Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月27日

シュキーンの特徴5つ|その他のおすすめ勤怠管理システムを紹介

昨今、働き方改革法案による企業での労働時間管理の徹底が騒がれ、従業員の労働時間や超過労働に対する管理者側の把握が求められています。シュキーンは管理者側の負担を大きく減らす便利なシステムです。シュキーンの特徴や料金プランについて詳しくご紹介します。

シュキーンの特徴5つ|その他のおすすめ勤怠管理システムを紹介

シュキーンとは

シュキーンは北海道札幌市に本社のある株式会社インフィニットループタイムが提供するマネジメント型の勤怠管理システムで、東京や仙台などに全国展開しています。

シュキーンは勤怠管理システムに必要な機能をほぼもれなく搭載している点で、中でも統計機能は抜群の機能性を誇り、ブラウザベースで打刻や管理ができたり、最初の2か月は無料でお試しできるのも嬉しいポイントです。

プランと料金

シュキーンの料金プランは従量課金制がユーザー1人あたり月額200円、最低利用料金が1拠点2,000円です。

例えば1拠点で従業員8人の会社の場合、最低利用料金の2,000円×1事業所で月額は2,000円となりますが、1拠点で授業因果50人の場合は200円×50名で月額10,000円といった具合に従業員×200円が2,000円を切る場合は最低利用料金の2,000円を払うというシステムです。

シュキーンの特徴5つ

労働時間を正確に管理できる勤怠管理システムのシュキーンは勤怠管理に必要なすべての機能を網羅している優秀なシステムです。

他の勤怠管理システムとは一線を画すシュキーンの大きな特徴を5つのポイントでご紹介していきます。

シュキーンの特徴1:簡単に打刻できる

シュキーンの特徴のひとつめは簡単に打刻ができるという点にあります。


シュキーンには「webでシュキーン」「とおってシュキーン」「かざしてシュキーン」の3つの打刻機能があり、そのうちの一つ、「webでシュキーン」は、パソコンかスマートフォンのブラウザから行えます。

色々なデバイスに対応しており、他の勤怠管理システムと比べてもとてもユニークな打刻方法を採用しているのがポイントです。

シュキーンの特徴2:クラウド上でデータを管理

シュキーンの特徴の2つめは特別なソフトウェアをインストールしなくても打刻が可能で、各種管理もクラウド上で行えるという点にあります。

特別なソフトウェアのインストールが必要ないということは、管理する側も従業員側もとても楽に検体管理が行えて、煩わしさが一切ありません。

シュキーンの特徴3:グラフでデータ管理

シュキーンの特徴の3つめは勤務時間をグラフでデータ管理できるという点にあります。

誰が何時間働いているのかグラフで表示することができ、部門ごとの勤怠データもグラフ表示させることができるので、労働時間の多い部署を特定し、業務量の見直しや人員の配置などを検討し直すことが可能になります。

働き方改革が騒がれる昨今、従業員の勤務時間の傾向が一目瞭然にグラフ化されるということは管理側にとってはとても便利です。

シュキーンの特徴4: 導入が簡単

シュキーンの特徴の4つめは導入が簡単な点にあります。

シュキーンはブラウザだけで利用可能なため、面倒くさいインストールが一切必要ありません。
さらに最初の2か月間は無料で利用ができるので、最初は費用をかけずに導入することができます。

利用にあたっては管理者アカウントと、従業員用のログインアカウントを作成になり、管理者アカウントにはメールアドレス、パスワード、組織名、電話番号の情報が必要になります。

シュキーンの特徴5:働き過ぎの社員がわかる

シュキーンの特徴3で説明したとおり、シュキーンでは従業員が労働時間が自動的にグラフ化されるので、働きすぎの社員はすぐにチェックすることができます。

働き方改革など管理側に課せられる課題が多い中、日々の勤労時間を入力するだけで簡単にそれらの対策につながるデータが視覚化されるというのはとても便利なシステムで、管理側の管理業務に関わる手間が大きく省けます。

その他のおすすめ勤怠管理システム

色々と活気的なシステムが導入されているシュキーンですが、その他の勤怠管理システムについてもご紹介していきましょう。

数ある勤怠管理システムの中からおすすめな6つの勤怠管理システムについて詳しく説明していきます。

ジョブカン勤怠管理

ジョブカン勤怠管理は利用実績30,000社以上の信頼のできるクラウド勤怠管理システムです。
ICカード打刻、指静脈打刻、モバイル打刻など色々なシーンに対応しているのが特徴です。

シフト管理や出勤管理、スタッフの管理などのデータ管理も簡単に行えて、細かな勤怠に関するルールにも柔軟に対応できる豊富な機能も揃っています。

無料トライアルも実施しているのでとりあえず試しに導入するにもおすすめです。

jinjer

jinjer勤怠管理システムは勤怠の集計工数を90%削減している勤怠システムで、従業員の正確な労働時間をリアルタイムで客観的に管理できるのが特徴です。

残業時間を超過しそうな場合は従業員と管理者に自動アラートが出て、働き方改革関連法にもスムーズに対応できます。

パソコン、スマホ、タブレットなどのweb打刻も可能で、GPS打刻によって直行直帰の従業員がどこで打刻したのかもわかります。

CLOUZA

CLOUZAは小さな企業でも決して割高になる基本料金がないスタートアップ企業や小規模店舗に雄末の勤怠管理システムです。

タブレットやパソコンからの打刻が可能でインターネットが使用できなくても24時間打刻が可能で、打刻場所も地図で特定できます。

SmartHR

SmartHRは全国20,000社以上が導入するシェア人気のクラウド人事労務ソフトで雇用契約や入社手続きなどペーパレスで完結でき、合わせて従業員情報も自動で蓄積されます。

外部サービスとの連携も充実しているのでそれぞれの会社に合った活用法ができるのがポイントです。

リクナビHRTech勤怠管理

リクナビHRTech 勤怠管理はクラウドシステムで一括管理できる勤怠管理システムでパソコン、スマホ、ICカード、指紋認証などさまざまな打刻方法が可能です。

色々な種類の残業計算の基準を社員、アルバイトなど就業ルールにばらつきのある社員ごとに設定できるのがポイントで、勤務希望日や提出、休暇申請などの申請も簡単に行えます。

Bizer

Bizerは税理士や社会保険労務士、司法書士などさまざまな専門家への相談が何度でもできる勤怠管理システムで、専門的な知識で悩む心配がなくとても便利に使うことができます。

会社設立に必要な手続きを代行してくれるのも特徴で、これから起業する方にはぜひおすすめです。

シュキーンを導入して簡単にデータを管理しよう

今回は北海道発の勤怠管理システム、シュキーンについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

働き改革が謳われる中、シュキーンは管理者側も従業員側も簡単に勤務時間を管理できる便利な勤怠管理システムです。

ぜひシュキーンを導入し、簡単にデータ管理をしてみてはいかがでしょう。

Related