マネジメントとは?主な仕事内容6つとマネジメント成功のポイント3つ

マネジメント

マネジメントとは?

マネジメントという英単語をそのまま訳すと、「経営」や「管理」という意味です。現代では、組織を運営したり管理を行う際の用語として幅広く扱われます。

マネジメントを行う人をマネージャーと言い、1つの組織の責任者です。人によっては、マネジメントは組織の成果を向上させる機能や道具と定義します。組織の目標を設定することで、目標を達成するためにリスクの管理や経営資源の管理を行います。

マネジメントの定義

マネジメントは管理以外に、組織の成果を上げるための機能や道具という意味があります。もう少し詳しく説明すると、企業の情報や資金、人材などの資源を管理し、リターンとリスクを見据えて最大限の効果を得る手段です。

現代では常に状況に応じて変化し、組織を運営しなければいけません。すなわち現場で人材を育成したり、生産性の向上に向かって効率化を戦略的に続けていく必要があります。

マネジメントの役割

マネジメントの目的は、組織に残された人材や資金、情報などの資源を効率的に運用し、目標に向けて組織を発展させ続けることです。

細かく分類すると、マネジメントの役割は3つに分類されます。1つ目は組織ごとに社会的機能を全うし、本業で社会に貢献すること、2つ目は組織のメンバーが生産的に業務を行い、自己実現を達成できるようになること、3つ目は社会を害さず、社会的責任を果たすことです。

マネジメントの目的

マネジメントは単に管理を行うだけでなく、評価や改善、分析、調整、選択なども行わなければいけません。すなわち組織における多くの資源を効率的に運用し、高い目標に向けて組織を発展させていくことがマネジメントの目的です。

マネジメントは管理という意味もあるため、指定された範囲から逸脱しないことも目的に含まれます。一方で現代社会におけるマネジメントとは、組織の改善や分析を目的としてきます。

マネジメントの主な仕事内容6つ

マネジメントは主に、組織の成果を向上させるための機能や道具であると定義されています。現代ではほとんどの人に馴染んでいますが、日本では管理、英語では取り扱いや処置と定義されているため、国ごとで解釈が異なります。

最初に組織の目標を設定し、設定した目標を達成するための管理を行います。部署ごとのメンバーの健康や能力開発のサポートも行います。ここからは、マネジメントの主な仕事内容を詳しく見ていきましょう。

マネジメントの主な仕事内容1:目標管理

目標管理のマネジメントは、自分が所属する部署の目標を設定し、部下の実績や働き方をサポートを行うことです。組織全体の目的や理念を押さえた上で、ゴールに向けて段階ごとにサポートしていきます。

ミーティングを定期的に行うことで、目標と任務を繰り返し伝えることや、目標を共有して個人ごとに目標を自己申告させ、全員の目標を1つにまとめることで納得させます。目標に対する期待も、同時に伝えなければいけません。

マネジメントの主な仕事内容2:業務の進捗管理

部下1人1人の目標が定まったら、目標の達成に向けて業務の進捗をマネジメントしていきます。進捗状況を把握し、部下が安心して業務を行えるようにサポートしていくことも仕事の1つです。

管理体制は期間を決めて行い、達成率と進捗率を管理していきます。進捗が予定どおり続く場合、さらに上を目指せるようにサポートを続けていきましょう。上手く進まない場合は原因を押さえ、交渉をサポートしていきます。

マネジメントの主な仕事内容3:チーム作り

どんな仕事も、1人で行っていくのは無理があります。チームで業務を行うには役割を分担し、目標に向かってチームを引っ張っていくのがマネジメントの仕事です。

チームメンバーのモチベーションとなっている物を見つけ、1人1人の経験や得意分野を踏まえた上で役割を分担するのが主な仕事です。メンバーそれぞれが目標を達成させようと、それぞれの得意分野を活かして協力して仕事をする雰囲気を作っていきます。

マネジメントの主な仕事内容4:人材育成

チームメンバーが自分の得意分野を発揮することで、1つのチームはスムーズに機能します。チームメンバーが他のプロジェクトや部署でも、自信を持って新しい業務に取り掛かれるように、計画的に能力を引き出していくのがマネジメントの仕事です。

本業での指導は欠かさず、通信教育や研修制度への参加を促すのも業務の1つです。メンバー1人1人の個性や適性を押さえ、成すべき業務や担当する業務を振り分けます。

マネジメントの主な仕事内容5:評価

最初に設定した目標に対して評価を行い、さらに評価を下すための尺度の改善や整備を行います。目標設定と評価は必ず一緒に行わなければいけません。チームメンバーと定期的に業務の進み具合や何を行っているかを確認し、改善点があれば改善策を提供します。

評価を定期的に行うことで、業務がスムーズに進むようになるでしょう。正しくマネジメントを行い、メンバー全体の技術向上を行っていきます。

マネジメントの主な仕事内容6:メンタルヘルス

現代はストレス社会と言われているため、チームメンバーの精神面をケアするのはとても大事な役割です。身体的な健康維持にも気を配る必要があり、ストレスの主な原因は職場の人間関係で、次に挙げられるのは職場の業務内容です。

マネージャーは、メンバーの小さな異変に気付かなければいけません。そのためにはメンバーから相談を受けやすい雰囲気を作ったり、いつもと違った雰囲気がないかどうかを見極める力が必要です。

マネジメントに必要なスキル4つ

マネジメントは経営を管理することで、主に企業組織データ分析や運営なども行います。社会人でなく学校の部活動のマネージャーの場合は、監督するだけでなく上の立ち場の人や部員のサポートを担当するのがほとんどです。

ビジネスにおけるマネジメントは監督の役割があるため、チームで方針を決めて計画を立て、組織のメンバー1人1人の役割を分担します。ここからは、マネジメントに必要なスキルを詳しく見ていきましょう。

マネジメントに必要なスキル1:的確な意思決定

人は何かを判断する際に、理念や価値観を中心に答えを見つけていきます。マネジメントの方針が誤っていると、チームメンバーに不信感を与えてしまうでしょう。マネジメントを行う場合はビジョンを確立させ、意思を固めて組織を動かしていきます。

マネジメントを行うと色々なところで決断を迫られ、何を優先すべきなのかなどを毎日考えていく必要があります。定期的に何を優先するかを考え、チームの動きを決定します。

マネジメントに必要なスキル2:コミュニケーション能力

コミュニケーションスキルが高ければ特別優れているとは断言できませんが、情報を共有しやすい環境を整えられると、マネジメントにはとてもプラスになります。マネジメントは1人で黙々と行う仕事ではありません。

組織の大きさによらず、基本的には多くの人と繋がりを持ちながら目標を達成することができるでしょう。コミュニケーションは話し相手がいることで成立するため、話す人同士の立場を事前に理解しておく必要があります。

マネジメントに必要なスキル3:管理能力

管理能力は実績に対する評価を行える力で、組織が決めた目標に対して、現状において方向性を修正する必要があるかどうかを考えます。管理とは仕事をメンバーに与え、現状から修正箇所があった場合はどう直していくかをサポートすることです。

計画に沿って業務を進め、納期を守っていくことは全部の仕事に言えることです。しかしプロジェクトが大規模であるほど、予定どおりの計画で進めていくのが難しくなってしまうでしょう。

マネジメントに必要なスキル4:経営に関する知識

マネジメントに関しては、最低限の経営の知識が必要です。現代は過去に比べて、経営に関する知識が増えてきています。経営の知識を活かせば計画がスムーズに動くわけではありませんが、経営課題の本質を捉える力が必要です。

腕の立つマネージャーになるために必要な万能薬という物はなく、多くの課題を地道にクリアしていかなければいけません。上述の内容を意識し、少しずつ知識を蓄えていくのが的確な方法です。

マネジメントを成功させるポイント3つ

マネジメントを成功させるには、3つのポイントを押さえなければいけません。それは「情報共有」「目的と成果の可視化」「職場に振り回されないこと」です。

マネジメント能力を活かすには、チームメンバーがマネージャーを信頼している必要があります。メンバーからの信頼が得られていなければ、皆から意見を聞きたくても本音を話してくれません。ここからは、マネジメントを成功させるポイントを詳しく見ていきましょう。

マネジメントを成功させるポイント1:情報共有を徹底させる

マネジメントを成功させるには、情報を共有しましょう。情報共有はどこでも重要なことですが、組織を動かす場合においてもとても重要です。

チームメンバー同士で情報を共有させることで、組織全体のすれ違いを防ぐことができ、組織全体で同じ目標の達成に向かって動いていけるでしょう。そのためには普段からコミュニケーションを徹底させ、常に現状を把握しておかなければいけません。

マネジメントを成功させるポイント2:目標と成果を可視化させる

目標と成果を可視化させることで、マネジメントをする目的が定まります。普段はあまり行うことがない仕事においても公正に評価をすることができるため、組織全体の活力やモチベーションを上げられるでしょう。

目標と成果の可視化には、質問する能力が欠かせません。チームメンバーから自分の意見を全て聞いたら、自分が正しく理解できているかどうかを確認しましょう。その上で可視化された現状をどう受け止めているかを尋ねます。

マネジメントを成功させるポイント3:現場の意見に振り回されない

マネジメントを成功させるには、現場の意見に振り回されないように気を付けましょう。マネジメントは現場で出た意見を尊重することが大切ですが、客観的にマネジメントを行う場合は周りの意見に従いすぎてはいけません。

チーム全体の現状を把握し、メンバーとマネージャーの意見を一致させたら、後はメンバーに任せてみましょう。マネージャーがメンバーを信頼しているかどうかで、業務の成果が大きく違います。

仕事内容や必要スキルを知りマネジメント力を上げよう

マネジメントを行う人は、マネージャーに認定されたからではなくマネジメントが上手な人が主に行う場合が多いです。すなわちマネジメントが上手であれば、誰でもマネージャーになることができます。

職場内の立場に関係なく、マネジメント要素は毎日仕事をする上で少しは関わりがあることでしょう。やってみたいかどうかは別として、マネジメントを引き受けてはいけないというわけではありません。

タイトルとURLをコピーしました