Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月16日

企業がイノベーションの必要性を感じている理由10個|過去の事例は?

イノベーションには破壊的イノベーションと持続的イノベーションがあります。今、企業が求めているのはパラダイムシフト(価値観の劇的変化)をもたらす破壊的イノベーションではないでしょうか。この記事では必要性を感じる理由や代表的事例をご紹介します。

企業がイノベーションの必要性を感じている理由10個|過去の事例は?
バナー

イノベーションとは?

「イノベーション(innovation)」とは、新機軸、革新という意味の英単語です。まったく新しい製品を開発したり、新しいサービスを提供することで、「技術革新」と訳される機会も多くなっています。

なお、イノベーションというとポジティブなイメージがありますが、決してそうではなくインターネットの登場など、これまでの産業のあり方を覆す技術革新については「破壊的イノベーション」とも呼ばれる事もあります。

時代とともに企業のイノベーションの必要性は高まっている

近年では経済がグローバル化しているほか、ターゲット市場における顧客のニーズも多様化していることから、プロジェクト進行における課題もより一層高度化・複雑化している状況となっています。

社会における技術の刷新やニーズに合わせて、企業も継続的なイノベーション必要性を考える事も大切です。通常の経営に負荷をかける事が無いようにしながら経営スタイルを見直したり、プロジェクト推進を見直す必要性もあります。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

企業がイノベーションの必要性を感じている理由10個

会社運営においてイノベーションの必要性を感じている理由を10個取り上げ紹介します。

イノベーションは、これまで企業が成長を維持するために必要不可欠な概念でした。しかし近年では人口減少や少子高齢化が進んでいる影響から、経済成長が鈍化しているという実状もあり、保守的な意味でのイノベーション必要性考える会社もあります。

いずれにしても企業活動では、イノベーションの必要性で生産性向上を意識する事が大切です。

イノベーションの必要性を感じている理由1:技術革新のスピードが早い

技術革新が進んでいる昨今では、競争相手がいない市場においてもすぐにライバル企業が現れ、新しい提案をされる可能性があります。

当然現状の市場を調べて新しい提案を持ち出す事で顧客から指示を得て、収益につなげる事を生産活動と考えるため、何もせずにいればこれまでの市場で顧客が奪われてしまう可能性があります。

現場の状況に注目し問題点を改善する事で、スピードが速い技術革新や時代の流れに対応する事も大切です。

イノベーションの必要性を感じている理由2:商品開発のサイクルの短期化

必要性に関する具体例を上げれば、新商品を作るサイクルを短くさせるためにイノベーションを起こすという目的もあります。

例えば、ひとつの商品を作るために3日間の工程が必要だったとしたら、2日に短縮する事ができれば大きなイノベーションを起こしたと言えるでしょう。

ライバルが出現する前にサイクルを短縮化させ、短期間で市場へ多くの商品を投入し続ける事ができるため、販売力を高め生産性アップを図ることが可能です。

イノベーションの必要性を感じている理由3:商品に期待する価値の多様化

近年ではスマートフォンが普及していることで、インターネットを中心とした多様なサービスが登場してきています。

イノベーションを起こしライバルが存在しない市場で新しいサービスを投入する事も大切ですが、万が一ライバルが登場した時のためにもサービスの改善を行う事も大切です。

現状のサービスを分析し、マーケティングでの調査と照らしながら問題点と改善案を考慮する事で、常に顧客から注目を集めやすくなるでしょう。

イノベーションの必要性を感じている理由4:これまでのやり方が通用しない

今まで上手く行っていたプロジェクトの成功体験にとらわれてしまって、その時と同じ手法でプロジェクトの企画や進め方を続けていると、あるタイミングで向上する事がなくなってしまう、というケースは珍しい事ではありません。

これまで運営してきた既存のプロジェクトが、これからも右肩上がりで成長を続けるという事はないため、事業・会社の規模に限らず、イノベーションの必要性が不可欠である事を認識しておきましょう。

イノベーションの必要性を感じている理由5:労働力人口の減少

短期的に新規事業やイノベーション必要性を感じる事によって、企業が生き残るための「未来にかける投資」をする事にもなります。

労働力が年々減少し続けている昨今の社会にとって、企業イノベーションへの重要な考え方です。

みずほ総合研究所が調べたところ2016年と比較し、2065年には労働力人口が4割も減少するとされていて、労働環境を見直し、改善必要性から意識を高める事も大切なイノベーションと言えるでしょう。

イノベーションの必要性を感じている理由6:ライセンスを先取するため

特許権を取得して、ライバル市場よりも有利な市場展開をするために、イノベーション必要性から、ライセンス先取のプランを計画するという事もあります。

例えば商品を販売する前に特許権を取得しておく事ができれば、ライバルが登場しうる市場でも有利に展開できでしょう。

まだライバルが存在していないターゲット市場で有利な販売戦略を計画するために、事前にプランを練ってから新製品を市場投入するという方法もあります。

イノベーションの必要性を感じている理由7:顧客アイデアを開発に役立てるため

社内で考案された知識や技術を外部へ開放して顧客からアイデアを募集する事で新しく商品開発を行うなど、これから進出するターゲット市場開拓のために、イノベーションを計画する方法もあります。

新しいニーズを見つけて製品開発に役立てるために敢えて無料で新製品の試供品を配布し、モニターを募集したり、インターネットで口コミを書いてもらい、生の感想を得てイノベーションの必要性を考え、新製品開発に役立てます。

イノベーションの必要性を感じている理由8:多様化したニーズを分析するため

ターゲット市場では新しい顧客層が常に入っている事を考慮すると、常に新しい商品を作れる引き出しを設けておくことも大切です。

自社だけでは継続して商品開発を行うことには限界があり、多様化したニーズに対応するために新しい知見を組み合わせて商品開発をする必要がでてくるかもしれません。

マーケティング市場分析で新しいニーズを調べ、かつて無い新規商品開発に役立てる必要性を考慮する事も大切です。

イノベーションの必要性を感じている理由9:新しい付加価値をつける

お馴染みの商品を何年も継続的に販売していくという販売戦略もありますが、しかし市場では常にライバル他社が新しい製品を作り出していて、顧客を奪われる可能性も出てきます。

顧客のニーズを察知し、これまでの製品に新しい付加価値をつけるためにイノベーションを提案する事も大切なポイントです。これまで販売してきた製品にちょっとした付加価値を提案するだけでも、魅力的な商品として販売活動を行う事ができます。

イノベーションの必要性を感じている理由10:職場のモチベーション向上

新しく事業を発足し成功に導くためにもサラリーマン意識で働く社員より、起業家のマインドを持ち、新しい作業にも柔軟な対応を行うことができる社員を育成する事も、時として大切になる事があります。

従業員のモチベーション意識を意図的に変化させる事で、職場内の雰囲気も変化し、従業員が働きやすい環境を整えられます。こうした活動が生産性向上に結びつくことから、イノベーションの必要性が求められる事もあります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

イノベーションの代表的な事例4つ

では、ここからはイノベーション必要性を有効的に提唱させた代表的な事例についてを4つ紹介していきます。

その会社の登場が、社会全体にとっての大きなイノベーションとなる活動を行っている企業のほか、技術革新ではなくとも、これまでにない画期的なサービスを提唱させ運営に成功している企業などもあります。

また大企業だけではなく、中小企業や個人でもイノベーション必要性を作る機会は増えているとも言えるでしょう。

イノベーションの代表的な事例1:Apple

イノベーションを成功させた企業として、多くの方が知っているのはこのIT企業でしょう。パソコンを開発し販売している企業ですが、近年では携帯電話や携帯音楽プレイヤー、腕時計(アップルウォッチ)など、画期的な新製品を多数開発している企業です。

もともと障害者でも活用しやすいシンプルなコンピューターを製造していた経緯があり、高い利便性とデザイン性、高機能性とを併せ持った新製品を開発しているのが特徴です。

イノベーションの代表的な事例2:Facebook

一日の利用者数が13億2,000万人を突破している、有名ソーシャルネットワーキングサービスです。

新しいコミュニケーションの価値を提供しているイノベーションのひとつで、これまでに無い、新しい閲覧システムにより友人間とのコミュニケーションを作りやすくなっています。

場所や時間にとらわれずに日常の体験を世界中へと発信することができるツールで、これまでの概念や制約を打ち破ったイノベーション事例です。

イノベーションの代表的な事例3:メルカリ

フリマアプリの先駆けとして知られるメルカリは、インターネットでの個人売買を仲介する市場提供を行っている企業です。

商品の写真をスマホカメラで撮影し、ちょっとしたコメントを書き添えて価格設定をするだけで、アプリを見ている多くの人々へ商品販売を行う事ができます。

リサイクルショップを通さずに顧客へ商品を販売できるので好みの価格で販売できるほか、リサイクルショップへの利益を自分の収入にできる点も利点です。

イノベーションの代表的な事例4:デビットカード

銀行口座へ貯金されているお金を、口座から引き出すこと無くカード払いを行う事ができるデビットカードは、イノベーションを起こしたビジネスの代表事例です。ヒットのきっかけはアメリカで、中下層に大ヒットした経緯があります。

デビットカードは銀行口座に貯金されているお金を引き出してすぐに使う事ができる利便性の良さから、ターゲット層をメインユーザーとして広がり、今では日本でもメジャーな取引方法となっています。
バナー

イノベーションの必要性を理解しましょう

どんなに大企業でも、いつも通りの業務ばかりを行っていれば、やがてライバル会社へ仕事を奪われてしまいます。

しかしただ奇をてらうようなプロジェクトを打ち出したとしても、顧客が市場において興味を示さない限り、そのプロジェクトが成功する事はないでしょう。

あらかじめマーケティングを行って事前に市場情報を収集したのち、プロジェクトのイノベーションの必要性を見極めて判断するきっかけに繋げる事が大切です。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related