Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月22日

Zoho Connectでできること3つと評判10選|競合するツールは?

皆さんはZohoConnectと呼ばれる社内コミュニケーションツールをご存知ですか。ZohoConnectでは情報管理が一括ででき、社員とのファイル共有機能も充実しています。今回はZohoConnectでできることやその評判を詳しくご紹介します!

Zoho Connectでできること3つと評判10選|競合するツールは?

Zoho Connectとは?

Zoho Connectでできること3つと評判10選|競合するツールは?
近年「Zoho Connect」と呼ばれるツールが人気を集めており、さまざまな企業で導入されています。「Zoho Connect」は無料で使えるクラウド型のコミュニケーションツールで情報交換や意見共有に役立ちます。目的やニーズに合わせたさまざまな機能が搭載されていることが特徴です。

主な機能は掲示板、チャット、ファイル共有です。企業内の情報を伝えあった「意見を交換したりするのにとても便利なツールです。

コミュニケーションツール普及の背景

日本国内でグループウェアが普及するきっかけの一つは、サイボウズが2010年にリリースした「サイボウズ Live」にあります。

基本無料で利用でき、さまざまな機能を備えています。従来は企業内に限定されていたグループウェアの利用ですか、これをプライベートにまで広げ利用用途の多様化に実現しています。

会社内でのコミュニケーション不足が問題視されて、その難しさがツールの普及につながっています。

Zoho Connectでできること3つ

Zoho Connectでできること3つと評判10選|競合するツールは?
コミュニケーションツールの普及に伴い、Zoho Connectを始めさまざまなツールが増えてきました。Zoho Connectでは情報管理やタスク管理、文書等の共有が可能であり、ビジネスにおいて非常に重宝する機能が備わっております。

特にファイルの管理は膨大なデータ量をまとめなければならないので、とても大変です。しかしZoho Connectを使うことで情報の共有が簡便化され、データのやり取りが可能です。

Zoho Connectでできること1:情報管理

Zoho Connectの特徴として情報の管理を行うことができるという点が挙げられます。膨大な量のデータを管理することは難しく、Zoho Connectを使用することでこれまで面倒だった情報管理が簡単に行うことができるようになります。

分類ごとに分けることもでき、とても便利な機能が付いております。情報管理に優れたツールがZoho Connectです。

Zoho Connectでできること2:タスク管理

さきほどの情報管理に付随してタスク管理も行うことができます。自分の課題や企業自体のタスクをまとめて管理することで、全員の意識も高まりより良い会社づくりが可能となります。

情報管理のようにタスクも一括で管理できるので何を行うべきか一目で分かるようになります。やり忘れが減るので個人のミスや会社のミスも減るようになります。

Zoho Connectでできること3:文書の共有

Zoho Connectの中で魅力的な機能の一つに文書の共有があります。そのツールを使っている人同士で大事な書類やデータの共有を行うことができます。Zoho Connectは文書を他者と共有できるという点で非常に優れています。

情報管理では後から参照しやすいよう分類わけもできるので、大切な書類も会社全体で共有できます。誰かに伝え忘れがないようZoho Connectを用いると便利です。

Zoho Connectの評判10選

Zoho Connectでできること3つと評判10選|競合するツールは?
ここまではZoho Connectとは何か、どのよう機能が備わっているのかについてご紹介してきました。続いてはそんなZoho Connectは実際どのような評判なのか、どれくらい評価されているのかを見ていきましょう。

Zoho Connectの評価は操作性やデザイン性といったものから料金、サポート体制といったものまで幅広くご紹介していきます。実際の評価を見て、どのような機能が優れているのか確認しましょう。

Zoho Connectの評判1:操作性

Zoho Connectでできること3つと評判10選|競合するツールは?
ます初めにZoho Connectの操作性の評判を見ていきましょう。スマホは直感的なUIで操作しやすく、マニュアルなどは不要となっています。操作は難しくなく、誰でも簡単に使用することができます。

とても使いやすいのて機械操作が苦手な方にもおすすめです。操作性が悪ければせっかく良い機能が備わっているのに無駄になってしまいます。Zoho Connectは操作性が良いと評判です。

Zoho Connectの評判2:デザイン

Zoho Connectでできること3つと評判10選|競合するツールは?
Zoho Connectはシンプルなデザインで無駄なものを省いており非常に画面が見やすくなっております。グローバル展開されているため、国籍問わずどのような方にも使いやすさを実感していただけるデザインが特徴です。

また自分で自由にデザインや外観をカスタマイズすることが可能です。自分だけのオリジナルのZoho Connectを楽しむことができ非常に評判が良いです。

Zoho Connectの評判3:互換性

続いてはZoho Connectの互換性に関する評判をご紹介します。Zoho Connectにはoffice機能が備わっており、WordやExcelと互換性があります。 WordやExcelで作成したファイルをそのままZoho Connect内に取り込むことができます。

取り込んだ各種ファイルは共有できるので、他者の閲覧や共同編集等が可能です。Microsoftアプリのライセンスの購入の必要性はありません。

Zoho Connectの評判4:データの引継ぎ

Zoho Connectでできること3つと評判10選|競合するツールは?
4つ目の評判はデータの引き継ぎに関する評判です。以前「サイボウズLive」というグループウェアの紹介をしましたがそのサービスが終了してしまいました。

Zoho ConnectではサイボウズLiveからのデータの引き継ぎが可能で、過去に作成したタスクリストや掲示板のメッセージ等をそのまま移すことができます。データの引き継ぎが可能な点は評判が良い理由の一つです。

Zoho Connectの評判5:スマートフォンでの利用

Zoho Connectでできること3つと評判10選|競合するツールは?
次はスマートフォンで利用する際の評判を見ていきましょう。スマートフォンでの利用はあまりおすすめできません。なぜならスマートフォンでの利用は機能が限られてしまうからです。

マニュアルを作成したりファイルを共有したりすることが可能ですが一部機能に制限があり、スマートフォンに対応していないものがあります。そのためスマートフォンでの使用に関しては評判があまりよくありません。

Zoho Connectの評判6:料金

Zoho Connectでできること3つと評判10選|競合するツールは?
Zoho Connectを利用する上で一番気になるのが料金です。Zoho Connectはコストパフォーマンスが非常に高いと評判です。基本的な文書作成やチャット、10GBのオンラインストレージの機能が無料で利用できます。

有料プランもありますが初めは無料プランから始めると良いでしょう。有料プランでは機能制限がなく、コストパフォーマンスの高さが評判です。

Zoho Connectの評判7:サポート

Zoho Connectでできること3つと評判10選|競合するツールは?
Zoho Connectのサポート体制はしっかりしています。マニュアルやFAQ集は日本語で収録されており、基本的な使用に関してはわからなくても問題ありません。

しかしより詳細なマニュアルや公式サイトのサポートページはすべ英語となっており、少々不便だと評判はあまりよくありません。本来英語圏で利用するために開発されたツールなので仕方ないと諦めている方も多いです。

Zoho Connectの評判8:同期

Zoho Connectでできること3つと評判10選|競合するツールは?
Zoho Connectの評判として「拡張性の高さ」があります。これはZohoのアカウントでログインすることで、ウェブサイトの監視ツールやオンラインストレージが利用することが可能であるということです。

GoogleドライブやiOSとの同期も可能であるため、Google利用者やiPad等のapple社製品の利用者からの評判が良いです。

Zoho Connectの評判9:外出先での利用

Zoho Connectでできること3つと評判10選|競合するツールは?
9つ目は外出先での利用に関する評判を見ていきましょう。

外出先での利用に向いていないわけではありませんが、スマートフォンでの利用が制限されているためすべての機能が使えない可能性があります。外でも使いたい場合はスマートフォンでも利用可能な機能にとどまってしまいます。

もしくはノートパソコンやiPad等の他のデバイスが必要です。持ち運びも大変になります。

Zoho Connectの評判10:アプリの作成

Zoho Connectでできること3つと評判10選|競合するツールは?
最後にご紹介する評判は「アプリの作成」に関する評判です。Zoho Connectでは独自のアプリを作成することが可能です。フォームとデータベースをドラッグやドロップして手軽に作ることが可能なので非常に評判の機能です。

自分や会社にとって必要なアプリを作成してデータ管理を行うことに主に使われます。誰でも簡単に作成できるので機械が苦手な方も安心して使うことができます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

おすすめの社内コミュニケーションツール10選

Zoho Connectでできること3つと評判10選|競合するツールは?
ここまではZoho Connectに関する基本情報や評判を見てきました。特に評判は実際の生の声を反映しているので非常に参考になる部分です。評判が良い面も悪い面もありますが、デメリットとも上手に付き合っていくことが大切です。

続いてご紹介するのはZoho Connect以外のおすすめの社内コミュニケーションツールです。10個厳選したのでぜひ参考にしてください。

おすすめの社内コミュニケーションツール1:チャットワーク

1つ目にご紹介するツールは「チャットワーク」です。チャットワークは複数人で参加することができるグループチャットでコミュニケーションが可能なツールです。

メッセージの返信や引用、編集も行うことができます。快的なワークスタイルを実現できるような機能が豊富に備わっており、評判の高いコミュニケーションツールです。

おすすめの社内コミュニケーションツール2:WowTalk

2つ目にご紹介するコミュニケーションツールは「Wowtalk(ワウトーク)」です。Wowtalkは社内コミュニケーションツールとして評判が高く、社内のSNSツール、ビジネスチャットを目的として利用されています。

チャットによって迅速に情報を伝えることができ、業務効率アップやスムーズなコミュニケーションを実現できます。特に無駄な時間を減らすことができるため大幅なコスト削減ができると評判です。

おすすめの社内コミュニケーションツール3:Tocaro

3つ目は「Tocaro(トカロ)」というコミュニケーションツールをご紹介います。Tocaroの強みはBoxと連携することでより迅速で、かつ安全なリアルタイムコミュニケーションができるという点です。

現在使っているBoxはそのままお使いいただけます。より細かなファイル共有を行うこともできます。またワンクリックでビデオ通話を始められる点も評判が高い理由の一つです。

おすすめの社内コミュニケーションツール4:ZONE

4つ目は「ZONE(ゾーン)」と呼ばれるコミュニケーションツールを見ていきましょう。ZONEは社内専用のツールとしてセキュリティ対策に特化した社内コミュニケーションツールとして評判です。個人、グループ、企業全体といった目的に応じたトークが可能です。

メモやプロフィール機能が充実しており人物の検索が可能です。また重要な情報をメモできるようノート機能も充実しています。

おすすめの社内コミュニケーションツール5:Slack

5つ目にご紹介するツールは「Slack(スラック)」です。Slackではグループチャットはもちろんですが、ファイルや文書の共有が可能でメッセージやファイルの検索機能が充実しているという特徴があります。

異なる部署・部門の人ともコミュニケーションがとれるのでチームワークが深まります。より作業を効率化できるので多くの企業で導入されている社内コミュニケーションツールです。

おすすめの社内コミュニケーションツール6:TeamHack

6つ目は「TeamHack(チームハック)」です。TeamHack一つでタスクの管理や情報共有、作業計測を行うことができると評判です。今まで複数のツールをまたいでさまざまな作業や情報管理を行ってきましたが、そのような面倒なこともTeamHack一つで解決できます。

情報の管理が劇的に楽になり作業効率もアップします。よりスムーズな作業になるため、社員一人ひとりの生産性向上にもつながると評判です。

おすすめの社内コミュニケーションツール7:chatter

7つ目にご紹介するのは「chatter(チャッター)」です。chatterでは必要なデータにいつでもどこでもアクセスでき、さまざまな場所・時間に共同で作業することが可能です。情報共有が迅速に行われるので生産性がアップします。

また社内のコミュニケーションもスムーズに行われ効率も上がります。共同プロジェクト等もスムーズに進めることができます。

おすすめの社内コミュニケーションツール8:LINE WORKS

8つ目は「LINE WORKS(ラインワークス)」をご紹介します。LINE WORKSはみなさんご存知のLINEが運営している会社が提供するビジネス向けのSNSです。通常のLINEのイメージと同じように使用することができます。

スタンプの使用ももちろん可能なので他のツールと比較してフランクな印象があります。グループで予定を立てたりファイルを共有したりすることもできます。

おすすめの社内コミュニケーションツール9:Dropbox Business

9つ目は「Dropbox Business(ドロップボックスビジネス)」というツールを見ていきましょう。Dropbox Businessはオンライン上でファイルの保存や共有に特化したサービスを提供しており、パソコンやタブレット等で簡単にアクセスすることができます。

操作性も非常に高く便利なツールです。ユーザごとに権限を設定することもできるので、より細かくデータ管理やファイル共有を行うことが可能です。

おすすめの社内コミュニケーションツール10:asana

最後にご紹介するのは「asana(アサナ)」というツールです。asanaは世界中で何百万人もの利用者がいると言われているほどの人気のコミュニケーションツールです。複数のコミュニティを一つのアカウントで使用することができます。

外部の連携サービスが充実していてさきほど紹介したSlackとの連携も可能です。チャット機能もあるので社員とのコミュニケーションにも使えると評判です。

Zoho Connectを使って社内コミュニケーションを活性化させましょう

Zoho Connectでできること3つと評判10選|競合するツールは?
今回はZoho Connectと呼ばれる社内コミュニケーションツールをご紹介しました。一般的にはなじみがありませんが多くの企業で生産性向上・効率アップのためにさまざまなコミュニケーションツールを使用しています。

一括でファイル共有やデータ管理ができると非常に便利です。社内コミュニケーションツールを上手に利用して、より一体感のある組織を目指しましょう。

Related