Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月26日

OKRのメリット6つとは?|OKRの仕組みや特徴も詳しく解説

OKRとは、ObjectivesandKeyResultsの略です。OKRとは、目標を達成するために、企業と個人が成果指標を共有して計画的にタスクを進めることです。OKRを活用することで、迅速に作業を進めて最終的な目標の達成を目指すことができます。

OKRのメリット6つとは?|OKRの仕組みや特徴も詳しく解説

OKRとは

OKRのメリット6つとは?|OKRの仕組みや特徴も詳しく解説
OKRとは、Objectives and Key Resultsの略です。目標を達成するために、企業と個人が成果指標を共有して計画的にタスクを進めることです。

1~4ヵ月(もしくは四半期)で達成できる目標を設定します。目標達成のために必要なタスクをメンバー全員が共有して、作業を進めます。OKRは、メンバー全員が情報を共有しながら、最終的な目標に向かって計画を進めることができるフレームワークです。

OKRの仕組み

OKRはひとつの目標を達成するために、メンバー全員が情報を共有して作業を進める仕組みです。まずは最終的な目標を設定します。

そして、最終的な目標を達成するために必要な要素を分解して、成果指標を設定します。OKRの目標は、比較的高く設定します。目標の達成率は60~70%が理想的だと考えられています。短期間で定期的に成果を測定して、次に反映させることが大切です。

OKRの特徴

OKRのメリット6つとは?|OKRの仕組みや特徴も詳しく解説
OKRの特徴は、最終的な目標を達成するために企業・部門・個人してすべてをリンクさせることができます。企業と個人が最終的な目標を達成するために、方向性や必要な要素を明確にして共有するためのフレームワークです。

比較的高いレベルの目標を設定しますが、達成率は60~70%でよいと考えられています。また、チーム全員が情報を共有することで、スムーズに目標達成を目指すことが可能です。

KPIとの違い

KPIとは、重要業績評価指標のことです。最終的な目標を達成するための、経過目標を設定することです。経過目標が達成されているかどうかをチェックしながら進めることで、最終的な目標の達成を目指します。最終的な目標を達成するために必要なプロセスのチェックという目的があり、OKRとの大きな違いです。

MBOとの違い

MBOとは、目標管理制度のことです。MBOは1年に渡って達成したい目標を設定して、1年に1度、1年間を通じた目標達成の評価を行います。

個人のスキルアップを目的としていて、報酬決定の基準としても利用されるため、本人と上司が情報を共有します。MBOの達成度は100%です。OKRは企業やチームで目標を共有して生産の向上を目指すことが、MBOとの違いです。

従来の目標管理ツールとの違い

従来の目標管理ツールとOKRの違いは、管理・再評価の頻度が多いことです。OKRは目標のサイクルを短期間に設定しているため、再評価の頻度が多いことが、従来の目標管理ツールとの大きな違いです。

OKRは短期間で評価を行うため、その都度必要な調整や変更が可能です。そのため、迅速な対応をしながら、最終的な目標に近づけていくことができます。

OKRのメリット6つ

OKRのメリット6つとは?|OKRの仕組みや特徴も詳しく解説
OKRは、リスクの削減やチーム間の情報共有が楽になるというメリットがあります。そのほかにも、設定に時間がかからないことや、迅速に目標達成を目指すことができます。

目標達成の目安は60~70%にして、メンバーがそれぞれひとつひとつの目標に集中して取り組むことができるというメリットもあります。OKRのメリット6つを、くわしくご説明します。

OKRのメリット1:リスクの削減

OKRのメリット1つ目は、リスクの削減です。OKRは目標のサイクルが短期間に設定されています。そのため、必要なタイミングで調整や変更が可能です。

調整や変更を短期間で行うことによって、リスクの削減ができます。調整や変更を速やかに行うことは、リスクの削減の大きなメリットです。

OKRのメリット2:チーム間の情報共有が楽になる

OKRのメリット6つとは?|OKRの仕組みや特徴も詳しく解説
OKRのメリット2つ目は、チーム間の情報共有が楽になることです。OKRはチーム間のメンバー全員で共有されているため、情報共有が楽になります。

進捗状況や変更事項に速やかに対応できるため、チーム間やメンバー全員のコミュニケーションを円滑にして、目標達成を目指すことができます。

OKRのメリット3:設定に時間がかからない

OKRのメリット3つ目は、設定に時間がかからないことです。目標は、シンプルに設定します。具体的な数値や、指標などは設定しません。そのため目標を設定するための時間を大幅に短縮できます。

OKRはタスクをチームで共有するため、わかりやすくシンプルで覚えやすい目標を設定するので、目標設定時間がかからないというメリットがあります。

OKRのメリット4:目標達成を迅速に進められる

OKRのメリット6つとは?|OKRの仕組みや特徴も詳しく解説
OKRのメリット4つ目は、目標達成を迅速に進められることです。目標のサイクルを1~4ヵ月(もしくは四半期)に設定するため、調整や変更がしやすいというメリットがあります。

OKRを有効に活用することでリスクが低くなったり、ムダな時間を使ったりすることをせずに、迅速に目標達成のために進めることが可能です。

OKRのメリット5:目標達成の目安は60~70%

OKRのメリット5つ目は、目標達成の目安は60~70%とすることです。OKRは短期間で目標達成を重ねていくことで、最終的な目標を目指します。目標を設定する際には、実力よりも少し上のレベルに設定します。

目標達成の目安は、60~70%としています。達成度は100%ではなく、60~70%の達成度で目標をクリアしていくことが大切です。

OKRのメリット6:ひとつひとつの目標に集中して取り組める

OKRのメリット6つ目は、ひとつひとつの目標に集中して取り組むことができます。OKRは、シンプルな目標を設定します。そして、短期間のサイクルで目標を達成していくことで、最終的な目標の達成を目指します。

短期間でひとつひとつの目標をクリアしていくため、ひとつの目標に対して集中して取り組むことが可能です。チームで連携を取りながら、一人一人が確実に目標を達成していくことができます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

OKRのメリット6つとは?|OKRの仕組みや特徴も詳しく解説
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

OKRを効果的に活用するために必要なことは?

OKRのメリット6つとは?|OKRの仕組みや特徴も詳しく解説
OKRを効果的に活用するためには、進捗確認を定期的に行うこと、課題と達成阻害要因を分析することが必要です。OKRは短い期間で定期的に進捗確認を行うことで、目標達成のために必要な調整や変更に迅速に対応することが可能です。

また、OKRは課題を設定して、達成が阻害された要因を分析することが大切です。達成阻害要因を分析して反映させていくことが、最終的な目標を達成するために重要です。

進捗確認を定期的に行う

OKRを効果的に活用するために必要なことは、進捗確認を定期的に行うことです。OKRは、目標を達成するための具体的な指標を決めます。そしてひとつの目標に対して主要な結果を2~5項目程度設定します。

それぞれがベストを尽くすことで達成可能という範囲の目標を設定して、達成の目安は60~70%とします。OKRは定期的に短期間で進捗確認を行い、調整や変更を迅速に進めて最終的な目標の達成を目指すことができます。

課題と達成阻害要因を分析する

OKRを効果的に活用するために必要なことは、課題と達成阻害要因を分析することです。OKRは短期間で目標を達成しながら、生産性を高めていくためのフレームワークです。

そのため、目標達成のために必要な作業をメンバー全員が共有して、タスクを進めていくことが大切です。OKRを効果的に活用するためには、課題と達成阻害要因を分析して結果を反映させていくことで、最終的な目標を達成することが可能になります。

OKRは使いやすい目標管理方法

OKRのメリット6つとは?|OKRの仕組みや特徴も詳しく解説
OKRとは、目標を達成するために、企業と個人というメンバー全員が成果指標を共有して計画的にタスクを進めることです。時間をかけずに目標を設定することができ、チーム間の情報共有が楽になるというメリットがあります。

短期間で進捗確認を行うことで、調整や変更がしやすくリスクの削減にもなります。OKRを活用して、迅速に作業を進めて最終的な目標の達成を目指してみましょう。

Related