Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月28日

在宅勤務者の勤怠管理を行う方法|人気の勤怠管理システム7選

勤務形態の一つに在宅勤務があります。こちらでは、在宅勤務のメリット・デメリットや在宅勤務者の勤怠管理を行う方法をご紹介していきます。また、人気の勤怠管理システムも7つご紹介します。在宅勤務者の勤怠を管理したいという方は、ぜひご覧ください。

在宅勤務者の勤怠管理を行う方法|人気の勤怠管理システム7選

在宅勤務の現状と将来性

在宅勤務者の勤怠管理を行う方法|人気の勤怠管理システム7選
在宅勤務とはテレワークともいい、自宅で働く勤務スタイルのことです。近頃インターネットや通信環境の発展によって在宅勤務を許可する企業も増えてきています。

しかし、在宅勤務にはメリットがある一方でデメリットもあります。また、在宅勤務を導入することで勤怠管理の方法などに工夫が必要となります。こちらでは、在宅勤務の現状と将来性についてご紹介していきます。

在宅勤務とは

在宅勤務者の勤怠管理を行う方法|人気の勤怠管理システム7選
在宅勤務とは自宅を就業場所として働くことが許可されている勤務スタイルですが、主に自宅のパソコンやノートパソコンなどを使って業務を行っていきます。

また、会社との連絡には電話やファックスだけではなくインターネットを利用したコミュニケーションツールやアプリなどを使うことが多いです。在宅勤務はIT関係だけではなく、さまざまな職種に取り入れられてきています。

在宅勤務の現状

在宅勤務者の勤怠管理を行う方法|人気の勤怠管理システム7選
在宅勤務は増加しているとはいえ、実際に認められている人は少数です。企業によっては、在宅勤務を導入してみてもうまくいかずに中止したところもあります。

また、在宅勤務は誰でも取り入れられるわけではなく、自宅に仕事専用のスペースを確保できないと難しいでしょう。しかしながら、育児や介護中の社員のみ在宅勤務を認めるなどの企業も少なくありません。

在宅勤務の将来性

在宅勤務者の勤怠管理を行う方法|人気の勤怠管理システム7選
では、在宅勤務は今後どうなっていくことが予想されるのでしょうか。実際には、在宅勤務導入のハードルが下がれば広まっていくことが予想されます。

在宅勤務のハードルにはさまざまな点がありますが、上層部が懸念する点はコミュニケーションの幅が限定される点だといえるでしょう。

在宅で仕事ができるというメリットは理解していても、今まで自分の見える範囲で仕事をしていた部下を、どう管理していいか戸惑ってしまいます。

在宅勤務者の勤怠管理を行う方法

在宅勤務者の勤怠管理を行う方法|人気の勤怠管理システム7選
在宅勤務が懸念される原因として、社員の業務を行動を会社が把握しづらいという点があります。業務の進捗状況だけではなく、勤怠管理が難しくなるという課題もあります。

業務の進捗状況は電話やインターネットを利用したコミュニケーションツールで管理することが多いですが、勤怠管理方法はどうしたらいいのでしょうか。

ここからは、在宅勤務者の勤怠管理を行う方法についてご紹介していきます。

会社側が就業規則を整理する

在宅勤務者の勤怠管理を行う方法|人気の勤怠管理システム7選
在宅勤務を行う場合、社員の就業規則に注意しましょう。在宅勤務に関連する内容は就業規則に規定しなければなりません。

具体的には、在宅勤務の社員が勤務先と異なる場所で就業することになることを明示した書面を交付する必要があります。

人気のクラウド型勤怠管理システム7選

在宅勤務者の勤怠管理を行う方法|人気の勤怠管理システム7選
在宅勤務者の勤怠管理には、クラウド型の勤怠管理システムがよく利用されています。やはり、法律に則って勤怠管理を行う上でクラウド型勤怠管理システムは非常に便利です。

通常の勤務管理ではタイムカードの打刻や出勤簿で問題なく管理ができていても、在宅勤務者の勤怠管理を同じようにはできないでしょう。ここからは、おすすめのクラウド型勤怠管理システムをご紹介していきます。

1:jinjer勤怠

jinjer勤怠管理システムは、低価格の料金プランが魅力です。クラウド型勤怠管理システムは価格帯などを踏まえて、導入する上でのハードルが低いという特徴があります。

その中でも、jinjerは業界最安値ともいえるレベルの料金プランが用意されています。初期費用が一切かからないだけでなく、全ての機能を利用しても1人あたり月額300円で運用することができます。

2:就業奉行10

就業奉行10は、クラウドサービスだからこそ実現できる柔軟な打刻方法を選ぶことができます。

在宅勤務者はPCやスマホなどでWeb打刻を行うことができるだけではなく、PCやスマホから勤怠に関する申請や承認を行うこともできます。管理者にはその都度通知を送ることができるため、承認漏れを防ぐことにもつながります。

3:Money Forward クラウド勤怠

Money Forwardクラウド勤怠は、従業員の勤怠状況をリアルタイムで確認することができるクラウド型勤怠管理システムです。

そのため、今後も多様化していくであろう就業規則にしっかりと対応していくことができます。また、イレギュラーな打刻や残業時間の超過を検知できるなど、36協定の遵守状況も常に確認することができます。

4:リクナビHRTech 勤怠管理

リクナビHRTech勤怠管理も、リアルタイムで勤怠管理を行うことができます。社員のPC・タブレット・スマホでリアルタイムに勤怠管理ができます。

その他にもICカードリーダーや指ハイブリッドリーダーなどにも対応しています。さまざまな種類の打刻方法が特徴のクラウド型勤怠管理システムです。

5:勤之助ver.2

勤之助ver.2は、同日に複数回の打刻が可能なため、正確な実働時間を計算ができることが特徴のクラウド型勤怠管理システムです。

また、ワンクリックで日本語画面を英語版に切り替えることができます。英語版は1人当たり月額400円ですが、日本語と英語で表示できるため外資系企業でも安心です。

6:シフオプ

シフオプは、複数の店舗でアルバイトやパートのシフトなどを管理するために開発されたシフト管理システムです。初期費用はかからず、1人あたり月額300円という低料金で在宅勤務者にも活用することができます。

7:Zoho ピープル

Zoho ピープルは、社員一人一人が打刻を行えるだけでなく個人データやスキルセットなど重要な情報を更新することができます。

また、管理者は部下に関連する全ての情報にアクセスすることができます。人事管理も一括で行えるため非常に便利です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

在宅勤務のメリット・デメリット4つ

在宅勤務者の勤怠管理を行う方法|人気の勤怠管理システム7選
在宅勤務を導入する企業は徐々に増えていますが、中には導入後に撤回した企業もあります。在宅勤務のような新しい働き方を導入する際は、メリットだけでなくデメリットにも注目する必要があります。

ここからは、在宅勤務のメリット・デメリットをご紹介していきます。労働時間や育児・介護などによるブランクを軽減できる反面、情報やプライバシー管理などに課題があるといわれています。

メリット

在宅勤務者の勤怠管理を行う方法|人気の勤怠管理システム7選
在宅勤務という新しい勤務スタイルは、企業と社員にどのようなメリットがあるのでしょうか。メリットとしては、労働時間の有効活用やワークライフバランスが向上する点が上げられます。

また、育児や介護などを優先しなければならない社員がブランクなく働くことができるという点も注目されています。

1:労働時間の有効活用

在宅勤務者の勤怠管理を行う方法|人気の勤怠管理システム7選
在宅勤務は、労働時間を有効活用ができるというメリットがあります。特に、育児中の社員や介護が必要な身内がいる社員は、仕事を休職することなく業務を行うことが期待できます。

育児や介護をしている社員にとって、在宅勤務は非常に魅力のある働き方だといえるでしょう。

2:ワークライフバランスが向上する

在宅勤務は、ワークライフバランスの向上にも期待ができます。ワークライフバランスとは、仕事と私生活を両立させることを意味しています。

仕事に対するやりがいや充実感と、家庭や社会との関わりを両立させることが期待できる働き方です。理想のワークライフバランスを実現する上で、在宅勤務は魅力のある働き方だといえます。

3:育児・介護などに関係なく働くことができる

在宅ワークのメリットは、育児や介護をしなければならない人にとって働きやすい環境作りだといえます。実際に、育児や家事、介護との両立のために在宅勤務を選ぶ人も多いといわれています。

企業としても優秀な人材を手放さずに済むため、お互いにメリットがある働き方だといえるでしょう。育児や介護と両立できる働き方は、現代の社会情勢にマッチしているといえるでしょう。

4:ブランクなく働くことができる

在宅勤務は、さまざまな事情の人にもチャンスが与えられる勤務スタイルだといえます。在宅勤務であれば出社する負担を軽減することができるため、出社が困難でも環境さえ整っていればブランクなく働くことができます。

企業にとっても、人材を有効に活用できるためメリットがあります。

デメリット

在宅勤務者の勤怠管理を行う方法|人気の勤怠管理システム7選
では、在宅勤務にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。在宅勤務のデメリットとして上げられるのは、情報やプライバシー管理が大変であったり緊急時の対応に遅れが出やすいという点です。

また、労働時間の管理や業務に関する時間の管理もむずかしいことが懸念されます。自それぞれ、具体的にご紹介していきます。

1:情報やプライバシー管理が大変

在宅勤務者の勤怠管理を行う方法|人気の勤怠管理システム7選
在宅勤務は、情報セキュリティ面で不安を感じるという声も多く見受けられます。社員が外部に情報を持ち出すことによって情報漏洩のリスクは高まります。

自宅のパソコンなど利用する端末のセキュリティに関して、しっかりと対策しなければなりません。在宅勤務者には、情報セキュリティに関する研修を行っておくべきでしょう。カフェのフリーWi-Fiで仕事をするリスクなどを共有しておくといいでしょう。

2:労働時間の管理が難しい

在宅勤務は、労働時間管理が難しいといわれています。打刻の時間や業務を中断する際のルールなどをあらかじめ決めておくことが必要です。

企業によっては、社内ネットワークのログイン・ログアウトの時間によって労働時間の管理を行っているところもありますが、トラブルが発生した場合を考えるとログイン・ログアウトの時間だけでは労働時間の管理は不十分だといえるでしょう。

システムを作って管理する必要があります。

3:時間の管理が難しい

在宅勤務は上司が同じ空間にいないため、本人の申告に委ねられる部分が非常に多いです。そのため、自己管理ができていないと業務の進捗に影響が出るなどの不安があります。

在宅勤務者に向けたルール作りをしっかりと行った上で導入する必要があるといえるでしょう。

4:緊急時の対応に遅れが出やすい

在宅勤務は、その特性上どうしても緊急時の対応に暮れが出やすいといわれています。在宅勤務者との連絡には、タイムラグが生じてしまう傾向があります。 こちらも、緊急時に備えて事前にルール作りが求められます。

在宅勤務でもしっかりタスク管理を行いましょう

在宅勤務者の勤怠管理を行う方法|人気の勤怠管理システム7選
いかがでしたか。在宅勤務はまだまだ普及の段階ですが、大手企業が取り入れるなど徐々に広がりをみせています。在宅勤務で重要なことは、個人の勤怠管理だけでなくタスクを管理することです。

在宅勤務でもしっかり勤務管理やタスク管理を行うことができれば、オフィスに行かなくても働き方を選ぶことができるようになっていくでしょう。

Related