Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月21日

クラウド名刺管理サービスでよく使われる2つのアプリを比較!

クラウド名刺管理サービスを使われてる方々はある程度共通したメリットに惹かれて選んでおります。今回はクラウド名刺管理サービスを使われてる方々が具体的にどのようなメリットを感じているのかをわかりやすくまとめて、どのようなものを導入すればいいのかを記載します。

クラウド名刺管理サービスでよく使われる2つのアプリを比較!

クラウド名刺管理サービスのメリット

クラウド名刺管理サービスでよく使われる2つのアプリを比較!
クラウド名刺管理サービスを使われている人はいくつかのメリットにひかれて導入したケースが多いです。そのメリットとは名刺検索が非常に楽になること、データの品質や重複リスクが減ること、顧客情報の更新や記録も随時行えることでしょう。

人との接触が少ない人ならば名刺管理も楽ですが、営業マンといった人とのつながりが異常に多い人はクラウド名刺管理サービスは必須となります。

クラウド名刺管理サービスのメリット1:名刺検索の手間削減

どのクラウド名刺管理サービスを使われてるかで変わってきますが、基本的にクラウド名刺管理サービスには検索窓に調べたい人の名前を入力すると調べられるようになっています。

数多くの名刺をしらみつぶしに探すのは非常に骨が折れますので、そういった探すという無駄な時間をクラウド名刺管理サービスを使われてる方は省けます。

クラウド名刺管理サービスのメリット2:データの紛失や重複リスクを回避

クラウド名刺管理サービスでよく使われる2つのアプリを比較!
名刺入れに整理してきちんと保管している人ならまだしも机の中に乱雑に入れているという人は高確率で名刺を無くします。クラウド名刺管理サービスを使われてる方はこのような紛失は起こりませんし、同じ名刺を大量保管することもなくなります。

クラウド名刺管理サービスを使われてる方はこの恩恵を受けてどれだけ便利なのか身にしみてわかってしまうでしょう。なくす心配がないのは本当にありがたみがあります。

クラウド名刺管理サービスのメリット3:顧客情報の記録や更新が行われる

ひたすら名刺を保管しているという人は古くなった名刺を見つけられず破棄できないケースも多々ありますが、クラウド名刺管理サービスを使われてる方はすぐにデータ更新をかければ役立つ最新情報に切り替えることができます。

これも電子媒体最大の利点で、保管しやすく更新しやすくなってくれます。クラウド名刺管理サービスを使われてる方はこのメリットも大いに気に入っています。

クラウド名刺管理サービスでよく使われてるアプリ2つの特徴

クラウド名刺管理サービスでよく使われる2つのアプリを比較!
クラウド名刺管理サービスでよく使われてるアプリが「Sansan」と「Eight」です。どちらも使い勝手が良く利用者からは評判のアプリですが、具体的にどのような特徴があるのかを未使用者の方々でもわかるように簡潔にまとめてまいります。

クラウド名刺管理サービスでよく使われてるアプリ1:Sansan

クラウド名刺管理サービスでよく使われる2つのアプリを比較!
クラウド名刺管理サービスでよく使われてるアプリの一つであるSansan はスキャナを使って簡単にデータ化できる最先端のクラウド名刺管理サービスです。

最大の特徴が紙の名刺をデジタルデータにするのが非常に簡単という部分でしょう。導入してもスキャナで簡単に取り込めるので、その日のうちから恩恵に授かることができます。

営業力強化

名刺の管理のしやすさがクラウド名刺管理サービスを使われてることで飛躍的に向上しますので、名刺が持つ情報を最大限に活用できるようになり、結果的に営業力の向上につながります。

見やすくて管理しやすい名刺データがあれば、自分とつながりがある人達とはどのような方々なのかを簡易的に理解できるようになりますし、そのつながりを最大限に活用できるようになります。

業務の生産性向上

クラウド名刺管理サービスを使われてる方は名刺管理が非常に楽になることで、不要な作業にとられる時間が格段に減り生産性が向上するようになります。

自分の本来の仕事に没頭できる環境を作ることが会社としても重要なのですが、その考え方の手助けができるツールといえるでしょう。

社内コミュニケーションの促進

クラウド名刺管理サービスを使われてる方はいろんな名刺データをみんなで確認できるので、社内コミュニケーションに役立つ情報源ともなってくれます。

そのつながりが広がると、名刺を受け取った方がどのような人なのかが簡易的にでも見えてくるようになりますので、ますます外の人との繋がりもたやすくなるでしょう。

このように、社内の好循環しているサイクルが社外の人付き合いにもうまく発展していくケースです。

クラウド名刺管理サービスでよく使われてるアプリ2:Eight

クラウド名刺管理サービスでよく使われる2つのアプリを比較!
ビジネスネットワークを簡単に拡大できるクラウド名刺管理サービスの一つがEightです。このEightを使われてる方がよく感じるメリットをわかりやすく解説していきます。

ビジネス専用SNS

クラウド名刺管理サービスでよく使われてるアプリの「Eight」は名刺管理機能を持ったビジネスSNSとも呼ばれており、相手が転職や部署替えが発生して名刺が変わったときに通知が届くようになります。

簡易的にデータを更新することも可能ですし、変更後でも気軽に連絡することが可能です。

相手もEightを使われてる方ならば利便性も格段にアップするので自分の周りでどれだけの人が使っているのかも調べてみましょう。

手軽に名刺を交換

スマートフォンで名刺を撮影するだけで名刺に書かれている文字がデータ化して保管できるのがクラウド名刺管理サービスでよく使われてるアプリ「Eight」のメリットの一つとなります。

増えすぎると管理するのも億劫になってしまうので、笑顔で名刺を受け取りながらも心の中では辟易していたという人も、気軽に笑顔で受け取れるようになるでしょう。

自身の人脈管理

クラウド名刺管理サービスでよく使われてるアプリ「Eight」は企業向けプレミアムサービスもあり、こちらを使うと社員の承諾を得た名刺ならば社内で共有することができます。名刺を交換した人がどれだけの繋がりがある人なのかも簡易的にわかるようになるでしょう。

いろんな人との繋がりがSNSや社内データとして簡単にみられるので、その人の重要度も一目でわかるようになり、自分の中での人脈管理もしやすくなります。

EightからSansanへ移行できるか?

クラウド名刺管理サービスでよく使われる2つのアプリを比較!
クラウド名刺管理サービスを使われてる方々には「Eight」も「Sansan」も好評ですが、どちらにもメリットとデメリットがあるので、両方使いたいという人も多いでしょう。

結論を記載すると「Eight」で管理している名刺データもボタン一つで「Sansan」に同期させることが可能なので、移行も簡単です。

社内全体で人脈を共有したいという人は「Eight」のデータを活用して「Sansan」を使われるといいでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

クラウド名刺管理サービスの利便性

クラウド名刺管理サービスでよく使われる2つのアプリを比較!
クラウド名刺管理サービスにはまとまった名刺のデータ化やコストといたデメリットは確かに存在します。しかし、管理しやすくデータ紛失のリスクも圧倒的に少ないので、活用したほうが利便性ははるかに向上するでしょう。

クラウド名刺管理サービスを使われてる方の感想にもあるように、今では名刺からのデータ吸出しもかなり簡単になっているので、移行も簡単に終わらせられます。

自分に合ったクラウド名刺管理サービスを利用しよう

クラウド名刺管理サービスでよく使われる2つのアプリを比較!
自分にあったクラウド名刺管理サービスを使われてる方は確実に生産性が向上していますので、活用できればメリットは非常に大きいです。

導入するときのちょっとしたデメリットも確かに存在しますが、それをはるかに上回るメリットが存在していますので、クラウド名刺管理サービスを使われてる方の助言に従い最大限に活用しましょう。

Related