Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月07日

物流管理とは?おすすめの物流管理システム8選|導入のメリット

本記事は、物流管理システムについて知りたいという方を対象にしたもので、物流管理についての説明から、おすすめの物流管理システムをご紹介しています。また、物流管理システムを導入することのメリットの説明しているため、導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

物流管理とは?おすすめの物流管理システム8選|導入のメリット

物流管理は必要不可欠?

物流管理とは?おすすめの物流管理システム8選|導入のメリット
物流を管理することの目的は、物流のサービスを向上させるということです。顧客に提供する商品に間違いがないようにすることや品切れを未然に防ぐこと、納品の時期や配達時間を守ること、輸送中に商品が破損することを防ぐことなどがあります。

このような目的を達成させることは、物流管理において、顧客からの信頼を得られるようになったり、業務の効率化を図れるようになるため、必要不可欠です。

物流におけるPDCA

物流管理とは?おすすめの物流管理システム8選|導入のメリット
物流に関してもPDCAサイクルは重要となり、作業員から経営者まで役立てることができます。品質を向上させるための計画を立て、その計画を達成させるための行動をとり、とった行動による成果はどうだったのかを評価します。

そして、最後に評価から分析して計画を改善して、新たな計画を実行します。このようなサイクルを取り入れることで、作業の効率化や品質の向上が図れます。

物流管理システムとは

物流管理とは?おすすめの物流管理システム8選|導入のメリット
そもそも物流とは、作った製品が倉庫で管理され、その管理された製品が注文を受けたときに消費者に届けるという一連の流れのことを言います。そして、物流管理システムとは、物流を一貫して管理するシステムのことを言います。

これまでは、各部署でそれぞれ人によって管理されていたものを、システムで管理することで、効率的にかつ正確に行えるようになります。

おすすめの物流管理システム8選

物流管理とは?おすすめの物流管理システム8選|導入のメリット
物流を適切に管理することで、コストの削減や業務の効率化を図ることが可能です。これからは、適切に物流管理が行えるようにするためのおすすめの物流管理システムを8つご紹介していきます。

自社に物流管理を導入することを検討しているという企業の方はぜひ参考にしてください。そして、それぞれのシステムの違いをしっかり把握して、効率よく業務を遂行できるようにしてください。

1:ONEsLOGI Cloud

ONEsLOGI Cloudの特徴には、貿易取引に関わる書類を作成できることや専用のデータセンターにクラウドサービスを設置できる、独自の要件に対応したアドオンを提供しているという物流管理システムです。

また、送り状などといった、手続きが面倒なものが多い船積物流管理をサポートしてくれるクラウドサービスとなっていて、クラウドのみならずオンプレミスでも導入できます。

2:WATS

WATSの特徴には、輸出入と国内事務を並行して管理できるということやオンプレミスやクラウドの両方に対応している、他のERPとデータを連携できるという物流管理システムです。

WATSは、事業の規模の大小関係なく利用できるWeb版のシステムです。また、海外での事業に対応した業務データをモバイル機器に移行させて持ち運びができるオプションもあります。

3:Super-Vision

Super-Visionの特徴には、制限付きで荷主を公開し、情報を共有できる、流通BMSなどの通信プロトコルをDCで受信できる、区分やセンタ、分類、店別の作業バッチがあるという物流管理システムです。

Super-Visionは、クラウド型の物流システムで、複雑な業務を減らすことで、担当者の負担を少なくできます。

4:HITLUSTER

HITLUSTERの特徴には、小売業を中心に対応しており、100以上のサイトの稼働実績を持っている規模の大小に関わらず、柔軟にシステム構築ができる物流管理システムです。

また、お客様のビジネスを成長させることを支えることに力を入れているため、業務の効率化や標準化、可視化できるようになっています。

5:PASCO LocationService

PASCO LocationServiceの特徴には、気象予測や交通情報をマップに可視化できたり、車両の位置情報から業務がどれくらい進んでいるのかということを確認できる、業務用カーナビとの連携ができるという物流管理システムです。

PASCO LocationServiceはクラウドサービスであるため、期間を設定した契約を結ぶことが可能で、運用コストを抑えられます。

6:ロジザードZERO

ロジザードZEROの特徴には、受注管理システムやERPとの連携ができることや導入する際にかかる初期費用を抑えられる、お客さまの7割以上が標準機能での導入をしているという物流管理システムです。

また、複雑な倉庫の配置状況などをリアルタイムで一元管理し、倉庫から商品を取り出すといった業務をスムーズに行えるようになります。

7:みえる化@web

みえる化@webの特徴には、物流の専門家によってコンサルを受けられる、デバイスフリーのクラウドサービスである、シリアルやロットによってトレーサビリティができるという物流管理システムです。

また、誤った出荷にも迅速に対応できるため、在庫状況を適切に管理でき、経費や労働時間を短縮できるため、企業の競争力も高められることが期待できます。

8:LMS-GLOBAL

LMS-GLOBALの特徴には、複数の拠点を総合的に管理でき、拠点間の在庫をコントロールできる、基本的な機能を標準化している、荷物の情報をリアルタイムで取得できるという物流管理システムです。

また、短期間での契約や低コストでシステムを導入できるため、初めてシステムを導入するという企業でも安心して物流管理ができます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

「名刺が多すぎて管理できない」「社員が個人で管理していて有効活用ができていない」、そのような悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう。まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

物流管理システム導入のメリット

物流管理とは?おすすめの物流管理システム8選|導入のメリット
物流管理システムを導入することで得られるメリットはたくさんあります。数多くあるメリットの中から、本記事では物流の正確な管理ができることとコストカットが可能になること、受注から発送までを一目で把握できるようになるということを説明していきます。

自社に物流管理システムを導入するか迷っているという企業の方もこれから説明するメリットを参考にして、導入するかどうかを検討してください。

物流の正確な管理

物流管理とは?おすすめの物流管理システム8選|導入のメリット
物流管理システムを導入することで、これまで人の手で行ってきたさまざまな業務をシステムが行ってくれるため、物流管理を正確に行えます。

伝票などの記入作業が不要になるため、作業を簡単にできたり、システムを利用することで、誰がやっても一定のレベルで生産性が維持されるため、作業の平準化をすることが可能となり、さらに、未然にミスを防げるようになります。

コストカット

物流管理とは?おすすめの物流管理システム8選|導入のメリット
物流管理システムを導入することで、物流管理にかかる人件費を削減できるようになるため、コストを削減することが可能です。また、作業中のミスも減らせるので、ミスをして発生する可能性がある不必要な費用を削減できます。

受注から配送までを一目で把握

物流管理システムを導入することで、在庫状況を管理することが容易になったり、在庫から商品が出たり入ったりするという変化を簡単に確認できるため、受注から配送までの流れを一目で把握できるようになります。

また、このように全体的に見える化することで、事業をどのように展開させるかという判断をすることが、これまでより簡単に行えるようになり、意思決定の際にも役立ちます。

物流管理をしっかりとすることで顧客満足度もあがる

物流管理とは?おすすめの物流管理システム8選|導入のメリット
物流管理システムを導入することで、さまざまな業務が正確に行えるようになります。

そのため、これまで従業員の手で行ってきた業務がシステムによって行われるようになるため、未然にミスを防ぐことが可能となり、顧客からの信頼を獲得できるなど顧客満足度の向上にもつながります。

物流管理システムのさまざまなメリットを活かして、自社に合ったシステムを選び、業務の効率化を図りましょう。

Related