Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月22日

インフルエンザ予防接種の案内文8選|インフルエンザ予防接種に関する疑問

インフルエンザは毎年大流行します。予防接種を受けたいけれどその費用が高いと感じる人も多いのではないでしょうか。この記事では予防接種を企業が負担する理由や、予防接種の案内文を説明しています。案内文を書いてインフルエンザの感染を防ぎたい人はぜひ読んでみて下さい。

インフルエンザ予防接種の案内文8選|インフルエンザ予防接種に関する疑問

インフルエンザ予防接種は企業などに負担してもらえる場合が多い

インフルエンザ予防接種の案内文8選|インフルエンザ予防接種に関する疑問
企業はインフルエンザにおける欠勤を防ぐために、予防接種の費用を負担しています。インフルエンザに疾患すると、一週間ほどの休暇が必要になる事はご存じでしょうか。

インフルエンザの蔓延によっての欠勤や不効率を防ぐために予防接種を促すために企業が費用を負担する動きが広まっており、なかには全額負担ではなく一部負担を行っている場合もあります。

インフルエンザ予防接種を企業などが負担してくれる理由3つ

インフルエンザ予防接種の案内文8選|インフルエンザ予防接種に関する疑問
前述でご紹介したように、企業が任意接種のインフルエンザワクチン予防接種の費用を負担してくれるのはなぜでしょうか。

ここからはその理由について説明していきますので、理由を知り、予防接種を受けるようにしていきましょう。

インフルエンザ予防接種を負担してくれる理由1:予防接種率を高める

インフルエンザ予防接種の案内文8選|インフルエンザ予防接種に関する疑問
費用を理由に予防接種をしない人がいるので、企業が費用を負担すれば予防接種を受ける人が増えます。

インフルエンザワクチンの予防接種は、任意接種なので個人に費用がかかります。それを理由に予防接種をしない人も多いので、企業が費用を負担すれば予防接種を受けたいと考える人が増えます。

インフルエンザワクチンの予防接種費用は3000円前後かかりますので費用を負担してくれることは家計にも助かります。

インフルエンザ予防接種を負担してくれる理由2:流行前に予防を啓蒙する

インフルエンザ流行後の予防接種では手遅れになります。インフルエンザは毎年11月頃から流行し始めて徐々に患者数が増えてピークを迎えますが、その頃に焦って対策や予防をし始めても手遅れです。

流行前にインフルエンザ予防接種をすることで、インフルエンザの予防を意識して行います。実際にワクチンの効果はすぐにはあらわれないので、流行前に予防を啓蒙することができます。

インフルエンザ予防接種を負担してくれる理由3:インフルエンザに対して危機感を持たせる

インフルエンザに疾患することは、個人の問題だけでなく周囲の人にも関係することに気づきます。インフルエンザは感染が早く、自分が感染すると周囲の人にも移る可能性のあるウイルスです。

案内文を出して予防接種を負担してインフルエンザの予防を促せば、インフルエンザの流行は会社などの所属団体全体の問題になるのだと捉えられることに繋がります。迷惑をかけないためにもまずは自分が危機感を持ち、予防することが大切です。

インフルエンザ予防接種の案内文8選

インフルエンザ予防接種の案内文8選|インフルエンザ予防接種に関する疑問
案内文を書くときは、インフルエンザ予防接種の大切さを誰にむけて書くのかが重要です。案内文は伝える対象によって、書き方が変わってきます。まず対象を決めてから、文章の表現や訴え方を考えましょう。

インフルエンザ予防接種の案内文には、協力を促すために、例年の蔓延の事実や拡大防止のために予防接種が必要なことを示しましょう。インフルエンザ予防接種の案内文を、パターン別に8つに分けて紹介します。

インフルエンザ予防接種の案内文1:会社全体

社員ひとりひとりに向けて、インフルエンザの蔓延が及ぼす会社への影響と予防の重要性を訴えましょう。会社全体の案内文には、疾患すると会社の欠勤につながり、業務が滞ることを明記しましょう。以下に例文を挙げます。

「当社では福利厚生の一環としてインフルエンザ予防接種の費用の一部を補助いたしております。例年当社でもインフルエンザでの欠勤が多数発生しています。任意接種ですので各自で予防接種をお願いします。」

インフルエンザ予防接種の案内文2:保育園

クラス内で感染拡大の可能性があるので園児の保護者に協力を仰ぎましょう。保育園の予防接種案内文は、保護者宛に書きましょう。以下に例文を挙げます。

「インフルエンザが流行する季節がやってきます。そこでお子さんの予防接種をお願いしております。当園の感染拡大を防ぐためにご協力ください。インフルエンザの予防接種は各御家庭で受けて頂きますようお願いします。当園でも健康管理の情報共有を行うよう努めてまいります。」

インフルエンザ予防接種の案内文3:幼稚園

インフルエンザ予防接種の案内文8選|インフルエンザ予防接種に関する疑問
幼稚園でも毎年流行していることを伝え、予防接種を促しましょう。幼稚園の予防接種案内文は保護者あてに書きましょう。以下が例文です。

「園児のみなさんに健やかに過ごしていただくために、お子様のインフルエンザの予防接種をお願いいたします。毎年流行いたしますので感染拡大の予防のためにご協力ください。予防接種は各ご家庭で対応していただきたく存じます。当園でも、保健指導を行って予防に努めて参ります。」

インフルエンザ予防接種の案内文4:小学校

インフルエンザが蔓延での学級閉鎖の可能性も示唆して、児童にもわかるように文章を書きましょう。小学校は児童と保護者宛に案内文を書きましょう。以下が例文です。

「寒くなりますとインフルエンザ流行が心配です。昨年も学級閉鎖がありました。児童のみなさまには予防接種をお願いいたします。予防接種は感染の拡大予防や、重症化を防ぐこともできます。当校でも保健室と連携をとって、保健指導をして予防に努めて参ります。」

インフルエンザ予防接種の案内文5:中学校

クラスや部活など、インフルエンザ拡大の危険が潜んでいることを強調しましょう。中学校は生徒と保護者にあてて案内文を書きましょう。以下が例文です。

「この寒い時期になりますとインフルエンザの流行が心配されます。そこで、生徒の皆さまには予防接種をお願いします。クラスや部活動でのインフルエンザの拡大を防ぐと同時に重症化を防ぐことができます。本校でも、保健室と連携をとり保健指導を行い予防に努めて参ります。」

インフルエンザ予防接種の案内文6:高校

インフルエンザ予防接種の案内文8選|インフルエンザ予防接種に関する疑問
高校生は通学や校外活動でも、インフルエンザ感染の危険があることを伝えましょう。高校は生徒と保護者あてに案内文を書きましょう。以下が例文です。

「この季節になりますとインフルエンザの流行が心配され、状況によっては学級閉鎖や部活動停止になります。そこで、生徒のみなさんには予防接種をお願いいたします。通学や校外活動での感染の可能性もございます。拡大防止と重症化を防ぐことができますのでご協力ください。」

インフルエンザ予防接種の案内文7:専門学校

例年の状況を説明して、専門学生が自分で予防接種を受けにいくように促しましょう。専門学生に向けて案内文を書きましょう。以下が例文です。

「本年度もインフルエンザ流行の時期がやってきます。本学校においても、例年インフルエンザが蔓延しており、今年も多数発生する可能性が予想されます。感染拡大を防ぐと同時にみなさんの感染予防と重症化の予防のために、インフルエンザワクチンの予防接種をお願いいたします。」

インフルエンザ予防接種の案内文8:大学

インフルエンザ予防接種の案内文8選|インフルエンザ予防接種に関する疑問
毎年流行していることを大学の学生へ伝え、自分で予防接種を受けるように促しましょう。大学生に向けて案内文を書きましょう。以下が例文です。

「秋も深まり、インフルエンザの流行が心配な季節がやってきます。学内でも例年インフルエンザが蔓延しており、今年も感染者が多数発生することが予想されます。そこで、感染予防と感染を広げないために、みなさんにインフルエンザワクチンの予防接種をお願いいたします。」

インフルエンザ予防接種の案内文9:介護施設

介護施設では利用者の他に家族の出入りが多いので、蔓延しやすいことを伝えましょう。介護施設の利用者とその家族にあてて案内文を書きましょう。以下が例文です。

「寒さが参りますと、インフルエンザの流行が心配な時期となります。当施設におきましても毎年インフルエンザが蔓延していますので、みなさまには予防接種をお願いしております。蔓延予防と、重症化の予防のために各自受けていただきますようご承知下さい。」

インフルエンザ予防接種の案内文10:病院

インフルエンザ予防接種の案内文8選|インフルエンザ予防接種に関する疑問
病院内では、予防接種が予約できることや実施される時期について知らせましょう。病院の利用者にあてに案内文を書きましょう。以下が例文です。

「インフルエンザが全国的に流行する季節がやってきます。さて当院では毎年、インフルエンザの予防接種を実施しておりますが、ワクチンの入荷は不確定なため現在入荷している分のみのご案内ですのでお早目のご予約をお願いいたします。詳細は追って通知いたしますのでご確認下さい。」

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

インフルエンザ予防接種に関する疑問3つ

インフルエンザ予防接種の案内文8選|インフルエンザ予防接種に関する疑問
インフルエンザの予防接種について勘違いしている人がいます。そもそもインフルエンザ予防接種について、正しく理解していない人やあまり知らない人も多いです。なんとなく周りに言われて毎年予防接種をしていたり、重要性を知らずに予防接種をしない人もいます。

時期や効果について正しく理解していますか?ここではインフルエンザの予防接種に関する疑問の答えを紹介します。

インフルエンザ予防接種に関する疑問1:必ず受けなくてはならないのか?

インフルエンザの予防接種は任意です。予防接種には種類が大きく分けて2種類あります。法律に基づいて市区町村が主体となって実施するのが定期接種で、希望者が各自で受けるのが任意接種と言います。基本的に定期接種は公費なのに対して任意接種は自己負担です。

例えば、日本脳炎ワクチンや水ぼうそうワクチンは定期接種でインフルエンザワクチンは任意接種です。予防接種の種類や補助内容については各市区町村に確認しましょう。

インフルエンザ予防接種に関する疑問2:確実に予防できるのか?

確実ではありませんが予防効果はあります。インフルエンザワクチンの効果は確実ではなく、予防接種を受けたからといってインフルエンザにかからないわけではありません。しかし、有効は認められています。受けないよりは受けた方がインフルエンザにかかりにくいということです。

もしインフルエンザを発症してしまったとしても、予防接種を受けていればその他の病気の重症化の予防に役立ちます。

インフルエンザ予防接種に関する疑問3:受けるのに適した時期はいつか?

インフルエンザワクチンの予防接種が始まる10月から早めに受けましょう。

通っている病院でワクチンの数が足りなくなってしまうことがあり、希望する時期より後になってしまう場合があります。また、インフルエンザの流行は早ければ11月頃から始まりますので予防接種は早めにしておきましょう。

インフルエンザが流行してからでは手遅れです。予防接種の予約がいつ始まるのかを常にチェックしましょう。

インフルエンザ予防接種の案内文を書いて感染を防ごう

インフルエンザ予防接種の案内文8選|インフルエンザ予防接種に関する疑問
相互が協力して感染を防ぐことを案内文で示せば、インフルエンザの予防接種を促して感染を防ぐことができます。今回はインフルエンザの予防接種の案内文について紹介いたしました。いかがでしたでしょうか。

案内文を書けば、予防接種の目的や効果を伝えて予防接種率を高めることが可能だと思った方も多かったのではないでしょうか。案内文を書いて、インフルエンザの拡大を防ぎましょう。

Related