Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月12日

Talknote(トークノート)の3つのメリットと3つのデメリット|グループウェア自体の評判

Talknote(トークノート)は他のグループウェアとは評判も一線を画すコミュニケーションツールです。Talknote(トークノート)の特徴を理解し、評判通りの効果を得られるような導入を検討しましょう。利用目的を明確に理解することが大切です。

Talknote(トークノート)の3つのメリットと3つのデメリット|グループウェア自体の評判

Talknote(トークノート)

Talknote(トークノート)の3つのメリットと3つのデメリット|グループウェア自体の評判
Talknote(トークノート)は、エンゲージメントクラウドと呼ばれる評判の高いコミュニケーション活性化ツールです。

Talknote(トークノート)の大きな特徴は、独自の人工知能により従業員の業務状況などを分析できるところです。Talknote(トークノート)では、利用者である従業員のアクセス情報を解析し、オーバーワークや、業務に対するモチベーションなどの予測が可能です。

グループウェア自体の評判

Talknote(トークノート)は、一般的なグループウェアとは使える機能が異なります。Talknote(トークノート)の利用目的を見誤って導入した人にとっては、「グループウェアとして不足している」という評判にもなります。

Talknote(トークノート)の特徴と導入目的を理解したうえで利用している人にとっては、ほかのグループウェアでは得られない効果を得ることができ、満足だという評判になります。

他のグループウェアと比べた評判

Talknote(トークノート)を導入し、業務管理や顧客管理をしようと考えていたり、自社にあった形にカスタマイズしようと考えている場合は、他のグループウェアよりも評判が悪くなります。

他のグループウェアではカバーできない「社員のモチベーション分析」や、離職者を食い止めるための施策を検討している会社や部署の場合は、Talknote(トークノート)の評判は高いものになります。

Talknote(トークノート)の3つのメリット

Talknote(トークノート)の3つのメリットと3つのデメリット|グループウェア自体の評判
Talknote(トークノート)には、グループウェアでは珍しい、特殊な機能が搭載されています。チャットや自動解析機能のほか、タスク共有機能も標準搭載されており、従業員間のコミュニケーション強化に利用できます。

その一方、グループウェアには通常搭載されている「ワークフロー」や「タイムカード」などは搭載されていません。Talknote(トークノート)のメリットにも、ツールの特徴がはっきり現れています。

メリット1:社員のモチベーションを見える化

Talknote(トークノート)の評判として外せない機能が「人工知能」を用いている自動計測(解析)機能です。人工知能がTalknote(トークノート)へのアクセス時間や社内SNSへの投稿量を自動計測した結果を分析し、各利用者のモチベーションをグラフ化できます。

グラフ化により、「モチベーションの見える化」ができ、感覚ではなく視覚でモチベーションを感じることができます。

メリット2:過重労働や離職を予防できる

Talknote(トークノート)の3つのメリットと3つのデメリット|グループウェア自体の評判
Talknote(トークノート)の評判の高い機能のひとつが、過重労働の検知機能です。従業員がTalknote(トークノート)にアクセスした時間帯をもとに、従業員の睡眠時間まで検知し、アラート通知をすることができます。

従業員の労働時間、睡眠時間を把握することで、オーバーワークを検知することもできます。従業員の状況をきちんと把握し、対策を打てば、休職や離職を未然に防ぐことも期待できます。

メリット3:スマートフォンに完全対応

Talknote(トークノート)は、スマホやタブレットでの利用を前提に開発されていることも、評判の良いポイントです。社員専用のデスクがない店舗勤務者や外出先でも、利用できる点も評判になっています。

Talknote(トークノート)の3つのデメリット

Talknote(トークノート)の3つのメリットと3つのデメリット|グループウェア自体の評判
Talknote(トークノート)は一般的なグループウェアとは機能が異なるため、グループウェアとして利用しようと考えた場合は、使いにくい、機能が足りないといったツールの評判を下げるような「デメリット」を感じることもあります。

ここでは、Talknote(トークノート)を利用する際に、デメリットと感じる点をご紹介します。

デメリット1:ワークフローが付いていない

Talknote(トークノート)は、コミュニケーションの強化に主眼を置いて開発されています。チャットや社内SNS、タスク共有などのコミュニケーション機能は充実していますが、業務よりの機能であるワークフローなどの機能は搭載されていません。

デメリット2:顧客管理機能が付いていない

Talknote(トークノート)の3つのメリットと3つのデメリット|グループウェア自体の評判
Talknote(トークノート)は、社内コミュニケーションを強化するツールであるため、顧客管理を行うための機能は搭載されていません。

営業ツールとして用いたいと考えている人にとっては、顧客管理機能が搭載されていないことは、ツールのデメリットと感じられ、ツールの評判を落とす可能性があります。

デメリット3:カスタマイズできない

Talknote(トークノート)は、多くのグループウェアにある「APIを使って簡単にカスタマイズできる」といった機能はありません。

Talknote(トークノート)そのものが持つ機能を活用できるよう、自社の運用フローを合わせる必要があります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

Talknote(トークノート)を使用したほうがいい人や会社

Talknote(トークノート)の3つのメリットと3つのデメリット|グループウェア自体の評判
Talknote(トークノート)は、コミュニケーションツールとしての評判は良いものの、「社内のコミュニケーションに問題ない」という会社にとっては、必要ない可能性もあります。

業務フローを確立させるツールとして考えている会社も、一般的なグループウェアの方が向いているといえるでしょう。ここでは、Talknote(トークノート)をおすすめできる会社をご紹介します。

社員同士のコミュニケーションを活発化させたい企業

Talknote(トークノート)は、コミュニケーションツールの充実と操作性の良さで評判の高いツールです。社内を縦割り・横割りと分けることなく情報共有できるので、現状が「風通しが悪い社風」である企業におすすめです。

休職・離職率の高さに悩んでいる企業

Talknote(トークノート)は、社員のモチベーションや睡眠時間を解析し、可視化することでも評判が高いツールです。これらの機能は、あまりほかのツールやグループウェアでは見かけない機能ともいえます。

離職率の高い企業では、評判の高いこれらの機能を上手く活用し、社員にとって働きやすい環境を再構築することで、休職や離職も減少するでしょう。

飲食店やサービス店舗の運営会社

Talknote(トークノート)の3つのメリットと3つのデメリット|グループウェア自体の評判
飲食店やサービス店舗では、従業員が机に向かっているわけではなく、増してや専用のパソコン環境なども用意されていないのが現状です。

電話やメールでコミュニケーションをとるのも難しいため、Talknote(トークノート)のようにスマホやタブレットで簡単に使えるツールは、最適です。

店舗内を動き回っているスタッフでも、業務の合間にメッセージを確認することができるため、店舗運営会社でも評判が高くなっています。

Talknote(トークノート)の評判などを知って理解を深めよう!

Talknote(トークノート)の3つのメリットと3つのデメリット|グループウェア自体の評判
Talknote(トークノート)の利用目的を理解し、適所に導入することで、現状では滞っているコミュニケーションを活性化させ、企業活動を盛り上げることができます。

まずはTalknote(トークノート)の特性や特徴を理解し、評判通りの機能を活かせるように、しっかりと導入検討を行いましょう。

Related