Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月06日

イベント管理システムとは|おすすめのイベント管理システム16選

イベント管理システムはイベントを開催する際に必要不可欠のシステムです。イベント管理し捨てを利用することで主催者側の負担を大幅に削減できます。ここでは、イベント管理システムについて詳しく紹介しているため、参考にしてください。

イベント管理システムとは|おすすめのイベント管理システム16選
バナー

イベント管理システムとは

イベント管理システムとは、イベントを開催する際に使用することで運営側の負担を大幅に削減することができます。そのため、ほとんどの企業がイベント管理システムを利用している場合が多いです。

イベント管理システムには、クラウド型とパッケージ型に分けることができ、それぞれに特徴があるため、企業に合った種類のイベント管理システムを利用することをおすすめします。

イベント管理システムでできること

イベント管理システムでできることはイベントの管理はもちろんですが、開催日を知らせるメールなどを自動で送信する機能が備わっています。そのため、イベント内容を伝え忘れをしてしまうことを予防できます。

また、クラウド型のイベント管理システムならネットにつなげることでどこからでもアクセスすることができ、違う担当者に情報を共有することも可能です。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

おすすめのイベント管理システム16選

イベント管理システムを利用する際には、おすすめのシステムを利用することをおすすめします。用途に合っていないイベント管理システムを利用しても作業効率が向上しにくく、無駄な手間になってしまうこともあります。

次に、おすすめのイベント管理システム16選を紹介します。どのようなイベント管理システムがあるのか、参考にしてください。

1:イベントレジスト

イベントレジストでは、基本的なイベント管理はもちろんですが、プレミアム機能を利用することでより細かなイベント管理を行うことができます。

特におすすめの機能が独自のアンケートを行うことができることです。そのため、行ったイベントの感想を手軽に集めることができ、今度のイベント内容に活用することも可能です。プレミアム機能を利用するためには費用がかかりますが、基本的な機能だけなら無料で使用できます。

2:Event Cloud Mix

Event Cloud Mixのイベント管理システムの特徴は、有料ですが7日間の無料トライアルを行っていることです。そのため、どのような使い心地なのかを事前に確認することができ、7日以内に解約すれば費用はかかりません。

利用する際に費用がかかってしまうイベント管理システムですが、機能が充実している割に低価格で提供されているサービスです。

3:SPIRAL® _セミナー管理

SPIRAL® _セミナー管理は名前からわかるように、セミナーを開催する際におすすめのサービスです。そのため、セミナーをたびたび開催する予定の人におすすめのサービスでもあります。

常に申し込み状況を確認することができ、申し込みされた方のリストが自動にアップされていきます。また、申し込み完了とともにキャンセル通知も同時に送信されるため、使用者は初期設定さえ行えばあとは任せることができます。

4:EventCreate

EventCreateのサービスは、任意のイベント内容のエラーを見つけてくれるシステムです。イベント管理システムは時にはエラーが表示されてしまうこともあります。エラーが出てしまうとシステムが正常に機能していない証拠であるため、すぐに対処することが必要になります。

EventCreateではイベントログに任意のイベントを加えることができるため、状況を打破することもできます。

5:楽らく受付くん

楽らく受付くんのイベント管理システムは、より手間を削減できるように開発されています。受付があると受付完了メールを自動で送信することができ、入力する際にチェック機能のおかげで誤った情報を記入することを防ぐことができます。

また、定員に達した状況になると自動で募集を打ち切る機能があるため、申し込みをしたにも関わらず参加できない人をなくすことができます。

6:everevo

everevoがほかのイベント管理システムとは違うことは、ガラケーでも使用することができることです。イベント管理システムの種類は多くありますが、主にパソコンやスマホを利用することが多く、ガラケーに対応していないことが多いです。

しかし、everevoはガラケーでも操作することができ、より多くの人が利用しやすくなっています。ガラケーでも操作性に支障が出ないため、スマホを持っていない人におすすめです。

7:Peatix

Peatixはスマホのアプリであるため、無料でダウンロードすることができます。利用するためにはアカントを作っておくことが必要になるため、事前に作っておくことでスムーズにイベントを開催することができます。

アプリであるため最近の若者の利用者が多く、スマホ一台で利用することができ、人気も高まっています。割引クーポンを発行することもでき、特別な利用者だけ割引価格にすることができます。

8:Wazoo

Wazooは誰でも簡単にイベントを開催することができ、サポートをしてくれるイベント管理システムです。作業の仕方が簡単であるため、初めてイベント管理システムを利用する人でも、イベントを開催することができます。

特別細かな機能は備わっていませんが、最低限の機能があるため、初めての方なら不憫に感じることも少なく、満足して使うことができます。

9:ATND

イベントを開催するといわれると大きなイベントをイメージしてしまうのではないでしょうか。しかし、イベントにも規模があり、小規模なイベントもあります。ATNDは小さなイベントを行う際におすすめのイベント管理システムです。

仲間と飲み会を開催する際にも利用することができ、イベント実行する仕事ではない人でも使用することができる気軽さがあるサービスでもあります。

10:ChoiceResearve

ChoiceResearveは予約を受け付ける際におすすめのイベント管理システムです。特に、予約を必要とする仕事におすすめです。美容院や歯医者のように予約制を採用している職場に人気があります。

ネット上から予約を受けるけることが可能になり、より利用者を増やすことができます。カレンダーを埋め込むことができ、予約状況を見やすくなっている特徴もあります。

11:DoorKeeper

DoorKeeperの特徴は、リマインダー機能が搭載していることです。リマインダー機能とは、開催日の数日前に、申し込みがあった人に対して開催日が近付いていることを示してくれるメールを自動に送信する機能のことです。

リマインダー機能があることで申し込みした人が開催日を忘れることなく、定員を招くことができます。また、集金を事前にすることも可能であり、キャンセルを未然に防ぐことができます。

12::EIPO

EIPOは会場の情報も登録することができ、イベントに適した会場を手軽に見つけることができます。また、メールやマガジンも簡単に送信することができます。メールやマガジンにはテンプレートがすでに用意されているため、簡単に内容を作ることができます。

EIPOでは二つのプランが用意されているため、多く行うイベントによって適したプランを選ぶようにしましょう。

13:Event Manager

Event Managerは、当日発券や本人確認認証を行うことまでできるため、便利かつ実用的なイベント管理システムでもあります。特に、本人確認認証を行うことで転売されてしまうことを未然に防ぐことができ、イベントを成功させることも可能です。

チケットにバーコードを埋め込むことで、本人かどうかを判断することができます。チケットを印刷することも可能であり、本格的なイベントにおすすめのシステムです。

14:スマートコア

スマートコアのイベント管理システムの特徴は、会員の情報を管理することができることです。そのため、イベント参加者の年齢層や性別を把握することができ、どのような人に人気のイベントだったかをふり替えることができます。

また、会員同士のコミュニティーを作ることもでき、会員同士のつながりを作ることもできます。

15:イーベ!

イーベ!は申し込みページを自由に作成できるため、オリジナリティに富んだサイトや広告を作ることができます。ほかのイベント管理システムではテンプレートが用意されているため、ほかのイベントと似たようなサイトや広告になってしまいがちです。

しかし、イーベ!では自由度が高い申し込みページを作成することができ、閲覧者の目を引くことも可能です。その結果申込者を増やすこともできます。

16:イベントクリエイト

イベントクリエイトのイベント管理システムの特徴は、初めて利用する人でも操作がしやすいことです。イベント管理システムはさまざまな種類がありますが、パソコンやスマホを操作することが必要になります。そのため、機械の扱いが苦手な人では操作することが難しい傾向があります。

しかし、イベントクリエイトでは誰でも操作しやすく開発されているため、初めてイベント管理システムを利用する人におすすめです。

17 : あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

イベント管理システムを選ぶポイント

イベント管理システムはさまざまなサービスが用意されているため、選ぶ際に迷ってしまった経験がある人も多くいるのではないでしょうか。イベント管理システムにはそれぞれ特徴があるため、用途に合ったシステムを選ぶことが大切です。

次に、イベント管理システムを選ぶポイントを紹介します。そのため、イベント管理システムを探している人は参考にしてください。

1:会社のニーズを明確にする

イベント管理システムを選ぶ際に会社のニーズと合わせる必要があります。そのため、まず会社のニーズを明白にすることが大切です。

イベント管理システムの中には特定のイベントに特化しているシステムがあり、利用することで効率を高めることができます。

2:システム料金などの価格

イベント管理システムを利用する際に料金がかかる場合が多いです。中には無料で利用できるシステムもありますが、使用できる機能が少ない傾向があります。

いくら便利なシステム管理システムでも使用料金が高く設定されていると利益につながらないため、おすすめできません。また、有料のシステムはさまざまな機能が使える割合が高いですが、最低限の機能で問題ない場合は無料のシステムがおすすめです。

3:操作性

イベント管理システムを利用する前に操作性を確認することも大切です。機能性に優れていても操作性が劣っていると利用する際にストレスを感じてしまうだけではなく、効率も悪くなってしまいます。

また、機械を扱う技術が乏しい人は操作性に優れていてないと完全に使いこなすことができません。システムを使いこなすことがに自身がない人は操作性に優れているシステムを利用しましょう。
バナー

イベント管理システムを上手に活用しよう

イベントを開催する際にイベント管理システムを利用することで作業の手間を大幅に削減することができます。そのため、イベントを開催する際に必要不可欠なシステムでもあります。

イベントの規模に関係なく利用できるシステムが多く開発されているため、大規模なイベントだけではなく飲み会のような集まりでも利用することが可能です。

イベント管理システムを活用してイベントをスムーズに遂行しましょう。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related