Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月18日

「5年後の自分」の回答|質問の意図3つと面接のポイント4つ

面接ではしばしば「5年後の自分はどうなっていると思いますか?」といった質問がなされます。面接官はどのような意図でこのような質問をしているのでしょうか。この記事では「5年後の自分」に関する質問の意図やその回答のポイントについて解説しています。

「5年後の自分」の回答|質問の意図3つと面接のポイント4つ

面接で「5年後の自分」について聞く意図とは

就職活動にせよ転職活動にせよ、志望する企業に入社するためには面接は必ず突破しなければならない重要な関門です。

そして面接では、しばしば「5年後の自分はどうなっていると思いますか」という質問をされることでしょう。

「5年後の自分はどうなっているか」という質問を通して、面接官は応募者がしっかりとしたキャリアプランを描いている人物かどうか、自社に適合する人物像かどうかを見極めようとしています。

面接で「5年後の自分」について聞かれたときの答え方

面接をスムーズにパスするためには、面接官から「5年後の自分はどうなっていると思いますか」という定番の質問を受けることを想定して、回答を準備しておきたいものでしょう。

5年後の自分に関する質問を受けたならば、明確なキャリアプランをもとに「○○の立場から○○の仕事に携わっていたい」と述べた上で、その理由をきちんと説明することが大切です。

漠然としたものではなく、明確な将来像を描けるようにしておきましょう。

面接で「5年後の自分」について聞く3つの意図

以上では、「5年後の自分はどのようになっていると思いますか」という面接でよく聞かれる質問に対する心構えや、その答え方の基本ポイントについて解説してきました。

「5年後の自分」に関する質問をいかにクリアに説得力を持って答えられるかによって、面接官の心証は大きく変わってくるでしょう。

面接官の印象を良くするためにも、ここからは「5年後の自分」に関する面接官がしてくる意図についてご紹介していきます。

5年後の自分を聞く意図1:入社意欲

5年後の自分について面接官が聞く意図としてまず考えられるのが、どれだけ応募者に入社に対する意欲があるのかを確かめたいということです。

「なんとなく応募しただけ」「とりあえず職歴を空白にするのは避けたかったから」という理由で応募した人物は明確なキャリアプランが描けていないため、5年後の自分について尋ねられると答えに窮してしまいます。

裏を返せば、明確な将来像を答えられれば入社意欲が高いと言えます。

5年後の自分を聞く意図2:目標やキャリアプランを持っているか

ちゃんと目標やキャリアプランをもっているかを確かめたいというのも、面接官が「5年後の自分」に関する質問をする意図として挙げられるでしょう。

目標やキャリアプランを明確に定めているビジネスパーソンは総じて成長意欲が高く、目的意識が曖昧な人と違い、実際に入社するとめきめき頭角を現して職場に貢献してくれます。

だからこそ、5年後の自分に関する質問をすることで応募者の成長意欲をチェックしようとするのでしょう。

5年後の自分を聞く意図3:キャリアプランと会社の考えが合っているか

面接官が5年後の自分に関する質問をする意図のひとつとして、キャリアプランと会社の方針がマッチしているかどうかをチェックしたいということも含まれるでしょう。

会社側としては長く働いてくれる人物を採用したいと考えているのに、「5年後には起業して独立したい」と応募者が回答したならば、採用前の段階でミスマッチが生じるのは明白です。

このように、会社の方針に合う人物かどうかを見極めることができます。

面接で「5年後の自分」について聞かれたときの答え方のポイント4つ

以上では、なぜ面接でしばしば「5年後の自分」に関する質問がなされるのかを解説してきました。

面接にパスするためには、面接官の質問に機械的に答えるだけではなく、面接官は質問を通じて何を見極めようとしているのか、その意図を正確に把握することが大切です。

ここからは、「5年後の自分」について面接で問われた時の回答のポイントをご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

「5年後の自分」の答え方のポイント1:具体的に伝える

「5年後の自分」について問われた時の回答のポイントとしてまずご紹介したいのが、具体的に将来像を伝えるということです。

「とりあえず○○の分野の仕事がしてみたいです」と漠然とした回答をするのではなく、「○○の分野の中でも特に成長が見込める○○の仕事に取り組み、それを通じて○○という目標を達成していたいです」と具体的かつ明快に答えましょう。

「5年後の自分」の答え方のポイント2:会社の経営方針を意識する

会社の経営方針を意識した上で回答するというのも、「5年後の自分」に関する質問にスマートに答えるためのポイントです。

応募した会社が現在どのような分野に力を入れているのか、いかなる将来像を描いているのかをしっかりとリサーチした上で、それに沿った形で5年後の自分像を伝えることができれば、面接官に効果的にアピールすることができるでしょう。

そのためには、事前の徹底した企業分析が不可欠です。

「5年後の自分」の答え方のポイント3:仕事上での理想の自分を伝える

「5年後の自分」に関する質問の答え方のポイントとして、仕事上で自分がどのような理想を持っているのかを織り込んで伝えるというのも大切です。

もちろん将来のビジョンを現実的に描くことは必要不可欠ですが、それだけでは味気ないですし面接官の印象に残らなくなってしまうので、「この人と一緒に働きたいな」と思ってもらえるように、仕事をする際に大切にしている理想も併せて語ってみてください。

「5年後の自分」の答え方のポイント4:理想の自分になるために身につけたいスキルや努力を伝える

理想の自分になるためにマスターしたいスキルやなすべき努力を説明するというのも、「5年後の自分」に関する質問の答え方のポイントです。

面接官は応募者がどのような将来像を抱いているのかという点に加えて、それを実現するために現実的な計画を立てているのかという点もチェックしています。

単に夢を語るといった状態で終わらないように、自己実現をするための具体的な方策についても説明しましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

面接で「5年後の自分」を問われた際に避けたい4つの回答内容

ここまでは、面接時に「5年後の自分」について質問をされた時の回答のポイントについて解説してきました。

では逆に、この質問を受けた時にしてはいけないNG回答例としてどのようなものがあるのでしょうか。

ここからは「5年後の自分」に関する質問を受けた時に避けたい回答内容をご紹介していきますので、ぜひ反面教師としてチェックしてみてください。

避けたい回答内容1:漠然とした内容

「5年後の自分」に関する質問で避けたい回答例としてまず挙げられるのが、漠然とした内容です。

たとえば「大きなプロジェクトに携わりたい」「出世していたい」といった漠然とした回答をすると、面接官は「この人はキャリアプランをきちんと建てていないに違いない」「将来について真剣に考えていない」と判断するでしょう。

避けたい回答内容2:実現の可能性がない内容

実現の可能性が低い内容を答えるのも、絶対に避けるべきNG例のひとつとして挙げられます。

大したスキルも実績・キャリアもないのに「業界でナンバーワンを目指す」と大口を叩いてしまっては、面接官に「夢見がちだ」「現実がきちんと見えていない」とマイナスの印象を与えてしまいかねません。

避けたい回答内容3:プレイベート内容

「5年後の自分」に関する質問を受けたのならば、仕事に関する将来像を説明すべきであって、プライベートに関する将来像を伝えるべきではありません。

たとえば「5年後は結婚して子供を産み育てていたいです」といった的外れな回答をしてしまうと、面接官は「この人は質問の意図もこの場の空気も読めていないな」と呆れてしまうでしょう。

避けたい回答内容4:ネガティブ内容

ネガティブな内容も、避けるべきNG回答例のひとつです。たとえば、「自分なんてどうせ平社員のままだと思います」のように、自分を卑下したネガティブな回答をしてしまうと間違いなく面接官の心証を損ねるでしょう。

面接官が知りたいのは応募者のポジティブな将来像であり、そこから読み取れる応募者の成長意欲や入社意欲だからです。

「5年後の自分」面接で聞かれる意図を知っておこう

今回は「5年後の自分」について面接で聞かれる意図やその回答のポイントについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

「5年後の自分」に関する質問をされるとあらかじめ想定し、回答を準備しておけば面接がきっとスムーズにいくはずです。

ぜひ今一度、「5年後の質問」をする面接官の意図やその答え方についてチェックしてみてください。

Related