Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月07日

マーケティング情報の種類10個|企業が情報を収集する目的4つ

マーケティングは今では企業活動に欠かせないものとなっています。マーケティングすることにどのような目的があるのか、マーケテイング情報の種類について解説しています。マーケティングに興味がある方はぜひ、ご覧になってみてください。

マーケティング情報の種類10個|企業が情報を収集する目的4つ

今やマーケティング情報の収集は必須

マーケティング情報の種類10個|企業が情報を収集する目的4つ
インターネットが普及した近年では消費者側も多様な場所から情報を得ているため、企業も一方的な情報を流すだけではなく、マーケティング情報の収集が重要となってきています。

昔はユーザーのマーケティング情報を収集するのも大変でしたが、現在はインターネットを利用してより簡単に、手軽にたくさんのマーケティング情報を収集できます。

マーケティング情報の必要性とは

消費者やユーザーのニーズを把握し、売れる商品やサービスを提供するためにはマーケティング情報の収集は必要不可欠です。

すでにさまざまな物であふれている現在、ユーザーのニーズに応える商品やサービスでなければ、見向きもされないことが珍しくありません。ユーザーが欲しがっているもの、ユーザーのニーズを調べることが、マーケティング情報収集をする目的です。

収集するべき!マーケティング情報の種類10個

マーケティング情報の種類10個|企業が情報を収集する目的4つ
それでは、実際にマーケテイング情報で収集する情報にはどのようなものがあるのか、主なものを10個ほど紹介いたします。

昔は郵送調査や電話調査などが主流だったマーケティング情報ですが、近年ではインターネットを活用するケースが増えているという特徴があります。

マーケティング情報の種類1:Webマーケティング

マーケティング情報の1つ目、「Webマーケティング」とはインターネットを活用して行うマーケティング全てを対象としています。

Webマーケティングではインターネット利用者が調査対象となっているのが特徴なので、利用者は比較的若年層から中年層などが多いのが特徴でしょう。年々重みを増しているマーケティング情報でもあります。

マーケティング情報の種類2:SNSマーケティング

マーケティング情報の種類10個|企業が情報を収集する目的4つ
「SNSマーケティング」とは、SNSとして浸透しているLINEやTwitter、Facebookなどのソーシャルメディアネットワークを用いて行う、マーケティング情報収集です。

TwitterなどのSNSでは、利用者が自分が興味を持っているものを呟いていたりチェックしている様子が分かります。またこういったSNSはユーザー同士が気軽に交流できる場であるため、インタラクティブな情報のやり取りができます。

マーケティング情報の種類3:メールマーケティング

マーケティング情報の種類の3つ目、「メールマーケティング」はメールを通して得られるマーケティング情報のことです。現在ではSNSが広く普及してきましたが、まだまだメールの利用率は維持されています。

メールマーケティングではより興味を持っている人を対象としてメールを送るため、メールマガジンやステップメール、ターゲティングメールといったメールの手法を使って行われています。

マーケティング情報の種類4:アクセス解析

マーケティング情報の種類10個|企業が情報を収集する目的4つ
「アクセス解析」とは、企業などが開いたWebサイトにどの程度の人が訪れているのか、どのようなページにアクセスしているのかを知ることができるマーケティング情報です。

アクセス解析ではサイトを訪れた人が対象となるため、元々興味を持ってくれている人が対象となるでしょう。解析内容によっては、どんなページから来てどんなページに行ったのか、どのような検索で訪れたのかといった情報が得られる場合があります。

マーケティング情報の種類5:ECサイト運営

マーケティング情報の「ECサイト運営」ですが、ECサイトとはElectronic Commerceサイトを略したもので、電子商取引を行うサイト、簡単に言うとオンラインショッピングサイトとなります。

オンラインショッピングのサイトを運営することで、実際にどんな商品が売れているのか、どのような商品に興味がもたれているのかなどのマーケティング情報を得ることができるでしょう。

マーケティング情報の種類6:広告運用

マーケティング情報の種類10個|企業が情報を収集する目的4つ
マーケティング情報の6つ目、「広告運用」とは主にネット広告を運用することを表しています。

ネット広告はさまざまな場所にあふれており、興味を持った人は広告をクリックしてくれます。広告運用でマーケティング情報を得ようとするならば、どのようなサイトからのアクセスが多いのか調べるなどの方法があります。

そういった情報を集めることで、興味を持った人が見やすいサイトを中心に広告を出せるようになったりします。

マーケティング情報の種類7:SEOマーケティング

「SEOマーケティング」のSEOとは「Search Engine Optimization」のことで、検索をした時にいかに上位に表示されるのか、ということを表しています。

検索エンジンでの検索時に上位に表示されれば、訪問者も増える傾向があります。SEOマーケテイングは検索で上位に表示するためのマーケティング手法、最適化するためのマーケティング情報です。

マーケティング情報の種類8:ヒートマップ

マーケティング情報の種類10個|企業が情報を収集する目的4つ
マーケティング情報の種類7つ目、「ヒートマップ」はサイトを訪れた人がどこを注目して見ているのか、どこに注目が集まっていないのかをサーモグラフィのように確認することができます。

ヒートマップはアクセス解析と似ていますが、ヒートマップではサイト上でよく見られている場所は濃く、見られていない箇所は薄く表示されるため、目で見て簡単に判断しやすいという特徴があります。

マーケティング情報の種類9:ユーザーテスト

マーケティング情報の「ユーザーテスト」は、そのサービスを利用するターゲットとなっている層に実際に試してもらい、ユーザーの動向やユーザー意識の変化を分析し、問題点などを洗い出すことです。

本来のターゲット層に近い人たちにユーザーテストしてもらうことで、本サービス時にどのような問題が起こるのか、ユーザーにどう受け取られるのかなどの情報を集めることができるでしょう。

マーケティング情報の種類10:データベースマーケティング

「データベースマーケティング」とは、すでに得られている既存の顧客情報などをデータベース化し、顧客のニーズを把握することです。

データベースマーケティングではすでに自社の顧客となっている人が対象であるため、対象範囲が狭いという特徴があります。しかし、すでに一度は購入した人の情報であるため情報の精度が高く、ニーズを把握しやすいというメリットがあります。

企業がマーケティング情報を収集する目的4つ

マーケティング情報の種類10個|企業が情報を収集する目的4つ
企業がマーケティング情報を収集する主な目的は、「消費者の動向を知って企業とのギャップを埋めるため」、それにより「市場で他社よりも優位に立つこと」、マーケティングすることで「商品の改善点を把握すること」、「より多くの顧客を獲得すること」などがあります。

それぞれの目的について、詳しく解説していきます。

マーケティング情報を収集する目的1:企業と消費者のギャップを埋める

企業は商品を買ってもらうために情報を発信していますが、その情報が消費者の欲しがっているものとは限らない、そんな企業と消費者とのギャップを埋めるためにあるのがマーケティング情報です。

消費者がどのような情報を欲しているのか、どんな商品を欲しがっているのかをマーケティングします。

マーケティング情報を収集する目的2:市場での優位性を獲得する

企業がマーケティング情報を使って消費者のニーズに応えることにより、他社のライバル商品と差をつけ市場で優位に立つことができます。

もしもマーケティング情報をおろそかにし消費者のニーズに応えていなければ、他社製品に消費者が流れてしまうこともあるでしょう。

マーケティング情報を収集する目的3:改善ポイントを浮き彫りにする

マーケティング情報の種類10個|企業が情報を収集する目的4つ
企業がマーケテイング情報を収集するのは、消費者側から見た改善ポイントを知るため、という理由もあります。

企業側はとくに問題がないと考えていることでも、消費者側からはそうではない場合があります。消費者が望む改善ポイントを浮き彫りにするのも、マーケティング情報を集める目的です。

マーケティング情報を収集する目的4:潜在顧客を獲得する

マーケティング情報を収集する目的4つ目は、自社商品にまだ興味を持っていない潜在顧客を自社の顧客として獲得することです。

潜在顧客はまだ自社商品について知っていないため、マーケティング情報に基づいてどのように広告すればよいのか、どんな宣伝をすれば潜在顧客が獲得できるかの情報収集を行います。

マーケティング情報を有効に活用しましょう

マーケティング情報の種類10個|企業が情報を収集する目的4つ
これからの商品やサービスの販売ではマーケティング活動が欠かせません。マーケテイング情報を集めるだけにとどまらず、集めた情報をより有効に活用するためには適切なマーケティングを行って、他社の先を行きましょう。

Related