Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

ヒートマップツールを導入するメリット4つ|おすすめのツール7選

本記事は、ヒートマップツールについて知りたいという方を対象にしたもので、ヒートマップについてやヒートマップを導入することのメリットなどを説明しています。また、おすすめのヒートマップツールを6つご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ヒートマップツールを導入するメリット4つ|おすすめのツール7選

ヒートマップとは?

ヒートマップツールを導入するメリット4つ|おすすめのツール7選
ヒートマップとは、ウェブサイトを訪問した方のマウスの動き方や目線の動き方などを色分けすることによって可視化したもののことを言います。

また、可視化する際は、数値などは用いられず、サーモグラフィーのように色を活用することによってウェブサイトの訪問者のマウスの動き方や目線、熟読時間を表します。

集中して見られている部分は赤く、あまり見られていない部分は青く表示されます。

ヒートマップで分かること

ヒートマップを活用することによってわかることは、ウェブサイトに訪問した方がページ内でどのような動きをしたのかということです。その動きを色分けをして可視化します。

ヒートマップで可視化できることは、ページ内での訪問者のマウスの動き方やクリックされた部分、ウェブサイトを見ている方の閲覧した部分の時間、どこまでスクロールしたのか、訪問した方がページから離脱した場所ということです。

ヒートマップ利用の目的

ヒートマップツールを導入するメリット4つ|おすすめのツール7選
ヒートマップを利用することの目的には、ウェブサイトを改善するということにあります。

ウェブサイトを訪問した方のマウスの動き方やページから離脱した箇所などを分析することで、訪問者が興味がわいた部分とそうでない部分がわかるようになります。

その中から興味がわかなかった部分などを改善することによって、よりよいウェブサイトを作成することが可能となります。

ヒートマップツールを導入するメリット4つ

ヒートマップツールを導入するメリット4つ|おすすめのツール7選
ヒートマップツールを導入することにはさまざまなメリットがあります。

多くあるメリットのなかから、本記事では、専門知識を必要としないこと、色を用いて可視化することができること、細かい動きを把握することができること、ホームページをリニューアルすることが可能であるという4つのメリットを説明していきます。

これから、ヒートマップツールを導入することを考えているという方は、ぜひ参考にしてください。

ヒートマップツールを導入するメリット1:専門知識を必要としない

ヒートマップツールを導入するメリット4つ|おすすめのツール7選
ヒートマップツールを導入することの1つ目のメリットは、利用する際に専門知識を必要としないということです。

ヒートマップでは、色を活用してページの訪問者の動きを可視化するものであるため、専門的な知識がなくても簡単に訪問者のページ内での動きがわかるようになります。

そのため、初めて利用するという方でも簡単に利用することができます。

ヒートマップツールを導入するメリット2:色を用いて可視化できる

ヒートマップツールを導入することの2つ目のメリットは、色を用いて可視化することができるということです。

ヒートマップツールを導入することで、ウェブサイトを訪問した方が熟読している部分やよくクリックしている部分は濃い色で表示され、逆にそうでない部分は薄い色で表示されます。

そのため、一目でページの訪問者が興味のある部分と興味がわかない部分を把握することができるようになります。

ヒートマップツールを導入するメリット3:細かい動きが把握できる

ヒートマップツールを導入することの3つ目のメリットは、ページ内での訪問者の細かい動きを把握することができるということです。

ウェブサイトを作成した際に、この部分は見て欲しいとおもっていたところが見られていなかったり、予想していない部分が見られていたりするなど訪問者のページ内での細かい動きがわかるようになります。

そうすることで、見て欲しい部分を見てもらうための改善案を考えることに繋げられます。

ヒートマップツールを導入するメリット4:ホームページのリニューアルリニューアル

ヒートマップツールを導入するメリット4つ|おすすめのツール7選
ヒートマップツールを導入することの4つ目のメリットは、ホームページのリニューアルに活用することができるということです。

ヒートマップツールを導入することで、よく見られている部分とあまり見られていない部分がはっきりと把握できる容易なります。

そのため、見てもらいたい重要な部分とあまり重要ではない部分の違いを明確にして、見てもらいたい部分をどのように改善するかということを考える際に役立てることが可能です。

ヒートマップツールを選ぶ時のポイント3つ

ヒートマップツールを導入するメリット4つ|おすすめのツール7選
ヒートマップツールを導入することでさまざまなメリットを感じることができたり、ホームページを作成する際に役に立ちます。

しかし、ヒートマップツールは一つ一つ機能や性能が異なるため、選ぶときにいくつかのポイントを抑える必要があります。

そのポイントとは、自社のニーズに合った機能を持っているのか、分析できるデータ量やデータ保持期間、導入後の運用イメージの3つです。この3つについて詳しく説明していきます。

ヒートマップツールを選ぶ時のポイント1:自社のニーズに合った機能を持っているか

ヒートマップツールを導入するメリット4つ|おすすめのツール7選
ヒートマップツールを選ぶ時の1つ目のポイントは、自社のニーズに合った機能を持っているかということです。

ヒートマップツールは一つ一つツールによって持っている機能や性能が異なるため、自社では、どのようなことを分析したいのかや必要な機能は何かということを検討したうえでツール選ぶことが大切です。

また、主な機能にはクリックされた場所がわかることやマウスの動き、訪問者がページから離脱した場所などがわかります。

ヒートマップツールを選ぶ時のポイント2:分析できるデータ量やデータ保持期間

ヒートマップツールを導入するメリット4つ|おすすめのツール7選
ヒートマップツールを選ぶ時の2つ目のポイントは、分析できるデータ量やデータ保持期間はどうかということです。

ツールによって、データ保持期間やデータ量は異なります。また、有料のツールと無料のツールでもデータに関することは違いがあります。

自社では、どれだけのデータ量が必要なのかということやどのくらいの期間データを保持したいのかということを検討してから選ぶことが大切です。

ヒートマップツールを選ぶ時のポイント3:導入後の運用イメージ

ヒートマップツールを選ぶ時の3つ目のポイントは、導入後の運用イメージをしっかり持つということです。

選んだツールがどれだけ便利で豊富な機能を持っていても、それを運用することができるというイメージを持たなければ使いこなすことは難しくなってしまいます。

そのため、ヒートマップツールを選ぶ時には、そのツールを自分が利用しているイメージを持つことができたものを選ぶようにすることをおすすめします。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

おすすめヒートマップツール6選

ヒートマップツールを導入するメリット4つ|おすすめのツール7選
本記事では、これからおすすめのヒートマップツールを6つご紹介していきます。

それぞれのツールには、独自の機能や特徴があるので、これからヒートマップツールを自社に導入することを考えているという方はぜひ参考にしてください。

おすすめヒートマップツール1:User Heat

1つ目のおすすめのヒートマップツールは、User Heatです。

User Heatは、スマホサイトやPCサイトを月間で30万PVまで解析することができるヒートマップツールとなっています。

User Heatの特徴には、利用する方法が簡単ということがあり、利用者を登録した後は、ページにタグを入れるだけで分析することが可能となっています。

おすすめヒートマップツール2:MIERUCA

2つ目のおすすめのヒートマップツールは、MIERUCAです。

MIERUCAは、スマホ時代の集客を改善することに特化した無料で利用することのできるヒートマップツールです。

MIERUCAの特徴には、導入実績が500社を超えているため、安心して利用することが可能であることや、多くの機能を無料で使えること、マルチデバイスに最適化されているため、初心者の方でも簡単に利用することができることが挙げられます。

おすすめヒートマップツール3:iTest

3つ目のおすすめのヒートマップツールは、iTestです。

iTestは、人工知能を活用して、サイトの運用の業務効率などを改善していくヒートマップツールとなっています。

iTestの特徴には、計測だけでなく、録画もすることができるということや、スプリット機能解析機能やフォーム改善機能など無料で多くの機能を利用することができるということがありあます。

おすすめヒートマップツール4:Ptengine

4つ目のおすすめのヒートマップツールは、Ptengineです。

Ptengineは、サーモグラフィーを用いてサイト訪問者の行動を可視化する、ヒートマップ付きのアクセス解析ツールとなっています。

Ptengineの特徴には、リアルタイムで解析することができること、スマホにも対応しているということなどがあります。

また、広告やメルマガからサイトを訪問したことも簡単に計測することができるようになっています。

おすすめヒートマップツール5:brick

5つ目のおすすめのヒートマップツールは、brickです。

brickは、基本的に無料で利用することができ、Googleアナリティクスと連携して利用者の動きを解析するヒートマップツールとなっています。

brickの特徴には、スクロール分析やマウス分析などをすることが可能であるということがあります。また、使用期限が設定されているため、利用する際は注意する必要があります。

おすすめヒートマップツール6:Mouseflow

6つ目のおすすめのヒートマップツールはMouseflowです。

Mouseflowは利用者のストレスを無くすことに特化した、高機能のウェブサイト分析ツールとなっています。

Mouseflowの特徴には、プランが無料プランやプロプランなど4つあり、プロプランでは無料プランの1,000倍の500,000PVまで計測することができます。また、セッションリプレイズやシナリオ分析といった機能が搭載されています。

ヒートマップツールについて知り実際に導入してみよう

ヒートマップツールを導入するメリット4つ|おすすめのツール7選
本記事では、ヒートマップツールについてや導入することのメリットなどを説明してきました。また、おすすめのヒートマップツールもご紹介しました。

ヒートマップツールにはそれぞれの特徴や機能があるため、そのような違いを把握し、実際に導入していきましょう。

Related