Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月07日

新たな発想が生まれるポイント10こ|新たな発想ができない人の特徴を紹介!

ビジネスを飛躍させるためには、新たな発想を得てそれを具現化することが欠かせません。では、新たな発想を得るにはどうすればよいのでしょうか。この記事では新たな発想を得るための秘訣やポイントをご紹介しているので、ぜひご覧ください。

新たな発想が生まれるポイント10こ|新たな発想ができない人の特徴を紹介!

新たな発想を生むための生活習慣とは?

ビジネスを飛躍させるためには、古い考えやビジネスシステムに固執せず、頭を柔軟にして新たな発想を生み、それを具現化することが必要です。

しかし、そうは言っても新たな発想を生み出すのはなかなか難しいことでしょう。新たな発想を生み出したいのならば、同じ環境に身を置かずに、新しい知識や考え方と接することができる環境に身を置き、さまざまな人と積極的に交流を図る生活習慣が大切です。

新たな発想が生まれるポイント10こ

新たな発想が生まれるポイント10こ|新たな発想ができない人の特徴を紹介!
新たな発想を次々と生み出し、革新的なビジネスモデルを創り上げることができる人もいれば、一向に新たな発想を得られず、古いビジネスモデルとともに追いやられてしまうビジネスパーソンもいます。

新たな発想を得るためには難しいことは必ずしも必要なく、いくつかのコツをおさえておけばOKです。ここからは新たな発想が生まれるポイントを10個ご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

新たな発想が生まれるポイント1:具体的な目標をもつ

新たな発想が生まれるポイントとしてまず挙げられるのが、具体的な目標を作るということです。

やり遂げたい目標がなければ、何をどのようにすればよいのか全く道のりが見えず、新たな発想を生み出すための土壌も得られません。

自分がやり遂げたいこと、実現したいことをまずは明確に掲げ、それを現実のものにするためにはどうすればよいのかを常に考えるようにすれば、新たな発想が生まれやすくなるでしょう。

新たな発想が生まれるポイント2:何事も熱意を持って真剣に考える

新たな発想が生まれるポイント10こ|新たな発想ができない人の特徴を紹介!
何事も熱意をもって考えるようにするということも、新たな発想が生まれるポイントとして挙げられるでしょう。

たとえ小さなことや些細なことであっても適当に考えたり無視をするのではなく、「どうしてなんだろう」「これはどういうことなんだろう」と疑問を抱き、それをとことん突き詰めて考えるようにすれば、他の人には思いつきもしないような、独創的で新たな発想を生み出すことが可能になります。

新たな発想が生まれるポイント3:発想が生まれやすい場に身を置く

新たな発想が生まれるポイント10こ|新たな発想ができない人の特徴を紹介!
新たな発想を生み出すためには、アイディアが生まれやすい場所に身を置くということも挙げられるでしょう。

何の刺激のない場所に身を置いてもアイディアは生まれてこないので、多くの人が集まる場所やクリエイティブな考えの持ち主が多い場所、あるいは異文化が体験できる場所など、刺激の多い環境に積極的に身を置くことが大切です。

インスピレーションを受けやすい環境の中にいれば、新たな発想も生まれやすいでしょう。

新たな発想が生まれるポイント4:知識や知恵の情報を得る

新たな発想が生まれるポイント10こ|新たな発想ができない人の特徴を紹介!
知識や知恵を得るということも、新たな発想を得るために必要なことでしょう。何もないゼロの状態から独力で新たな発想を生み出すのは不可能ですので、着想を得てアイディアを具体的な形にするためにも、何かを思いつくのに必要な知識や知恵をきちんと自分の中に準備しておかねばなりません。

新たな発想を次々に生み出せる人は、決まって勉強家で努力家です。勉強を怠らず、知識や知恵をどん欲に吸収していきましょう。

新たな発想が生まれるポイント5:相手にとってのベストを考え抜く

新たな発想が生まれるポイントとして、相手にとってのベストを考え抜くということも大切です。

「お金を稼ぎたい」「成功したい」「賞賛されたい」といった自分の欲にもとづいてビジネスを考えるのではなく、クライアントなど自分以外の具体的な人のことを考え、その人のためになることを徹底して考えるようにしましょう。

自分ではなく相手の視点に立って物事をより深く考えられるようになった時、新たな発想が生まれます。

新たな発想が生まれるポイント6:過去の事例と関連づける思考をもつ

過去の事例と関連付けて考えられるようになるということも、新たな発想を生むためのポイントとして挙げられるでしょう。

「温故知新」という言葉があるように、古きを知り、そこから未来のための教訓や成功例を引き出すことによって、新たな発想を生み出すことができます。

イノベイティブなビジネスモデルを構築した過去の偉人の考え方や行動を知れば、きっと参考になるでしょう。

新たな発想が生まれるポイント7:まずは全てのことを真似てみる

新たな発想を得たいならば、まずはお手本となるものや人の全てを真似てみてはどうでしょうか。

目指すべき目標があるならば、それに倣って考え方や行動を変えてみれば自分にとってよい刺激となり、結果として新たな発想が生まれやすくなります。

世界的企業を立ち上げたビジネスパーソンや、そのビジネスモデルの特徴や成り立ちを知り、それを参考にしてみてください。

新たな発想が生まれるポイント8:今後の来を見据える

新たな発想が生まれるポイント10こ|新たな発想ができない人の特徴を紹介!
将来を見据えるということも、新たな発想を生み出すためのポイントとして挙げられます。

今流行っていることにもとづいて何かを生み出したとしても数年先にはすぐにすたれてしまうため、長期的な視野に立ち、今後どのように社会やビジネスが変化していくのか、また将来どのような需要が生じるのかを考えるようにしましょう。

先を見据える目を持つことができれば、画期的な発想を生み出すことも可能です。

新たな発想が生まれるポイント9:日常の視野や常識にとらわれない

新たな発想が生まれるポイント10こ|新たな発想ができない人の特徴を紹介!
新たな発想を生み出すのに必要なこととして、日常や常識に囚われないというのも重要でしょう。

「こんなの常識的じゃない」「普通はこうは考えないはずだ」と、日常のルーティーンや常識で自己抑制をしてしまうと、新たな発想も生まれなくなってしまいます。

常識という自己抑制を取り外し、「常識から外れてもよい」「今までとは違っても問題ない」と考えるようにすれば、おのずと新たな発想が生み出されるはずです。

新たな発想が生まれるポイント10:ひとつのことを徹底してみる

ひとつのことを深く掘り下げるということも、新たな発想を得るために必要なことでしょう。

いろんなものに手を伸ばしてどれも中途半端な状態で終わってしまうと、物事を深く考えそこから新たな着想を得ることができなくなってしまうため、ひとつのことを徹底してやり遂げるような習慣をつけることが大切です。

最後までやり抜く力を身につけることができれば、新たな発想を生み出しやすくなるはずです。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

新たな発想ができない人の特徴3つ

新たな発想が生まれるポイント10こ|新たな発想ができない人の特徴を紹介!
残念ながら、世の中には頑張ってみても新たな発想ができない人が一定数存在します。ここからは、新たな発想ができない人ならではの特徴をご紹介していきますので、このような特徴をぜひ反面教師としてみだくさい。

新たな発想ができない人の特徴1:明確な目標がない

新たな発想ができない人の特徴としてまず挙げられるのが、明確な目標を持っていないということです。

目標がなければモチベーションややる気も出ないものですし、また何をどのように考えればよいのかの道筋も不明瞭になるので、考えがどんどん拡散してしまい、具体的かつ新たな発想を生み出すことはできなくなってしまいます。

新たな発想ができない人の特徴2:群れる人

人と群れようとするということも、新たな発想ができない人の特徴として挙げられるでしょう。

常に誰かと群れていないと不安で依存心が強い人は、周囲に流されやすく、自分の頭で物事を考える力を養うことができていません。

また、「人々から常識外れと思われ、異端視されるのではないか」という不安から、無意識のうちに新たな発想を生み出さないよう自己抑制してしまいがちです。

新たな発想ができない人の特徴3:自分と同じタイプしか周りにいない

新しい独創的な発想を生み出せない人は、往々にして自分と同じ考え・バックグラウンドの人としか接しません。

同質的な環境に身を置き、自分と違う考え方や行動をする人との接触が少ないと、新しい考えやモノの見方に出会う機会そのものがなくなってしまうので、どうしても考え方が凝り固まって保守的になってしまうでしょう。

新たな発想を生むためにも今いる環境を変えてみましょう

新たな発想が生まれるポイント10こ|新たな発想ができない人の特徴を紹介!
今回は新たな発想を生み出す秘訣について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。自分と同じ考え方をする人とばかり交流をしていても、刺激やインスピレーションを受けることは難しいので、新たな発想を得たいならば、思い切って環境をガラッと変えてみるのがおすすめです。

Related