Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月10日

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ

外国人労働者にとって非常に大事な権利の一つが、休暇として母国に帰る費用を会社が負担してくれる仕組みの「ホームリーブ」です。異国で働く際の精神的不安をいたわるための制度で、近年注目され始めました。ホームリーブを利用するための条件などは存在するのでしょうか。

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ

ホームリーブとは

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ
ホームリーブという言葉を聞いたことがあるでしょうか。あまり聞きなれない単語ですが、一般企業における規定としてしっかりと定められた制度です。

グローバル化が進む昨今の社会においてなくてはならない制度であると同時に、ホームリーブが浸透することによって社会全体が寛容になることが見込まれます。

ここでは、ホームリーブがどのような制度であるのか、また、それに伴うさまざまな特徴について説明していきます。

ホームリーブの目的

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ
ホームリーブとは、日本に赴任している外国人が、自分の出生国に一時帰国し、休暇を取る制度のことです。

日本の一般企業に勤めている外国人にとって、異国である日本にずっと滞在しているのはどうしても気を揉むものです。リフレッシュなどの目的をも含み、ホームリーブ制度は存続させていく価値があります。

母国に妻と子どもを置いて出張に来ている外国人労働者などにとっても、この制度は非常にありがたいでしょう。

ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ
ホームリーブについてはさまざまな使用条件、金額設定などが存在します。いくら休暇として母国に一時休暇として帰れるといってもさすがに限度がありますし、そこには明確な規定が設定されています。

とはいっても特に複雑なものではなく、一般的な観念にのっとった規定として存在しています。日本に滞在している外国人にとって取得しやすい制度でないと、この考えは広まっていきませんし、日本で働く人材も減っていくからです。

ホームリーブについて知っておきたいポイント1:給与として課税対象になるか

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ
結論から言うと、課税対象にはなりません。本来は社員が休暇の形で金銭的な援助を会社から受けた場合、給与として源泉徴収されてしまいますが、外国人労働者のホームリーブの場合はそれが適用されません。

会社から帰国に必要な金品と、帰国後の生活に必要な援助費などが支給され、それらは非課税対象となります。

しかし、ホームリーブとして企業から援助を受けるには一定の条件が存在し、それらをクリアしなければなりません。

ホームリーブについて知っておきたいポイント2:ホームリーブとして認められる条件とは

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ
ホームリーブとして認められる条件とはどんなものでしょうか。概要だけまとめると、その帰国期間が1年以上であること、帰国、生活に必要な金品として支出すること、日本と母国との往復にかかる費用であること、帰国の際、最も合理的な費用の使い方をすることです。

これらの条件を満たせば、ホームリーブとして認められ、会社からの援助が受けられます。特に難しいことはなく、正当な理由であれば帰国ができます。

ホームリーブについて知っておきたいポイント3:経費になるかどうか

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ
ホームリーブとして支給した金品は経費として換算されます。上にも述べたように、ホームリーブにかかる費用は非課税であり、外国人社員の給与として考えられないので、源泉徴収する必要もありません。

ただし、これに関しても条件を満たしていないといけないことがあります。例えば、合理的な費用の使い方を前提としているのに高価なホテルに泊まったり、観光をしたりしたという場合には、通常との差額が給与として換算されます。

ホームリーブについて知っておきたいポイント4:どんな外国人労働者も対象か

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ
ホームリーブはどんな外国人労働者に対しても適用されるのでしょうか。実は明確な線が引かれています。ホームリーブは、日本で正規社員として採用された外国人に対しては適用されません。

つまり、海外赴任としての形で日本に滞在している外国人労働者にしかホームリーブは適用されないということです。日本で就職した外国人は日本企業の正規の社員として認められているので、帰国する理由がないとみなされてしまいます。

ホームリーブについて知っておきたいポイント5:勤続年数は関係あるか

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ
ホームリーブを利用する条件としてさらに挙げられるのが、その会社での勤続年数です。1年だけ勤務したとしても、ホームリーブを許可してもらうのは難しく、最低2~3年の勤続年数が必要とされます。

この基準はあいまいなところが多く、明確には決まっていません。ただ、「長期間の勤続日数を要する」ことは確かであり、着任してすぐにホームリーブを利用しようとしても却下されることが多いのが現状です。

ホームリーブについて知っておきたいポイント6:出張はホームリーブか

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ
母国に帰るといっても、業務出張としてその国に行くときにはホームリーブとして適用されません。ホームリーブはあくまでも気候や慣習などの違う異国で働く外国人労働者に対しての配慮として設定されているものであり、業務としての帰国は含まれません。

また、当然ながらその人の母国でない国に旅行としていくときもホームリーブは適用されません。あくまでも母国に帰るときの制度です。他国に行く場合は、給与として換算されます。

ホームリーブについて知っておきたいポイント7:帰国の時の座席はどうか

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ
ホームリーブは、「合理的な」金品の支出が条件となりますので、帰国する際の乗り物の座席によっても変わってきます。ですので例えばファーストクラスなどに座るとなると、その差額分は給与として支給され、課税対象となります。

もしホームリーブを利用する際は座席などの細かいところなどもチェックしておいたほうが賢明です。会社から援助されるといっても、通常の使い方をすることを想定して支給されますので確認しましょう。

ホームリーブについて知っておきたいポイント8:家族の呼び寄せについて

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ
ホームリーブには、自分が母国に帰国するのに代えて、その家族を本国に呼び寄せるときにも使えます。その場合も同様、非課税の対象となり、給与として徴収はされない決まりになっています。

ただし、これも自分が母国に帰るときと同じで、同じ国内で旅行に行く際や、「合理的」な旅程と判断されない場合には課税対象になってしまいます。家族との時間は貴重なものです。限られた時間を確保するためにホームリーブを活用しましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

外国人社員として日本で働く際知っておきたいポイント5つ

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ
近年では、日本に滞在、永住する外国人が着実に増加してきています。生まれ育った町を離れて海外に移住し現地で働くのはかなり思い切った決断でしょう。では日本で働くということにおいて、どんなことを注意しておかなければならないのでしょうか。

文化も習慣も全く異なる地で働くということには価値観のすれ違いが伴います。そんな時にパニックにならないように、事前に日本の慣習を知っておくことが必要です。見ていきましょう。

外国人社員として日本で働く際知っておきたいポイント1:在留資格について

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ
他国に在留し現地で働く場合には、就労ビザが必要不可欠です。単に観光に行くのとは違い、そこには煩雑な手続きが必要になります。

しかも就労ビザは一定期間を過ぎるとその効力が消えてしまうので、たびたび更新が必要になります。就労ビザを持っていないと日本で働くことができないので、この手続きは必須です。

ビザの発行には2~3か月かかる場合もあるので、早めの発行が必要です。直前になって焦らないようにしましょう。

外国人社員として日本で働く際知っておきたいポイント2:人気の職種

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ
外国人にとって最も働きやすいのは製造業です。日本語を話す機会が他業種よりも比較的少なく、黙々と作業に打ち込める人に向いています。

ここにはワーキングホリデーで来日した留学生も含まれていますが、日本の職場に慣れるためのステップとして働くのもいいのではないでしょうか。

サービス業も外国人に人気の職種です。日本語を話す機会が増えるので難易度は上がりますが、日本でのキャリアを積むためにもトライしてみましょう。

外国人社員として日本で働く際知っておきたいポイント3:就労の条件

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ
外国人が日本で働く際に必要な就労ビザには種類があり、どの種類のビザを持っているかで就職確率が大きく変わってきます。

まず、資格を持っているかどうかです。特別な技能を必要とする職種を希望しているのなら、スキルは必須です。

そして何かしらスキルを持っていると就職可能性がグンと上がります。教授や料理人など、その分野に秀出た人材は欲しがられるため、もし希望しているのなら早めに技術を習得しておきましょう。

外国人社員として日本で働く際知っておきたいポイント4:日本語の習得

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ
残念ながら日本人の多くは英語を話すことができません。そのため日本に滞在する場合は日本語の習得は必須です。特に長期滞在する場合は、日本語が話せなくて困す場面も多々起こりえます。

さらに日本人はおおむねシャイな性格の人が多いので、英語で話しかけてもなかなか答えようとしてくれません。そういった場合に日本語が話せると非常に便利です。日常生活でもそうなのですから、業務の場面ではとりわけ日本語が必要とされます。

外国人社員として日本で働く際知っておきたいポイント5:日本の慣習

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ
日本人は特に表面上の体裁を気にして縁起を担ぐことが多い傾向にあります。例えば、オフィスのノックは3回に統一しなければならないだとか、お酒の席で乾杯をするときグラスを上司よりも高い位置に掲げてはいけない、などの決まりがあります。

日本人独特の感性を伴う慣習に対しては、敏感にならなければなりません。こういったことに関したミスが多発すると、自分自身の評価を下げてしまう可能性があるからです。

ホームリーブについて知っておこう

ホームリーブとは何か?ホームリーブについて知っておきたいポイント8つ
いかがでしたか。ホームリーブについてはまだ完全に日本社会に浸透しきっていない側面がありますが、見知らぬ異国の地で働く外国人にとってはなくてはならない権利です。

働き方改革が叫ばれていますが、日本ではいまだに長時間労働が横行し、家族との時間がなかなか取れない人が多くいます。ホームリーブを活用して、仕事だけでなく家庭も大事にする労働者が多くいるということを示していきましょう。

Related