Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月01日

社員へのネットリテラシー教育のポイント|教育不足で起こる問題5つ

社員のネットリテラシーが低いと、ネットを利用するリスクが高まってしまいます。ネットでの問題は短時間で大きな被害に繋がってしまうことも多いため、社員へのネットリテラシー教育は非常に重要となります。その社員へのネットリテラシー教育にはいくつかのポイントがあります。

社員へのネットリテラシー教育のポイント|教育不足で起こる問題5つ

ネットリテラシーとは

現代社会の生活ではインターネットを切り離すことはできません。また、生活の中だけではなく、多くの企業でもインターネットがなければ仕事にならないというところも多いです。

しかし、インターネットは生活を非常に便利で豊かにしてしてくれますが、使い方を誤ってしまうと取り返しのつかないことになってしまうこともあります。そのため、ネットリテラシーが非常に重要視されています。

ネットリテラシーの意味

ネットリテラシーとは情報ネットワークを正しく利用することができる能力のことを指します。そのため、メールの送り方などのネット上での人に対するマナーではなく、ネットリテラシーではプライバシーやセキュリティなど、ネットの扱い方やマナーのことになります。

ネットリテラシー教育が必要な理由

個人情報や企業情報などが漏洩したというニュースが流れていることがあります。これらのネットリテラシーが低いことで起こ問題は、短時間で大きな被害が出ます。場合によっては企業が倒産の危機に陥ってしまうこともあります。

そのネットでの問題は会社や社員のネットリテラシーが低いことが原因となることもあります。そのため、会社はネットへの危機を把握して、社員にはネットリテラシー教育を行うことが重要となります。

ネットリテラシー教育の対象者

ネットリテラシーはネットを扱ううえでのマナーのことです。ネットでのマナーに関することなので、ネチケットとよく勘違いされますが、ネットリテラシーは情報ネットワークを正しく利用できる能力のことを指します。

仕事をする社会人は情報ネットワークのことを正しく理解しておかないと仕事で取り返しのつかないミスをしてしまうこともあります。また、子供のうちからネットの正しい使い方を教育しておく必要もあります。

ネットリテラシー教育不足で起こる問題5つ

企業によってはネットが必要不可欠となっているところも多いです。そのため、社員に対してネットリテラシー教育を普段から行っておくことは重要です。

特に、普段からネットを使い慣れていて、まだネットリテラシーの低い新卒者や新入社員などには入社前研修や入社後研究でネットリテラシー教育を行っておく必要があります。

もし、ネットリテラシー教育が不足していると取り返しのつかない問題を起こしてしまう可能性もあります。

ネットリテラシー教育不足で起こる問題1:SNSでの炎上

社員のネットリテラシー教育が不純分なことでよく起こる問題の1つがSNSの炎上です。SNSの炎上は一歩間違ってしまうと、一瞬のうちに何万人、何十万人、何百万人と情報が拡散してしまいます。

SNSの炎上は一度広がってしまうと、情報を完全に消去することができないため、事態を解決するまでにも時間がかかってしまいます。ネットでの問題は短時間で甚大な被害が出るということも特徴の1つです。

ネットリテラシー教育不足で起こる問題2:企業イメージの低下

SNSの炎上に限らず、ネットに関する問題は短時間で甚大な被害が出るという特徴があります。また、そのネットによって起こった問題によって、第三者などにまで被害が出た場合も、その被害は大きなものとなります。

ネットの問題はあらゆる面で大きな被害が出てしまうため、企業のイメージも非常に低下させてしまいます。もし、その問題の原因がネットリテラシーの低さが原因であれば、さらにその責任が重くなる場合もあります。

ネットリテラシー教育不足で起こる問題3:企業情報漏洩

ネットを通して、大切な企業情報が漏洩してしまうこともあります。ネットを通しての情報漏洩はネットリテラシーが原因となることもありますが、主にセキュリティーの甘さが原因となることが多いです。

また、ネットリテラシーとは別に、社員が持ち出し禁止のデータをUSBなどのメディアに入れて持ち出したり、そのメデイアを紛失することなどによって情報漏洩は発生することもあります。

ネットリテラシー教育不足で起こる問題4:ハッキングやウイルス感染

会社が企業情報を守るためのセキュリティを軽く考えてしまっていると、上記で述べた通り、セキュリティの甘さが原因となってハッキングやウイルス感染をしてしまうことがあります。

また、怪しいURLを開いたり、身に覚えのないメールを開いてしまったりなどもウイルス感染の原因となることもあります。そのようなことを防ぐためにも、社員へのネットリテラシー教育は重要となります。

ネットリテラシー教育不足で起こる問題5:個人情報の悪用

社員にネットリテラシー教育を行っておかないと、怪しいURLやメールなどを開いてしまったりなどしてしまい、情報漏洩の原因となってしまうことがあります。

また、中には故意にUSBなどに企業内のデータをコピーして、社員が第三者に渡してしまうなどの個人情報の悪用に加担してしまうことがあります。個人情報を悪用する原因には社員が会社に対して恨みを持ったり、データを売ってお金にするなどの理由があります。

社員へのネットリテラシー教育のポイント5つ

ネットは日常生活の中でも多く触れるものなので、扱い方を知っていると思い込んでいる人は多いです。

しかし、日常生活と企業でのネットに対する危機管理は異なるということを社員には把握してもらわないといけません。ネットリテラシー教育では、その異なる点に沿って行うことがポイントとなります。

社員へのネットリテラシー教育のポイント1:世代間で常識が異なる

企業がネットを利用することで抱えるリスクは、日常生活でのネットを利用するリスクよりもはるかに大きいです。

企業がネットで問題を発生させてしまうと、場合によっては倒産の可能性が発生したり、第三者にまで甚大な被害が出てしまい、責任を取れない事態に発展してしまう可能性もあります。

そのため、日常では気軽に使える便利なネットですが、企業では慎重に扱うべきツールとして認識するようにしなければなりません。

社員へのネットリテラシー教育のポイント2:仕組み化する

上記で述べた通り、ネットでの問題は企業を倒産にまで追い込んでしまう危険性を持っています。そのため、企業は社員に対してネットリテラシー教育を行う必要があります。しかし、どれだけネットリテラシー教育を行っても、リスクをすべて排除することはできません。

そのため、ネットリテラシー教育で知識を持ったうえで、社内データを扱うパソコンはネットに繋がらないようにしたり、社員のパソコン利用状況を確認できるようにしたりなどの仕組みによって管理することも必要です。

社員へのネットリテラシー教育のポイント3:情報漏洩によって起こりうる問題を周知する

もし企業が情報漏洩をしてしまった場合、情報漏洩をしたことを関係者にすぐに知らせたり、事態を解決したり、その後の対応策、信用の回復など多くの対処を行わなければなりません。

他にも、第三者に被害が出た場合にはその対処も必要となり、非常に大きな労力とコストが必要となります。ネットでの問題は、小さな油断やミスなどによって、その後にどれだけ大きな対応が必要になるかということも、社員は知っておく必要があります。

社員へのネットリテラシー教育のポイント4:発信・受信の制限をする

怪しいメールを開いたりなどすることで、ハッキングやウイルス感染などの原因となってしまうことがあります。これらは社員が故意に行うわけではないため、ネットリテラシー教育を行うことでリスクを下げることはできます。

しかし、ネットリテラシー教育だけでは防ぎきれないリスクもあります。そのため、メールの発信や受信できる相手を制限したりなど、ネットのしように制限を設けることでさらにリスクを下げることができます。

社員へのネットリテラシー教育のポイント5:定期的な勉強会を行う

ネットリテラシーが低いことによって起こった事故は、ニュースなどで流れることもあります。その事故は自社でも起こる可能性があると考えて、情報を共有して、その原因やその後の対処方法、未然に防ぐ方法などを考えるなどの勉強会を定期的に行うようにしましょう。

また、新しいウイルスやセキュリティソフトなども次々と出てくるため、常に新しい知識を追加していくためにも、定期的な勉強会は有効です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

ネットマナーとネットリテラシーの違い

先に述べた通り、ネットリテラシーはネットを扱ううえでのマナーのことのため、ネット上でのマナーであるネチケットとよく勘違いされます。

しかし、ネット上でのマナーはメールを送る際のテキストの書き方や、送るタイミングなどのような人に対するマナーが中心となります。

しかし、ネットリテラシーの場合はプライバシーやセキュリティなど、情報ネットワークを正しく利用することができる能力のことを指します。

社員へのネットリテラシー教育を適切に行おう

社員のネットリテラシーが低いことがトラブルの原因となってしまうことがあります。ネットでの問題は短時間で大きな被害に繋がってしまうことも多いため、社員へのネットリテラシー教育は非常に重要となります。

適切なネットリテラシー教育を社員に行うことで、ネットでのリスクを下げることができます。

Related