Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月04日

離職票とは?離職票の交付手続きの5つの流れ|書くときの注意点2つ

こちらの記事では、会社を退職してから失業給付の手続きに必要となる離職票について説明しました。離職票を交付されるための手続きの流れ、会社から離職票を受け取ってから記入する箇所、離職票が届かなかった時の対処法などについても細かく記事にしました。

離職票とは?離職票の交付手続きの5つの流れ|書くときの注意点2つ

離職票とは

離職票は、ハローワークで失業手当の給付手続きに必要な書類です。

会社を退職した際に次の転職先が決まっていない時、退職者が失業給付の支給を受けるためハローワークで申請する必要があります。無収入になり生活の不安を抱えずに安心して就職活動ができるために、離職票について解説していきます。

退職証明書との違い

離職票とは違い退職証明書は、公的な手続きに必要ありません。

退職証明書とは、会社が対象の従業員が退職したことを証明する書類の事です。退職証明書を利用することがあるのは、国民保険に加入したいけれど会社から離職票が届かないという場合でしょう。退職した証明を退職証明書で行ったり、決まっている転職先の求めに応じて退職日を証明するのに使う書類です。

「雇用保険被保険者離職票—1」とは

「雇用保険被保険者離職票—1」は、雇用保険の資格を失ったことを被保険者に通知する書類です。

離職票—1には雇用保険被保険者番号、資格取得年月日、離職年月日、氏名、性別、生年月日、喪失原因、事業所番号、事業所名称が記載されています。

また、資格喪失確認通知書と一体になって「求職者給付等払渡希望金融機関指定届」も印刷されており、この部分に、基本手当等を振込む金融機関名を記載します。

通帳やキャッシュカードを持参する場合、金融機関確認印の欄は空白で大丈夫です。

「雇用保険被保険者離職票—2」とは

「雇用保険被保険者離職票—2」は、離職票—1とセットで発行される書類です。

離職票—2には退職者が勤めていた会社が、離職日前に支払われていた賃金の情報が記載されています。離職票—2はハローワークで確認が行われた後、公共職業安定所長の印が押され会社に交付されます。

離職票の交付手続きの流れ5つとは

離職票の交付を受けるには、離職証明書を作成して提出しないといけません。

離職証明書は会社が勝手に作成して提出してよいものではありません。必ず退職者本人にその内容を確認させ、署名を得たうえで提出しなければなりません。ここでは、交付手続きの流れについて説明します。

離職票の交付手続きの流れ1:離職証明書の作成

:離職証明書は、従業員が退職した翌日から10日以内に会社が作成します。

離職証明書の作成には退職までの給与額(賞与や退職金は賃金には含まない)なども記入しなければならないので、作成を始めた段階では完成させることができません。ただし、退職月の給与額以外は記入することができます。

離職票の交付手続きの流れ2:退職者による確認

記入を終えた離職証明書を退職者に渡し、内容の確認と署名を依頼します。

会社側が退職者に内容の確認と署名を依頼する際には、退職者自身が記入しなければならない箇所や、離職票全体についての説明をしておかなければなりません。説明事項は、記入している賃金額は給与明細の総支給額である事や、離職理由を自己都合退職としていることです。

離職票の交付手続きの流れ3:会社がハローワークへ提出する

退職者の確認を終えた離職証明書は、速やかにハローワークに届出をします。

ハローワークへ提出する際、離職証明書とあわせて雇用保険被保険者資格喪失届と、確認書類(雇用契約書や賃金台帳、出勤簿、退職届の写しなど)を提出しなければなりません。なお、ハローワークへの提出は窓口へ持参する他に、返信用の封筒を同封すれば郵送でも大丈夫です。

第十六条 事業主は、その雇用していた被保険者が離職したことにより被保険者でなくなつた場合において、その者が離職票の交付を請求するため離職証明書の交付を求めたときは、これをその者に交付しなければならない。ただし、第七条第一項の規定により離職証明書を提出した場合は、この限りでない。

出典: https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search... |

離職票の交付手続きの流れ4:会社から離職票1と離職票2が郵送される

会社側は速やかに手続きを行い離職票を郵送しましょう。

会社側がハローワークで離職票に関する手続きを行うと、退職後に会社から離職票—1と離職票—2が送られてきます。もし、退職後10日以降経っても会社から離職票が送られてこない場合は、一度会社に問い合わせした方がよいでしょう。

第十七条 公共職業安定所長は、次の各号に掲げる場合においては、離職票を、離職したことにより被保険者でなくなつた者に交付しなければならない。ただし、その者の住所又は居所が明らかでないためその他やむを得ない理由のため離職票を交付することができないときは、この限りでない。
一 資格喪失届により被保険者でなくなつたことの確認をした場合であつて、事業主が当該資格喪失届に離職証明書を添えたとき。
二 資格喪失届により被保険者でなくなつたことの確認をした場合であつて、当該被保険者であつた者から前条の規定による離職証明書を添えて請求があつたとき。
三 第八条の規定による確認の請求により、又は職権で被保険者でなくなつたことの確認をした場合であつて、当該被保険者であつた者から前条の規定による離職証明書を添えて請求があつたとき。

出典: https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search... |

離職票の交付手続きの流れ5:ハローワークに行き手続きを行う

退職者は、離職票を持参してハローワークで失業給付の申請をします。

失業給付の手続きに離職票は絶対に必要な書類になりますが、実は失業給付の申請にのみ必要な書類であって、それ以外は特に使い道はありません。厚生年金保険から国民年金保険への切り替えの手続きをする場合、退職した事の証明として使うこともできます。

失業給付を受ける場合、離職票の他に雇用保険被保険者証、証明写真、マイナンバーを証明する書類、本人確認書類(運転免許証など)、印鑑や通帳などを持参しましょう。

離職票を書くときの注意点

記入に手違いが生じてしまうと給付が遅れてしまいます。

送られてきた離職票には、退職者が記入する箇所があります。記入漏れや、記入違いがあると給付申請ができなくなりますので、ここでは注意点について解説していきます。

離職票を書くときの注意点1:離職票1

離職票1は、雇用保険の基礎データが記載されています。

ここで退職者が記入する箇所は、「個人番号(マイナンバー)」と「求職者給付等払渡希望金融機関指定届」の欄です。

「個人番号」は、ハローワークに来所したとき自分で記入します。「求職者給付等払渡希望金融機関指定届」は、給付を振り込んでもらう金融機関の口座情報を記入してください。

離職票を書くときの注意点2:離職票2

離職票2には、退職前6ヶ月間の給与額や退職理由などが記載されています。

離職票2で記入する箇所は、「該当する離職理由に〇を付ける」「具体的な離職理由の記入」「離職理由の確認と署名&捺印」の3箇所になります。

もし、離職理由が事業主と異なる場合であっても、必ず退職者自身が該当するものに〇をつけてください。具体的な離職理由も事実が異なる場合は「具体的事情記載欄」に記入してください。

最後に、事情主が〇を付けた退職理由に異議があれば「有り」、なければ「無し」に〇印を付け署名と捺印をしてください。

離職票が届かないときの対処法3つ

離職票とは?離職票の交付手続きの5つの流れ|書くときの注意点2つ
離職票は、たいていの場合2週間以内に届くものです。

会社を退職し失業給付の申請をしたいのに、「離職票が届かない」、「離職票が届かないとどうなるのか?」、「離職票がなくてどうやって手続きをすればいいの?」と悩んでいませんか。

もしも、2週間以上経過しても届かなかった場合のために、これから届かない対処法について解説していきます。

離職票が届かないときの対処法1:ハローワークに問い合わせる

離職票が届かない場合は、ハローワーク側で手続きが止まっている可能性もあります。

会社側で離職票の手続きが終わっているのに届かない場合は、会社を管轄しているハローワークに問い合わせてみましょう。

もしかしたら、ハローワークが繁忙期で離職票交付の手続きが遅れている可能性もあります。また、会社に督促しても離職票を送ってくれないケースもあります。この場合も、ハローワークに督促しても届かない旨を相談しましょう。

離職票が届かないときの対処法2:会社に問い合わせる

離職票とは?離職票の交付手続きの5つの流れ|書くときの注意点2つ
離職票が届かない場合は、まず会社に確認を取りましょう。

会社に対して離職票が届いていない旨を伝え、「交付の手続きは開始されているのか?手続きはどこまで進んでいるのか?」を確認しましょう。離職票を退職の翌日から10以内にハローワークに提出していなければ、会社は「雇用保険法」に違反していることになります。

そのため、手続きの進歩を確認することや離職票を督促することにおいては、会社に遠慮する必要は全くありません。

離職票が届かないときの対処法3:離職票無しで仮手続きをする

退職日から12日が経過しても離職票が届かない場合は、仮手続きが可能です。

離職票が届かないからといつまでも待っていると、その分失業保険の給付が遅くなってしまい無収入の期間が延びてしまいます。金銭的な危機感は精神衛生上にも良くありません。

そのため、失業保険の手続きは離職票がなくてもできます。仮手続きは、ハローワークで求職登録をした上で離職日がわかる書類(退職証明書など)をハローワークに持参すればできます。

退職者が失業給付を受けるために必要な離職票

離職票があれば円滑に失業給付の申請ができます。

いかがだったでしょうか。離職票は失業手当を受けるための大切な書類になります。特に、離職理由については支給を受けられる期間の長さや、支給開始時期に大きく関わってくるので、会社側の一方的な離職理由に流されないためにもしっかりと確認をするようにしましょう。

会社を退職し、次の会社を探すための転職活動を開始してもすぐに転職先が見つかるとは限りません。お金の不安を抱えず、安心して転職活動を行うためにも失業給付の申請はしておきましょう。

Related