Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月22日

社内アンケートの作り方から実施までの手順7つ|実施における注意点4つ

社内アンケートはどうやって作るのでしょうか。この記事では、社内アンケートの役割や必要性をご紹介した後、作り方のコツや効果的な実施方法と実施にあたっての注意点をご紹介いたします。社内アンケートの実施に役立つ情報が満載です。

社内アンケートの作り方から実施までの手順7つ|実施における注意点4つ

社内アンケートとは?

社内アンケートの作り方から実施までの手順7つ|実施における注意点4つ
あなたの会社では、社内アンケートは使われていますか。社内アンケートの作り方はご存知ですか。この記事では、社内アンケートの作り方のコツや効果的なアンケート実施方法をみていきます。

作り方のポイントをご紹介する前に、まず社内アンケートとは何なのかについてみていきましょう。

定期的に行う調査

社内アンケートは、定期的に行う調査として大きな役割を持っています。

会社内の具体的な施策や設備、備品、福利厚生や社内イベントなどについて、普段はなかなか聞けない従業員の意見を広く把握することができます。対象者全員から回答を募るため、意見を効率よく集めることができるという利点もあります。

また、定期的に行うことで、以前のアンケート結果との比較が可能となり、変化の状況を把握することもできます。

問題発生時の緊急の調査

社内アンケートは、問題発生時の緊急の調査としても重要です。何らかの問題が発生した時、問題解決のための緊急調査として、社内アンケートが有効に使えるでしょう。

問題発生時は、その問題に効果的に対処するために、まず現状の把握がカギとなります。社内アンケートで社内から幅広く意見を集め、問題の現状を把握したうえで、なぜその問題が起きたのか原因を究明し、解決策を練ることができるでしょう。

社内アンケートの必要性

社内アンケートの作り方から実施までの手順7つ|実施における注意点4つ
社内アンケートは、社員の意見や要望を効率よく集めるために必要です。

社員の声を集めるには、社内アンケートのほかにヒアリングや意見箱の設置が考えられますが、ヒアリングでは本音を言いづらかったり、意見箱では意見がなかなか集まらなかったりします。

これに対し社内アンケートでは、対面では言えない本音が聞け、一度の実施でたくさんの回答が期待できるため、社員の意見や要望を効率よく集めるために必要といえるでしょう。

社内アンケートの作り方から実施までの手順7つ

社内アンケートの作り方から実施までの手順7つ|実施における注意点4つ
ここでは、社内アンケートの作り方と実施までの手順をご紹介いたします。社内アンケートの作り方と実施までの手順には、7つのポイントがあります。ご自分の会社の社内アンケートに活かせるように、作り方と実施のポイントをしっかり押さえましょう。

社内アンケートの作り方から実施までの手順1:アンケートの目的を明確にする

社内アンケートの作り方から実施までの手順の1つめは、アンケートの目的を明確にすることです。

アンケートを作り始める前に目的を明確にしておくことで、アンケート作成者が必要な情報を集めるのにふさわしい質問内容を考えることができます。

また、目的をアンケート上部に明記して回答する社員に示しておくことも重要です。アンケート作成者の目的を知ることで、回答者も安心できますし、誠実に回答しやすくなります。

社内アンケートの作り方から実施までの手順2:対象者や調査方法を決定

社内アンケートの作り方から実施までの手順の2つめは、対象者や調査方法を決定することです。目的に沿った必要な情報を集めるためには、対象者や調査方法を適切に選ぶことが大切です。

対象者は、性別や属性、年齢、勤務体系、勤務時間帯などから、適切に選定します。調査方法は、紙媒体かWeb回答か、回収BOXを設けるか担当者に手渡しするか、実施時期や回答期間をどうするかなど、回答が集まりやすい方法を選択する必要があります。

社内アンケートの作り方から実施までの手順3:項目や内容の設定

社内アンケートの作り方から実施までの手順の3つめは、項目や内容を設定することです。適切な情報を集めてアンケート実施の目的を果たすためには、項目や内容を適切に設定する必要があります。

例えば、選択式か自由記述式かでも、集められる意見は変わります。作成者の誘導にならないように、中立的な立場で項目を設定することが大切です。また、難しい言葉や専門用語は避け、回答者が答えやすい内容にすることも重要でしょう。

社内アンケートの作り方から実施までの手順4:アンケートの実施

社内アンケートの作り方から実施までの手順7つ|実施における注意点4つ
社内アンケートの作り方から実施までの手順の4つめは、アンケートの実施です。

実施にあたってのポイントは、実施期間の一か月から一週間前に、対象者に十分に告知をしておくことです。心の準備をさせることで、確実に回答してもらう効果が期待できます。また、実施期間中や締切間際には、度々リマインドしこまめに回答を促すことも大切です。

社内アンケートの作り方から実施までの手順5:回収・集計・分析

社内アンケートの作り方から実施までの手順の5つめは、アンケートの回収・集計・分析です。

回収の際には、回収漏れがないよう注意し、回収期限は守るのが無難です。集計の際は、選択式では項目ごとに票数を数え、自由記述式では、回答を箇条書きでまとめます。

似ている回答はまとめても構いませんが、趣旨が変わらないよう注意が必要です。分析では、属性ごとに各回答の割合を出し、属性ごとの特徴を比べることが効果的でしょう。

社内アンケートの作り方から実施までの手順6:集計・分析結果のフィードバック

社内アンケートの作り方から実施までの手順7つ|実施における注意点4つ
社内アンケートの作り方から実施までの手順の6つめは、集計・分析結果のフィードバックです。

アンケートのフィードバックは、協力してくれた回答者へ感謝を伝える機会であり、大変重要です。今後も協力してもらうためにも、特に丁寧に行うことが大切です。

集計結果は、表やグラフを使って分かりやすくまとめましょう。分析結果は、長くならないよう簡潔にまとめ、ポイントが伝わりやすいように重要な部分は強調しておきましょう。

社内アンケートの作り方から実施までの手順7:対策・改善策の立案

社内アンケートの作り方から実施までの手順の7つめは、対策・改善策の立案です。

定期的に実施するアンケートは、会社内に潜在する問題を発見する機会です。また、緊急時に実施するアンケートは、緊急事態対処のためのツールです。

アンケート実施により見えた問題の現状に対し、対策や改善策を立案することは、実施したアンケートを最大限に活かす手段といえるでしょう。アンケート結果を存分に使い、適切な対策案を練りましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

社内アンケートの作り方から実施までの手順7つ|実施における注意点4つ
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

社内アンケート実施における注意点4つ

社内アンケートの作り方から実施までの手順7つ|実施における注意点4つ
社内アンケートの作り方や実施までの流れは分かりましたか。作り方と実施のポイントを押さえたうえで、これから社内アンケート実施における注意点を4つご紹介いたします。

社内アンケート実施における注意点1:確実に回収する

社内アンケート実施における注意点の1つめは、確実に回収することです。アンケートは、回答者の意見を集めるために行うものです。アンケートの回収漏れは、貴重な社員の意見を無駄にしてしまうことに繋がります。

回答者の立場からしても、折角回答したのに回収してもらえないのは、骨折り損でとても残念です。また、回収漏れがあると、アンケート結果の集計や分析の際に、正確なデータを出すことができなくなってしまいます。

社内アンケート実施における注意点2:情報漏洩に気を付ける

社内アンケート実施における注意点の2つめは、情報漏洩に気を付けることです。

アンケートの回答には、個人情報が含まれる場合があります。また、字や言い回しの癖や記載内容で、回答者を特定できる場合も考えられます。勇気を出してデリケートな思いや言いづらいことを書いてくれている回答者もいるでしょう。

情報漏洩は信用を失い、今後回答してもらえない事態にも繋がりかねません。絶対に情報漏洩がないように注意が必要です。

社内アンケート実施における注意点3:本音を聞き出せる内容にする

社内アンケートの作り方から実施までの手順7つ|実施における注意点4つ
社内アンケート実施における注意点の3つめは、本音を聞き出せる内容にすることです。

社内アンケートは、質問や選択肢によって、回答の質が大きく異なります。回答者の本音を聞き出せるように、質問の仕方や文言、選択肢の内容に、注意することが大切です。

特に、回答者が難しさや面倒くささを感じてしまうと、回答自体を得られない可能性があります。回答者の本音を引き出せるように、作り方と実施方法を工夫することが必要です。

社内アンケート実施における注意点4:改善につなげる

社内アンケート実施における注意点の4つめは、改善につなげることです。社内アンケートにより明らかになった社内の課題や問題には、必ず改善策を提示してその実行に努めましょう。

アンケートの分析結果を示しただけでは、回答者にとってあまりメリットは感じられません。社内アンケートは、会社を良くするための第一歩としての現状分析のツールであることを会社全体に周知するためにも、必ず改善につなげることが重要です。

社内アンケートの作り方を把握し実践しよう

社内アンケートの作り方から実施までの手順7つ|実施における注意点4つ
いかがでしたか。この記事では、社内アンケートの役割をおさえたうえで、社内アンケートの作り方や効果的なアンケート実施方法をみていきました。作り方や実施のポイントを活かして、ご自分の会社で素敵な社内アンケートを実践していただけますと幸いです。

Related