Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月19日

名刺バンクの主な特徴3つ|名刺バンクについて知りたい情報5つ

名刺バンクを知っていますか。名刺バンクは名刺を管理できるアプリケーションですが、どういった特徴があるのでしょうか。ここでは、名刺バンクとは何か、また名刺バンクの特徴や知りたい情報についてみていきます。また名刺バンクの取り込み方法についてもご紹介します。

名刺バンクの主な特徴3つ|名刺バンクについて知りたい情報5つ

名刺バンクとは?

名刺バンクの主な特徴3つ|名刺バンクについて知りたい情報5つ
名刺バンクとはスマホやタブレット、携帯電話などの多様なデバイスに対応のクラウド型名刺管理アプリケーションです。ビジネス上名刺をもらうことは多く管理するのが大変ですが、この名刺バンクは、名刺をデータ化して効率的に管理することができるという特徴があります。

クラウド化されているので、どこでも検索や参照や登録や更新ができます。ここでは名刺バンクの特徴を3つご紹介しますので興味のある方はぜひご参照ください。

名刺バンクの特徴3つ

名刺バンクの主な特徴3つ|名刺バンクについて知りたい情報5つ
煩雑になりがちな名刺ですが、名刺はビジネスにおいては重要な役割があり、きちんと管理することによってすぐに欲しい情報が取り出せて効率的です。

名刺バンクはクラウド型の名刺管理アプリで、効率的な管理ができる特徴がありますが、ただ管理できるだけでなくほかにも便利な特徴があります。ここでは、名刺バンクのもつ特徴を3つご紹介します。

名刺バンクの特徴1:情報の取り込み方法が豊富

名刺バンクの特徴としては、情報の取り込み方法が豊富ということが挙げられます。ほかにも名刺管理ソフトはありますが、一般的に名刺管理ソフトの情報取り込み方法はスキャナーやスマホアプリによる取り込みです。

しかし、名刺バンクの場合はスキャナーやスマホの取り込みのほかに、タブレットカメラや携帯電話カメラ、デジカメなどTWAIN規格対応端末がついている機器であればほとんどが取り込みできるという特徴があります。

名刺バンクの特徴2:人物相関図が作れる

名刺バンクの主な特徴3つ|名刺バンクについて知りたい情報5つ
名刺バンクの特徴としては、人物相関図が作れるということが挙げられます。人物相関図とは選択した名刺情報の人物を選択すると、その人物を中心としてどのようなつながりがあるのかを関係性がわかりやすく図にしたものになります。

関係性がわかれば営業においても攻め方が変わり、例えば商談中の相手であれば、どういう位置にいる人か関係性を把握できます。人物相関図が作れるという特徴は名刺バンクの強みといえます。

名刺バンクの特徴3:専用アプリがある

名刺バンクの特徴としては、専用アプリがあるということが挙げられます。専用アプリがあるとすぐ情報を取り込め、わかりやすいという特徴があります。名刺バンクは社内はもちろん、営業などで社外に外回りをしていても大いに活躍します。

専用アプリによって、カメラからの画像読み込みですぐに名刺バンクに登録ができ、空き時間を使って名刺管理を簡単に行うことができます。また名刺情報画面から電話やメールもできて便利です。

名刺バンクについて知りたい情報5つ

名刺バンクの主な特徴3つ|名刺バンクについて知りたい情報5つ
名刺バンクがとても便利なクラウド型名刺管理アプリで、いろいろな特徴があるということがわかりました。では、名刺バンクは多言語に対応しているのでしょうか。また、セキュリティの面では不安がないのでしょうか。

ここでは、上述の特徴以外で、名刺バンクについての知りたい情報を5つご紹介します。

名刺バンクについて知りたい情報1:費用対効果

名刺バンクについて知りたい情報に、費用対効果があります。名刺バンクの費用対効果ですが、名刺バンクは名刺一枚ごとに値段が発生する従量課金制という特徴があることから費用対効果は普通です。

名刺管理ソフトの中には無料のものもありますので、料金が発生するということでこのようになります。ただし、管理できる内容を考えれば金額としては妥当な料金設定だといえるでしょう。

名刺バンクについて知りたい情報2:UIと操作性

名刺バンクの主な特徴3つ|名刺バンクについて知りたい情報5つ
名刺バンクについて知りたい情報に、UIと操作性があります。名刺バンクは、スマホでもAndroidとiPhoneともにシンプルな作りで使用しやすいデザインとなっており、とても使いやすいという特徴があります。そのため、名刺バンクの操作性は高いといえます。

どんなに便利な機能があったとしても操作性が低ければ日頃使うことが億劫になりがちですが、操作性が良いという特徴により登録のモチベーションもアップします。

名刺バンクについて知りたい情報3:導入ハードル

名刺バンクについて知りたい情報に、導入ハードルがあります。名刺バンクのアプリは、バージョン3.0.0からスマホのブラウザから各種確認が必要ですが、概ね導入ハードルは低いといえます。また、操作性においても向上しています。

専用アプリに関しては導入ハードルが低いことによって、簡単に名刺バンクを取り入れることが可能です。

名刺バンクについて知りたい情報4:多言語対応

名刺バンクの主な特徴3つ|名刺バンクについて知りたい情報5つ
名刺バンクについて知りたい情報に、多言語対応があります。名刺バンクは日本語だけでなく、英語、韓国語、中国語と多言語対応されているという特徴があります。

外国の方からいただいた名刺もすぐに取り込むことが可能です。また、日本人以外でも幅広い方に利用していただける仕様となっています。

名刺バンクについて知りたい情報5:セキュリティ

名刺バンクについて知りたい情報に、セキュリティがあります。名刺バンクはアイネットクラウドデータセンターにおいて運用されており、万全のセキュリティで管理されています。

そのため、名刺バンクは、情報漏洩が不安だという方も、安心してご利用いただけるアプリケーションであるといえます。ビジネスにおいて取引先の情報を漏らしてしまっては大変ですので、セキュリティがしっかりしていることはとても重要です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

名刺バンクの取り込み方法4つ

名刺バンクの主な特徴3つ|名刺バンクについて知りたい情報5つ
名刺バンクは取り込み方法が豊富です。一般的な取り込み方法はスキャナやスマートフォンのカメラですが、名刺バンクではその他にもデジタルカメラやタブレットなどで名刺の取り込みができます。ここでは名刺バンクアプリによる名刺の取り込み方法を4つご紹介します。

取り込み方法1:スキャナー

名刺バンクで名刺を取り込む方法にスキャナーがあります。スキャナーによる取り込みでも、特別なものは必要なく、通常のスキャナーによる読み込みで名刺バンクへの取り込みはできます。スキャナーにより対象の名刺を読み込んで名刺バンクでクラウド上に登録します。

取り込み方法2:スマートフォンアプリ

名刺バンクで名刺を取り込む方法にスマートフォンアプリがあります。スマートフォンアプリにより対象の名刺を名刺バンクに取り込みます。名刺バンクへ名刺を取り込みした後でも修正は可能です。

また、オペレーターが取り込み後の名刺を確認して修正してくれるオプションもありますので、名刺取り込みの精度を高めたいという方はオプションを選択するのも良いでしょう。

取り込み方法3:タブレットカメラ

名刺バンクで名刺を取り込む方法にタブレットカメラがあります。一般的な名刺管理アプリではスマートフォンアプリやスキャナーがほとんどですが、名刺バンクではタブレットカメラにも対応しています。

ただし、タブレットカメラはTWAIN規格対応端末がついている機器であればほぼOKですが、それ以外は取り込みできるかはわかりませんので、個々で機器の確認が必要です。

取り込み方法4:デジカメ

名刺バンクの主な特徴3つ|名刺バンクについて知りたい情報5つ
名刺バンクで名刺を取り込む方法にデジカメがあります。デジカメによる名刺管理アプリへの取り込みができるのは名刺バンクならではです。デジカメの場合もTWAIN規格対応端末がついている機器であれば名刺バンクへの取り込みは可能です。

ただし、デジカメは映像が綺麗で名刺情報精度は高いですが絶対登録可能ではありません。もし、映像の取り込みがうまく行かない場合はオプションでオペレーターに確認してもらうと良いです。

名刺バンクで名刺情報の管理を効率化させよう

いかがでしたか。名刺バンクは名刺をスキャナーやスマートフォンアプリのカメラ、タブレットカメラ、デジカメなどさまざまな方法で取り込みできる、名刺管理アプリです。

名刺管理アプリは、ただ情報を保管するだけでなく人物相関図や、専用アプリによって電話やメール、地図なども利用でき、ビジネス上とても役に立ちます。名刺情報の管理を効率化させててくれる名刺バンクをビジネスに活かしてみてはいかがでしょうか。

Related