Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月14日

人材派遣のメリット5つとデメリット|派遣求人サイトランキングTOP7

「人材派遣って良さそうだから、登録しようか悩んでいる」「派遣はいいとよく聞くけれど、何がいいのか」派遣は時給がよくて、残業もないし自由度が高い働き方なんて言われていますが、いいことばかりではありません。人材派遣のメリット・デメリットについてまとめています。

人材派遣のメリット5つとデメリット|派遣求人サイトランキングTOP7

人材派遣とは?

人材派遣とは、アルバイトやパート、正社員とは異なる雇用条件で企業などで働くことができる雇用形態です。

ライフスタイルにあった働き方が選択できるだけでなく、経験を積むためにあえて人材派遣で働く方もいます。ゆくゆくは、正社員を目指すこともできるなどさまざまなメリットがあります。

ここでは人材派遣をのメリット・デメリットについてまとめています。人材派遣の仕組みや特徴を知って、転職活動の参考にして下さい。

人材派遣のメリット・デメリット

人材派遣には、一般派遣・特定派遣・紹介予定派遣の3つ働き方があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

一般派遣は、派遣会社と求職者が雇用契約を結び、紹介先企業で働く方法です。多くの派遣スタッフがこれに該当します。特定派遣とは、派遣会社と雇用契約を結んだ社員が他の企業で働く方法になります。常用型の派遣になります。

紹介予定派遣は、正社員または契約社員を前提とした雇用契約を結ぶ派遣になります。

人材派遣のメリット5つ

人材派遣で働くにも、どのスタイルで働くかによって、メリット・デメリットも異なります。また、登録する派遣会社によっても福利厚生や研修といったスキルアップなどの支援サービスの内容も異なります。

自分は人材派遣で働いた方がいいのか、それとも一般募集から正社員を目指す方がいいのかなど、5つのメリット・デメリットをまとめています。しっかりと理解して、雇用形態の選び方・向き不向きの判断材料の参考にして下さい。

人材派遣のメリット1:自由度が高い

まず1つ目のメリットは、人材派遣は「ライフスタイルに合った働き方ができる」ことです。人材派遣は、職種や勤務地・勤務時間・出勤日・仕事の内容が選択できます。

基本的に契約した時間内に業務をこなすことが仕事です。割り切って仕事をすることができるので、残業も少なくプライベートを充実させることがでるでしょう。そのうえ、時給も高く正社員と同じくらいの給料をもらうことが可能です。福利厚生も保証されています。

人材派遣のメリット2:様々な経験を積める

2つ目のメリットは「スキルアップができる」ことです。人材派遣は、ひとつの企業でずっとではなく、複数の企業で働くことできます。そのため、さまざまな企業のやり方を学ぶことができます。

身に付ける知識や範囲が広くなるため、自分の成長につなげることができます。スキルアップすることで、さらに高時給も狙えます。

専門性の高い職種では、経験はないよりある方が、人材派遣では有利になる傾向があります。

人材派遣のメリット3:仕事を選ぶことができる

3つ目のメリットは、「自分にあった仕事を選ぶことができる」ことです。

人材派遣は業務内容が明確化されているため、自分が得意な分野や、これまでの経験を活かした仕事など、希望に近い業種や職種・条件を自由に選択することができます。

また、職場見学があるので「どこの部署に配属されるのかわからない」「どんな仕事をさせられるのかわからない」といった業務上の不安やミスマッチが起こりにくく、安心です。

人材派遣のメリット4:派遣会社に相談することができる

派遣として働くスタッフは、派遣会社と雇用契約を結んだ、派遣会社の従業員です。そのため、紹介先企業で何かあった場合は、派遣会社が相談にのってくれます。

紹介先企業で、上司や従業員に直接言いにくいことなども聞いてもらうことができます。派遣会社をとおすことで、話がスムーズにまとまりやすくなるため何かしら心強いです。

特に給料の交渉をしてもらうことができるというのは、人材派遣の4つ目の大きなメリットです。

人材派遣のメリット5:未経験からでも始められる職種がある

最後5つ目のメリットは、「働きながら、無料でスキルや資格を身につけることができる」ことです。

人材派遣は、経験者や有資格者だけを対象としているわけではなく、未経験からでも募集している企業はたくさんあります。

派遣会社の研修制度を無料で受講することができるだけでなく、企業が実施している研修などにも参加することができます。初めてでも挑戦・安心して働けるように、サポートや支援サービスが充実しています。

人材派遣のデメリット4つ

人材派遣で働くには、雇用契約を必ず結ぶ必要があります。

雇用契約は労働法・派遣法で定められているため、個人の意思や派遣会社の意見などで変更することはできないとされており、この労働法・派遣法こそが、人材派遣で働くデメリットの正体です。

法律と聞くと、ややこしい印象がありますが難しい内容ではありません。具体的にどのようなデメリットがあるのか詳しく説明していきます。

人材派遣のデメリット1:派遣期間に上限がある

人材派遣は一般的に更新型が多く、雇用が安定しないといったデメリットがあります。

定期的に「この会社で続けて働きますか」と繰り返し意思確認を行い、契約を更新することで継続して働くことができるのですが、この更新には上限があり、一般派遣の場合は3年以上継続して同じ会社で働くことはできないと法律で定められています。

新たな派遣先を一から探す必要があり長期的に同じ会社で働くことができません。

人材派遣のデメリット2:正社員と待遇が異なる

人材派遣はアルバイトやパートと比較すると時給が高く設定されています。そのため、正社員と変わらない給料をもらうことができます。

しかし、人材派遣は直接企業で雇用されているわけではありません。紹介先企業の正社員と同じ待遇を受けることはできず、ボーナスの支給や交通費の支給がないといったデメリットがあります。

ただ、派遣会社によってはボーナス支給がある派遣会社もあるため、事前によく調べておくことが重要です。

人材派遣のデメリット3:期間満了の可能性がある

人材派遣として働くには契約期間が定められています。

この契約期間は、はじめて雇用契約を結んだ場合、2ヶ月~6ヶ月とされている場合が多いですが、契約期間がもし1ヶ月くは30日の企業もあります。

企業側から更新確認がとれない場合はそこで契約満了になり、最短で30日で派遣期間が終了する場合もあります。

更新したくても、自分の意志だけでは更新できないといったデメリットがあります。

人材派遣のデメリット4:スキルの有無で給料の差が大きい

人材派遣はそもそも有能な人材が、適材適所・相当対価で働くことができる新しい雇用の形としてはじまりました。そのため、即戦力としてスキルや知識のある人材を募集している企業は少なくありません。

専門性が高ければ時給が高くなる傾向はありますが、派遣に限ったことではありません。

未経験の方は、はじめはデメリットもありますが、継続した積み重ねやスキルを身につけることで、高時給を狙うことはできます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

派遣求人サイトランキングTOP7

人材派遣のメリット・デメリットが理解できたら、さっそくどんな人材派遣会社があるのか調べましょう。

ここでは大手人材派遣会社7社をランキング形式でご紹介しています。自分にピッタリあった人材派遣会社を選ぶための参考材料にして下さい。

各人材派遣会社にもメリット・デメリットがあるので、いくつか候補を選択して1社に限定せず、複数社に登録することをオススメします。

派遣求人サイトランキング7:マイナビ派遣

マイナビスタッフは、マイナビワークスが運営する人材派遣会社です。全国9,000社以上の採用経験と実績があります。

一般事務などのオフィスワーク、クリエイティブに強い人材派遣会社です。経験者だけでなく、未経験者からでも紹介できる求人も扱っており、業務内容の幅も広いため、自分にあった職種・選択肢を広げることができます。

キャリアアドバイザーなど、サポート体制が整っているため、はじめて人材派遣で働く方も安心です。

派遣求人サイトランキング6:@ばる(派遣求人)

@ばるは、優良派遣事業者認定企業などの派遣会社を探すことができる人材派遣会社です。

希望の条件やスキルなどの情報を登録しておくと、人材派遣会社から直接オファーが届くスカウトメール機能があります。

また、その他にも履歴書・職務経歴書の作成機能や、WordやExcelの無料スキルアップ講座などが完備されています。WEB上で簡単に登録することができ、検索情報や登録内容はマイページで一括管理できます。

派遣求人サイトランキング5:エン派遣

エン・ジャパン株式会社が運営する人材派遣会社です。

未経験から経験者まで、さまざまな案件を取り揃えており、求人数も多いため、検索機能が充実しています。検索機能には、「こだわりINDEXサービス」といって、自分が優先したい条件やこだわりを細かく設定して検索することができます。

またその他にも、気になる求人があれば、「気になる」ボタンを押すと派遣会社から声がかかるなど、ユニークなサービスを提供しています。

派遣求人サイトランキング4:ジョブセンス派遣

ジョブセンスは掲載料が無料のため、求人数が多い人材派遣会社です。

お祝い金制度があり、ジョブセンスからエントリーした派遣会社に登録に行くだけでお祝い金がもらえます。お祝い金を貰える上に、いい仕事に出会うことができれば最高ですが、登録に行くには時間もかかります。よく内容を確認してから行動するようにしましょう。

また、派遣会社によって同じ求人でも条件が異なることもあるので良すぎるのも、注意が必要です。

派遣求人サイトランキング3:はたらこねっと

未経験から経験者まで幅広く対応、優良派遣事業者の求人が多数掲載されている大手人材派遣会社です。

オフィスワーク、販売・サービス、ITエンジニア、医療・介護、工場・物流など、さまざまな業界の職種が揃っています。

経歴を登録しておくと、匿名でオファーを待つことができます。スカウトメールは、興味を持った派遣会社から直接届くため、登録会の交通費が支給されるなど特典付きのオファーがくることもあります。

派遣求人サイトランキング2:ジョブリンク派遣

ジョブリンクは、中小企業や小規模企業の求人数を多く取り扱う人材派遣会社です。

知名度は低いものの求人数も多く、サイト内では職種やこだわりなど、希望条件を細かく設定して検索することができます。

また、仕事が見つからない場合は、複数の派遣会社へ仮登録することができます。

その他にも、新着求人情報や派遣会社の紹介、登録会・キャンペーン情報など、転職・求人に関するお役立ち情報なども掲載されています。

派遣求人サイトランキング1:リクナビ派遣

リクナビ派遣は、リクルートが運営している人材派遣会社で、知名度は抜群に高く、求人案件も業界最大級と言われています。

ネームバリューがあるだけに信頼と実績もあり、多くの方が登録されています。

派遣がはじめての方や、どこに登録しようか迷ったら、まずはリクナビ派遣に登録しておいて問題ないでしょう。紹介案件の質や職種・業界の豊富さだけでなく、福利厚生やサポート・支援サービスなども充実しています。

人材派遣のメリットデメリットを把握しよう

派遣で働くとは、自分にあった条件で自由に働くことができる変わりに、安定した雇用を確保することが難しい働き方です。

そのため、人材派遣という働き方を選択するのであれば、派遣スタッフとして経験を積み、スキルアップしていくことをおすすめします。

ある程度の実績やスキル・知識がついたら、時給アップに繋がるだけでなく、紹介予定派遣に応募して、最終的に正社員を目指すという方法も悪くありません。

Related