Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月11日

オススメのSFA比較7選|SFA導入で生じるメリットと選ぶポイントは?

本記事は、SFAを導入することを検討しているという方を対象にしたもので、SFAを導入することのメリットを説明し、さらに、おすすめのSFAを比較してご紹介しています。また、SFAを選ぶ際のポイントも説明しているので、どのSFAを導入すべきかを検討しましょう。

オススメのSFA比較7選|SFA導入で生じるメリットと選ぶポイントは?

SFAとは?

オススメのSFA比較7選|SFA導入で生じるメリットと選ぶポイントは?
SFAとは、営業支援システム(Sales Force Automation)の略称です。

SFAを導入することで、営業活動の記録や報告が効率的にできるようになり、さらに予実管理や案件管理などの機能も搭載されています。

また、営業を通して得た情報や知識をSFAを使用することで、企業全体で共有することができるようになります。そのため、企業としての効率性や生産性を高めることが期待できます。

SFA導入で生じるメリット4つ

オススメのSFA比較7選|SFA導入で生じるメリットと選ぶポイントは?
SFAを導入することで生じるメリットはたくさんありますが、本記事では4つご紹介して行きます。

営業活動の効率化、過去のナレッジを活用できる、情報共有が容易になる、詳細の分析が可能になるというものがあります。

これからは、これら4つについて詳しく説明していきます。今後、自社にSFAを導入することを考えているがまだ迷っているという方はぜひ参考にして積極的にSFAを自社に取り入れましょう。

SFA導入で生じるメリット1:営業活動の効率化

オススメのSFA比較7選|SFA導入で生じるメリットと選ぶポイントは?
SFAを導入することで、営業活動が見える化されるため、営業活動の効率化ができるというメリットが生じます。

顧客の予算などのデータや提出しなければならない書類が現在誰の手もとにあるのか、今やらなければならないことはできているのかなどを把握することができるようになります。

これらのことが把握できることによって、次にやるべきことが明確になり、無駄な時間や作業を削減することができ、効率化を図ることができます。

SFA導入で生じるメリット2:過去のナレッジを活用できる

オススメのSFA比較7選|SFA導入で生じるメリットと選ぶポイントは?
営業活動において過去のナレッジや情報などは、共有されることなく、実際に営業を行った人しかわからないという状況になるということが多々あります。

しかし、SFAを導入することでシステムの中に営業活動の履歴を残しておくことで、企業内の他の人がその活動履歴を見ることができるようになります。

そのため、企業内での情報共有がスムーズに進み、営業担当が変わった場合でも、安心して対応ができるようになります。

SFA導入で生じるメリット3:情報共有が容易になる

オススメのSFA比較7選|SFA導入で生じるメリットと選ぶポイントは?
SFAを導入することで、これまでは営業担当者個人だけが持っていた顧客の情報などを営業部門であったり、社内全体で共有することができるようになります。

情報を共有することが容易になることで、顧客の担当が変わるときに、スムーズに担当者を引き継ぐことが可能になります。

そのため、新しい担当者は安心して業務に取り組むことができ、社内全体で生産性の向上が見込めます。

SFA導入で生じるメリット4:詳細の分析ができる

オススメのSFA比較7選|SFA導入で生じるメリットと選ぶポイントは?
SFAの機能には、営業活動を分析し、集計してレポートを作成するというものがあります。

営業担当者ごとに分析したり、案件ごとに分析するなどさまざまな視点から細かいことを分析できるようになります。

さらに、必要なデータのみを取り出して、それを基にレポートを作成するということもできるため、さまざまなニーズでも活用することができ、時間を有効的に使うことができるようになります。

初めての導入に!オススメのSFA比較7選

オススメのSFA比較7選|SFA導入で生じるメリットと選ぶポイントは?
SFAのサービスはたくさんあります。そのため、それぞれの特徴や違いをしっかり比較して自社のニーズや風潮と合うか合わないのかということを検討する必要があります。

これからは、初めてSFAを導入するという企業に向けて、おすすめのSFAを比較して7つご紹介していきます。

ご紹介するサービス以外にもたくさんありますが、初めて導入するという企業では代表的なサービスを比較したうえで導入ことが大切です。

オススメのSFA比較1:Salesforce Sales Cloud

オススメのSFA比較1つ目は、Salasforce Sales Cloudです。

営業担当者が見込み客を見つけるところから契約するまでを管理することができるサービスとなっています。

また、非常に優れた分析・レポート機能が搭載されており、売上に関することから営業担当者の情報まで細かく分析することができます。

さらにシステムからの支援も充実しているため、初めて導入する企業では安心して使用することができます。

オススメのSFA比較2:Eight 企業向けプレミアム

オススメのSFA比較2つ目は、Eight 企業向けプレミアムです。

社員が行った名刺交換による情報を管理・共有することができるサービスとなっています。

また、情報を共有することで営業担当者が変わった際にも安心して引き継ぐことが可能になります。

そのため、営業担当者の顧客の情報を1から調べるなどの作業をすることなく、活動できるため、効率よく業務に取り組むことができるようになります。

オススメのSFA比較3:Knowledge Suite

オススメのSFA比較3つ目は、Knowledge Suiteです。

容量課金制を採用しているため、登録するアカウント数を必要な時に必要な数だけ登録することができ、ユーザーを無制限で利用することが可能となっています。

また、スマホやタブレッドでも利用することができるマルチデバイス対応となっているため、営業先や外でも利用することができるようになっています。

オススメのSFA比較4:ちきゅう

オススメのSFA比較4つ目は、ちきゅうです。

中小企業を主な対象としたサービスとなっています。300社以上の中小企業が導入いているという実績があるため、初めてでも安心して利用することができます。

また、スマホに対応しているため、営業先や外出中でも利用することが可能です。

さらにさまざまなチャットツールとの連携もできるため、自社で取り入れていた既存のサービスを活用しながら利用することができます。

オススメのSFA比較5:JUST.SFA

オススメのSFA比較5つ目は、JUST.SFAです。

他のサービスと比較して、カスタマイズ性が高いため、ユーザーに合った使い方をすることかできるようになり、使いやすく定着しやすいという評判があるサービスとなっています。

また、カスタマイズする際は専門知識であったり、プログラミングの技術などは一切不要となっているため、誰でも簡単に自分に合ったカスタマイズをすることができます。

オススメのSFA比較6:ネクストSFA

オススメのSFA比較6つ目は、ネクストSFAです。

他のサービスと比較して、使いやすさや見やすさが底的に追及されたサービスであるため、初めて導入するという企業の方でも簡単に利用することができます。

また、カスタマイズもすることができるため、業務を進めるうえで足りないという機能をその都度足すことができるため、利用者の定着率が高いということも、初めてという方には安心できるポイントとなっています。

オススメのSFA比較7:ハッスルモンスター

オススメのSFA比較7つ目は、ハッスルモンスターです。

他のサービスと比較して、顧客を管理する際の入力が簡単であるため、顧客の管理を効率よく行うことが可能なサービスとなっています。

また、案件をリスト化するなども行えるため、案件の管理も簡単に行うことができるようになります。

さらに、最大で2か月無料でお試しできることや低コストでスタートすることができるなど、気軽に利用することができます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

SFAを選ぶ際のポイント3つ

オススメのSFA比較7選|SFA導入で生じるメリットと選ぶポイントは?
自社の営業活動にSFAを導入するときには、数多くあるSFAの中からしっかり比較して選ぶ必要があります。

そこで比較・選択を間違うと適切な効果を得ることができなくなってしまいます。

そのため、適切な選択を可能にするために本記事では、SFAを選ぶ際のポイントを3つご紹介します。

これからSFAを導入する予定のあるという企業の方は、ぜひ参考にしてください。

SFAを選ぶ際のポイント1:機能性とコストだけで判断しない

SFAは導入することに意味があるのではなく、導入後に適切に利用することが重要となっています。

そのため、SFAを選ぶ際は、機能性やコストのみを見て企画するのではなく、自社で実際に使用する担当者に合うかどうかという基準でさまざまなサービスを比較することが大切です。

その後に、選択したサービスを価格や機能性で比較するという流れを取ることが必要となります。

SFAを選ぶ際のポイント2:使用者のレベルに合わせた性能を選ぶ

SFAを選ぶ際に、システムを利用する人のレベルに合った性能であるものを選ぶということが大切です。

システムの価格が高かったり、多くの機能が搭載されていて性能が高いというものでも、使用者のレベルが低かったら、システムを導入することで得られる効率性を期待できなくなります。

そのため、しっかり利用者がどの程度システムを使いこなす技術を持っているのかということを見極める必要があります。

SFAを選ぶ際のポイント3:現場での目的を明確にする

企業にSFAを導入する際に、現場でのSFAを利用することの目的を明確にすることが重要です。

目的を明確にすることで、自社に必要な機能はどのようなものかということが把握できるようになり、最適なシステムを選ぶことが可能になります。

また、目的が明確になっていないと、自社に必要のない無駄な機能が搭載されたコストの高いシステムの選んでしまうということがあるため、導入する際は目的をはっきりさせる必要があります。

SFAを比較して最適なものを選ぼう

オススメのSFA比較7選|SFA導入で生じるメリットと選ぶポイントは?
企業にSFAを導入することで、営業効率が上がり、生産性が上がることが期待できます。

しかし、自社の必要性や実際に使用する担当者に合わないものを選んでしまった場合は、生産性が上がることがあまり期待できなくなります。

そのため、自社に合ったサービスをしっかり比較してうえで、最適なサービスを選びましょう。そして、自社の成果を高めていきましょう。

Related