Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月07日

名刺管理アプリ比較17選|名刺管理アプリのメリット・デメリット

名刺をデータ化して管理することができる名刺管理アプリをご存知でしょうか。ビジネスシーンでは顧客情報の管理やマーケティング活動は重要となります。ここでは名刺管理アプリの便利な機能やアプリごとの比較、導入することによるメリットやデメリットなどをご紹介します。

名刺管理アプリ比較17選|名刺管理アプリのメリット・デメリット

名刺管理アプリとは

名刺管理アプリ比較17選|名刺管理アプリのメリット・デメリット
名刺管理アプリとは、名刺の情報をデジタル化して管理できるアプリケーションのことです。

個人向けや法人向けなど種類は色々あり、価格も無料のものから有料のものまでさまざまです。機能についても、名刺の管理のみというシンプルなものや、登録した顧客情報を纏めて企業単位でマーケティングに利用できるものまであります。

名刺管理アプリのニーズ

名刺管理アプリ比較17選|名刺管理アプリのメリット・デメリット
名刺管理アプリは、名刺を貰う社会人向けのサービスとなっています。

社会人であれば、職種によっては名刺交換を行う機会があります。ですが、名刺を特に活用することもなく、保管しているだけとなっている人も多いのではないでしょうか。

そういった場合、名刺管理ソフトを使えば、紙の名刺をデータ化して保存し、見たいときだけ閲覧することができます。また、企業で導入すれば社内で情報を共有することも可能となります。

名刺管理アプリでできること4つ

名刺管理アプリ比較17選|名刺管理アプリのメリット・デメリット
名刺管理アプリにはどんな機能がついているのでしょうか。

名刺管理アプリにはさまざまな機能が付いています。名刺管理アプリを導入する場合には、アプリごとの機能を比較して検討しましょう。

ここでは名刺管理アプリの基本的な4つの機能についてご紹介します。

名刺管理アプリでできること1:名刺情報の読み取り

名刺管理アプリでは、名刺に記載されている情報を読み取ることができます。

スキャナーで読み取ったり、スマートフォンなら撮影するだけで、OCRと呼ばれる文字認識機能により名刺画像にかかれている情報を文字データとして登録することが可能です。

読み取った文字は、自動的に企業名や部署、氏名や電話番号、メールアドレスなど適切な情報に振り分けられます。

名刺管理アプリでできること2:名刺情報のデータ化

名刺管理アプリ比較17選|名刺管理アプリのメリット・デメリット
名刺管理アプリでは、読み取った情報、入力した情報をデータ化して保存可能です。

読み取った名刺情報は名刺管理アプリによりデータ化され、端末やクラウド上などに保存されます。そのため、読み取り済みの情報はいつでも参照可能となります。

また、ExcelやCSV形式などでファイルを名刺管理アプリの中にインポートすることも可能です。

名刺管理アプリでできること3:顧客の名刺情報検索

名刺管理アプリ比較17選|名刺管理アプリのメリット・デメリット
名刺管理アプリでは、登録したデータを検索することが可能です。

登録したデータはいつでも検索し、該当した名刺情報を閲覧することが可能です。また、アプリの中には完全一致でなくても部分一致で検索できるものもあるため、全ての情報が登録していなくても参照可能なものもあります。

名刺管理アプリでできること4:マルチデバイスに対応

名刺管理アプリ比較17選|名刺管理アプリのメリット・デメリット
名刺管理アプリはスマーフォン以外のデバイスにも対応している物があります。

スマートフォンでの名刺管理は便利ですが、データそのものを編集したい場合にはパソコンなどから行う方がスムーズという場合もあります。

そういった場合は、マルチデバイス対応のアプリで名刺情報の読み込みだけをスマホで行い、あとからパソコンで編集、整理し、必要なときにはスマホで情報を参照するようにしましょう。

名刺管理アプリ比較17選

名刺管理アプリ比較17選|名刺管理アプリのメリット・デメリット
名刺管理アプリを機能ごとにそれぞれ比較してみましょう。

名刺管理アプリはさまざまな企業が提供しており、それぞれ特徴があります。例えば、データの保存先は端末なのかクラウドなのか、データ登録はOCR機能での読み取りなのか手動なのか、そういった点を比較することで、最適な名刺管理アプリを選ぶことができます。

ここでは人気のある名刺交換アプリ17選をご紹介します。

名刺管理アプリ比較1:Eight

名刺管理アプリ比較17選|名刺管理アプリのメリット・デメリット
Eightはクラウド保存タイプの決定版ともいえる名刺管理アプリです。

名刺の登録はオペレーターが行いますが、プライバシーマーク取得のSanSan株式会社がデータ管理を行っているため、他と比較しても信頼度が高いです。

また、無料で利用可能な点は、多数の有料名刺交換アプリと比較しても魅力的です。有料のプレミアム版もありますが、登録完了までのスピードが異なるという点だけなので、基本は無料版で十分でしょう。

名刺管理アプリ比較2:Sunsun

名刺管理アプリ比較17選|名刺管理アプリのメリット・デメリット
Sunsunは法人向け名刺管理市場で81%のシェアを持つ、No.1法人向け名刺管理アプリです。

名刺データの管理が重要な個人向け名刺管理アプリと比較すると、法人向けはいかに営業やマーケティングに活用できるかという点が重要となってきいます。

その点、Sunsunは顧客管理機能やコミュニケーション機能などが充実しており、それが他の法人向け名刺管理ソフトと比較しても圧倒的な差をつけている理由といえます。

名刺管理アプリ比較3:Camcard

名刺管理アプリ比較17選|名刺管理アプリのメリット・デメリット
CamCardは最先端のOCR光学文字認識機能を持つ名刺管理アプリです。

他の名刺管理アプリと比較しても読み取り精度が高く、さらに16ヶ国語の言語に対応している点が魅力です。さらにデータは端末とクラウド両方に保存することもできるので、他と比較しても安心感が高くなっています。

また、撮影した名刺にはテキストや画像などをつけることができ、商談リマインダーや相手の会社の地図表示などの機能も充実しています。

名刺管理アプリ比較4:Wantedly People

名刺管理アプリ比較17選|名刺管理アプリのメリット・デメリット
Wantedly Peopleは複数の名刺を一度に撮影して登録できる名刺管理アプリです。

OCR機能で読み取れるアプリは他にもありますが、それらと比較しても最大10枚まで読み取り、登録できる点は大きな魅力です。また人工知能を備えているため、使えば使うほど学習して精度が上がっていきます。

また、アプリの連絡先で電話やメールを起動させることができ、チャットでコミュニケーションを取ることも可能となっています。

名刺管理アプリ比較5:メイシー

メイシーは検索のしやすさと使いやすさが特徴の名刺管理アプリです。

GmailなどのGoogleのサービスと操作性が似ているため、他の名刺管理アプリと比較しても操作が非常にわかりやすくなっています。

また、溜まった名刺を纏めて送るだけで、OCRとオペレーターを併用して名刺を登録してくれる有料のサービスもあります。他の有料アプリと比較しても安価となっているため、費用を押さえたい場合にもおすすめです。

名刺管理アプリ比較6:myBridge

myBridgeはLine社の提供している名刺管理アプリです。

2018年5月にリリースされた後発の名刺管理アプリです。Line社提供のアプリとなっているため、Lineアカウントがあれば簡単に利用を開始できるなど、他のアプリと比較しても変わった特徴があります。

また、他の名刺交換アプリによくあるSNS連携などがなく、名刺登録だけをメインにしたシンプルなサービスとなっています。

名刺管理アプリ比較7:WorldCard Mobile Lite

名刺管理アプリ比較17選|名刺管理アプリのメリット・デメリット
WorldCard Mobile Liteは世界中194ヵ国で人気の名刺管理アプリです。

対応言語が25種類と、他の多言語対応アプリと比較しても豊富です。また、OCRの認識精度も高いため、他のアプリと比較しても修正の手間が少なく済み、読み込んだ名刺を自動的に分類する機能もあります。

さらに連絡先データはDropboxやファイル形式でエクスポートすることができ、Gmailとの連携も可能となっています。

名刺管理アプリ比較8:CAMCARD BUSINESS

CAMCARD BUSINESSは最小限の機能に抑えたシンプルな名刺管理アプリです。

他の名刺管理アプリと比較してもかなりシンプルな設計となっており、価格も他のサービスと比較して安価です。機能は最小限で構わないという方にはおすすめのサービスとなっています。

また、Salesforce、Google Contact、Outlookなどと連携することで面倒な情報入力を削減することも可能です。

名刺管理アプリ比較9:SmartVisca

SmartViscaはCRMの鉄板ツール、Salesforce専用の名刺管理アプリです。

他の名刺管理アプリと比較しても専門特化している点が特徴です。Salesforce専用なので、情報をマーケティングなどにフル活用することができます。

また、Salesforce専用となっていることで他のサービスと比較してもカスタマイズが容易となっているため、Salesforceを導入している会社におすすめです。

名刺管理アプリ比較10:名刺de商売繁盛

名刺管理アプリ比較17選|名刺管理アプリのメリット・デメリット
名刺de商売繁盛は、ヤマトシステム開発が提供する名刺管理アプリです。

クロネコヤマトで有名なヤマトグループで個人情報が管理されているため、他の名刺管理アプリと比較しても安心感があります。名刺の読み込みはもちろん、検索機能や名寄せ機能など、他と比較しても基本的なクラウド名刺管理ソフトの機能はしっかりと備えています。

また、別途費用は必要ですが、メール配信やアンケートなどのオプションも充実しています。

名刺管理アプリ比較11:名刺バンク

名刺バンクはクラウド管理で安全に管理できる名刺管理アプリです。

提供している「株式会社アイネット」は国内最高クラスのセキュリティを備えており、データ管理に関しては他と比較しても安心感があります。料金体系は名刺一枚ごとの値段で支払う従量課金制となっており、他の有料アプリと比較すると特徴的です。

また、言語は日本語・英語・中国語・韓国語に対応しているため、グローバルなサポート機能も十分備えています。

名刺管理アプリ比較12:PhoneAppli for Salesforce

PhoneAppli for Salesforceは名刺情報をSalesforce上に取り込める名刺管理アプリです。

他の名刺管理アプリと比較しても、顧客管理システムのSalesforce上に登録するという点が特徴です。登録後は設定した閲覧範囲で社内共有が可能で、キーワードから検索できます。

さらにPardotと連携することで自動メール配信が可能になるなど、他と比較しても専門特化した機能となっています。

名刺管理アプリ比較13:やさしく名刺ファイリング Mobile

やさしく名刺ファイリング Mobileは、複数枚の名刺を連続して自動登録可能な名刺管理アプリです。

登録データから電話をかけることができ、メールやブラウザ、マップ、Skypeと連携可能です。また、相手もアプリを持っていれば、Bluetooth機能を経由してワイヤレス転送で名刺交換をすることも可能です。

また、このアプリには無料版もありますが、比較すると登録枚数が10枚までなど制限があります。

名刺管理アプリ比較14:HotProfile

HotProfileは営業活動に活用できる名刺管理アプリです。

一般的な名刺管理アプリと比較すると、マーケティング施策や営業支援システムが充実しているなど、HotProfileでは情報を営業活動に応用できる仕組みに特化しています。

例えば、撮影した名刺の情報は企業属性情報(業種、上場区分、従業員数など)を元に分類されるため、情報を有効に活用することが可能となっています。

名刺管理アプリ比較15:Cardful

CardfulはEvernoteと連携できる名刺管理アプリです。

他の名刺管理アプリと比較して、データ保存にEvernoteを利用している点が特徴的です。登録された情報はアプリ、Evernote両方から編集が可能となっています。

また、無料の名刺データ登録は初回30枚、毎月10枚まで登録できます。有料版にアップグレードすることで、枚数無制限で利用できるようになります。

名刺管理アプリ比較16:UltimaBlue

名刺管理アプリ比較17選|名刺管理アプリのメリット・デメリット
UltimaBlueは事前コンサルティングサービスも行うクラウド型名刺管理アプリです。

データの取り込みはスマートフォンやスキャナー、複合機に対応しています。また、オペレーター側で補正するモードと、使用者側で補正する2つのモードを選ぶことができます。

他の名刺管理アプリと比較しても、事前コンサルティングにより要望をヒアリングして活用方法を提案してくれる特徴的なサービスを行っています。

名刺管理アプリ比較17:スマート名刺管理

スマート名刺管理はWindows版ソフトで簡単に管理できる名刺管理アプリです。

Windows版ソフトと連携させることで登録枚数など機能制限をなくすことができ、他と比較しても特徴的なシステムとなっています。

また、アプリだけを使用する場合は27週目までしか登録することができませんが、それ以降も入力済みのデータを見ることは可能なので、特に名刺を追加しない場合はアプリ版のみでも問題ないでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

名刺管理アプリのメリット4つ

名刺管理アプリ比較17選|名刺管理アプリのメリット・デメリット
名刺管理アプリを利用するメリットは何でしょうか。

さまざまな名刺管理アプリを比較して特徴をご紹介してきましたが、アプリを導入すると具体的にどういったメリットがあるのでしょうか。

ここでは名刺管理アプリを使用することのメリットについてご紹介します。

名刺管理アプリのメリット1:名刺検索の手間が省ける

名刺管理アプリを導入すると、名刺を探す手間が省けます。

名刺を紙媒体のまま保管していると、必要となったときには名刺を一枚一枚探す必要があり、非常に手間がかかります。しかし名刺管理アプリにデータ化して保存すれば、検索機能を使って簡単に探し出すことが可能となります。

名刺管理アプリのメリット2:データ紛失の回避

名刺管理アプリを導入すると、データ紛失の危険を回避できます。

名刺を紙の状態のまま保管していると、名刺や名刺入れや引き出しの中などにバラバラに置いてある状態となりため、担当者がうっかりなくしてしまうこともあるでしょう。

しかし名刺交換できるだけすみやかに名刺管理アプリに登録するようにしておけば、名刺紛失のリスクも少なくなります。

名刺管理アプリのメリット3:重複リスクの回避

名刺管理アプリを導入すると、重複リスクを回避することができます。

企業内でそれぞれが同じ相手と名刺交換することもあるため、紙ベースのまま保管していると、同じ名刺が社内に何枚も存在することになります。

しかし名刺管理アプリに登録しておけば、一元管理することが可能となります。

名刺管理アプリのメリット4:最新の顧客情報を保てる

名刺管理アプリを導入すると、最新の顧客情報を保持することが可能です。

紙の名刺のまま保管していると、以前名刺交換した相手の所属が次に名刺交換した際に変わっていた場合でも、管理の仕方次第では情報が更新されないままになる可能性があります。

しかし顧客情報を名刺管理アプリで管理していれば、名刺交換するたびに情報はアップデートされるため、常に最新の顧客情報に保つことができます。

名刺管理アプリのデメリット3つ

名刺管理アプリ比較17選|名刺管理アプリのメリット・デメリット
名刺管理アプリを利用するデメリットは何でしょうか。

名刺管理アプリを導入することでさまざまなメリットがありましたが、導入の際には気をつけなければならないデメリットも存在します。ここでは名刺管理アプリを使用することのデメリットについてご紹介します。

名刺管理アプリのデメリット1:コストがかかる

名刺管理アプリを導入するとコストがかかります。

特に法人向けの名刺管理アプリはほとんどが高額となりますので、費用も馬鹿にはできません。初回の導入費や毎月の利用料、さらに導入することによるメリットを比較して、費用対効果を確認してから検討するようにしましょう。

名刺管理アプリのデメリット2:名刺のデータ化にかかる時間

名刺管理アプリに名刺を登録するのに時間がかかります。

1枚ずつであれば短い時間ですみますが、枚数が多くなればなるほど長い時間と手間がかかります。毎日名刺交換をするような営業職では面倒に感じることもあるでしょう。

そういった場合は、読み取り機能がついたアプリや代行入力可能なサービスに依頼するなどの工夫も必要となります。

名刺管理アプリのデメリット3:複数ソフトへの多重登録

名刺管理アプリを導入することで、複数ソフトへ多重登録することになる場合があります。

すでに顧客管理システムなどを導入している企業であれば、システムに名刺情報を登録しているでしょう。そこに新たに名刺管理ソフトを導入すると、登録済みデータまで登録し直す手間が発生します。

名刺管理アプリの中にはデータをCSVなどでインポートできるものもあるため、導入の際には確認してみましょう。

名刺管理アプリを上手に活用しよう

名刺管理アプリ比較17選|名刺管理アプリのメリット・デメリット
名刺管理アプリを利用する場合には機能を比較して検討しましょう。

紙の名刺のまま置いておくと、上手く管理することができず、せっかくの情報を活用することもできません。名刺管理アプリはそういった問題を解決し、さらに便利に使えるようにしてくれる機能をもっています。

名刺交換アプリの導入を検討する場合には、さまざまなアプリを比較し、自分に適した名刺交換アプリを利用するようにしましょう。

Related