失敗しないオフィス移転業者の6つの選び方|おすすめの書籍3選!

情報管理

失敗しないためのオフィス移転業者の選び方!

失敗しないためのオフィス移転業者の選び方についてご紹介していきます。

オフィス移転は業者選びを成功させることがポイントです。そこで今回は、オフィス移転業者の賢い選び方について言及していきます。

オフィス移転は組織の活性化や生産性の効率を高めるためにたいへん重要な位置を占めています。統廃合などでオフィスを統合をする場合などは業者選びは慎重に行いましょう。

オフィス移転業者の選択は慎重に!

オフィス移転は自社の将来を左右するたいへん重要なイベントです。

オフィス移転は事務所を移動するだけではなく、レイアウトや内装もがらりと変えることができます。自社のイメージチェンジや会社内の雰囲気を良くするなどのチャンスでもあります。

オフィス移転業者はいちど決めると変更はなかなかできないので、見積もりをしっかりとってイメージ通りのオフィス移転をやってもらえるかどうかをしっかりと見極めましょう。

価格だけでオフィス移転業者を選定しない

オフィス移転業者は価格を基準に決めるのはやめましょう。

安い物件はそれなりのマイナス面があると覚えておきましょう。広いスペースで安かったとしても、いざ使用してみるとデッドスペースが多いなどの欠点がある場合もあります。オフィス移転業者はそれなりの相場で契約条件をしっかりと把握しながら決定していきましょう。

仕事場は快適で気持ちの良いスペースであるべきです。そのためにオフィス移転業者が決め手です。

オフィス移転業者の6つの選び方

オフィス移転業者の6つの選び方についてご紹介していきます。

オフィス移転業者選びにはポイントがあります。理想的なオフィス移転を実現するためのノウハウを詳しく理解して、素晴らしい仕事場を見つけ出しましょう。

オフィス移転業者の選び方1:搬出・搬入計画立案力が高いか?

オフィス移転業者の提案する搬出・搬入計画立案力が優れたものかどうかの見極めが大切です。

オフィス移転には机や椅子・書類の束・ロッカーなどの備品の運び入れの作業も含まれます。綿密な搬出・搬入の計画を立てないとスムーズなオフィス移転が実現できません。現実可能な運送計画がきちんとモデル化されているかどうかもオフィス移転業者選びのポイントになります。

不足の事態にもしっかりと対応してくれる業者を選びましょう。

オフィス移転業者の選び方2:オフィスのレイアウトデザイン力はあるか?

オフィスのレイアウト力もオフィス移転業者選びのポイントです。

新しいオフィスを前よりも快適で仕事のしやすいスペースにするためには、機能的かつ効率的なレイアウトデザインができるオフィス移転業者を選ばなくてはなりません。

そのためにオフィス移転業者との打ち合わせは詳細に行い、オプション対応も含めて、こちらの要望通りの配置デザインをしてくる業者かどうかを時間をかけてじっくりと見極めることが大切です。

オフィス移転業者の選び方3:電気工事・ネットワーク設備の対応力はあるか?

現代社会はネット通信が仕事の軸になるので、電気工事・ネットワーク設備の対応力があるオフィス移転業者選びを実行しましょう。

オフィス移転後のトラブルによくありがちなのがネットが繋がらない・メールが送れない・電話が通じないなどの通信障害です。電気工事・ネットワーク設備の不備は業務に直接支障をきたしてしまうため、オフィス移転業者選びの大切なポイントです。

通信系・電気系の附帯工事ができる業者を選びましょう。

オフィス移転業者の選び方4:どの程度の規模のオフィスが得意か?

オフィス移転業者を選ぶ際は、自社と同じ規模のオフィス移転を得意としている業者を選びましょう。

自分たちの会社と同じような案件を手掛けたことがあるオフィス移転業者を選べば、慣れた仕事なのでスムーズにことが運ぶ可能性があります。

オフィス移転業者選びは経験重視がモットーなので、その会社がどの程度の規模のオフィスを専門に請け負っているのかをよくリサーチしてから決定することをおすすめします。

オフィス移転業者の選び方5:細かな見積提示が可能か?

オフィス移転業者は見積もりの丁寧さで選んでいきましょう。

どのようなときにも細かな見積提示が可能な業者を選ぶと失敗が少なくて済みます。オフィス移転業者と念入りなディスカッションをして詳細な見積もりを提示してもらい、納得できる業者を選んでいく努力が必要です。

オフィス移転業者の選び方6:実績はあるか?

オフィス移転業者選びをするときは実績があるかどうかがポイントです。どのような企業を請け負ったことがあるのかという実状が大切です。

自社が理想としているオフィス移転を過去に行っている業者を選びましょう。反対に自社と似たようなオフィス移転を行ったことがない業者は避けた方が無難です。

また、一等地へのオフィス移転の経験がある業者を選んだ方が質の高い仕事をやってもらえる可能性が高いといわれています。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

オフィス移転の流れを学ぶ!おすすめの書籍3選!

オフィス移転の流れを学ぶためにおすすめの書籍を3冊挙げておきます。

優れたオフィス移転業者を選ぶために、事前に本を読んで知識を得ておくことも大切です。何事も知っておいて損はありません。オフィス移転業者の仕事内容を詳しく理解できるおすすめの書籍をご紹介していきます。

小さな会社の「移転・引越し」マニュアル—スリムな組織に合ったオフィス環境へ

「小さな会社の「移転・引越し」マニュアル—スリムな組織に合ったオフィス環境へ」は会社の引っ越しに関するノウハウがぎゅっと詰まった1冊です。

家賃が下がりはじめたいまこそ、オフィス移転にぴったりの次期です。オフィス移転のあらゆる経営課題が克服できるおすすめ本です。

著者の溝井伸彰は広告代理店・CIコンサルティングファームなどの職を経て、中小企業を対策とした経営コンサルティング事務所代表になった人物です。

オフィス移転業務フロー完全マニュアル「総務の山田です。」実践編

「オフィス移転業務フロー完全マニュアル「総務の山田です。」実践編」は、発注者側のプロジェクトマネジメント業務に注目した1冊です。

本書のターゲットは全国の中・大企業の総務系・施設管理系の担当者・公共事業プロジェクトなどの発注者側の人々です。

また、これらの発注者の業務内容を理解するためにプロジェクトマネジメントサービス提供者 ・企業の経営者・建設業界・IT業界・家具メーカーなどにもおすすめです。

大変参考になります。移転関係の人には実践に使えるのでお勧めです

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3NWGH9JH7I7…

移転価格の税務調査対応マニュアル

「移転価格の税務調査対応マニュアル」は移転価格税制への対応について言及している本です。

移転価格税務調査のリスクチェックの方法や適切な対応について図表をもとに現実的にわかりやすく解説された1冊です。

著者の田島宏一は移転価格専門の税理士です。移転価格税務調査対応なども数多く経験しているため、オフィス移転業者や税務コストを低減させるための組織再編などに精通している人物です。

自社にマッチしたオフィス移転業者を選定しましょう!

自社にマッチしたオフィス移転業者を選定することで快適な仕事場を作り出すことが可能になります。

理想的なオフィス作りは優秀なオフィス移転業者選びが決め手になります。オフィス移転業者を選ぶ際はいろいろな要素を加味して選択する必要があります。

さまざまなオフィス移転業者から見積もりを取り、自社にぴったりの業者を見つけ出してください。快適なオフィス空間作りが、あなたの会社の業績アップにつながります。

タイトルとURLをコピーしました