Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月03日

ERPパッケージのメリット4つ|ERPパッケージのデメリット3つ

企業運営に必要となるERPパッケージは、経営資源を有効活用し経営を効率的にするために基幹業務を総合的に管理するためのシステムパッケージです。ERPパッケージを導入すれば、企業運営に大きく役立つでしょう。ERPパッケージを活用するための知識を身につけましょう。

ERPパッケージのメリット4つ|ERPパッケージのデメリット3つ

ERPパッケージとは

ERPパッケージとは、企業運営に必要となるシステムパッケージです。ERPパッケージは経営資源を有効活用し、基幹業務を総合的に管理するのに力を発揮します。

例えば、販売、生産、出荷、購買、会計などのサプライチェーンや、管理システム、財務開会人事管理を基幹業務に含み管理できます。それらを効率化することによって、企業の利益が上がるといわれています。

ERPパッケージのメリット4つ

ERPパッケージを導入するメリットを4つあげました。ERPパッケージを有効活用するために、会社にどのようなことでERPパッケージが必要なのかを見直す必要もあります。

例えば、メリットとしてデータベースを統合できる、経営状況がリアルタイムでわかるなど、どのように活用したいかを知ることも重要です。その点も踏まえて、4つのメリットを確認しましょう。

ERPパッケージのメリット1:データベースを統合できる

ERPパッケージの導入メリットとして、データベースを統合することができます。ERPパッケージでデータベースを統合することで、管理を効率化することがすることができます。

例えば、人、モノ、カネの資源などのデータを統合し管理することができるので、時間がかかる作業も効率化することができます。

ERPパッケージのメリット2:経営状況がリアルタイムでわかる

ERPパッケージを導入することによって、経営状況がリアルタイムでわかります。ERPパッケージを導入することで、今の経営状況をいつでも確認することができます。

例えば、現時点での資源の情報を正確な最新情報で見ることによって、今後の経営の意思決定に役立ちます。また、企業全体の最適化を促進させることができます。

ERPパッケージのメリット3:パッケージング

ERPパッケージのメリットとして、パッケージングができることがあります。ERPパッケージは、企業活動を想定してプログラミングがされています。

また、経営のやり方によってカスタムや他のソフトと連動させることもできるので、企業に対して最適化をすることができます。

例えば、そういった面を運営の管理に生かせれば、大きな効率化を計ることが可能です。

ERPパッケージのメリット4:内部統制

ERPパッケージを導入することで内部統制ができます。内部統制は、義務としてJ-SOX法が2007年に成立しています。内部統制とは、業務の適性を確保するための体制を構築するための制度を指します。

もし、ERPパッケージを導入すれば、ERPパッケージは業務を最適化するためのシステムなので、有効活用することによってこの内部統制を実現することができます。

ERPパッケージのデメリット3つ

EPRパッケージは、使用するにあたりデメリットもあります。ネット環境で動かすソフトであるため、どうしてもデメリットも存在します。

また、ERPパッケージは使用方法が難しい面もあったりと、そういった面でもERPパッケージを効果的に使用できていない方も多々います。

もし、ERPパッケージを導入した場合、どのようなデメリットがあるのかを知り、導入に対しての対策をしましょう。

ERPパッケージのデメリット1:セキュリティ対策

ERPパッケージは、データを社内ではなくクラウド上で管理するため、セキュリティ対策に不安な面があります。

ERPパッケージは、どうしてもクラウド管理になってしまう面があるため、セキュリティに対する不安は拭えません。

しかし、ERPパッケージもそのようなセキュリティ面での不安を拭うための対策がされています。例えば、外部攻撃から守るためのさまざまなセキュリティシステムが導入されています。

ERPパッケージのデメリット2:システムが難しい

ERPパッケージにはさまざまなものがありますが、システムが難しいという面がデメリットになります。

ERPパッケージは、クラウド管理であるため、どうしてもデメリットになるシステムの難しさがあります。

例えば、カスタムがしにくいなど、そういった面があります。対策としては、扱いやすいERPパッケージを選ぶことです。

さまざまなERPパッケージがあるので、その中で一番あったソフトを選びましょう。

ERPパッケージのデメリット3:徹底したデータ管理が必要になる

ERPパッケージは、徹底したデータ管理が必要になる点がデメリットになります。ERPパッケージを導入した結果、データ管理が大変になることもあります。

対策としては、導入前にデータ整理をし、ERPパッケージで管理するデータは特に整理しておくことが重要です。

もし、導入するならば、どのデータを管理するのかを見直してくことが大切です。

ERP製品

ERPパッケージにはさまざまなものがあるので、その製品の一部を紹介します。さまざまなERPパッケージを知ることで、自分に合った製品を見つけることができます。

まずは、紹介するERPパッケージ製品を見てみましょう。もし、この中で自分に合ったせ品がある場合は、ぜひ導入を検討してみましょう。

GLOVIA iZ

GLOVIA iZは、「経営」「会計」「人事給与」「販売」「貿易」「生産」の 6つの業務とクラウドやデジタル技術を融合させた次世代ERPです。

充実した昨日と簡単な操作に定評があり、多くの中堅企業が支持しています。

独自のコミュニケーション機能が備わっており、社内の立場に合わせて必要な情報を素早く確認できるため、もしそういった面での機能が活用できる場面があるならば、導入をおすすめします。

ERP freee

ERP freeeは、会社を伸ばす攻めのバックオフィスクラウドです。直感的に使用できるERPパッケージで簡単に操作ができます。

また、AIが業務を効率化してくれるので、本来の業務が円滑にできます。

メールやチャットや電話での対応、サポートもスピーディーなので、もし初心者が扱う場合でも扱いやすいしサポートも受けれるのでおすすめです。

Infor SyteLine

Infor SyteLineは、製造業向けのグローバルERPパッケージです。製造業に特化しているため、製造業でのさまざまな管理を効率化するERPパッケージです。

さらに、20言語以上対応している点もグローバルERPパッケージとして魅力的な部分です。

例えば、製造業にてERPパッケージの導入を検討している場合は、強くおすすめします。グローバルな会社であれば、離れた場所でも管理できるためおすすめです。

GRANDIT

GRANDITは、さらなる進化を求める企業のために多様な働き方を支援する、進化系ERPパッケージです。

WEBで直感的に管理できるため分かりやすく、純国産のERPパッケージなので扱いやすさもあり好評です。難点は地名度が低いため、使用している企業が周りにあまり使用していない場合もあります。

だからこそ、もしこのERPパッケージを導入しその性能を周知することができれば、さらに扱いやすくなるでしょう。

自分に合ったERP製品を選ぼう

自分に合ったERP製品を選ぶことが一番大切なポイントです。自分に合うERPパッケージを選ぶことで今までの管理をさらに効率化し、業務が格段にやりやすくなります。

より自分に合ったERPパッケージを選び、業務を効率化し管理の負担を減らしましょう。

Related