Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月04日

プロジェクト管理ツールAsanaとは?特徴8つ|プラン別利用料金と機能

Asanaは自分が使いやすいように他のアプリと連携させ、自由にカスタマイズができるタスク管理・プロジェクト管理のツールです。UIがシンプルなのでITツールが苦手な人も直感的に使えます。無料プランもあるので気軽に体験してみましょう。

プロジェクト管理ツールAsanaとは?特徴8つ|プラン別利用料金と機能

Asanaとは?

Asanaは主にタスク管理・プロジェクト管理を目的としたツールのことです。元Facebookの共同創始者の1人とFacebookとGoogleで働いた経験を持つエンジニアがFacebookの開発中に開発しました。ここについては次項で詳しく説明します。

GoogleやFacebook、NASAなどの世界的に有名な企業や機構が利用しているツール、と聞けばどんな優れた機能を持つのか興味がわいてきます。

Asanaが生まれた背景

Asanaは実は、Facebook開発時に自分たちがより効率よく共同開発やタスク管理を行うために開発されたツールです。

もちろん、最初のプロトタイプは今のような機能はなかったですが、社内でプロトタイプが色々な使われ方をされているのを見て、その機能を次々とプラスしていったそうです。

実際に使われながら成長していったAsanaがここまで大きくなったのもうなずけます。

Asanaの特徴8つ

「すごいツールだということは分かったけど、実際何ができるの?」と疑問に感じているあなたに、ここでAsanaの特徴をご紹介します。Asanaの特徴を8つ知り、自社やプロジェクトへ導入するかどうか検討しましょう。

一度他のタスク管理ツールを使い諦めてしまった人や、ITツールを使うことに抵抗がある人も、Asanaなら魅力的に感じるでしょう。

Asanaの特徴1:タスクの管理が明確

Asanaはタスク管理が他のツールとは違う点があります。通常、タスクはそれぞれのプロジェクトにぶら下がっているものです。

それを関係なく自分が関わっているタスクを一覧で見られるのがAsanaです。なので自分がやらないといけないタスクが一目瞭然でわかるようになっています。

また、タスクにファイルやコメント、タグなどを紐付けることができ、いちいちタスク関連資料を探す必要がなくなります。

Asanaの特徴2:便利な「いいね」機能

AsanaにはFacebookのような「いいね(Like this)」機能がついています。タスクやメッセージについている機能なのですが、押すと関わっているメンバーに通知がいくため、「確認しました」の既読確認に使ったり、「了承しました」の承諾確認に使ったりすることができます。

また、単純に「いいね!」として使うのも問題ありません。

Asanaの特徴3:カレンダー機能

Asanaはタスクをカレンダー表示にすることができます。

タスク管理と開くと、タスクをTo Doリストのようにずらっと並べるイメージがありますが、カレンダー表示にすることでこの日までに何をするべきなのか、この日に何をするのかがわかり、他のスケジュールも調整しやすくなります。

カレンダー表示のおかげで、余裕を持ちながら仕事をできるようになった人も多いのではないでしょうか。

Asanaの特徴4:情報共有がスムーズ

Asanaは情報共有をスムーズにすることができます。先程書いたように、タスクにファイルや関係するメンバーを紐付けることができるため、登録するだけで相手へ情報共有がされます。

また、Conversation機能(会話機能)を使えば、プロジェクト全体のメンバーやチームメンバーなどに、気になる話題や知っていて欲しい情報などを簡単に共有することができます。

Asanaの特徴5:マルチデバイス対応

Asanaは基本的にWeb上で利用するため、マルチデバイス対応です。Windows、Mac、iOS、AndroidのどのデバイスでもOKです。営業先までの電車での移動中にスマートフォンから利用することもできますし、会社と家とで利用端末が違っても問題ありません。

Asanaの特徴6:使い方がシンプルで簡単

「世界の有名企業が使っているツールなんて、私たちには難しいんじゃないか」と考えてしまいます。AsanaはUIがとってもシンプルで簡単に使うことができます。ITが苦手な人でも直感的に使えるように作られています。

また、常に検索窓が表示されているので、情報量が増えどこにあるか分からなくなってしまった時にすぐ検索することができます。

Asanaの特徴7:他のアプリとの連携が可能

AsanaはZapierに対応しており、他の色々なアプリと連携ができます。すでに利用されている他のツールなどと連携することで、自分で使いやすいようにカスタマイズすることができます。

Slackを導入されている企業は多いですが、例えばSlackとAsanaを連携するとAsana上の通知をSlackで受ける事ができ、「タスク管理+コミュニケーション」といった使い方ができます。

Asanaの特徴8:ポートフォリオ機能

Asanaはポートフォリオ機能がついており(ビジネスプラン、エンタープライズプランのみ)、モニタリングをすることができます。プロジェクトマネージャーや管理担当などにはありがたられる機能です。

プロジェクトの進捗状況がわかりやすく表示されるので、今どんな状況なのかを簡単に把握することができます。また、メンバーにも共有することができるので、問題把握や解決までに時間をかけることなく行うことができます。

Asanaのプラン別利用料金と機能

Asanaは現在4つの料金プランで構成されています。

無料プランや、無料トライアルがあるので少し試してみたいという方は、まずそちらで使ってみるのがよいでしょう。また、途中で無料プランから有料プランへ変更することも可能ですので、良いなと思ったら有料プランに変更し本格的に使い始めてください。

ベーシックプラン

ベーシックプランは無料で使えるプランです。主に、プロジェクトを始めたばかりのチームや個人で使ったり、タスク管理のみで使ったりすることを想定されています。15人まで利用が可能です。

他のアプリとの連携はベーシックプランでもできるので、すでに他のアプリを使っていて補助的にタスク管理をしたい人たちにもおすすめです。ただ、機能制限が色々とあるので、きちんと確認してから使い始めるようにしてください。

プレミアムプラン

プレミアムプランは月額1,200円(年間払い、1人あたり)から利用できるプランです。10人以下での利用の場合は少人数チーム割引が適用され、月額750円(年間払い、1人あたり)から利用することができます。

主な機能とサポートはプレミアムプランで使うことができるので、1つのプロジェクトの管理をするために利用する場合や、1つの店舗などで利用する場合はプレミアムプランでも十分でしょう。

ビジネスプラン

ビジネスプランは月額2,700円(年間払い、1人あたり)から利用できるプランです。複数のプロジェクトを縦断して管理する必要がある企業や、グループにはこちらのプランがおすすめです。

さきほど説明した、ポートフォリオ機能が使えるのもこのビジネスプランからになります。そのため、プロジェクトの規模が大きかったり複数のプロジェクト管理をしていて進捗状況を確認する必要がある方は、ビジネスプランにしましょう。

エンタープライズプラン

エンタープライズプランは、ビジネスプランよりも大きい規模のプロジェクトや高度なセキュリティや細かいコントロール、Asanaのサポートが必要な方のためのプランです。

このプランはいわばカスタマイズプランになるため、Asanaのセールスチームとやり取りをして価格を設定しています。会社で独自のセキュリティ要件がある場合や、管理者権限をビジネスプランより強くする場合など、条件がある場合にはこちらを選びましょう。

Asanaについて理解を深めましょう!

Asanaはとても柔軟性があり、使い勝手の良いツールだということが理解できたでしょうか。

なんといっても他のアプリと簡単に連携ができ、自分で使いやすいようにカスタマイズができるというのが魅力的です。また、Asanaはまだまだアップデートをし続けているツールで、近日中に実装される新しい機能もあります。

各プランでできることを公式サイトで確認し、まずは無料プランや無料トライアルから気軽に体験してみましょう。

Related