Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月24日

オフィスに置くべきドリンクサーバー6選|ドリンクサーバーの種類4つ

ドリンクサーバーは、手軽に美味しく飲めることがメリットです。オフィスにドリンクサーバーがあると、社員の負担軽減や仕事の効率アップにも繋がります。今回、オフィスにおすすめのドリンクサーバーをご紹介していますので、ぜひ検討してみてください。

オフィスに置くべきドリンクサーバー6選|ドリンクサーバーの種類4つ

オフィスにドリンクサーバーを置く理由3つ

仕事中に飲むものは、自分で持ってきたり準備したりすれば良いと考えている人もいます。しかしドリンクサーバーがあれば、自分で飲むときだけでなく来客時にも便利です。さまざまな種類から飲み物を選べますので、ちょっとした楽しみにもなります。

ドリンクサーバーがオフィスにおすすめの理由を、3つご説明します。ドリンクサーバーを置くかどうか悩んでいる人は、まずはオフィスに置くメリットをチェックしてみてください。

オフィスにドリンクサーバーを置く理由1:手軽に飲み物を飲める

ドリンクサーバーがあれば、簡単操作で手軽に飲み物を飲むことができます。メーカーやマシーンにもよりますが、作れる飲み物の種類が多いだけでなく、本格的な味を楽しめるのもドリンクサーバーのポイントです。

手作業で淹れるのと違い、毎回同じクオリティのものをすぐに飲むことができるのもメリットです。飲み物を作るのが面倒な人にも使ってもらえます。

オフィスにドリンクサーバーを置く理由2:社員の負担を減らす

夏場は暑さのせいで、特に飲み物の量が増えてしまいます。もし1から飲み物を自分で作っていると、1日にかなりの時間をロスしてしまうことになります。たかが飲み物のようですが、皆が何度も飲みを作っていると、仕事の効率にも関わってきてしまいます。

ドリンクサーバーはボタンを押すだけで簡単に作れますので、来客時も社員の負担になりません。

オフィスにドリンクサーバーを置く理由3:短時間で飲み物を提供できる

来客時、一人ひとりに飲み物を作っていると時間が掛かってしまいます。しかしオフィスにドリンクサーバーがあれば、急須やプレスで淹れたのと同じクオリティの飲み物があっという間にできます。

来客が多いオフィスには、ドリンクサーバーがあることで時間を有意義に使うことができます。違う種類のドリンクでも、素早く提供することができるのもメリットです。

オフィスに置くべきドリンクサーバー6選

さまざまなメーカーが、魅力的なドリンクサーバーを作っています。オフィスに置くのにおすすめのドリンクサーバーを6つご紹介します。美味しいだけでなく見た目にこだわったものもありますので、自分のオフィスにぴったりのドリンクサーバーが見つかることでしょう。

オフィスに置くべきドリンクサーバー1:ダイオーズ

ダイオーズのおすすめドリンクサーバーは、マークドリンクスです。マークドリンクスは、コーヒーや紅茶など全部で20種類以上ある飲み物から選ぶことができます。飲み物が多いドリンクサーバーは、さまざまな社員のニーズに応えられます。

急いでいるときでも30秒で飲み物が出てくるのもポイントです。またマークドリンクスは毎日のお手入れがとても簡単ですので、面倒なメンテナンスを嫌う人にもぴったりです。

オフィスに置くべきドリンクサーバー2:ジャパンビバレッジ

ジャパンビバレッジでおすすめのドリンクサーバーは、ドトールカップコーヒーマシンです。ドトールと共同開発したものですので、本格的な味わいを手軽に楽しむことができます。

省エネなのもポイントで、オフィスの電気代を抑えたい人にも向いています。ドトールというとコーヒーのイメージがありますが、ココアや緑茶なども飲むことができます。コーヒー好きはもちろん、そうでない人にも喜ばれます。

オフィスに置くべきドリンクサーバー3:ユニマットライフ

ユニットライフでおすすめのドリンクサーバーは、銘茶工房 tea serverです。コーヒーなら85℃、煎茶なら70℃など、美味しい飲み頃の温度に設定することができます。熱めが苦手な人でも、ぬるめに設定することですぐに飲めるのがポイントです。

出社前など、希望の時間に合わせて自動洗浄することも可能です。また縦長ですっきりとしたデザインになっていますので、オフィスのちょっとしたスペースに置けます。

オフィスに置くべきドリンクサーバー4:エームサービス

エームサービスのおすすめのドリンクサーバーは、ネスプレッソマシンです。機械の種類はいくつかあり、オフィスの雰囲気や事情に合わせて選ぶと良いでしょう。ネスプレッソマシンの良い点は、1杯分が小さなカプセルになっているところです。

出社時間が人によって違うオフィスでも、カプセルタイプのものは扱いやすいです。またカプセルタイプのメリットとして、多くのバリエーションから選べるという点が挙げられます。

オフィスに置くべきドリンクサーバー5:FVジャパン

FVジャパンのおすすめのドリンクサーバーは、マースドリンクス(フラビア)C500です。モノトーンですっきりとしたデザインですので、どんなオフィスにも違和感なく置くことができます。

このマシーンで飲めるのは、コーヒー、紅茶、緑茶などです。甘い物が好きな人や冬に人気のホットココアもあります。レモンハーブやジャスミン茶は、仕事で疲れたときの癒しにもなります。抽出時間30秒で、カフェのような味を楽しめます。

オフィスに置くべきドリンクサーバー6:ホシザキ電機

ホシザキ電機のドリンクサーバーは、さまざまな種類のパウダーティーを飲むことができます。目立ちにくく周りに馴染みやすいデザインなのも、オフィスに置くときのポイントです。

パウダーティーの中には、来客におすすめの特上煎茶もあります。また味噌汁やスープもありますので、ランチに美味しいお茶と一緒に楽しめます。コーヒーや紅茶などもありますが、お茶系をメインに考えている人はこちらがおすすめです。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

オフィスに置けるドリンクサーバーの種類4つ

どんなドリンクサーバーがオフィスに合うのか、ドリンクサーバーの特徴を4つご説明します。4つの特徴を抑えておくことで、皆が喜ぶドリンクサーバーを見つけることができます。

オフィスに置けるドリンクサーバーの種類1:バリエーションが多い

オフィスに置くドリンクサーバーは、飲み物のバリエーションが多いのもがおすすめです。来客時にドリンクサーバーを使う場合、たくさん飲み物があると好きなものを選んでもらえます。

コーヒーだけなど種類が少ないドリンクサーバーの場合、それが飲めない人は使うことができません。またバリエーションが多ければ、毎日飲む人にも飽きられることなく活用してもらえます。

オフィスに置けるドリンクサーバーの種類2:デザイン性が高い

ドリンクサーバーの形なんて、どれも同じだと思っている人もいるでしょう。実はメーカーによって、ドリンクサーバーの色や形はさまざまです。デザイン性が高いドリンクサーバーは、どんなオフィスにも馴染みやすくおしゃれに見せることができます。

ドリンクサーバーを選ぶときは、オフィスの雰囲気を壊さないものがおすすめです。おしゃれなドリンクサーバーは、来客時にも良い印象を与えることができます。

オフィスに置けるドリンクサーバーの種類3:本格的な味わい

オフィスに置くドリンクサーバーは、本格的な味を楽しめるものがおすすめです。いろいろな味が出てくるドリンクサーバーであっても、味に魅力がなければすぐに飽きられてしまいます。ドリンクサーバーを利用する人は、ペットボトルや缶の飲み物を超えるものを期待しています。

たとえばコーヒーのドリンクサーバーであれば、エスプレッソやカプチーノなどカフェで飲むようなものが出てくるものが喜ばれます。

オフィスに置けるドリンクサーバーの種類4:スペースを削減したサイズ

オフィスは限られたスペースで仕事をする必要がありますので、ドリンクサーバーはあまり大き過ぎないものがおすすめです。

縦長のものやコンパクトサイズのものは、ちょっとしたスペースにも置きやすいです。大きなオフィスであれば良いのですが、そうでない場合はなるべくコンパクトサイズのものを選びましょう。

オフィスに欠かせないドリンクサーバー

今回オフィスにぴったりのドリンクサーバーをたくさんご紹介しましたので、早速置きたくなった人もいることでしょう。急な来客時にもすぐに飲み物が出せますので、社員の負担も少なく済みます。どんなドリンクサーバーを置くかは、実際に使う社員達で話し合うのもおすすめです。

せっかくドリンクサーバーを置くのであれば、皆が喜ぶものを選びましょう。

Related