Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月05日

動態管理システムとは|おすすめの動態管理システム12選

この記事は、社用車を管理する人を対象にしたものとなっています。動態管理システムの説明から、おすすめの動態管理システムを12個ご紹介し、さらに動態管理システムのメリットなどを説明しています。社用車の管理や運転者の状況を確認したいという方は参考にしてください。

動態管理システムとは|おすすめの動態管理システム12選

動態管理システムとは

動態管理システムとは|おすすめの動態管理システム12選
動態管理システムとは、車両の位置やドライバ-が現在どこにいるのかなどをGPS機能を利用することによって管理・計測するシステムのことを言います。

近年では精度の高いGPSなどを利用して、必要に応じてルートの変更といった指示を送る体制を確立しているという企業が増えています。

これからは、おすすめの動態管理システムや導入することのメリットなどを説明していきます。

社用車と運転者の状態を記録し管理できる

動態管理システムとは|おすすめの動態管理システム12選
動態管理システムを導入すことで、社用車と運転者の状態を確認・記録することができます。さらに、情報を一つの場所にまとめることができるので、いちいち書類のある場所を確認しなくても、いつ、なにをするべきかということが明確になります。

このような情報を一元化し、管理することでさまざまな業務を省くことができ、社用車の管理をする担当者は負担が減ります。

おすすめの動態管理システム12選

動態管理システムとは|おすすめの動態管理システム12選
ここからは、おすすめの動態管理システムを12個ご紹介していきます。

業務の効率化を図るうえで、動態管理システムを導入することを考えているという企業の方は、ぜひ参考にしてください。

その1:ビジネスナビタイム

ビジネスナビタイムの特徴には、目的地へのナビゲーションを最適化している、スマホアプリからも利用することができる、簡単に訪問計画を作成することができるといったものがあります。

ビジネスナビタイムは、配車や位置情報からカーナビまで幅広く活用することができる動態管理システムです。無料トライアル版もあるので、実際に使用して導入を検討することができます。

その2:Cariot

Cariotの特徴には、工事不要で簡単に導入することができ、用意するのはデバイスとSIMカードのみです。車両管理台帳から動態管理までといった幅広い対応をすることができます。

Cariotは、フレクトの提供するリアルタイム動態管理ツールです。専用工事が不要なため簡単に取り扱うことが可能で、最小1台から管理することができます。

その3:dokoですcar

dokoですcarの特徴には、法人向けクラウド動態管理サービスである、インターネット経由で車両の運行位置や状態を確認することができる、2,300社以上の導入実績があるといったものがあります。

dokoですcarは、ドコモ・システムズが提供する法人向けのクラウド動態・車両管理サービスです。いつでも、どこでもリアルタイムに確認することが可能であるため、幅広いニーズに対応することができます。

その4:Smart動態管理

Smart動態管理の特徴には、スマホの位置情報を利用することによって、人手不足を解消でき、1,800社以上が導入しており、中小配送会社に最適です。

Smart動態管理は、スマホのGPSを追跡し、リアルタイムな位置情報を把握することができ、配送業の業務を劇的に効率化することができるサービスとなっています。

さらに、専用のソフトが不要でスマホですべての操作が可能です。

その5:いつもNAVI動態管理サービス

いつもNAVI動態管理サービスの特徴には、スマホやタブレットのGPSを活用することができ、リアルタイムで効率化を実現しており、ワンタッチ操作で多彩な機能が充実しております。

いつもNAVI動態管理サービスは、スマホやタブレットなどの端末を使ってすぐに動態管理を始めることができ、インターネットの環境さえあればどこからでもアクセスして業務を運営することができます。

その6:動態管理システムugomeki

動態管理システムugomekiの特徴には、Google Mapで動態管理をすることができ、最短5秒間隔でリアルタイムに表示され、1ユーザーから利用することができます。

動態管理システムugomekiは、AndroidやiOSアプリで利用することが可能で、とても短い時間で車両を瞬時に表示することができるだけでなく、移動履歴のグループ化やメッセージの送受信も可能です。

その7:モバロケ

モバロケの特徴には、インターネット環境さえあればどこでも利用することができます。高精度な位置表示をすることができ、低価格でシステムを導入することができます。

モバロケは、現代の進化したGPS機能を使うことによって無駄を省いて輸送の効率化することができ、コスト削減が期待できることに加えて、速度超過の管理などの安全管理もすることができます。他のシステムに比べて安価で導入できることも魅力の一つです。

その8:ichimana

ichimanaの特徴には、初期費用の使用料も一切料金が発生しない人工知能とブロックチェーンを活用したシステムです。すべての関係者に情報を共有することができます。

ichimanaは、AIによって、ドライバ-の能力を自動で判断して操作を極限まで抑えられることに加えて、協力会社や荷主にすぐに情報を送ることで大幅に伝達コストを削減することができます。

その9:SmartDrive Fleet

SmartDrive Fleetの特徴には、GPS管理機能でリアルタイムに位置を把握することができます。走行履歴・日報機能が搭載されていることによって、車両の稼働率を可視化しコストを管理することができます。

SmartDrive Fleetは、社用車や従業員にまつわるさまざまな業務や管理を効率化してくれます。コスト削減にも期待することができます。

その10:ビークルアシスト

ビークルアシストの特徴には、車両移動記録を日報に自動反映する既存システムとの連携が可能であり、車両滞在時間や移動時間なども管理できます。

自社ですでに導入している顧客管理システムや、配車計画などの専用システムとの連携が可能となっているため、業務管理の手助けとなることが期待できます。

業務管理の補助がされることで、効率化されて時間を有効活用することが可能となります。

その11:ロジこんぱす

ロジこんぱすの特徴には、運転中の目線移動を最小限に抑えた設計になっています。画面やボタンが大きく見やすくなっており、豊富な機能で運行効率が大幅に向上します。

ロジこんぱすは、連続運転時間や拘束時間、休憩時間などの改善基準に必要な情報を一括で出力することができます。さらに日報が自動で出力されるため、除法が正確に数値化されるだけでなく、大幅に経費を削減することができます。

その12:MOVO

MOVOの特徴には、車両の位置管理を低価格で行うことができることやドライブレコーダー、スマホアプリなどといったさまざまな端末を一つの画面で管理することができます。

また、ドライバ-が操作することなく、自動的にさまざまな記録をするジオフェンス機能を搭載しているというものがあります。

MOVOを導入することで、車両の位置を見える化し、さらに生産性を向上させることにつながります。

動態管理システムのメリット

動態管理システムとは|おすすめの動態管理システム12選
動態管理システムを導入することで、生産性の向上やコストカット、事故防止につながるなどのメリットがあります。

これからは、動態管理システムを導入することの主要なメリットを4つご紹介していきます。動態管理システムを導入すること検討しているという企業の方は、ぜひ参考にしてください。

管理作業の効率アップ

動態管理システムとは|おすすめの動態管理システム12選
動態管理システムを導入することで、すぐに車両の位置情報が入ってくるため、管理者はオフィスから的確な指示や連絡をすることができ、さらに急な集荷依頼にも対応することができます。

ドライバ-などは管理しなければならない車両の数が多くなるほど、作業効率を上げるために作業を自動化できるシステムが必要不可欠となるため、積極的に動態管理システムを導入することが効果的となります。

コストカット

動態管理システムとは|おすすめの動態管理システム12選
動態管理システムを導入することで、的確な目的地までの道が示されるため、無駄な燃料を消費することなく、コストをカットすることができます。

さらに、運輸業者にとっては、これまで人が行ってきた日常業務を自動化することができるといったケースが増えるため、大幅なコストカットを期待することができます。

生産性の向上

動態管理システムとは|おすすめの動態管理システム12選
動態管理システムを導入することで、天気や交通状況に応じた最良な配送ルートを選択することができるため、無駄な走行を減らすことができて生産性を向上させることができます。

渋滞や工事などによって道を妨げられるということや地域の天気予報などを連携させることによって、ドライバーにリアルタイムで最短のルートの提示ができるようになります。そのため、安定した配送もできるようになるため、顧客満足度の向上にもつながります。

事故リスク回避

動態管理システムとは|おすすめの動態管理システム12選
動態管理システムを導入することで、走行データや運行傾向を把握することによって、データに基づいてドライバーに安全運転の啓発がすることができるようになります。

システムの中には、安全運転の評価をすることができるものもあり、ドライバ-の危険運転を防止すると同時に、効率的で安全な配送を行うことができるドライバ-を優遇することで生産性の向上にもつながります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

動態管理システム導入の注意点

動態管理システムとは|おすすめの動態管理システム12選
動態管理システムを導入する際にはいくつかの注意しなければならないことがあります。

導入する際の注意点とは、初期費用と使用料を確認しなければならないということと情報管理、自社に合った動態管理システムを導入するということがあります。

動態管理システムを導入することを検討しているという方は、動態管理システムを選ぶ際の参考にしてください。

初期費用と使用料の確認

動態管理システムとは|おすすめの動態管理システム12選
数多く存在する動態管理システムには初期費用や使用料が月額などでかかるサービスと一切料金がかからないサービスがあります。

どちらのサービスにもメリットやデメリットはあるため、動態管理システムを導入する際は導入する前にしっかり料金について確認して自社に合ったシステムを選ぶようにしましょう。

情報管理

動態管理システムとは|おすすめの動態管理システム12選
動態管理システムにはそれぞれ違った情報管理の方法があります。

パソコンなどでオフィスでしか行うことができないものやスマホを利用していつでもどこでも管理をすることができるというものがあります。それぞれの企業によって利用の仕方が異なるため、自社の利用方法に応じて動態管理システムを選択することが必要になります。

自社に合った動態管理システムを選ぶ

動態管理システムを導入するという企業はたくさんありますが、それぞれの企業によって、利用する目的は異なります。さらに、動態管理システムもそれぞれの特徴があるため、一つ一つが異なったサービスとなっています。

動態管理システムを導入するという企業は、自社がどのような目的で利用するのかということを明確にしたうえで、自社に合った動態管理システムを導入する必要があります。

自社に合った動態管理システムを上手に活用しよう

動態管理システムとは|おすすめの動態管理システム12選
数多くある動態管理システムはそれぞれの特徴があり、メリットやデメリットがあります。

これから、動態管理システムを導入して作業の効率化を図りたいという企業は、どのような目的で導入するのかを明確にして、自社の目的に合った動態管理システムを導入していきましょう。

Related