Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

TOPページデザインの重要性|TOPページに取り入れたいデザイン20選

皆さんこんにちは、今回は「TOPページデザインの重要性|TOPページに取り入れたいデザイン20選」と題して、「TOPページデザインの重要性」についての詳細情報をピックアップする上で、TOPページに取り入れたいデザイン20選についてご紹介します。

TOPページデザインの重要性|TOPページに取り入れたいデザイン20選

TOPページデザインの重要性

TOPページデザインの重要性|TOPページに取り入れたいデザイン20選
TOPページデザインの重要性についてですが、TOPページというのは主にその企業・会社のホームページのトップにくるものであり、はじめに閲覧者の興味を大きく引くデザイン性の高いものとして扱われます。

つまりTOPページの魅力・重要性というのは、「その企業や個別サイトの魅力を直接的に閲覧者へ投げかけ、注目を浴び、さらにその企業・個別サイトへの関わりを十分持ってもらうための初歩的な役割」に見られます。

TOPページに取り入れたいデザイン20選!

TOPページデザインの重要性|TOPページに取り入れたいデザイン20選
さてここからは「TOPページに取り入れたいデザイン20選」と題して、実際にホームページやブログ、個別サイトのTOPページに取り入れたい魅力的なデザインについてご紹介していきます。

TOPページの重要性は先述でご紹介しましたが、やはりそのサイトページの魅力をさらに(閲覧者に)引き出させるためには、そのTOPページのデザインに斬新生を加えさせ、万人受けよりも独自性の高いものが好まれます。

TOPページに取り入れたいデザイン1:流体シェイプ

TOPページデザインの重要性|TOPページに取り入れたいデザイン20選
この「流体シェイプ」というのは現代のTOPページのデザインとしてもよく使われており、主に「画面上で液体が波打っているように見えるフレームワーク」のことを指します。

つまり、曲線を多用したなめらかな曲線美が魅力的なデザインとなり、その魅力をもって画面全体が柔らかく、また印象深く閲覧者に届くようデザインされたものとなります。この魅力的なデザインによって、そのサイトの印象もおのずと伝わるでしょう。

TOPページに取り入れたいデザイン2:太字でくっきりとしたタイポグラフィ

TOPページデザインの重要性|TOPページに取り入れたいデザイン20選
多くのTOPページのデザインとして取り入れられているのが、この「太字でくっきりとしたタイポグラフィ」で、この場合のデザインの特徴・魅力としては「見る人にとってわかりやすく、またそれなりのインパクトをもってその内容が伝わりやすい点」にあります。

TOPページのデザインというのは、閲覧者にとって見やすくなくては意味がなく、そのわかりやすさ・伝わりやすさによって「次のページも見よう」と促進させられます。

TOPページに取り入れたいデザイン3:ブロークングリッドレイアウト

TOPページデザインの重要性|TOPページに取り入れたいデザイン20選
次に「ブロークングリッドレイアウト」です。これは「既存のデザインをあえて崩したようなデザイン」となり、閲覧者にとってはさらに斬新なデザインとしての魅力が伝えられ、その斬新性によって、他のTOPページのデザインとは違う印象が引き出されます。

これは主に「他のTOPページのデザインとはまったく違ったインパクト」を持たせるためのデザインとなりやすく、そのサイトの個別性・独創性が高められます。

TOPページに取り入れたいデザイン4:ノングリッドデザイン

TOPページデザインの重要性|TOPページに取り入れたいデザイン20選
この「ノングリッドデザイン」というのは、特定の要素・内容を持つフレーム(アイコンなど)を自由に(バラバラに)配置することにより、画期的でオリジナル性の高いTOPページのデザインとして見られます。

従来のTOPページのデザインで見られてきた常識から外れ、画像やフレームなどが画面いっぱいに散在しているレイアウトによって見られるそのあり方は、閲覧者にとっても非常に興味深いインパクトを兼ねそろえます。

TOPページに取り入れたいデザイン5:フラットデザイン2.0

TOPページデザインの重要性|TOPページに取り入れたいデザイン20選
次に、現代でも非常に多くのサイトTOPページのデザインとして取り入れられている「フラットデザイン2.0」についてのご紹介です。このTOPページのデザインの主な特徴は「立体感を非常に全面に押し出したデザイン」となり、影や質感の印象が際立ちます。

見る人にとってもシンプルなデザインかつわかりやすく、その見やすさを兼ねた斬新なパフォーマンス力のあり方が、そのままTOPページのデザインに生かされます。

TOPページに取り入れたいデザイン6:柔らかなドロップシャドウ

まず「ドロップシャドウ」というのはその名のとおりで、「特定の文字やフレーム・画像などを配置した場合に、その文字・フレーム・画像それぞれに影を持たせ、その影を画面上にわざと陰影する形で表現したTOPページのデザイン」となります。

このドロップシャドウを採用したTOPページのデザインも非常に多くの企業・個別サイトで引用されており、これはどちらかと言うと個別サイトのほうで多く見られます。

TOPページに取り入れたいデザイン7:イラストを多用したデザイン

これは主に個別ブログ・SNS、ビジネスサイトなどでも多く見られるTOPページのデザインになりますが、イラストを多用して見やすく・面白くレイアウトしておき、閲覧者にとって「また今度も見にこよう」とリピーターを作る際に最適なデザインになります。

たとえばホームページのTOPページのデザインを作る場合には、このイラストを多用したデザインが取られやすく、見やすさ・興味深さを促進させる工夫がなされます。

TOPページに取り入れたいデザイン8:新鮮味のあるグラデーション

ホームページのTOPページのデザインでもよく見られるこの「新鮮味のあるグラデーション・鮮やかなグラデーション」ですが、これは見る人にとって快適さ・見やすさ・わかりやすさ・興味深さを一挙に与えることができる、効果的なデザインとなるでしょう。

エメラルドグリーンや透明感のあるイエロー、また空色や原色を薄めた配色によってさまざまなグラデーションを作り上げ、見る人の気持ちを和ませます。

TOPページに取り入れたいデザイン9:大胆かつ奇抜なデザイン

先述でご紹介してきましたさまざまなTOPページのデザインに配慮して、それらを統合させる形でオリジナル性の高いデザインを工夫する場合もあります。

TOPページのデザインはとにかく「閲覧者の興味を引くこと」にあり、それによってさらにそのページに関心を持ってもらい、「今度もまたこよう」と言うリピーターを作ることに重要があります。その点に配慮したデザインで、他との相違性が魅力になります。

TOPページに取り入れたいデザイン10:ユーザビリティ

TOPページデザインに採用される「ユーザビリティ」というのは、基本的に「活用性を促進させた見やすく、使いやすいデザイン」がその主流となり、TOPページのデザインをもってそのサイト機能をすべて使えるようにした斬新なデザインになります。

よくホームページから直接別の(目的の)ページへ移動できるサイトありますが、あの場合もこのユーザビリティ・デザインに沿って作成され、活用性に特化されています。

TOPページに取り入れたいデザイン11:既存のデザインを配置したもの

たとえばUSJやディズニーランドのキャラクター、またはファーストフード店で扱われているマスコットなどをはじめ、それらのキャラクターをそのままデザイン化してTOPページのデザインとするサイトも現代では多く見られています。

もちろんこの場合は商標権に関する問題もあるため、その辺りの課題をきちんとクリアした上でのデザインとなる上で、この場合は既存のブランド力を起用したデザインになります。

TOPページに取り入れたいデザイン12:モバイルファースト

この「モバイルファースト」というTOPページのデザインは、その名のとおりにモバイルデバイスを使用する上でも簡単にアクセスすることができ、さらにその実用性の高さを破格に約束したデザインになります。

主にモバイルデバイスとパソコンとのTOPページのデザインでは、その機能性(アイコンの配置・扱い方・多様性)などが変わるため、その差異を埋めるために設計されたデザインになります。

TOPページに取り入れたいデザイン13:ミニマルデザイン

ミニマルデザインというのは「不要な設定・機能・デザイン配置」をすべて除去した上で、閲覧者にとって必要な機能性だけを持たせたTOPページのデザインとなります。

この場合も実用性の高さに即したデザインになりますが、あまりにもシンプルなデザインになることもあるため、そのレイアウト(機能配置)には多少工夫が必要になる場合があります。このデザインの魅力は、TOPページそのものの美しさを引き出せる点です。

TOPページに取り入れたいデザイン14:フラットデザイン

次に「フラットデザイン」ですが、これもその名のとおりに「平坦」を意識したTOPページのデザインとなり、見やすさの面では非常に洗練されたデザインの類に含まれます。

TOPページのデザイン・画面をすべて平坦にすることによって、どこに何のアイコンがあるか、機能性を持たせたタップ項目があるかが一目でわかります。最近ではこのフラットデザインを採用する企業もかなり増えてきています。

TOPページに取り入れたいデザイン15:マイクロインタラクション

この「マイクロインタラクション」というのは主に「何らかのアイコンボタンをタップした時に、アニメーションや相応に当てられた文字・文章などがアクションする形のデザイン」となり、基本的にはアクション性に配慮したTOPページのデザインになります。

閲覧者にとって、自分が何のボタンを押したかが正確にわかる上で、そのサイトにどのようなページがあるかも一目でわかるという、機能性に優れた一面があります。

TOPページに取り入れたいデザイン16:ローディングアニメーション

次に「ローディングアニメーション」ですが、これはTOPページのデザインとなるアニメーション・動画・画像などがかなり瞬時に表示される形となり、閲覧者にとっては「所要時間をかけないでページをめくっていくことができる」という機能性が約束されます。

もとからページの読み込み速度が遅いパソコン・アプリを使用している場合は、このローディングアニメーションを使うことで機能性を保たせることが可能です。

TOPページに取り入れたいデザイン17:スライド系のプロモートデザイン

これはよく大学や企業が率先して多用しているTOPページのデザインになりますが、その特徴としては「画像や動画が自動的にスライドし、次々とそのサイトに用意されている内容・情報が浮き出てくる形でのデザイン」となります。

ローカルビューの設定などでこの「スライド系のデザイン」がなされていますが、これは閲覧者にとって、そのサイトの内容を印象深く読み取れる好都合のデザインとなります。

TOPページに取り入れたいデザイン18:ブランドイメージ定着型

その企業のブランドイメージを、どうしても閲覧者に投げかけたい・訴えておきたい場合は、この「ブランドイメージ定着型によるTOPページのデザイン」が魅力となるでしょう。

これは企業ブランドだけでなく、個別で運営するブログ・SNSツール、ビジネスサイトでも多用されるデザインとしても活用されやすく、とにかくすべてのページで「伝えたい独自の商標(デザイン)」を常に掲示する形のデザインです。

TOPページに取り入れたいデザイン19:目次型デザイン

この場合のTOPページのデザインは非常にシンプルな形となり、閲覧者にとっては非常に見やすいデザインになる代わりに、やや拍子抜けしたデザインに映ることもあるでしょう。

しかし、主に閲覧者にとって必要な点は「そのサイトにどのようなページ・情報が組み込まれているか」ということであり、その点への配慮を兼ねた上では、このようなシンプルな目次デザインによってすぐその目的を果たすことが可能になります。

TOPページに取り入れたいデザイン20:口コミ埋め込み型デザイン

TOPページデザインの重要性|TOPページに取り入れたいデザイン20選
これも現代では、企業が運営するホームページのTOPページのデザインとして定着している人気のデザインになります。これは個別サイトでも活用できます。

その企業の評判・評価をあえてTOPページのデザインとして載せておくことにより、その企業に対するすべての閲覧者の信用度を高める点で効果があり、その上でさらに、その企業の現状をリアルタイムで伝えることができる利点があります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

TOPページデザインの知識を増やす!おすすめの書籍3冊

さてここからは「TOPページデザインの知識を増やすための、おすすめの書籍3冊」と題して、実際に個別でホームページを開設する場合、また企業としてビジネス用のホームページを立ち上げる際に必要となる知識・情報を教えてくれる書籍をご紹介していきます。

ホームページのTOPページのデザインを検討する場合には、こうした参考書籍の活用が最短の近道となるでしょう。ぜひ一度、検討してみましょう。

[新版]デザイナーになる!

まずは『[新版]デザイナーになる!伝えるレイアウト・色・文字の大切な基本と生かし方』についてのご紹介です。本書ではまず「ホームページをはじめとするWebサイトの立ち上げ方法」について丁寧に教えてくれる上、その際に魅力的なデザインを紹介してくれます。

基本的にはサイト関連のデザイン書籍となりますが、TOPページのデザインとして魅力的かつ斬新なデザイン方法も紹介しているため、一度確認してみましょう。

一言で言うと、
『あ〜こういうの欲しかった〜』と、つい心の底から言いたくなる本です。

デザイナーになるための事や実際に制作する際のフローなどが
明確かつ分かりやすく書いてあって、その中にちょっとユーモアもあって
スラスラ読めます!
章ごとにしっかり分かれているのでとても分かりやすいです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E7%89%88-%E3%83%87%E3%... |

グラフィックデザイナーだからできるブランディング

次は『グラフィックデザイナーだからできるブランディング』のご紹介です。本書ではWeb上のグラフィックデザインの方法を主に紹介し、その上でTOPページのデザインについても多角的に(丁寧に)教えてくれます。

デザインスキルの向上のために必要な知識・情報を踏まえた上で、さらに独自に創案するデザイン設計の工夫も伝えてくれるため、一石二鳥の参考書籍になるでしょう。

著者の具体的な仕事事例が豊富な写真と共に掲載されており、非常に分かりやすい。
最終的に採用されたデザインと、そこまでの過程のボツになったデザインなど普段見えてこない工程を知ることが出来て
勉強になった。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%8... |

はじめてのJavaScriptフレームワーク Vue.js入門

次に『はじめてのJavaScriptフレームワーク Vue.js入門』のご紹介です。本書は一般的なプログラミング学習のための書籍となりますが、その中でTOPページのデザインについても触れており、そこでは基本的なデザインの設計方法について教えてくれます。

デザイン法に加え、さらにパソコン関連のスキルを同時に向上させたい人にとっては最適な一冊で、初心者向けとしても十分活用できます。

TPOページデザインとサイトの中味を充実させよう!

TOPページデザインの重要性|TOPページに取り入れたいデザイン20選
いかがでしたか。今回は「TOPページデザインの重要性|TOPページに取り入れたいデザイン20選」と題して、「TOPページデザインの重要性」についての詳細情報をピックアップする上で、TOPページに取り入れたいデザイン20選についてご紹介しました。

TOPページデザインを工夫する場合、まずはデザイン方法そのものへの知識を集積しておき、その上で閲覧者にとって少しでも魅力的なデザインを創ることが大切です。

Related