる職業と言われています。そして営業の中でも比較的高収入と言われているのが、マンションや戸建ての販売を主とした不動産営業です。

正社員として募集している企業が多く、年収は営業成績次第では1000万を超えるケースも見受けられます。学歴不問で、これほどの高収入を得られることに疑問を持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、その背景には「実力社会」があります。

営業職は実力を数字で表すことに意味があります。マンションなどの販売の売り上げが高い優秀な社員には、インセンティブとして高い報酬が与えられるのです。企業は社員に対し、学歴よりも実力主義の精神を求めていると言えるでしょう。営業職の性質上、学歴不問の求人が多いということです。

この職業に就くには、ある程度のコミュニケーション能力が必要です。そして学歴が不問とは言え昨今の経済状況はもちろん、顧客のニーズに合わせた営業方法を常に学習する必要があります。

入り口は簡単でも、入社してから学ぶことが多いとされる営業職。人と接することが好きで、モチベーションが高い方には最適な職種と言えます。

学歴不問で正社員になるためのコツ

就職活動をする際は、それなりの覚悟や心積もりを念頭に入れることが大切です。就職に成功し快適な社会人生活を送るためにも、ある程度のリサーチや資格習得が必要です。

まずは方向性を定めることが大切

就職活動をする前に、自分がどんな職種に就きたいかを明確にする必要があります。お金のためだけに自分の意に反する職種に就くことは決して悪いことではないですが、興味のある職種にこそ自分の能力を最大限に伸ばせる可能性が高いのです。それは収入に繋がることはもちろん、会社にも良い影響を及ぼします。

自身がどのような職種に向いているかわからない方は、幼少期の性格や趣味などからヒントを得てください。プラモデル作りが趣味だった方は電子関係の製造業に的を絞ったり、友達が周りに多く活発な幼少期を過ごした方は持ち前のコミュニケーション能力を生かし、接客や営業職の求人を探してみるのも良いでしょう。

各々の職業に応じたスキルアップを

自分のやりたい仕事が見つかったら、各々の職種に応じたスキルアップにチャレンジすることが大切です。例えばマンション販売の営業だと、営業車を使い顧客を物件場所へ連れて行かなければならない場合があります。こうなると必要になるのが運転免許です。

また、高校卒以上の学歴を求められる職種に興味がある場合、思い切って高卒認定試験を受けることをオススメします。高卒の学歴を得ることはできませんが、この試験に合格すると高卒と同等の学力と認められるので、就職活動にも有利に働きます。

また、高卒認定は大学への受験資格にもなるので、大学でたくさん学びたい方や更なるステップアップを目指したい方にもうってつけです。

このように就職に有利な資格を得るには、努力やそれなりのお金が必要不可欠です。時にはアルバイトしながらも、資格習得の勉強をしなければならない場合もあるでしょう。

しかしすべては自身の明るい未来のためです。就職活動に成功した暁にはお金にも代えがたい喜びがあなたを待っているはずです。

学歴不問であっても、ブラック会社に注意しよう

自身の方向性を定めある程度のスキルを得たら、実際に起業への就職活動を開始してみましょう。ここでの重要な課題としては、会社の企業理念や評判などを徹底的にリサーチすることです。

残念ですが、世の中にはまだまだ「ブラック企業」と呼ばれる会社が存在します。ブラック企業とは、長時間労働や賃金の不払い、パワハラを容認している会社であり、大手企業でも起こりうる社会問題です。

自身が頑張って運転免許や高卒認定の資格を取得したとしても、このような会社を選んだ場合はすべての努力が水の泡になります。パワハラで精神を病みながら仕事をするよりも、ヒューマンスキルの高い職場で前向きに自身の能力を伸ばしましょう。

働く人たちには選ぶ権利があります。幸いにも現代はネット社会なので、ありとあらゆる企業の情報を閲覧することができます。就職活動を成功させるためには、日頃から転職サイトの口コミを見るなどして、学歴不問と求人に記載されていても、事前に企業の評価をリサーチすることが大切です。

スキルアップして就職活動をスムーズに

今回は、学歴不問でも応募できる職業や雇用形態、スキルアップについてご紹介させて頂きました。日本は学歴を重んじる傾向にありますが、必ずしも学歴だけがビジネス環境に求めらるわけではありません。

会社によっては、学歴よりもヒューマンスキルを重視するケースがあり、その環境の中で大成功している社員が存在することも確かです。

さまざまな理由で中卒や高校中退が最終学歴の方は、未来への不安が大きいかもしれません。しかし職業に応じた資格を取得したり高卒認定の試験を受けるなど、スキルアップすることで正社員への道が開いてきます。

そして上記でも記載しておりますが、企業が人材を選ぶ資格と同等の権利が私たちにはあります。ブラック会社で失敗しないためにも、最後まで慎重に会社を選ぶことが大切です。徹底したスキルアップとリサーチで就職活動を成功させ、快適なビジネスライフを送りましょう。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。

身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。

どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

Related