新人教育の重要性と目的とポイント6つ|間違った新人教育4つを紹介

マネジメント

新人教育の重要性と目的

昨今は、ビジネスの急激な変化、人材不足、新人や若手社員の離職などによる問題で新人教育の在り方が重要視されています。

即戦力になることはもちろんですが、色々なビジネスの変化にも対応できるマインドがもてるように新人教育をすることが求められています。

重要性

ビジネスにおいて、企業の新人教育が重要視される背景には、労働力不足とビジネスの複雑さ、変化するスピードがあります。

慢性的な労働力不足により、上司や先輩社員が業務に忙しくなり新人の教育ができないという状況になっています。そのため、新人の離職が増加しています。

また、ビジネスが複雑で変化のスピードも速く、新人でも自分で考えて行動するというスキルが必要となっています。そのため、新人教育が重要となっています。

目的

新人教育の目的は、学生から社会人へのマインドチェンジと、仕事へのモチベーションの維持、ビジネスマナーや社会人としての心構えを教えることです。

学生からすぐに入社した新人は、学生のマインドから社会人へのマインドへ切り替えないといけません。そこで、新人教育によってビジネスマナーなどを教え、マインドの切り替えを行います。

会社が成長し続けるためには、新人教育が必要不可欠となります。

新人教育のポイント6つ

新人社員はまだ仕事のやり方や流れは理解していないので、新人教育で丁寧にステップを踏んで教える必要があります。

ここでは6つのステップで新人教育を行う方法を紹介します。新人社員が会社の成長のために即戦力になるよう、ひとつひとつ丁寧に確認しながらやっていきましょう。

新人教育のポイント1:心の準備をさせる

仕事に慣れていない新入社員に仕事をお願いする前に、仕事の意味と重要性を伝える必要があります。

新入社員を仕事をお願いするときに、ただ仕事をさせているだけでは本人がやりがいを感じることができずにモチベーションが下がってしまいます。

今やっている仕事が「どんな仕事・業務で」「どんな意味のある仕事」なのか最初にわかっていると自分が会社にとってどんな存在なのかを理解することができ、モチベーションの維持に繋がります。

新人教育のポイント2:業務の説明をする

新人社員には、仕事のやり方や流れを説明しましょう。上司や先輩社員にとってあたりまえの仕事でも、新人社員にとっては初めての仕事となります。

仕事の流れや作業方法などを伝えることで、頭の中である程度の流れをつかむことが可能になります。面倒でも、スムーズに仕事を進めるために必要です。

新人教育のポイント3:実演して見せる

新人社員に仕事の流れや作業方法を伝えた後は、自分が実際にやって実演してください。新人社員は、頭に作業流れが入っていますが、実演することでより具体的な仕事の流れを理解することが可能です。

新人教育のポイント4:実際にやらせてみる

仕事の流れややり方を説明し、自分で実演したあとは新人社員に実際にやらせてみて下さい。

失敗したり、教えた内容を覚えていなくてもいいので、まずは一連の流れでやらせてみることが大事です。

また、頭では理解していても、実演してみることでどのように動いたらいいのかを体感することが可能です。

新人教育のポイント5:評価する

新人社員が頼まれた仕事をやり終えたら、できていた部分を評価しましょう。初めてやる仕事なので、失敗することは当たり前という前提で見ることが大事です。

上司や先輩社員に評価されることで、新人社員は仕事への向上心と能力を高めていきます。評価した後に、できなかった部分を伝えると新人社員は素直に受け止めてくれます。

失敗したことに対しては、責めるという形ではなく、なぜ失敗に至ったのかを確認しどのように対応したらよいのかをアドバイスすると良いです。

新人教育のポイント6:覚えたかを確認

最後に仕事の流れややり方を覚えたか確認しましょう。一度経験したことを言葉に出すことでさらに深い学びになります。

新人社員から質問があった場合は丁寧に教えてあげましょう。仕事に慣れていない新人社員はひとつひとつが初めての仕事ばかりです。最初につまづいてしまうと、今後の仕事のモチベーションにもつながっていきますので、慣れるまで根気よく教えていくことがポイントです。

間違った新人教育4つ

新人教育を間違えると会社の成長を妨げることにもなりかねません。自分には常識でも新人社員にはそれが通用しないことがあります。

自分の目標を押し付けたり、新人社員にはわからない社内用語を使ったりすることは新人社員が混乱します。また、自分の成功談を話したり仕事の話だけをするなど、新人教育を間違えてしまうと、その後の修正に時間がかかったりするので注意しましょう。

間違った新人教育1:自分の成功談を話す

新人社員に自分の成功談を話すことは新人社員の士気を落としてしまうのでやめておきましょう。上司や先輩社員は新入社員にとっては仕事ができる憧れの存在です。

新人社員は、仕事を難なくこなしている先輩と仕事がうまくいかない自分を比べて落ち込むこともあります。また「先輩はできるから自分に無理を押し付けるんだ」という気持ちが芽生えてしまうと心を閉ざしてしまいます。

ですが、成功談ではなく失敗談を話してあげると話に耳を傾けてくれ、心を開いてくれます。

間違った新人教育2:社内用語を使う

新人社員にはまだ社内用語がわからないことが多いのでモチベーションの低下につながります。わからない社内用語の多様はやめておきましょう。

新人を前に社内用語を多用して、他の社員と話をしていると新人社員が疎外感を感じてしまいます。そこでモチベーションを下げてしまうと、今後の仕事にも影響を与えてしまいますので、社内用語は教えながら使うようにしましょう。

間違った新人教育3:プライベートの話はしない

新人社員とプライベートの話を共有し、お互いの性格や行動の特性がわかっていると仕事の話がスムーズにすることができます。

趣味の話や身近な話などからはじめ、少しずつ新人社員の心を開いていきましょう。仕事の悩みや考えていることなどを共有することで、お互いに気持ちの良く仕事を進めることが可能となります。

間違った新人教育4:自分の目標を押し付ける

新人社員には新人社員なりの目標があるので、新人教育では自分の目標を押し付けるのはやめましょう。会社に目標がありますが、全ての社員が会社と同じ目標があるとは限りません。

新人社員でも働く目的はそれぞれで、全ての社員が「給料の増加」が働く目的ではありません。新人社員の目標を知り、新人教育ではその目標に沿った指導方法が望まれます。

適切な新人教育をすることを心がけよう

適切な新人教育を行うことで、新人社員は早い断簡で即戦力となってくれます。新人教育を間違えると新人が活躍する時期も遅れてしまうので、注意が必要です。

先輩社員や上司が培ってきた経験をいかし、新人教育を実りあるものにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました